あなたは今自分なりに充実した人生を過ごしていると感じられていますか?

もしも今、充実した人生を過ごすことができていると感じている方は幸せ者かもしれませんね。

なぜならば、世の中には自分の人生が今充実していないと感じている方はたくさん存在しているからです。

ある意味今の時代は自分の人生が充実しているかどうかということに対して過敏に感じる方が多くなっている時代になってるかもしれません。

なぜなのかと考えてみると、昔の時代と比べて今の時代はスマートフォンが存在しており、スマートフォンを利用することによって気軽にSNSが楽しめるような時代になっています。

SNSなどを見てみると、いかに自分が充実しているかどうかということなどをアピールするような記述ばかりが目に付くようになっていると思います。

もちろん人によって感じ方は違いますので、たかがSNSの世界だと感じてそこまで深入りしないで物事を判断している方もいるかもしれませんが、中にはSNSでアピールをすることに対してとてつもない気合を入れているような人がいるのも事実です。

だからこそ、今の時代は昔と比べて人と比べやすい、自己顕示欲が激しくなりやすい時代になっているからこそ、自分が充実しているかどうかという事を過敏に感じすぎている時代になっているのです。

そんな今の時代だからこそ生み出された言葉の一つにキョロ充という言葉が存在しています。

そこで、今回は若者言葉の一つでもあるキョロ充をテーマにして、キョロ充な人の特徴、そして周りからキョロ充はどのように見られているのかという事などをご紹介していきます。

キョロ充って何?

キョロ充という言葉を聞いたことがある方もいれば、初めて聞くという方もいるかもしれませんね。

そもそも聞いたことがあるかとでも意味を正しく把握している方は少ないかもしれません。

キョロ充という言葉はどちらかといえば若い人にしか通用しないような言葉であり、若者言葉の一つとして知られています。

若者言葉に関しては新しい言葉がどんどんを生み出されていますので、気づかないうちにどんどん新しい言葉が出てくるため、聞いたことがないのも当たり前だと思います。

キョロ充の特徴についてご紹介していく前に、キョロ充という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかということを先にご紹介した方が理解しやすいと思いますので、まずはキョロ充という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかご紹介していきます。

それを踏まえて、自分がキョロ充になっていないかどうかということなどをよく考えてみてください。

そうすることによって自分自身がキョロ充になっていることを自覚したり、それを防ぐ事や改善する事につながりますので、自分がキョロ充にならないようにするためにもキョロ充という言葉を理解するところから始めてみましょう。

意味

キョロ充という言葉はどのような意味を持っている言葉なのかと考えたときに、キョロ充の意味は「常に他人の目を気にしながら生きているようなリア充グループの一員」だといえます。

そもそも人によってはリア充という言葉をよくわかってない方もいるかもしれませんので、リア充という言葉の意味を簡単にご紹介すると、リア充という言葉は「リアルが充実している人間」という意味を持っています。

つまり、簡単に言えば誰しもが学生の時にクラスの中心になって何かを発言したり、物事を決めたりするような注目された人間がいたと思います。

交友関係が広くて、周りから一目置かれるような目立った存在の人間です。

このような人たちがいわゆるリア充と呼ばれるような人間であり、今話題のカースト制度の中ではトップに君臨しているいわゆる一軍と呼ばれるような存在です。

このリア充の中のグループに入ってはいるものの、実際はグループの中でも一番下の立場に存在しており、何をするにしても周りをキョロキョロと見渡して、仲間がいないかどうか確認をして一人で行動することができないような人間のことを意味している言葉です。

キョロ充に該当する全ての人間がそうとは言えないのですが、大体の場合が大学デビューをして初めてリア充というグループに入った人間である場合が多く、リア充の中でも少し違和感を放っているような存在であると判断することができます。

語源

キョロ充という言葉の意味をご紹介しましたが、キョロ充という言葉の語源はどのようなものなのかと考えた時に、先ほどご紹介した意味そのままになるのですが「キョロキョロしているリア充グループの一員」なので、キョロ充という言葉で表現されています。

しかしながら、リア充グループの一員とはいうものの、実際にはリア充グループの中の一番最下層に位置しているような場合が多いので、傍目から見てみればあまりリア充グループの一員とは思われないような存在である場合が多いです。

そもそもリア充だろがリア充でなかろうがそこまで大した問題ではないのですが、どうしてもたくさんの人間が集まったりするとこのようなグループ分けなどがなされるようになりますので、リア充の一員に入りたいと思うような人間などが出てきてしまいます。

その結果、無理をしてでもリア充グループに入ろうとするような人間が出てきて、最終的にそのような人間が周りのノリについていけずに違和感が出てしまい、キョロ充という存在になってしまう場合が多いのです。

一般的には大学生に関して指し示されている言葉であり、食堂などで食事をするときにだれか知り合いがいないかどうかキョロキョロしたり、周りの視線を気にしてびくびく生活をしたりするなど、行動力がなくひとりでは何もできないような人間である場合が多いのです。

キョロ充な人の5個の特徴とは?

キョロ充という言葉の基本的な意味や語源について簡単にご紹介していきました。

ある程度キョロ充という言葉について理解いただけたと思いますが、あなたの周りにキョロ充は存在していませんか?

もしくは自分自身がそうだと感じている方はいませんか?

決してキョロ充が悪い存在であるとは言えないのですが、一般的に考えるとあまり良い目線では見られない場合が多いです。

確かに思春期の頃に関しては目立ったり、注目されるような存在になりたいと思って行動したりすることはよくありがちだと思うのですが、中身のないような行動ばかりを行ったところで、結局違和感しか出てこないのは目に見えています。

無理をしてなりきろうと思ってもなりきることなのはできませんので、自分に正直に生きた方がより魅力的な人間になれる可能性があります。

それを踏まえて、これからキョロ充な人の特徴についていくつかご紹介していきますので、自分が該当していないかどうか確認をして、該当する場合に関しては少し自分を客観的に見てもう少し魅力的な自分になれるように根本的な努力を行うようにしてみてください。

そうすることによって自分自身も楽になれますし、もっと人生が楽しくなる可能性があると思いますので、自分自身を見つめるという意味でもキョロ充の特徴を知ってみてください。

落ち着きがない

まずはじめにご紹介するキョロ充な人の特徴は「落ち着きがない」ということです。

なぜキョロ充は落ち着きがないことが特徴になるのかと考えたときに、理由としてはまずその名前に現れています。

キョロ充という言葉についているキョロというのは先ほどご紹介した通り、キョロキョロしていることからつけられています。

なので、それを踏まえて考えると常にキョロキョロしているということになりますので、当然ながら落ち着きがない人間であると判断することができます。

なぜいつもキョロキョロしているのかと考えてみると、基本的に自分の知り合いがいないかどうかを確認して、ひとりになることを防ぐために行っている可能性が高いです。

なぜならば、一人でいることが恥ずかしかったり、一人で何かを行ったりすることができないからこそ、自分の知り合いがいないかどうかを確認して知り合いがいれば一緒に行動することによって安心感を出ようとしていると考えることができます。

このような心理を考えてみると、根底にある気持ちとしては自分に対して自信がないからこそ、人と一緒に群れることによって安心感を感じたり自信をつけようと行動していると判断することができます。

なので、キョロ充の特徴としては落ち着きがないということが挙げられます。

異様にノリがいい

次にご紹介するキョロ充な人の特徴は「異様にノリがいい」ということです。

なぜキョロ充は異様にノリがいいことが特徴になるのかと考えたときに、キョロ充はとにかくん仲間を作ることに必死になります。

その理由は先ほど述べたように、自分一人では何かをすることができなかったり、そもそも充実したグループに存在したいがために、ノリが悪いようなことを行ってグループから外されたりすることを極端に恐れている可能性が高いからです。

なので充実したグループに入るために、ノリをよくすることによって認められるように行動したり、その行動で自分に安心感を感じさせるために行動している可能性が高いです。

なので、キョロ充の特徴としては異様にノリがいいということが挙げられます。

SNS更新頻度が高い


次にご紹介するキョロ充な人の特徴は「SNS更新頻度が高い」ということです。

なぜキョロ充はSNS更新頻度が高いことが特徴になるのかと考えたときに、キョロ充は基本的にリア充であるということに対して誇らしさのような気持ちを感じています。

つまり、自分がリア充でいることに対して自己顕示欲を満たしていると考えることができます。

人間は誰しもが自分が認められたいと思うような気持ちを持っていますので、自己顕示欲を持っていること自体は不思議なことではないのですが、それがあまりにも強くなってしまうと、ついSNSなどでアピールをしすぎてしまったりして周りからは痛いと判断されてしまいます。

また、そのようなことなどを行ったりするような人ほど実際はリア充ではないような場合が多かったりします。

しかし、キョロ充はそのようなことには気づかずに、常にSNSの更新を行ったりしてリア充であることを周りに伝えようと必死になっているのです。

なので、キョロ充の特徴としてSNS更新頻度が高いということが挙げられるのです。

しかしながら、その人を知っている周りからしてみれば必死になっていることなどは明白なのであまり無理をしすぎないようにしないと痛い目線でしか見られないので注意してください。

自分から友達を作れない


次にご紹介するキョロ充な人の特徴は「自分から友達を作れない」ということです。

なぜキョロ充は自分から友達を作れないことが特徴になるのかと考えたときに、そもそもキョロ充は大学デビューを行ったりするような人間である場合が多く、もとをたどってみるとあまりリアルが充実していないような人間だった場合が多いです。

そのような人間が大学生になってたまたまリア充の友達ができてリア充のグループに入れたというような結果に過ぎない存在なのです。

それを考えてみると、リア充な人間であるための必要なスキルなどを身につけていない可能性が高いのです。

では、リア充になるための必要なスキルはどういうものなのかと考えた時に、考えられるのがコミュニケーション能力です。

なぜならば、コミュニケーション能力が高ければ高いほど、周りの人間と良い関係性を築くことができ、なおかつ話題の中心に入ることができたり、自然と人気者という立場になることができますので、リア充になりやすいのです。

中学、高校と昔からリア充として過ごしてきた人間であればこのようなスキルをもとから持っているので、一人になっても友達を作れるようなコミュニケーション能力を身につけているのですが、大学デビューをした元々リア充ではなかった人間はこのようなスキル持っていないため、自分から友達を作ることができないのです。

なので、キョロ充の特徴としてコミュニケーション能力が少ないため自分から友達を作れないという特徴を持っていると判断することができます。

自分の話題は一切なし

次にご紹介するキョロ充な人の特徴は「自分の話題は一切なし」ということです。

なぜキョロ充は自分の話題は一切なしということが特徴になるのかと考えたときに、キョロ充はそもそも自分自身の個性と呼ばれるようなものが存在していない可能性がとても高いからです。

なぜキョロ充には個性が存在していない可能性が高いのかと考えると、そもそもリア充グループに入るために自分を殺して、周りに合わせようとして無理をしてリア充グループに入っているのです。

それを考えると、自分という個性で勝負していないため、なんでもかんでも周りに合わせようとして中身のないような人間になっている可能性が高いのです。

だから自分という個性から生み出されるような話題を提供することができない場合が多く、常に自分以外の他人の話などをしたりする事が多いです。

時にはそれでも盛り上がったりすることがあるかもしれませんが、結局自分自身という個性をしっかりと持っている人間と持っていない人間では、感じられる魅力は大きく差が開きます。

自分という個性をしっかりと持っている人間はたとえリア充でなかったとしても、認めてくれる人は必ず現れます。

しかしながら、自分という個性を持っていない人間はどんな人間にも認められないですし、そもそも中身がなければ認めようもありませんので、結果としてつまらない人間だと判断されてしまいます。

とても残念な話ではありますが、以上のことからキョロ充の特徴として自分の課題は一切なしということが考えられるのです。

周りからはこう見られているから気をつけて!

ここまではキョロ充の特徴についていくつかご紹介していきましたが、キョロ充の特徴に該当していると感じた人もいれば、知り合いがキョロ充の特徴に該当していたと感じた方も多いと思います。

その特徴を把握いただいたところで、ここからはキョロ充が実際に周りからはどのような見られ方をされているのかということを詳しくご紹介していきます。

実際自分が見ている立場であるならばよくわかると思うのですが、自分自身がキョロ充出あった場合はこのことに対してよく理解していない場合が多いと思いますので、自分自身がキョロ充の特徴に該当していたと感じた方こそよく確認してみてください。

とにかく痛い

キョロ充が周りからどう見られているのか考えた時に「とにかく痛い」ということが挙げられます。

なぜキョロ充がとにかく痛いと感じられるのかと考えてみると、キョロ充に関しては自分ではリア充のグループに入っていると思い込んでいるのに、周りからしてみれば全くそのようには見えないからこそ、キョロ充のとる行動などがすべて痛々しく感じてしまうのです。

例えば、普段はたくさんの人間に囲まれたりしているときは大きな顔をしているくせに、いざ自分が一人の状態になった時に何もできなかったりするような場合が多く、結局自分自身の能力で何かを実行したり、何かを成し遂げたりすることができない場合が多いので、人間としての魅力が欠けて見えるようになります。

それなのに、人といるときはそれを隠すかのように行動したりするので、余計に痛々しく見えるためキョロ充の見られ方としては痛々しいと感じられてしまうのです。

面白くない人

キョロ充が周りからどう見られているのか考えた時に「面白くない人」ということが挙げられます。

なぜキョロ充が面白くない人と感じられるのかと考えてみると、先ほどもお伝えしたように、キョロ充に関しては自分自身の個性というものを持っていない場合が多いのです。

自分の個性を持っていないような人間は周りから見てもあまり面白い人間だとは判断されにくいです。

自分の個性を表すかのような、絶対に譲れないものなどを持っている人間の方がはるかに魅力的であり、それがたとえリア充ではなかったとしても全く関係がないのです。

いわゆるオタクのような人間だったとしても、何かに関する知識を膨大に秘めている場合は、それ自体が魅力的であり、それを何かに生かすこともできるようになります。

ところが、自分という個性を持っていないような人間は周りに自慢することができるような何かを持っているわけでもないですし、人から注目されるような要素などを秘めているわけではありませんので、当然ながら周りが注目するようなものを持っているはずがありません。

なので、結果的にキョロ充は面白くない人間だと周りから見られがちになってしまうのです。

無理してそう……

キョロ充が周りからどう見られているのか考えた時に「無理してそう……」ということが挙げられます。

なぜキョロ充が無理してそう……と感じられるのかと考えてみると、キョロ充は必要以上にリア充の仲間入りになろうと行動したり、リア充であることに対して誇りを感じている場合が多いです。

その理由は先ほどお伝えした通り、自分に対して自信を持っていないので、リア充の仲間になっていることに対して安心感を得ていることと、自分の自己顕示欲を満たすための行動である可能性がとても高いです。

しかしながら、元からリア充になるための力を持っているのであれば、問題ないですが、無理をしてリア充の仲間入りをしようとしている人は必ず周りから見ても無理をしているのがバレバレになります。

本人は無理をしてでもリア充の仲間入りをしたいと思って行動しているのかもしれませんが、周りからしてみれば必死になってるリア充の仲間入りをしようとしているのがわかるので、無理をしているように感じられてしまいます。

そのような人間に対してあまり魅力的には感じられないので、いつまでたっても本当の意味でリア充の仲間入りをすることはできないままなのです。

なので、キョロ充は無理をしてそうだとは周りから見られがちになるのです。

楽しくなさそう

キョロ充が周りからどう見られているのか考えた時に「楽しくなさそう」ということが挙げられます。

なぜキョロ充が楽しくなさそうと感じられるのかと考えてみると、それは先ほどお伝えした無理をしているということが関連しています。

冷静に考えてみると、自分が自然体で何かを楽しんだりする時が一番物事を楽しんだりすることができるはずです。

しかしながら、無理をしてそうしようと思ったところで自然体に楽しめるわけがありませんので、実際は心の中では本当に楽しいと感じていない場合が多いです。

自分が心から楽しいと思っていない場合は、傍目から見ても本当の意味で楽しそうに見えないのです。

なので、無理をしているのが見え見えなキョロ充は楽しくなさそうだと見られがちになり、周りから心を見透かされてしまう場合が多いのです。

人の目を気にしすぎ

キョロ充が周りからどう見られているのか考えた時に「人の目を気にしすぎ」ということが挙げられます。

なぜキョロ充が人の目を気にしすぎだと感じられるのかと考えてみると、キョロ充は周りをキョロキョロしていることが多いので、自然と周りにいる人からしてみれば、いつも落ち着きがなく周りを見渡しているという印象になってしまうのです。

そんな人間は自分に対して自信を持っていないようなことが筒抜けになってしまい、本当の意味で魅力的な人間だとは思われない場合が多かったりします。

なので、いつまでたってもキョロ充を抜け出せないのです。

少しでもキョロ充を抜け出したいと思うのであれば、自分に対して本当の意味で自信を持つことができれば、必ず充実した人生を歩むことができるはずなので、あまり人の目を気にしないようにすることが大切です。

これを踏まえると、結果的にキョロ充の見られ方として人の目を気にしすぎということが挙げられます。

脱!キョロ充のためには?

自分自身がキョロ充だと気づいた方はキョロ充を脱出したいと心の中で思っているはずです。

しかし、キョロ充を脱出するための方法がわからないで、いつまでも行動できずにいる可能性がとても高いと思います。

なので、キョロ充を脱出するためにはどうすればいいのかということをここからは簡単にご紹介していきたいと思います。

少しでも自分が本当の意味で魅力あふれる人間になりたいと思うのであれば、これからご紹介する特徴日常生活の中で積極的に取り入れていただければ、今までよりも確実に魅力的な人間になることができると思いますので、実践してみてください。

個性を大事にする

キョロ充を脱出するためにはどうすればいいのかと考えたときに、おすすめとしては「個性を大事にする」ということです。

なぜキョロ充を脱出するためには個性を大事にしなければいけないのかと考えた時に、結局自分の中で個性を持つ事によって、自分自身のアイデンティティを見つけることができるようになります。

しっかりと自分自身でアイデンティティを確立することによって、自分がどういう人間なのかということにしっかりと軸を作ることができるようになります。

軸がある人間はブレにくくなり、しっかりと自分という存在を持ち続けることができるようになりますので、自然と自分自身に自信を持ちやすくなります。

そうなることによって、必ず誰かしらからか自分に対して魅力を感じてもらえるような可能性が生まれるようになりますので、周りを見てキョロキョロしているのではなく、自分に自信を持てるように何かしらの個性を身につけるように努力してください。

自信をつけるために行動する

キョロ充を脱出するためにはどうすればいいのかと考えたときに、おすすめとしては「自信をつけるために行動する」ということです。

なぜキョロ充を脱出するためには自信をつけるために行動しなければいけないのかと考えたときに、キョロ充はそもそも根本的な原因を考えると自分に対して自信を持っていないからだと判断することができます。

自分に対して自信を持っている人間は堂々と行動することができますので、周りの目を気にしたりして行動したりはしません。

なので、根本的な自分に対して自信を持ってていないという原因を改善するために、自分に対して自信をつけるために行動を行う必要性があるということです。

自分に対して自信を持つためには、小さな成功体験いくつも生み出すことが大切です。

何度も何度もチャレンジして小さい成功体験を何度も生み出していくことによって、最終的に自分に対して自信を持つことができるようになりますので、まずは行動してチャレンジをすることを念頭においた上で日常生活を過ごしてみてください。

コミュニケーション能力がなくて自信を持てないのであれば、一日に一回知らない人に声をかけてみるなど、自分なりに変わるための行動ルールをセッティングしてみてください。

そうすると一定期間で劇的に自分が変化するようになるはずです。

リア充になろうとしない

キョロ充を脱出するためにはどうすればいいのかと考えたときに、おすすめとしては「リア充になろうとしない」ということです。

なぜキョロ充を脱出するためにはリア充になろうとしないことが大切なのかと考えたときに、根本的な意味としては無理をしないということになります。

そもそもリア充になろうと無理をしているからこそ、それが自分の表情や行動などから周りに伝わって、周りに痛々しいイメージを与えていつまでもキョロ充という扱いになっているのです。

なので、無理をしてもでリア充に入ろうとする考え方を捨ててみてください。

そうすることによって自然体な自分になることができますので、周りから痛々しい目線で見られたりすることは絶対になくなります。

それでも自分がリア充の一員になりたいと思うのあれば、まずは自分自身のありのままの姿を受け入れて、自分とリア充を比較して、自分になくてリア充にあるものは何なのかということをとことん突き詰めて考えてみてください。

あとはそれを見つけて、それが自分に当たり前になるレベルまで身につけるように努力をしてみれば自然とリア充の一員になることができるはずです。

もちろんそこまで難しく考えなくても、自然体になることによって自然と肩の力が抜けて本来の自分を見つけることができ、そこから自分の個性を見いだすことができればそれだけで魅力的な人間になることができる可能性もありますので、まずは無理をするということをやめて自分を正しく見つめ直すことから始めてみてください。

キョロ充にならないように気をつけよう!(まとめ)

キョロ充であるということは周りから見てみればとてつもなくダサいイメージがつきまとうような存在ということがよくお分かりいただけたと思います。

もしも自分自身がキョロ充だったということが今日わかったのであれば、少しでも今までの自分よりも魅力的な自分になれるように努力をしてみてください。

確かにキョロ充であることは恥ずかしいことかもしれませんが、一番恥ずかしいのは努力ををしない人間です。

キョロ充だということが分かれば、あとは努力次第でいくらでも変化することができます。

なので、自分にできる努力を考えて日常生活の中で実行し、キョロ充から脱出できるように頑張ってみてくださいね。