あなたはこれまでの人生の中で何かしらの恥ずかしい経験をしたことはありますか?

大抵の方は人生で一度くらいは恥ずかしい経験や、二度と経験したくないような恥ずかしい体験をしたことはあるはずです。

思い返してみれば今では笑い話にすることができるかもしれませんが、その当時の状況などを振り返ってみるととても恥ずかしかったということなどはたくさんありますよね。

そんな恥ずかしい経験の中の一つに女性の方が主に該当するシーンとしては、自分が履いている下着が丸見えになってしまった時が該当すると思います。

私たちが住んでいる日本に関しては中学校、高校などは主に制服を着用していると思うのですが、女性の制服に関してはスカートを着用しますし、一般的なファッションの中でもスカートを履いたりしますし、社会に出てからもスーツを着たりする時にスカートを履いたりすることもあります。

なので、女性とスカートは切っても切り離せないような存在であると考えることができ、スカートを着用している場合は注意をしなければ自分の生えている下着が見えてしまうことなどは必ずあります。

しかしながら、自分が履いている下着が見えてしまうのは恥ずかしいですし、マナーとしてもあまり良いものではありませんよね。

そこで、今回は特に注意sてほしい状況として、電車でパンチラになりやすいシチュエーションと対策についてご紹介していきたいと思います。

普段電車などに座ったりするような人はよく確認しておいてください。

️電車ではパンチラに気をつけて!

自分が着用している下着が見えてしまう状況というのは様々な状況が考えられます。

例えば、一般的に多いシチュエーションとしては階段を登ったりする時にはよく注意をしておかないと下着が見えてしまうようなことなどはよくあると思います。

しかしながら、高低差のある場所に関してはある程度注意をしていたとしても、うっかりすると見えてしまうようなこともありますのでまだ仕方がないシチュエーションの部類に入るのではないかと思います。

では、高低差がない場所ならば心配はないのかと言われると、決してそうではありません。

意外と注意をしておかないと丸見えになってしまうような状況などはよくありますので、女性の方は注意をしておかないと周りを不快な気分にさせたり、人によっては犯罪に巻き込まれてしまうようなことにもなりかねませんので、注意をしなければいけません。

ちなみに、高低差がない場所で自分が履いている下着が見えてしまいやすいシチュエーションとして次のあげられるのは電車の中です。

電車の中は意外と見えないと思っている人が多いかもしれませんが、対面に座っている人からは実は見えてしまっているような場合がよくあったりします。

大半の男性からしてみれば嬉しいことかもしれませんが、人によっては嫌悪感を感じたりしますし、同性の人からははしたないと思われてしまう可能性などもあります。

なので、この機会に電車の中で下着が見えないようにするにはどうすればいいのいかという知識を身に着けていただきたいと思います。

️電車でパンチラになりやすい6個のシチュエーション


女性の方の中にはきちんと電車の中で座ったりする時に自分の下着が見えないように様々な工夫を行っているという方がいるかもしれませんね。

しかしながら、すべての女性が電車の中で下着が見えてしまうことに対して何かしらの対策を行ったりしているかといえば、決してそうではありません。

気を抜いてしまっている女性や、そもそもあまり気にしていないという女性の方も中には存在しています。

そこで、今回は自分自身で何かしらの対策を行っていただいたり、もっと意識を高めていただくために、下着が見えてしまうことを防ぐ対策方法についてご紹介をしていきますが、その前にそもそも電車で下着が見えてしまいやすいシチュエーションについていくつかご紹介をしていきたいと思います。

このシチュエーションをある程度理解しておくことによって、後ほどご紹介する下着が見えないようにする対策をより理解し、受け止めることができるようになりますので、まずは段階を踏んでシチュエーションから理解するようにしてみてください。

足を閉じないで座っている

まずはじめにご紹介する電車でパンチラになりやすいシチュエーションとして「足を閉じないで座っている」ということが挙げられます。

なぜ足を閉じないで座っている場合、パンチラになりやすいのかと考えたときに、これに関しては想像して見ればすぐにわかると思います。

例えばデニムなどを履いているのであればそこまで関係はないのですが、スカートなどを開いている時に足を閉じないで座っている場合、当然ながら足を開いた状態にすることによってスカートが開いてしまいますのでそれによって下着が丸見えになってしまうという状況が生まれます。

一般的に考えてスカートを履いている場合は、足を閉じて綺麗に着座するのが当たり前であり、マナーになります。

しかしながら、特にマナーなどを気にしないで着座してしまっている場合、このような事が起こってしまい、周りの人からは下着が丸見えになってしまいますので、品のない女性だと思われたり、はしたないと思われたりする可能性がありますので、十分注意をするようにしてください。

基本的にあまり多くはいないと思うのですが、長い時間座ったりしている中で足を閉じたりするのが疲れてしまい、自然と足が開いてしまうという場合がなどが多い事例になると思います。

確かに長い時間足を閉じたりしていないといけないのは足が疲れてしまいますし、苦痛だと思いますが、電車に乗ることを想定している時点でデニムパンツを履いたりするなどの何かしらの工夫はできるはずなので、もう少し気遣って服装などを選び必要性があると理解してください。

特に対面から見えやすい


電車に乗って着座したときに、もしも足を閉じないで座ってしまっていた場合は、正面に座っている人からは特に下着が見えやすくなっています。

実際にこれまでに電車に数多く乗車した経験がある方ならば分かると思うのですが、自分の対面に女性が座っており、その女性がスカートを履いていた場合、スカートの丈にもよりますが下着が見えやすくなってしまっていることを意識したことがある方はたくさんいると思います。

同性の方だったとしてもそれは気づくことがあると思いますので、必ず対面に座っている人の視線の中に常に自分の姿は入っているということをより強く意識するようにしてください。

特に電車の中で対面に座っている場合は、なかなか自分の体や視線を横にずらしたりするのはしにくいですし、体の正面を向いていれば自然と視線は正面に向きます。

そうなった時に、自然と正面に座ってる人間の体に目が行くのは意識してなくても当然のことになりますので、さらに正面に座っている人からは注目されやすいということを理解して、自分がどのような行動をとらなければいけないのか注意するようにしてください。

短すぎるスカートを履いている

次にご紹介する電車でパンチラになりやすいシチュエーションとして「短すぎるスカートを履いている」ということが挙げられます。

なぜ短すぎるスカートを履いている場合、パンチラになりやすいのかと考えたときに、短すぎるスカートを履いてしまった場合は当然ながら長さが短いので、その分隠してくれる面積なども小さくなりますから、自分が履いている下着が見えやすくなるのは当然ですよね。

あまり極端なまでに短すぎるスカートを履いてるような人は今は少なくなっていますが、それでもある程度短めのスカートを着用しているような女性の方はまだ多く存在しています。

あまり知られていない事実として、世界全体の目線で私たちのファッションを見てみると、短すぎるスカート履いてるような国は日本くらいだといわれています。

確かに海外でも短すぎるスカートを履いてるような女性はいるのですが、海外で短すぎるスカートを着用している女性の方は娼婦だといわれています。

実際に娼婦の証として着用しているような人なども多く、外国人が日本に来た時にはかなり驚く事の一つだといわれています。

もちろん海外の文化を無理に取り入れる必要性はないのですが、それでも一般的にそれぐらい衝撃を受けるようなことだということを理解してください。

それを踏まえたので、あまりにも短すぎるスカートを履く場合は、それなりに自分の立ち振舞いなどを考えておかなければ、無防備な恰好になりすぎるという注意点を理解しておいてください。

盗撮もされやすい

もしも短すぎるスカートを履いている場合は、十分注意をしておかないと盗撮もされやすくなります。

残念なことに、男性の中にはスカートが短い女性を狙って盗撮を行おうとしているような方はたくさんいます。

実際に逮捕されて罰を受けているような人の中にはいますが、冷静に分析すれば逮捕されずに盗撮を続けているような男性はまだまだ世の中にたくさんいることが予想されます。

それを踏まえて考えてみると、犯罪の被害に遭いやすくなるような格好をしてしまっているということになるのです。

もちろん、一番悪いのは盗撮を行おうとしている人間ですし、そんな人間に屈したりすること自体が受け入れたくないと思うのは当たり前です。

しかし、それでもこちらが合わせなければ相手のターゲットになりやすくなってしまいますし、結局自分自身が得をするようなことは何もありませんので、確かに短いスカートを履いて可愛いと思われたい気持ちはわかるのですが、短いスカートを履くことによって絶対に可愛いと思ってもらえるわけではありません。

人によっては、それなりの長さのスカートの方が好感が持てると感じている方も多いと思いますので、少し考え方を変えてみて、別の可愛さアピールの方法を見つけてみるようにすると自分にとって今まで感じられなかったメリットが感じられると思いますよ。

ホームの階段やエスカレーター

次にご紹介する電車でパンチラになりやすいシチュエーションとして「ホームの階段やエスカレーター」が挙げられます。

なぜホームの階段やエスカレーターに乗る場合、パンチラになりやすいのかと考えたときに、これは冒頭でもご紹介した通りですが、スカート着用した場合下着が見やすくなる状況としては高低差がある場所が見やすくなります。

それを考えてみると、駅のホームに関しては基本的に階段が設置されており、それ以外にはエスカレーターが設置してあったりすると思いますので、いずれにしても高低差がある場所になりスカートを着用している場合は下着が見えやすくなる可能性が生まれます。

ある程度の長さのスカートを着用しているのであれば、たとえ高低差だったとしても下着が見えたりするようなことはないかもしれませんが、少し短めのスカートを履いている場合高低差がある場所に関してはさらに短く感じられやすいので、よく注意しておかなければ下着が丸見えになってしまうようなことがあります。

基本的にどんな駅に関しても階段やエスカレーターなどの設置してある場合が多いので、電車に乗るということはその工程をたどっていかなければいけないということを理解して、それなりに場所に合わせた服装を着用するということを意識しなければいけません。

万が一スカートを履いてしまった場合は、スカートおさえたり、境界線の部分に自分の荷物を持ってくる、もしくは横を向くようにしてエスカレーターに乗るなどの対処法を行う必要性があります。

後ろの人から見えやすい

ホームの階段やエスカレーターなどにスカートを着用したまま乗る場合、一般的に考えて後ろの人からは自分の下着が見えやすい立ち位置になります。

きちんとそのことを理解した上で階段を上ったり、エスカレーターに乗ったりしなければ、場合によっては下着が丸見えになってしまうようなことがあります。

特に短すぎるスカートを着用しているときに前傾姿勢になったりすることによって、スカートの中の下着がさらに見えやすくなったりするようになりますので、どのようにすれば下着が見えなくなるのかということを考えながら行動するようにしなければいけません。

先ほどご紹介したようにスカートの中を盗撮しようとするような人間に関してはこのようなシチュエーションを狙って盗撮行ったりするような人もいたりしますので、結果的には自分自身を守るということにもつながるようになりますから、必ず何かしらの対策を行うようにしておきましょう。

何かを落として拾うとき

次にご紹介する電車でパンチラになりやすいシチュエーションとして「何かを落として拾うとき」ということが挙げられます。

なぜ何かを落として拾うとき場合、パンチラになりやすいのかと考えたときに、これは考えてみればすぐにわかると思いますが何かを落として拾おうとした時には必ず前傾姿勢になりますよね。

前傾姿勢になるということは当然ながら後ろに位置している人間からしてみればスカートが見えやすくなってしまいますので、注意をしておかなければ自分の下着が丸見えになってしまうような状況を生んでしまいます。

ある程度長いスカートなのであればそこまで問題もありませんが、短いスカートに関してはちょっとした動作などが命取りになったりすることもありますので、何か落として拾う時には十分考えて拾わなければいけません。

ちょっと面倒かもしれませんが、何かを落として拾う時に横向きになりながら座って物を拾ったりするようにすれば、自分の下着が見えてしまうようなことを防ぐことができますので、ちょっとした工夫を行いながら物を拾ったりするようにしてください。

動きが大きくなるので注目されやすい

女性の中には何か落として拾ったりする行為をわざわざじっくりと見たりするような人はなかなかいないと思っているかもしれませんが、意外と思い返してみると自分の身の周りの人間が何かを落として拾ったりする動作というのは、しっかりと実は見られています。

そもそも何かを落としたりするということが起こった時点である程度注目を集めてしまうような場合が多いのです。

なので、当然ながらその一連の流れなどは注目されるようになりますので、物を落としてから拾うまでの間は見られています。

また、物を拾ったりする際には当然動く動作などが大きくなったりしますので、それも含めて周りからは注目を集めやすくなりますので、必ずそのような時にはきちんと周りから見られていることを自覚した上でどのように体を動かすべきなのかということを考えておかなければいけません。

そうしておかないと、恥ずかしい状況になってしまう可能性がありますので十分注意をしてください。

床にそのまま座っている

次にご紹介するパンチラになりやすいシチュエーションとして「床にそのまま座っている」ということが挙げられます。

なぜ床にそのまま座っている場合、パンチラになりやすいのかと考えたときに、床に座ったりする時には基本的に足を折り曲げながら座るようになりますので、足が折り曲がる分、スカートがそれに伴って短くなってしまいます。

スカートが短くなるということはそれに比例して当然ながらスカートの中の下着も見えやすくなってしまうという状況になります。

十分注意をしながら床に座ったりしなければ、ちょっと動いただけで下着が見えてしまったり、自分が予想だにしていない状況で周りから下着が見えてしまっていたというようなことなどが起こります。

なので、床にそのまま座ったりする時にはきちんと自分が相手にどのように映っているのか確認をしながら座るようにしてください。

マナー的にも問題アリ

まずそもそも冷静に考えていただきたいのが床に座るという行為自体がマナー的に問題があるということを理解してください。

人によっては電車で床に座り込むなんて絶対に考えられないと思ってる方がいると思いますが、実際に日本の中には電車の床に座りながら話をしたりしているような人はいます。

都会などに関しては決してあり得ない話になると思うのですが、残念ながら田舎の地域などに関しては電車の数が少なかったりして電車がガラガラだったりする場合があります。

それ以外にも、学生の方でやんちゃな方が床に座ったりするようなシーンなどは時々見かけたりすることがあるのです。

それを踏まえて考えてみると、丸電車の床に座るという行為自体がマナー的に問題があり、普通に考えておかしい行動をとっているということを理解するところから始めなければいけません。

そもそもこの部分に関してマナー的に問題があるということを理解することができない人間は、自分の下着が見えていようと見えていないとそこまで関係ないと思っている方の方が多かったりします。

なので、まずは基本的な常識を身につけるところから始めなければいけません。

自分が周りからどのように見られているのかということをよく理解した上で、どのように行動しなければいけないのかということを考えることができるようになって初めて大人になることができますので、幼稚な思考から脱出するためにも、周りからの見られ方を意識するようにしてください。

しゃがみこんだとき

次にご紹介する電車でパンチラになりやすいシチュエーションとして「しゃがみこんだとき」ということが挙げられます。

なぜしゃがみこんだ場合、パンチラになりやすいのかと考えたときに、実際に見たことがある方がいると思うのですが、例えば自分の目の前でしゃがみこんで座っている人のトップスとデニムの間が広がってしまって、素肌が見えてしまい、そこから下着が見えてしまったという経験をしたことがある方はたくさんいると思います。

もちろんスカートを履いてる人がしゃがみこんだ時に正面から下着が見えてしまうようなことなどもあったりすると思うのですが、それ以外にもデニムパンツを履いている時でも自分の腰の部分から下着が見えてしまうようなことがあるということを理解しておかなければいけません。

しかしながらこれに関してはなかなか注意のしようが難しく、自分が気づかない間に見られてしまっているというような事がよくあると思います。

しかしながら、大抵の場合はデニムパンツを腰に履いていたり、トップスが短かったりするからこそ起こりえることになりますので、その点を注意しておけば防止することなどは簡単です。

ちょっと気遣うことで無くすことができるような失敗になりますので、十分注意をするようにしてください。

️電車でパンチラを防ぐための対策

ここまでは電車でパンチラになりやすいシチュエーションをいくつかご紹介していきました。

一般的に考えると電車で着座した時に見えたり見えなかったりというようなシチュエーションのみを想像するような方が多かったりすると思うのですが、意外と考えてみると様々な場面で下着が見えてしまうシチュエーションが生み出されていることがおわかりいただけたと思います。

そこで、たくさんのシチュエーションを理解いただいたところで、ここからは様々なシチュエーションに基づいた電車でパンチラを防ぐための対策についてご紹介していきたいと思います。

これからご紹介する対策を日常的に取り入れていただくことによって、電車の中で自分の下着が見えてしまうことを防ぐことができるようになりますので、自分自身を守ったり、上品な振る舞いを身につけるためにも必ず無意識に行動できるようになるまで実践してみてください。

足を閉じて座る

まず初めにご紹介する電車でパンチラを防ぐための対策は「足を閉じて座る」ということです。

なぜ足を閉じて座ることが電車でパンチラを防ぐための対策になるのかと考えたときに、足が開いてしまうことによって自分の下着が丸見えになってしまうことを防ぐことができるからです。

結局スカートを履いていて下着が丸見えになってしまう原因としては、電車に着座した時に足を開いてしまうことによってスカートの中が丸見えになってしまうので、きちんと足を閉じることによって下着が見えてしまうことを防ぐことができますし、下品な印象を相手に与えることを防ぐことができます。

長い時間足を閉じて座ったりするのが苦痛に感じる方がいるかもしれませんが、そもそも長い時間電車に乗るということなのはある程度事前に把握している場合がほとんどだと思いますので、いつもより長い時間電車に乗ることを想定するのであれば、その時には動きやすい格好であったり、下着が見えてしまわないような格好をするということを念頭においてファッションをコーディネートするようにしておいてください。

座った時に膝にカバンを置く

次にご紹介する電車でパンチラを防ぐための対策は「座った時に膝にカバンを置く」ということです。

なぜ座った時に膝にカバンを置くことが電車でパンチラを防ぐための対策になるのかと考えたときに、結局電車の中に着座した時にスカートの前面の部分が見えてしまうことによって下着が見えてしまうことにつながりますので、スカートの前面の部分の角度を隠すようにすることによって下着が見えてしまうことを防ぐことができます。

なので、自分が電車の中で着座した時に自分の膝の部分にカバンを置くことによって、正面から見た時に下着が丸見えになってしまうことを防ぐことができるようになります。

なので、鞄などを自分の膝の部分において、相手からの視線をカバーするようにすれば、ある程度リラックスしながら着座することもできるようになりますので、下着が見えないように注意をする人との対策になり得ると判断することができます。

スカートを足の間に挟み込む

次にご紹介する電車でパンチラを防ぐための対策は「スカートを足の間に挟み込む」ということです。

なぜスカートを足の間に挟み込むことが電車でパンチラを防ぐための対策になるのかと考えたときに、これも原理としては先ほどご紹介した膝にカバンを置くこととそこまで変わりないのですが、結局スカートの前面の部分が丸見えになってしまうことによって自分の下着が見えてしまうことになります。

なので、自分のスカートを足の間に挟み込むことによって、自分の下着を丸見えにさせないようカバーする壁を作ることができるようになります。

ある程度ひらひらしたスカートであればこのようなことが可能になると思いますので、場合によってはこのように対策を行っておいてください。

パツっとしたスカートを着用している場合は難しいと思いますので、その場合はカバンなどを使って工夫をするようにしてください。

地べたに座らない

次にご紹介する電車でパンチラを防ぐための対策は「地べたに座らない」ということです。

なぜ地べたに座らないことが電車でパンチラを防ぐための対策になるのかと考えたときに、地べたに座ってしまうと、周りからの見られ方などが予想できなくなってしまい、気づかないうちに下着が見えてしまうようなことがあります。

なので、そもそも地べたに座らないようにすることによって、下着が見えてしまうようなことを防ぐことができますので、基本的なマナーを守るという意味でも地べたに座らないようにすることが下着が見えないようにする大切な対策の一つになります。

階段などではスカートを抑える

次にご紹介する電車でパンチラを防ぐための対策は「階段などではスカートを抑える」ということです。

なぜ階段などではスカートを抑えることが電車でパンチラを防ぐための対策になるのかと考えたときに、先ほどもお伝えした通り高低差がある場所に関しては下着が見えてしまう安くなります。

なので、高低差のある部分を移動したりする際にはきちんと真後ろに位置している人間に下着が見えないようにスカートを抑えたり、自分が持っているカバンを後ろに回したりして視界を遮るようにすることによって下着を見えなくすることができるようになります。

人によっては後ろを歩いたりする時に下着をのぞいているように見えて気まずいからあまり歩きたくないと思うような人がいたりしますので、そのような人に配慮する意味でもこのような対策を行うことが有効になりますので、取り入れるようにしてください。

ものを拾うときは膝を曲げて拾う

次にご紹介する電車でパンチラを防ぐための対策は「ものを拾うときは膝を曲げて拾う」ということです。

なぜものを拾うときは膝を曲げて拾うことが電車でパンチラを防ぐための対策になるのかと考えたときに、何か落として拾おうと思った時にそのまま立った状態から拾おうとすると腰を曲げた際にスカートの中が見えやすくなります。

なので、きちんとものを拾ったりする時には膝を曲げた状態で拾うようにすればそれを防ぐことができるようになりますので、いちいち触ったりするのは面倒に感じるかもしれませんが、マナーの一つとして膝を曲げて座るようにしてください。

️パンチラを防ぐのは女性としてのマナー

夜中のたくさんの女性が下着が見えないように努力をしているとは思うのですが、中には自分の下着が見えてしまうことをそこまで意識していないような人がいるのも確かです。

しかしながら、男性と違って女性に関してはある程度見られ方を意識しておかないと、普通以上に下品なイメージを与えてしまいかねないというリスクがあります。

なので、下着が見えてしまうことを防ぐのは女性としての最低限のマナーであり、自分自身のイメージを保つためにも必要なことになります。

それを理解した上でスカートを着用しておかなければいけませんので、スカート着用する時には最低限のマナーを理解した上でスカートスタイルを楽しむようにしてください。