CoCoSiA(ココシア)

キョロ充とはどういう意味?キョロ充な人の5個の特徴や脱出する方法をご紹介


「キョロ充」という言葉を聞いたことはありますか?

主に大学生の間で使われることが多く、初めて聞いたという人もいるかもしれません。

この記事では、キョロ充とはどういう意味なのかや、キョロ充な人の特徴、脱出方法などをご紹介していきます。

またキョロ充が周りからどう見られているのかもご紹介していきます。

キョロ充の特徴に当てはまる人は脱出できるように、そうでない人はキョロ充にならないように気を付けましょう。

キョロ充って何?

キョロ充という言葉を聞いたことがある方もいれば、初めて聞くという方もいるかもしれませんね。

そもそも聞いたことがあるかとでも意味を正しく把握している方は少ないかもしれません。

キョロ充という言葉はどちらかといえば若い人にしか通用しないような言葉であり、若者言葉の一つとして知られています。

若者言葉に関しては新しい言葉がどんどんを生み出されていますので、気づかないうちにどんどん新しい言葉が出てくるため、聞いたことがないのも当たり前だと思います。

キョロ充の特徴についてご紹介していく前に、キョロ充という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかということを先にご紹介した方が理解しやすいと思いますので、まずはキョロ充という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかご紹介していきます。

それを踏まえて、自分がキョロ充になっていないかどうかということなどをよく考えてみてください。

そうすることによって自分自身がキョロ充になっていることを自覚したり、それを防ぐ事や改善する事につながりますので、自分がキョロ充にならないようにするためにもキョロ充という言葉を理解するところから始めてみましょう。

意味

キョロ充という言葉はどのような意味を持っている言葉なのかと考えたときに、キョロ充の意味は「常に他人の目を気にしながら生きているようなリア充グループの一員」だといえます。

そもそも人によってはリア充という言葉をよくわかってない方もいるかもしれませんので、リア充という言葉の意味を簡単にご紹介すると、リア充という言葉は「リアルが充実している人間」という意味を持っています。

つまり、簡単に言えば誰しもが学生の時にクラスの中心になって何かを発言したり、物事を決めたりするような注目された人間がいたと思います。

交友関係が広くて、周りから一目置かれるような目立った存在の人間です。

このような人たちがいわゆるリア充と呼ばれるような人間であり、今話題のカースト制度の中ではトップに君臨しているいわゆる一軍と呼ばれるような存在です。

このリア充の中のグループに入ってはいるものの、実際はグループの中でも一番下の立場に存在しており、何をするにしても周りをキョロキョロと見渡して、仲間がいないかどうか確認をして一人で行動することができないような人間のことを意味している言葉です。

キョロ充に該当する全ての人間がそうとは言えないのですが、大体の場合が大学デビューをして初めてリア充というグループに入った人間である場合が多く、リア充の中でも少し違和感を放っているような存在であると判断することができます。

語源

キョロ充という言葉の意味をご紹介しましたが、キョロ充という言葉の語源はどのようなものなのかと考えた時に、先ほどご紹介した意味そのままになるのですが「キョロキョロしているリア充グループの一員」なので、キョロ充という言葉で表現されています。

しかしながら、リア充グループの一員とはいうものの、実際にはリア充グループの中の一番最下層に位置しているような場合が多いので、傍目から見てみればあまりリア充グループの一員とは思われないような存在である場合が多いです。

そもそもリア充だろがリア充でなかろうがそこまで大した問題ではないのですが、どうしてもたくさんの人間が集まったりするとこのようなグループ分けなどがなされるようになりますので、リア充の一員に入りたいと思うような人間などが出てきてしまいます。

その結果、無理をしてでもリア充グループに入ろうとするような人間が出てきて、最終的にそのような人間が周りのノリについていけずに違和感が出てしまい、キョロ充という存在になってしまう場合が多いのです。

一般的には大学生に関して指し示されている言葉であり、食堂などで食事をするときにだれか知り合いがいないかどうかキョロキョロしたり、周りの視線を気にしてびくびく生活をしたりするなど、行動力がなくひとりでは何もできないような人間である場合が多いのです。

キョロ充な人の5個の特徴とは?

キョロ充という言葉の基本的な意味や語源について簡単にご紹介していきました。

ある程度キョロ充という言葉について理解いただけたと思いますが、あなたの周りにキョロ充は存在していませんか?

もしくは自分自身がそうだと感じている方はいませんか?

決してキョロ充が悪い存在であるとは言えないのですが、一般的に考えるとあまり良い目線では見られない場合が多いです。

確かに思春期の頃に関しては目立ったり、注目されるような存在になりたいと思って行動したりすることはよくありがちだと思うのですが、中身のないような行動ばかりを行ったところで、結局違和感しか出てこないのは目に見えています。

無理をしてなりきろうと思ってもなりきることなのはできませんので、自分に正直に生きた方がより魅力的な人間になれる可能性があります。

それを踏まえて、これからキョロ充な人の特徴についていくつかご紹介していきますので、自分が該当していないかどうか確認をして、該当する場合に関しては少し自分を客観的に見てもう少し魅力的な自分になれるように根本的な努力を行うようにしてみてください。

そうすることによって自分自身も楽になれますし、もっと人生が楽しくなる可能性があると思いますので、自分自身を見つめるという意味でもキョロ充の特徴を知ってみてください。

落ち着きがない

まずはじめにご紹介するキョロ充な人の特徴は「落ち着きがない」ということです。

なぜキョロ充は落ち着きがないことが特徴になるのかと考えたときに、理由としてはまずその名前に現れています。

キョロ充という言葉についているキョロというのは先ほどご紹介した通り、キョロキョロしていることからつけられています。

なので、それを踏まえて考えると常にキョロキョロしているということになりますので、当然ながら落ち着きがない人間であると判断することができます。

なぜいつもキョロキョロしているのかと考えてみると、基本的に自分の知り合いがいないかどうかを確認して、ひとりになることを防ぐために行っている可能性が高いです。

なぜならば、一人でいることが恥ずかしかったり、一人で何かを行ったりすることができないからこそ、自分の知り合いがいないかどうかを確認して知り合いがいれば一緒に行動することによって安心感を出ようとしていると考えることができます。

このような心理を考えてみると、根底にある気持ちとしては自分に対して自信がないからこそ、人と一緒に群れることによって安心感を感じたり自信をつけようと行動していると判断することができます。

なので、キョロ充の特徴としては落ち着きがないということが挙げられます。

異様にノリがいい

次にご紹介するキョロ充な人の特徴は「異様にノリがいい」ということです。

なぜキョロ充は異様にノリがいいことが特徴になるのかと考えたときに、キョロ充はとにかくん仲間を作ることに必死になります。

その理由は先ほど述べたように、自分一人では何かをすることができなかったり、そもそも充実したグループに存在したいがために、ノリが悪いようなことを行ってグループから外されたりすることを極端に恐れている可能性が高いからです。