CoCoSiA(ココシア)

勝負の前にゲン担ぎするのにおすすめ...(続き4)

9、粘々食品を食べる

あなたは、粘っている食品って好きですか?

例えば、納豆やおくら、トルコアイスなどです。

そのような粘っている食品を食べることでもゲン担ぎすることができます。

もうお分かりかと思いますが、なぜねばりっけのある食品がゲン担ぎになるかといいますと「粘りのある勝負」ができるからなんです。

勝負のときってどうしてもくじけそうになってしまうこともありますよね。

そんなとき、粘り強ささえあればその修羅場や勝負を潜り抜けることができるかもしれないのです。

それを強化するためのゲン担ぎになります。

もしも、日ごろから何事に対してもねばりが足りないと思うのであれば、ねばりけのある食品を口にするようにしましょう。

10、キットカットを食べる

甘くておいしいキットカットもゲン担ぎになります。

「きっと、勝つ(と)!」というゴロ合わせのもと、ゲン担ぎになるといわれているんです。

そのため、最近のキットカットでは、箱の裏にコメントを記載するところがあり、そこに記載してこれから勝負に出る人にプレゼントするなんていうこともできるんですよ!

誰かにもらうのもいいですし、自分でキットカットを食べてゲン担ぎするのもいいですね!

ちなみに筆者の友人が警察官試験を受ける際には、そのキットカットをプレゼントしました♪

11、右(左)足から靴を履く

勝負する場所に入るときに右足か左足かどちらから入るかによって、運勢が変わるということをお伝えしましたね。

それと同じように、その勝負場所まで出向く靴をはくときにもどちらの足ではくかによってゲン担ぎをすることができます。

一般的には右足とされていますが、地域によっては左足から履くことでゲン担ぎできると言い伝えられていることも。

あなたの地域の方にぜひきいてみてください。

また、あなたのカンや直感で「こっちだ!」と思うものがあれば、そちらからはいてみるといいですよ!

12、好きな曲を聴く

あなたは好きな曲はありますか?

明るい曲、落ち着くことのできる曲なんていうのもあれば、自然の中の音かもしれませんね。

そのような音楽や曲を勝負の前に聞いていきましょう。

そうすることであなたの精神をおちつかせたり、逆に勝負モードに切り替えてくれることも!そうすれば、自然と勝負に勝ちやすくなるんですよね。

また、「いつも一緒に歩んできたこの曲が味方してくれている」と思うことでとても心強くなれるものです。

13、おかかおにぎりを食べる

もしも、勝負する場所におにぎりを持参するのであれば”おかかおにぎり”がおすすめ。

なぜかといいますと、おかかというのか”カツオ”というお魚からできていますよね。

そのカツオ=勝つ(お)とごろ合わせされ、勝負ゴトにはもってこいのゲン担ぎとされているんです。

好き嫌いが少なく、誰でも食べることのできるおかかおにぎりだからこそ勝負のときはお供させてもよいのではないでしょうか?

今では、コンビニでは必ずおかかおにぎりが販売されていますし、あなたの強い味方になってくれることは間違いないでしょう。

14、不吉な言葉を避ける

勝負の前ってどんなに準備をしてきたとしても、不安になってしまうことはあります。

「本当に大丈夫かな?」なんて思っていませんか。

落ちたりしないかな、負けないかな・・・そんなマイナスな、そして不吉な言葉は一切使わないようにしましょう!

人間って不思議なもので不吉な言葉を使うと、それを発見した悪い不吉なものたちが近寄ってくるようにできているんですね。

ですから、心配だ、と口にすれば心配する出来事がドンドンと起きるようになってしまうのです。

だったら、不吉な言葉を使わなければいいだけ!どうしても使いそうになったら、ポジティブな言葉にいいかえてみて!

15、何をするのも利き手からする

あなたの利き手はどちらですか?

勝負シーズンになったら、なにをするにも利き手で行なうようにしましょう。

利き手ではない手を使うことで脳を活性化することができますが、勝負前の緊張しているときにそれをすると脳がバグを起こしてしまうことも。

それにいつもの自分であることが一番のゲン担ぎになり、最強の武器になるのですから利き手を大切にしてくださいね。

16、神社やお寺にお参りする

勝負ゴトがあるとなると、誰でもどうしても神社やお寺にお参りをして勝負祈願をしたいと思うのではないでしょうか。

オススメは、毎年初詣に行く神社や寺、なにかと縁のある神社や寺・・・ですね!

特にあなたの住んでいる地域の氏神様であれば、あなたのことをいつも見守ってくれて利う存在ですからお願いするにはいいでしょう。

とはいっても、神様はいろいろな人の願いをきいていて毎日大忙し!「がんばるので見ていてくださいね!」くらいの言葉を伝えるといいかもしれないですね。