CoCoSiA(ココシア)

電車でパンチラになりやすい6個のシチュエーションと対策を紹介!


あなたはこれまでの人生の中で何かしらの恥ずかしい経験をしたことはありますか?

大抵の方は人生で一度くらいは恥ずかしい経験や、二度と経験したくないような恥ずかしい体験をしたことはあるはずです。

思い返してみれば今では笑い話にすることができるかもしれませんが、その当時の状況などを振り返ってみるととても恥ずかしかったということなどはたくさんありますよね。

そんな恥ずかしい経験の中の一つに女性の方が主に該当するシーンとしては、自分が履いている下着が丸見えになってしまった時が該当すると思います。

私たちが住んでいる日本に関しては中学校、高校などは主に制服を着用していると思うのですが、女性の制服に関してはスカートを着用しますし、一般的なファッションの中でもスカートを履いたりしますし、社会に出てからもスーツを着たりする時にスカートを履いたりすることもあります。

なので、女性とスカートは切っても切り離せないような存在であると考えることができ、スカートを着用している場合は注意をしなければ自分の生えている下着が見えてしまうことなどは必ずあります。

しかしながら、自分が履いている下着が見えてしまうのは恥ずかしいですし、マナーとしてもあまり良いものではありませんよね。

そこで、今回は特に注意sてほしい状況として、電車でパンチラになりやすいシチュエーションと対策についてご紹介していきたいと思います。

普段電車などに座ったりするような人はよく確認しておいてください。

️電車ではパンチラに気をつけて!

自分が着用している下着が見えてしまう状況というのは様々な状況が考えられます。

例えば、一般的に多いシチュエーションとしては階段を登ったりする時にはよく注意をしておかないと下着が見えてしまうようなことなどはよくあると思います。

しかしながら、高低差のある場所に関してはある程度注意をしていたとしても、うっかりすると見えてしまうようなこともありますのでまだ仕方がないシチュエーションの部類に入るのではないかと思います。

では、高低差がない場所ならば心配はないのかと言われると、決してそうではありません。

意外と注意をしておかないと丸見えになってしまうような状況などはよくありますので、女性の方は注意をしておかないと周りを不快な気分にさせたり、人によっては犯罪に巻き込まれてしまうようなことにもなりかねませんので、注意をしなければいけません。

ちなみに、高低差がない場所で自分が履いている下着が見えてしまいやすいシチュエーションとして次のあげられるのは電車の中です。

電車の中は意外と見えないと思っている人が多いかもしれませんが、対面に座っている人からは実は見えてしまっているような場合がよくあったりします。

大半の男性からしてみれば嬉しいことかもしれませんが、人によっては嫌悪感を感じたりしますし、同性の人からははしたないと思われてしまう可能性などもあります。

なので、この機会に電車の中で下着が見えないようにするにはどうすればいいのいかという知識を身に着けていただきたいと思います。

️電車でパンチラになりやすい6個のシチュエーション


女性の方の中にはきちんと電車の中で座ったりする時に自分の下着が見えないように様々な工夫を行っているという方がいるかもしれませんね。

しかしながら、すべての女性が電車の中で下着が見えてしまうことに対して何かしらの対策を行ったりしているかといえば、決してそうではありません。

気を抜いてしまっている女性や、そもそもあまり気にしていないという女性の方も中には存在しています。

そこで、今回は自分自身で何かしらの対策を行っていただいたり、もっと意識を高めていただくために、下着が見えてしまうことを防ぐ対策方法についてご紹介をしていきますが、その前にそもそも電車で下着が見えてしまいやすいシチュエーションについていくつかご紹介をしていきたいと思います。

このシチュエーションをある程度理解しておくことによって、後ほどご紹介する下着が見えないようにする対策をより理解し、受け止めることができるようになりますので、まずは段階を踏んでシチュエーションから理解するようにしてみてください。

足を閉じないで座っている

まずはじめにご紹介する電車でパンチラになりやすいシチュエーションとして「足を閉じないで座っている」ということが挙げられます。

なぜ足を閉じないで座っている場合、パンチラになりやすいのかと考えたときに、これに関しては想像して見ればすぐにわかると思います。

例えばデニムなどを履いているのであればそこまで関係はないのですが、スカートなどを開いている時に足を閉じないで座っている場合、当然ながら足を開いた状態にすることによってスカートが開いてしまいますのでそれによって下着が丸見えになってしまうという状況が生まれます。

一般的に考えてスカートを履いている場合は、足を閉じて綺麗に着座するのが当たり前であり、マナーになります。

しかしながら、特にマナーなどを気にしないで着座してしまっている場合、このような事が起こってしまい、周りの人からは下着が丸見えになってしまいますので、品のない女性だと思われたり、はしたないと思われたりする可能性がありますので、十分注意をするようにしてください。

基本的にあまり多くはいないと思うのですが、長い時間座ったりしている中で足を閉じたりするのが疲れてしまい、自然と足が開いてしまうという場合がなどが多い事例になると思います。

確かに長い時間足を閉じたりしていないといけないのは足が疲れてしまいますし、苦痛だと思いますが、電車に乗ることを想定している時点でデニムパンツを履いたりするなどの何かしらの工夫はできるはずなので、もう少し気遣って服装などを選び必要性があると理解してください。

特に対面から見えやすい


電車に乗って着座したときに、もしも足を閉じないで座ってしまっていた場合は、正面に座っている人からは特に下着が見えやすくなっています。

実際にこれまでに電車に数多く乗車した経験がある方ならば分かると思うのですが、自分の対面に女性が座っており、その女性がスカートを履いていた場合、スカートの丈にもよりますが下着が見えやすくなってしまっていることを意識したことがある方はたくさんいると思います。

同性の方だったとしてもそれは気づくことがあると思いますので、必ず対面に座っている人の視線の中に常に自分の姿は入っているということをより強く意識するようにしてください。

特に電車の中で対面に座っている場合は、なかなか自分の体や視線を横にずらしたりするのはしにくいですし、体の正面を向いていれば自然と視線は正面に向きます。

そうなった時に、自然と正面に座ってる人間の体に目が行くのは意識してなくても当然のことになりますので、さらに正面に座っている人からは注目されやすいということを理解して、自分がどのような行動をとらなければいけないのか注意するようにしてください。

短すぎるスカートを履いている

次にご紹介する電車でパンチラになりやすいシチュエーションとして「短すぎるスカートを履いている」ということが挙げられます。

なぜ短すぎるスカートを履いている場合、パンチラになりやすいのかと考えたときに、短すぎるスカートを履いてしまった場合は当然ながら長さが短いので、その分隠してくれる面積なども小さくなりますから、自分が履いている下着が見えやすくなるのは当然ですよね。

あまり極端なまでに短すぎるスカートを履いてるような人は今は少なくなっていますが、それでもある程度短めのスカートを着用しているような女性の方はまだ多く存在しています。

あまり知られていない事実として、世界全体の目線で私たちのファッションを見てみると、短すぎるスカート履いてるような国は日本くらいだといわれています。

確かに海外でも短すぎるスカートを履いてるような女性はいるのですが、海外で短すぎるスカートを着用している女性の方は娼婦だといわれています。

実際に娼婦の証として着用しているような人なども多く、外国人が日本に来た時にはかなり驚く事の一つだといわれています。

もちろん海外の文化を無理に取り入れる必要性はないのですが、それでも一般的にそれぐらい衝撃を受けるようなことだということを理解してください。

それを踏まえたので、あまりにも短すぎるスカートを履く場合は、それなりに自分の立ち振舞いなどを考えておかなければ、無防備な恰好になりすぎるという注意点を理解しておいてください。

盗撮もされやすい

もしも短すぎるスカートを履いている場合は、十分注意をしておかないと盗撮もされやすくなります。