CoCoSiA(ココシア)

勝負の前にゲン担ぎするのにおすすめ...(続き2)

ゴメンなさい。

ゲン担ぎというのは、食べる系だけではなく、日常生活でいつもおこなっているルーティーン系、そして自らゲン担ぎのために行動するという行動系の3つがあります。

3つもあるんです!

では、それぞれ具体的にどのようなことをするのかを確認していきましょう。

食べ物系

食べ物系とは、食べることでゲン担ぎができるといわれているものになります。

さきほども登場しましたが”カツ丼を食べる””キットカットを食べる”なんていうのも、食べる系のゲン担ぎになりますね。

これらは、「勝つ」という言葉がゴロ合わせされていることで「勝負に勝つ食べもの」として多くの人に理解され、受け入れられています。

しかし、そのように「勝つ」という言葉がゴロ合わせされていないものでも、人によっては”勝負メシ”になることがあるんです。

詳しくは、のちほどご紹介していますがカンタンにいいますと「これを食べるとなんだかやる気が出る!」「これ食べてるときって、なんだかいつも物事がうまくいっている気がする」というものがあるはずなんです。

それは、俗にパワーフードとよばれます。

人それぞれでカラダの本当のチカラを出してくれるパワーフードは異なるため、あなたのパワーフードはあなたの隣人にはまったく当てはまらないということもあるのです。

どんな勝負メシ、勝負オヤツがあるのかは後ほどみてみましょうね!

ルーティーン系

あなたは、朝起きてからまずは何をする人ですか?筆者は、顔を洗ってから鏡をチェックします。

そこから毎日の朝がスタートします。

そのように人によって、朝起きたとしてもその後にする行動というのはさまざまですよね。

歯磨きしてから着替える人、着替えてから歯磨きする人。

それに電車に乗る前にかならずコンビニで新聞とコーヒーを買う人もいれば、必ず駅のベンチに座って一息つくなどなど人それぞれのルーティーン(お決まりの行動)があるはずなんです。

そのルーティーンにこそゲン担ぎがあるといわれています。

同じことをしていると人間というのは、本能的に落ち着くようになっているんですよね。

そのため、その行動をすることで本領発揮できる状況にまでもってくるということになります。

行動系

勝利するためならドコにでも行く!そのように感じている人もいるのではないでしょうか?それぞ行動系のゲン担ぎになります。

勝利するために祈願しにいく、パワースポットに行くなんていうのもそうですね。

そのように自ら行動し、その場所で勝利するための”気”をもらう。

または、勝利するための靴の履き方などもあります。

勝負の前にゲン担ぎするのにおすすめな事20選

勝負に勝ちたい!そのためにゲン担ぎをしたい!

しかし、いったいどんなことをすれば”ゲン担ぎ”というのかわからないという方は少なくありません。

なんとなく親から「アンタは明日は勝負なんだからコレしなさい!」なんてアドバイスをもらうことで知るのが多いのではないでしょうか。

それだけでももちろんよいのですが、本当にそれが正しいのか、そしてそれよりももっとカンタンに手軽にできるゲン担ぎがあるのではないかと気になるハズ。

ちなみに筆者は、ゲン担ぎ=勝負前日のカツ丼しかしらなかったのですが、ある日ゲン担ぎについて調べてみたところ出てくるわ・・・。

そのいろいろな種類、そしてカツ丼よりもなんだかとてもよいことが起こりそうなゲン担ぎを見つけ、ビックリした記憶があります!

しかし、当時の筆者のようにゲン担ぎについて詳しく調査しているヒマがないかもしれないですよね。

そんなあなたのために、ここでは今すぐに使うことのできる、今すぐに日常生活に取り入れることのできるゲン担ぎをご紹介いたします!

ぜひ参考にして、「できそうだな」と思うものからやってみてください。

それをしていると、不思議と力がみなぎってくる感覚を実感できるハズですよ!

1、右(左)足から出入りする

勝負をする場所ってありますよね。

受験であれば受験会場、試合であれば試合会場など。

その敷地に入る際には、ぜひ右足から入るようにしてみてください!「たったこれだけ?」と思われるかもしれませんが、その最初の一歩でゲン担ぎをすることができちゃうんです!

しかし、地域によっては右足ではなく左足といわれていることもあります。

こればかりは、あなたの”カン””直感”に頼るべし。

どちらのほうが自分にパワーをくれると思いますか?お守りになってくれると思いますか?

信じた方の足を一歩踏み出すようにしてみてくださいね!

2、〇〇色の下着を着ける

勝負の日は、勝負下着というのを身につけることによってもゲン担ぎすることができます。

その色はさまざまです。

特に多いのが”赤色”。