CoCoSiA(ココシア)

ブルジョワな人の6個の特徴とそうなるためにやりたいこと


私達は様々なものを得るためにはその対価となるお金を支払う必要があります。

これは子供でも知っているような世の中の基本中の基本ですよね。

だからこそたちは生きていくためにお金を稼がなければいけません。

なぜならば、生きるためにはエネルギーが必要になりますので、そのエネルギーを養うためには食事をしなければいけません。

では食事をするためには何が必要なのかと考えると、当然ながら食事を作るための食材が必要になります。

その食材を手に入れるためには自家栽培などの手段を除いた場合、一般的には購入しなければいけないためお金が必要になります。

それ以外にも、生きるためには睡眠を取る必要があり、睡眠をとるためには家などの住処が必要になりますので、家を借りるにしても、建てるにしてもお金が必要になります。

なので、基本的な生活をするだけでもお金が必要だという事になり、そうするためにはお金を稼がないといけないということが成り立つのです。

それを踏まえて考えてみると、たくさんのお金を持っている人間は羨ましい対象になると思います。

なぜならば、たくさんのお金があるという事は、様々な選択肢が手元に存在しており、裕福な暮らしができるということになるからです。

もちろんお金が全てというわけではありませんが、お金が増えれば選択することができる選択肢が増えるのは言うまでもありませんよね。

なので、やはり裕福なほうが圧倒的に有利な立場に立てるため、やはり無いよりも有った方が良いですし、困ることは少ないと捉えられます。

そこで、今回はブルジョワをテーマにして、ブルジョワの人の特徴とそうなるためにやりたいことをご紹介していきたいと思います。

この記事の目次

そもそもブルジョワとは

物事に対する価値観は人それぞれ違いますので、お金が欲しいと思う人もいればお金が欲しくないと思う人もいると思います。

一般的に考えるとお金が欲しいと思う人の方が多いと思いますが、それはあくまで大勢の方が思っている事であり、お金が絶対に必要かと言われればそうではありません。

なぜならば、単純に生きるということだけを考えれば、そこまでたくさんのお金は必要ない場合があるからです。

自家栽培をすれば食糧にも困りませんし、家も必要であれば自分で作る事も可能です。

なので、本気で工夫をすれば、生きていく事などは十分可能なのです。

しかしながら、たくさんのお金があった方が先ほどもお伝えした通り選択肢が増えます。

選択肢が増えることによって、場合によってはお金がない人よりも有意義な経験をすることができるかもしれませんし、いざという時に困る事がなくなると考えるとやはりお金があった方が便利ではあります。

これらのことを天秤にかけた上でどちらが自分にとってメリットがあるのかということを考えた結論が、おそらくお金が欲しいと思うかお金が欲しくないと思うかの意見の分かれ目になると思います。

しかし、これらの意見はどちらも正しい意見です。

結局は自分自身が納得することができればそれで良いのであり、他人に決められるようなことではありません。

ただ、現実的にはお金を求めて毎日たくさんの方が必死になって努力をしています。

それを踏まえて、今回はあえてブルジョワになるためにやりたいことなどをまとめてご紹介していきたいと思いますので、ブルジョワになりたいと思う方はご紹介する項目を日々実践していきましょう。

ブルジョワの意味

人によってはブルジョワという言葉の意味がよくわかっていないような方もいるかもしれませんね。

社会人として活躍している人に関しては言葉の意味を知っている方が多いと思いますが、まだ年齢的に幼い方であったり、学生の方に関しては言葉の意味がわからないのは当然だと思います。

そこでここからはブルジョワという言葉の基本的な意味についてご紹介していきたいと思います。

知らない言葉を知ることによって、様々な場面でそれが知識として活かされる可能性がありますし、知っておいて必ず損になるようなことがありませんので、この機会にブルジョワという言葉の正しい意味を理解するきっかけとしてください。

裕福な人のことを指す

ブルジョワという言葉はどのような意味を持っている言葉なのかと考えた時に、ブルジョワという言葉は「裕福な人」の事を指し示している言葉だと言えます。

簡単に言えばお金をたくさん持っているお金持ちのことを想像してもらえれば分かりやすいと思います。

なので、世の中に存在しているたくさんの人はブルジョワになりたいと願っていると捉えることができます。

ちなみにブルジョワという言葉をもっと細かく意味としてご紹介するのであれば「中産階級」のことを意味している言葉になります。

中産階級という言葉はどのような意味を持っているのかと考えると、意味としては「上流階級と労働者階級の間の階級」として定義されています。

つまり、上流階級は会社の社長であったりオーナーなど、それなりに社会的な立場を持っているとても裕福な存在であり、労働者階級は一般的な会社員つまり賃金で雇用されている生産手段を持たない階級であると判断することができます。

なので、中産階級の人間は言い換えてみれば小金持ちというようなイメージを持ってもらえればわかりやすいかもしれませんね。

いずれにしてもお金には困っていない階級の人間だと捉えることができます。

ブルジョワの語源

ブルジョワという言葉はどのようにして生まれたのかと気になる方もいるかもしれませんが、ブルジョワという言葉の語源についてはもともとフランス語の「ブルジョワジー」という言葉から生まれたとされています。

ブルジョワジーという言葉が生まれた時期を考えてみると、古代から中世にかけての時代が終わった後、つまり中世のフランスで生まれた言葉であると判断することができます。

古代から中世にかけてのフランスに関しては経済的な低迷が存在しており、それが丁度終わった頃になるので、フランスの中世都市に関しては様々な階級を持った人間が存在していました。

それが先ほどご紹介した上流階級や中産階級、そして労働者階級の種類に分けることができるのです。

セレブとの違い

ブルジョワという言葉の意味を知ると、似たような言葉があることに気がつくはずです。

一般的にたちは裕福な人のことをブルジョワと呼ばずに別の言葉で読んだりすることのほうが多いはずです。

例えば、セレブという言葉を使って表現したりすると思うのですが、このセレブという言葉とブルジョワという言葉の意味の違いがよくわからないと感じる方が多いと思います。