CoCoSiA(ココシア)

勝負の前にゲン担ぎするのにおすすめ...(続き3)

赤といえば、勝負を意味させるような気がしませんか?

そのため、赤色の下着をつけるといいんです。

また、幼い頃から「この色の下着をきるとなんだかやる気も出るし、いつも以上の実力を発揮できる」という色があれば、それを身に着けるといいでしょう。

赤色というのは、一般的に言われている色であり、全ての人にあてはまるというわけではありません。

3、かつ丼を食べる

これは、どんな人でも知っているゲン担ぎではないでしょうか。

なぜカツ丼を食べるとゲン担ぎになるかといいますと、カツ=勝つどんぶりだからなんですね。

それを食べれば、気力も体力もゲン担ぎのいったんになってくれるということなのです。

だいたい勝負の前日にカツ丼を食べることになっています。

カツ丼ってとてもおいしいですよね!あのソースにパリパリのカツ。

しかし、しっかりとキャベツを食べてからカツ丼を食べないと勝負のときに”胃もたれ”になり、本領発揮できないということもあるので注意が必要になります。

筆者の母親は、大学受験の前日にカツ丼を用意してくれておりありがたかったのですが、毎晩の深夜までの勉強によって胃が弱っていたため、カツを一切れだけ食べましたよ!無事に合格しました。

4、毎日決まったルーティーンをこなす

あなたは、生活しているなかで決まっている”ルーティーン”があるのではありませんか?

朝起きたらまずは顔を洗って着替える、という方もいれば、すぐに着替えてから顔を洗う、もしくはすぐにテレビをつけてコーヒーを飲むという方もいることでしょう。

そのように日ごろから行なっていることをすることによって、ゲン担ぎすることになります。

ゲン担ぎというと、どうしても”特別なこと”をしなきゃいけない気持ちになってしまうもの。

しかし、そうではないんですね。

人間の心理というのは、日常のものとかけ離れているものを見たりすることで緊張感を覚えます。

その緊張感をうまく利用できればいいのですが、そのせいで本領発揮できないことも少なくありません。

勝負の日だからこそいつもどおりに振舞うことで、あなたの実力を発揮できるのです。

5、四葉のクローバーを身に付ける

原っぱや草原などにいくとどうしても四葉のクローバーを探してしまいませんか?

うまくうくのであれば、毎回のように四葉のクローバーを見つけることができますよね

しかし、四葉のクローバーはそうそう見つけることはできません。

でもその四つ葉のクローバーは、幸運の証ともいわれており、身に着けているだけで幸福をもたらしてくれるというジンクスがあるのです。

そのため、その四つ葉のクローバーを身につけたい!欲しい!と思っている方もいるはず。

そんな方は、雑貨屋さんや通販を利用してみて☆本物の四葉のクローバーをアクサセリー、キーホルダーにしたものが販売されています。

自分で見つけられたものであればいいのですが、ないときには代用したいですね。

6、しゃべらない

しゃべるとそこから運が逃げてしまうといわれています。

特に勝負の前というのは、パワーをカラダのなかにためておきたいと思うハズです。

だからこそ、あまり無駄口をたたかずに話さないようにしましょう。

そうすることでゲン担ぎになります。

また、しゃべらないことで精神を統一することができるのでいざというときにすぐに真剣モードに切り替えることも可能に。

勝負というのは、その切り替えができるかどうかもポイントになるので”しゃべりすぎない”ようにしましょう。

7、カツカレーを食べる

カツ丼とおなじく、カツカレーもゲン担ぎとされています。

それはカツ丼でもお伝えしましたが、”カツ=勝つ”をイメージしているからなんですよね。

また、カレーというのは辛いですよね。

とても燃えるような感覚になるはずです。

その感覚が勝負でも燃え上がらせてくれる、という意味になるのです。

しかし、カツ丼と同じくカツとカレーというのもかなりの油を使っているので胃が弱っているときには全て食べきるのではなく、一口から3口までにとどめておきましょう。

だって、いつもなら勝てる勝負だというのに胃もたれのせいで負けるなんていやでしょう?

8、お気に入りのネクタイを締める

社会人またはスーツでのぞむ勝負であるならば、あなたの一番のお気に入りのネクタイを締めてみましょう!

ネクタイというのは、締めるだけでもそれだけで気持ちが引き締まるものです。

そこに自分のすきでお気に入りのものを身に着ければ、鏡を見るたびに、下を向くたびにそのネクタイが視野に入りやる気をアップさせてくれます。

また、「いつもの味方がいる」と心強くもなれるんです。

とはいっても、TPOにあっていない柄やカラーのものは避けるようにしましょうね!