人間ならば必ず誰しもがやってしまうのがうっかりミスです。

日常生活やビジネスの場面などでうっかりしたミスをしてしまった経験がある方は世の中にたくさんいると思います。

ロボットならばこのようなミスなどがしないのかもしれませんが、人間である以上ロボットのような精密な考え方や行動などは難しいので、うっかりミスなどはしょうがなく起こってしまうものです。

しかしながら、それが許される時もあれば許されないときもありますよね。

例えば、一般的に考えて学校で忘れ物をしてしまったという場合や、宿題を忘れてしまったというくらいであればそこまで強いお咎めはないかもしれません。

しかし、もしもそれがビジネスの場面になったとしたらどうでしょうか。

クライアントに大切な資料を渡さなければいけない場面でその資料を忘れてしまったとなるとこれは大問題ですよね。

信頼を失ってしまいかねない行為になりますし、悪い印象が生まれてしまって取り返しがつかないミスになってしまう可能性もあります。

場合によってはそれが原因で契約を解消されてしまうようなことも可能性としてはあり得ます。

それを踏まえて考えてみると、うっかりミスというものはとても恐ろしいものであると考えることができます。

可能な限り早い段階でこのようなミスを連発している場合は改善方法を身につけておかなければいけません。

そこで今回は忘れ物をテーマにして、忘れ物が多い人の特徴とやってほしい対策についてご紹介していきたいと思います。

ついついやってしまいがちな忘れ物

忘れ物は人間であればついついやってしまいがちだと思いますが、先ほども述べたように場合によっては大問題に発展する可能性があります。

なので、自分は忘れ物が多い人間だと自覚をしているのであれば、必ず早い段階でこの癖は直しておかなければいけません。

人によっては大きなミスをしたことがないから特に問題ないだろうと思っているかもしれませんが、それはあくまで現時点での話だと思います。

それが継続して行われると考えた時に、社会人の立場として仕事を行っていくのであれば必ずうっかりミスが生じると思いますので、それが大きな問題になる可能性というのは十分捨てきれません。

常日頃から意識をして改善するように努力をしておかなければ、いつ最悪の事態が起こってしまうかはまったく分からないのです。

なので忘れ物をするクセを無くすには、個人個人がなるべく高い意識を持って気をつけるように継続した努力を行わなければいけません。

しかしながら、これがとても大変なことであり、普段考えないようなことを常に考えるように努力をする事はストレスがかかってしまうことですし、継続して行いには根気が必要になります。

忘れ物のクセはなかなか治らない

ついつい日頃から忘れ物をしてしまうという方に関しては、十分自覚していると思うのですが、なかなか忘れ物のクセと言うのは簡単には治りません。

あなたの身の回りにもよく忘れ物をする人がいませんか?

全ての忘れクセがある方に共通して言えるのが、忘れ物をたくさんする人は意外と同じ人が多いということです。

つまり、忘れ物をする人はいつも忘れ物をしているということです。

逆に言えば、忘れ物をしない人はいつも忘れ物をしていないということになりますので、この結果を踏まえて考えてみると忘れ物をしてしまう人は何かしらの問題が存在していると考えることができます。

なぜならば、みんなが平等に忘れ物するのであれば問題はないと考えることができますが、いつも決まった同じ人だけが忘れ物をしてしまうのであれば、忘れ物をする人と忘れ物しない人の間には決定的な何かが存在しているという事になるのです。

それを踏まえて考えてみると勘が良い方は分かると思いますが、ちょっとした工夫をすることによって忘れ物をしないようにする事は十分可能になるのです。

自分はいつもうっかりミスをしてしまいがちで、もうこれは治らないだろうなと思っているような人は、ネガティブに考えずに前向きな考え方を持って忘れクセを直すように努力をしてみましょう。

早い段階で気づくことができれば早い段階でこの悪いクセを無くす事が出来ますので、自分を改善する為に努力をするべきです。

忘れ物が多い人の特徴

忘れ物をする人と忘れ物をしない人の間には決定的な問題が存在しているということをお伝えしましたが、具体的にその問題について考えてみても、なかなかわからないのが現実ですよね。

そこで、ここから忘れ物が多い人の特徴についてまとめてピックアップしたものをご紹介していきたいと思います。

忘れ物が多い人の特徴を知ることによって、逆の目線から考えて忘れ物をなくすためのヒントを見つけることができるようになります。

なので、忘れ物が普段から多いと思っている人はこれからご紹介する忘れ物が多い人の特徴を考えてみて、自分に当てはまる項目があればそれをなくすための方法を考えてみてください。

そうすることによって、自然と自分の悪いクセを無くしていく事はできるようになりますので、しらみつぶしていけば必ず忘れ物をしない人間になることができるはずです。

先ほどもお伝えした通り普段自分が取り入れないような習慣を取り入れたりするのはストレスがかかりますが、継続して少しずつ取り入れていけば必ず習慣化して、それが当たり前になりますので、根気強く問題に向き合っていくようにしてください。

うっかりしている

まずはじめにご紹介する忘れ物が多い人の特徴としては「うっかりしている」という事が挙げられます。

なぜうっかりしているという事が忘れ物が多い人の特徴として挙げられるのかと考えた時に、たまになら良いですがいつもうっかりしてるような人は注意力が欠けており、集中力がない場合が多いです。

なぜならば、注意力を正しく身につけている人であればうっかりしたミスはなくすことが出来ますし、集中力があればきちんと物事に対して集中することができるのでうっかりするようなことは少なくなるのです。

それを踏まえて考えてみると、注意力や集中力が欠けている人間はうっかりしやすくなり、うっかりする人間は忘れ物が多くなるので忘れ物が多い人の特徴であると判断することができるのです。

忘れっぽい

次にご紹介する忘れ物が多い人の特徴としては「忘れっぽい」という事が挙げられます。

なぜ忘れっぽいという事が忘れ物が多い人の特徴として挙げられるのかと考えた時に、忘れっぽい人は注意力が散漫になっている人が多く、必要なものを記憶の中に刷り込むことが出来ない人間が多いです。

その結果、うっかり忘れ物してしまうというようなことにつながってしまうのです。

逆に、しっかりしている人はきちんと記憶の中に刷り込むことができ、擦り込むことができないのであればその時点で何かしらのメモを準備して記入したりするなどの工夫を行っています。

この工夫ができるかできないかで、結果的に忘れ物をするしないということにもつながるようになりますので、最終的に忘れ物が多い人の特徴としてはうっかりしている人が多いと判断することができます。

注意力が足りない


次にご紹介する忘れ物が多い人の特徴としては「注意力が足りない」という事が挙げられます。

なぜ注意力が足りないという事が忘れ物が多い人の特徴として挙げられるのかと考えた時に、逆に考えれば注意力がある人間は忘れ物をするわけがないからです。

注意力がある人間であれば、きちんと必要なものを理解してそれが揃ってるかどうか確認をすることができますが、注意力がない人間や注意力が足りていない人間に関してはその作業をすることかできないため、自ずと忘れ物が増加する傾向にあるのです。

などで、何かの作業を行ったりする時にいつも注意力が足りないと指摘を受けているような人間は忘れ物が多かったりする場合が多いです。

これに関しては当たり前の話ですが自分自身が注力を高く保てるように意識をする事から始めなければいけません。

いきなり次の日起きたら注意力が高まっていたという事は普通に考えてありえません。

必ず注意力を高めるための訓練を行わなければ、それなりの注意力を養うことはできませんので、まずは注意力が足りない自分を受け入れた上で、集中力を高めるためにはどのようなことをすればいいのかということを工夫する必要性があります。

学習しない

次にご紹介する忘れ物が多い人の特徴としては「学習しない」という事が挙げられます。

なぜ学習しないという事が忘れ物が多い人の特徴として挙げられるのかと考えた時に、学習しない人は言い換えてみれば、何度注意しても気を付けない人だと言えます。

人間であればうっかりしたミスをしてしまうのは当たり前なので、それはしょうがないことなのですが一度行ったミスに関しては行わないように気を付けるのが当たり前です。

それが出来ないようでは、ミスをしてしまった意味もありませんし、無駄なミスになってしまうので、成長にも直結しないただの迷惑行為にしかなりません。

ミスをしないような人は、必ず自分がミスをしてしまった時にはなぜミスをしてしまったのかよく考えて、それを二度としないように自分なりに工夫を行っています。

忘れ物をしてしまったというのであれば、忘れ物しないように必ずメモをする習慣を取り入れたり、必ず夜寝る前に次の日に必要なものをチェックするなどの工夫を取り入れてそれを無くすように心がけています。

この差が結果的には忘れ物をする人間と、忘れ物をしない人間との差になるのです。

なので、忘れ物が多い人の特徴としてはいつも学習しないという人間性が存在していると判断することができるのです。

成長しない

次にご紹介する忘れ物が多い人の特徴としては「成長しない」という事が挙げられます。

なぜ成長しないという事が忘れ物が多い人の特徴として挙げられるのかと考えた時に、成長しない人間は自分のミスを生かすことができていないからです。

考えてみれば当然のことですが、ミスを生かして成長することができる人間であればその時点で忘れ物はなくなるのです。

しかし、それが無くなっていないという事は成長できていないので忘れ物が治っていないのです。

成長しないということは、そもそも向上心が欠けている可能性がとても高いです。

なぜならば、成長するための努力をすることを怠っている人間であると判断することができ、それは言い換えてみれば向上心がないからと判断することができるからです。

今の自分に対してきちんと危機感を持っている人に関しては、自分自身で問題定義を行って自分自身でそれを解決するための工夫を講じることができるはずです。

なので、向上心を持ってきちんと今の自分に対して危機管理意識を持つことができるかどうかが大きな分かれ目になるはずです。

成長しない人間はいつまでたっても危機管理意識を持とうとせずに、努力することを嫌うので成長できません。

なので結果的に忘れ物が多い人の特徴としては成長しないという特徴が該当すると判断できます。

考え事が多い


次にご紹介する忘れ物が多い人の特徴としては「考え事が多い」という事が挙げられます。

なぜ考え事が多いという事が忘れ物が多い人の特徴として挙げられるのかと考えた時に、考え事が多い人というのは決まって相手の話してる内容などを注意深く聞いていない人が多いです。

なぜならば、相手が何かを話している最中に考え事などを行ったりしてしまい、結果的に相手の話してる内容聞きそびれてしまったり、頭の中に入ってこなくなってしまったりするのです。

そうなってしまうと最終的に注意しなければいけない点なども聞き逃してしまうことが多くなり、うっかりミスや忘れ物を誘発してしまうようなことになってしまうのです。

なので、忘れ物が多い人の特徴としては考え事が多いということが挙げられます。

相手が何かを話している最中には、必ず相手の話をまずは最優先で理解することから努めなければいけません。

また、大抵の場合何か考え事をしている場合はそれが後から考えても同じようなことを考えている場合が多かったりするので、きちんと優先順位をつけた状態で行動を取捨選択できるように頭の中も整理する必要性があります。

最終チェックをしない

次にご紹介する忘れ物が多い人の特徴としては「最終チェックをしない」という事が挙げられます。

なぜ最終チェックをしない事が忘れ物が多い人の特徴として挙げられるのかと考えた時に、最終チェックをすることによって忘れ物をした場合に必ず気がつくことができるようになるため、逆を言えば最終チェックをすることができない人間は忘れ物が多い人間の特徴になってしまうのです。

これは考えてみればとても簡単なことで、全ての工程の間に必ず最終チェックを盛り込むことによって忘れ物やうっかりミスを必ず防ぐことができるようになります。

面倒な作業だと感じるかもしれませんが、これを習慣化することによって圧倒的に忘れ物やうっかりミスを防ぐことができるようになります。

最終チェックをすることを嫌って、いつまでもこの習慣を取り入れないようにしてしまうと、いつまでたっても忘れ物をなくすことができませんので、必ず最終チェックをするということを習慣化して身につけるようにしなければいけません。

カバンの中身を把握していない

次にご紹介する忘れ物が多い人の特徴としては「カバンの中身を把握していない」という事が挙げられます。

なぜカバンの中身を把握していないという事が忘れ物が多い人の特徴として挙げられるのかと考えた時に、カバンの中身を把握していないという事は、きちんと荷物をまとめていないということになります。

なぜならば、カバンの中身をきちんと把握しているような人間は必ず荷物を綺麗に管理してまとめているからです。

なので、カバンの中身を把握していない人間は荷物をまとめていない人間ということになり、荷物をまとめていない人間はどこに何があるのか全く把握していないため、物の管理ができていないのでついうっかりして忘れ物してしまいやすくなるのです。

それに反してきちんと荷物を綺麗に管理している人間であれば、必要なものが存在しているかどうかすぐに意識して確認をすることができますので、相対的に忘れ物をする可能性がとても低くなるのです。

よくカバンの中身がごちゃごちゃになっていたり、整理されていないような人を見かけたりすることがあると思いますが、そのような方に限って忘れ物したり、何かをなくしてしまったりするようなことが圧倒的に多いです。

特にカバンの中身は性格が出るようになりますので、結果的にカバンの中身を把握していない人間は忘れ物が多い人の特徴として考えることができます。

必要なものを分かってない

次にご紹介する忘れ物が多い人の特徴としては「必要なものを分かってない」という事が挙げられます。

なぜ必要なものを分かってないという事が忘れ物が多い人の特徴として挙げられるのかと考えた時に、必要なものをわかっていないからこそ大切なものなのを忘れてしまって、ミスに繋がってしまうと考えることができるからです。

常に必要なものなどを把握した状態で行動している人間はものを忘れたりするようなことは基本的に少ないです。

なぜならば、どういうことをするのにどういうものが必要なのかということを論理的に理解しているからこそ、必要なものをきちんと準備し、それを無意識のうちに確認できているからです。

しかし、必要なものを理解しておらず、適当に過ごしているような人は必要なものを揃えていなくても気が付かないのです。

その結果として、必ず忘れ物に繋がってしまうため、忘れ物が多い人の特徴として必要なものを理解していないという特徴が該当するのです。

よく喋る

次にご紹介する忘れ物が多い人の特徴としては「よく喋る」という事が挙げられます。

なぜよく喋るという事が忘れ物が多い人の特徴として挙げられるのかと考えた時に、よく喋る人は基本的に落ち着きが無い方が多く、早口で何かを喋ったり、せっかちな性格をしていることが多いです。

このような人間に関しては相手の話を注意深くしっかりと聞いたりすることが苦手であったりする場合が多いです。

何事に対しても落ち着きがなく、冷静に判断したりすることができないような人間は忘れ物が多い特徴を持っており、場合によってはADHDという病気の可能性などもあります。

ADHDとは、注意欠如多動性障害という名前の障害であり、症状としては年齢に合っていないような落ち着きや注意力であると言われています。

つまり、分かりやすく言えば大人なのにまるで子供のような人だと言えます。

子供は無邪気で落ち着きがなかったり常にそわそわしていると思いますが、大人になるとそのようなことはなくなりある程度落ち着きを保った状態で冷静に物事を考えたりすることができます。

しかしながらそれができないような大人も存在しており、場合によってはADHDである可能性があるのです。

なので、よく喋る人は忘れ物が多い人の特徴として考えることができ、場合によってはADHDである可能性もあるという事になります。

忘れ物が多い人がやるべき6個の対策

ここまでは忘れ物が多い人の特徴についていくつかご紹介していきました。

忘れ物が多い人に関しては大抵の場合、ご紹介した特徴が備わっているものです。

しかしながら、人間は意識すれば変わることが必ずできます。

忘れ物をする人は忘れ物をしてしまうクセを身に付けて、それが当たり前になってしまっているから忘れてしまうのであって、忘れ物をしない人は忘れ物をしない習慣を当たり前にしているので忘れ物をしないのです。

なので、忘れ物しないような考え方や習慣を当たり前にすることで、必ず忘れ物をしないようにすることができます。

では、具体的にどのような考え方や習慣を身につければ良いのかということが気になる方もいると思いますので、ここからは忘れ物が多い人がやるべき対策についてご紹介しています。

忘れ物が日頃から多いと思っている方はこれからご紹介する対策の中で簡単に実践できるものから日常生活に取り入れてみてください。

持ち物リストをつくる

まずはじめにご紹介する忘れ物が多い人がやるべき対策は「持ち物リストをつくる」という事です。

なぜ持ち物リストをつくる事が忘れ物対策になるのかと考えた時に、持ち物リストを作っておくことによって、自分が必要なものを携帯しているかどうか確認をすることができるようになります。

家から出る際に、この持ち物リストを必ず確認する癖を身につけておけば、忘れ物をするようなことは必ずなくなりますので、これを癖付けて習慣化しておくことによって忘れ物を必ずなくすことができる対策になりえます。

必要なものなども紙とペンがあればすぐに行うことができるようになりますので、忘れ物が多くていつも困っているという方は、家の玄関などにこれを張って置いたり、寝る前に確認するなどの習慣を工夫して取り入れてください。

手帳に書いて置く

次にご紹介する忘れ物が多い人がやるべき対策は「手帳に書いて置く」という事です。

なぜ手帳に書いて置く事が忘れ物対策になるのかと考えた時に、手帳に書いて置く事によって、何が必要なのかということを常に把握することができるようになります。

必要なものさえ理解しておけば、後はそれを確認して、きちんと携帯しているかどうかチェックをするだけで忘れ物を防ぐことができるようになりますので、必要なものなどをこまめに手帳に書き綴ったりするような習慣を身に付けておいてください。

理想としては忘れ物を予防するためだけの見やすい手帳などを一冊しのばせておけば、ごちゃごちゃせずに必要な個所をわかりやすく確認できるようになるので、後から見返した時に何を書いていたのかわからなくならないように注意してください。

何を書いていたのかわからなくなってしまうと、そもそもの目的の意味がありませんので、目的を見失わないように手帳にきれいに書くようにしましょう。

玄関にメモを置いておく

次にご紹介する忘れ物が多い人がやるべき対策は「玄関にメモを置いておく」という事です。

なぜ玄関にメモを置いておく事が忘れ物対策になるのかと考えた時に、玄関にメモを置いておくことによって家を出るときに必要な荷物を持っているかどうかチェックをすることができます。

ついついいつも忘れてしまうようなものなどをきちんとメモに書いておき、忘れないように工夫しておくことで日頃の忘れ物を防止することができます。

ただ注意点が存在しており、時間ギリギリに家を出るようなずぼらな方に関しては玄関にメモを置いておいたとしても、時間が間に合わないから今日はいいやと考えてしまい結局忘れ物が防止できなくなってしまう可能性があります。

この方法を導入するのであれば必ず家を出る事自体も少し早めにするなどの意識を持たなければいけませんので注意してください。

声を出しながら確認する

次にご紹介する忘れ物が多い人がやるべき対策は「声を出しながら確認する」という事です。

なぜ声を出しながら確認する事が忘れ物対策になるのかと考えた時に、きちんと自分の声に出すことによってより意識を高めることができるようになります。

無言でただ黙って確認をしているよりも、きちんと声に出しながら確認をした方がより細かく確認が出来るようになります。

元々声に出すということは勉強などにおいての学習のトレーニングで用いられている素晴らしい効果を秘めている行いです。

声に出すことによって出された言葉に関しては自分の耳に入って左脳に入り込み、より理解され情報処理をされるという特性を持っています。

そして処理された情報が最終的に右脳に贈られるようになり、しっかりと脳を使うことによってより意識を高めることができるということになるのです。

なので、忘れ物が多いと普段から感じている方は声を出しながら確認することによってより脳を使いながら確認することが出来るという事になるのです。

しまう場所を同じにする

次にご紹介する忘れ物が多い人がやるべき対策は「しまう場所を同じにする」という事です。

なぜしまう場所を同じにする事が忘れ物対策になるのかと考えた時に、忘れ物をしてしまうという事は自分がどこに何を所持しているのか把握できていないということになります。

自分のスペースを常に汚く汚してしまうような人は、どこに何があるのか把握することができなくなってしまいますので自然と忘れ物が増えてしまいます。

それを踏まえて考えてみると、きちんと自分の物をしまう場所を同じにする、もしくはどこに何をしまっているのか決めておくことができるようになれば、もしも目当てのものを探そうと思った時にすぐに検討がつくことができます。

カバンの中身も同様である程度しまう場所を決めておけば、すぐに必要な物が入っているかどうか確認することが出来ます。

中身を把握している人はそれ以前に必要な物があるかどうかも自然と無意識に確認することができますので、忘れものをする確率などは低くなります。

なので、しまう場所を同じにするという事が忘れ物が多い人がやるべき対策になり得ると考えることが出来ます。

一度振り返ってみる

次にご紹介する忘れ物が多い人がやるべき対策は「一度振り返ってみる」という事です。

なぜ一度振り返ってみる事が忘れ物対策になるのかと考えた時に、うっかりしている人や注意力が欠けている人に限って自分の行動に対して振り返ることが出来ません。

しっかりしている人や注意力が高い方に関してはやはり定期的に自分の行いなどを振り返っている癖を身につけています。

なので、いつも忘れ物をしてしまうような人は注意力が圧倒的にかけている可能性が高いので、きちんと節目節目で自分の行動などを一度振り返る癖を身につけてください。

そうすることによって、忘れ物を無視している場合は必ず気がつくことができるようになります。

様々な行動の節目でこれを取り入れれば、問題を未然に防げるようになり、習慣化すれば忘れ物は格段に減りますので、対策として取り入れてください。

忘れ物がなくなるように注意していこう

日常的に忘れ物をよくしてしまう方は今回ご紹介した対策を導入して、少しでも忘れ物が少なくなるように自分なりに工夫をしてみてください。

ちなみに、これらの行動を導入することによって得られるメリットはただ単に忘れ物を防ぐようになることができるだけではなく、注意深い性格になることができますので、日常生活の様々な場面で役立てるようになるはずです。

注意すれば防げるようなミスなどをたくさん防げるようになりますので、信頼も上がりますし、仕事も出来るようになりますし、頼りがいのある人間に変化することが出来ます。

頼りにされない人間から脱出したいと思う方は、信頼のある人間に変化するために是非今回ご紹介した対策を実践してみてください。