CoCoSiA(ココシア)

長生きしたくない人の9個の特徴と原...(続き2)

ですが、「老けた」と考えてしまうとマイナスなイメージになってしまいますよね。

人というのは様々な考え方をします。

老けるのではなく、成長をしたと考える方がプラスに感じられますよね。

長生きをしたくないという人は、基本的にそのマイナスなイメージから長生きしたくないと考えてしまうのです。

何事もまずはプラスに考えていくことが大切になるのです。

3.笑うことがあまりない

笑うことがあまりないという人もいるでしょう。

笑うことがあまりないという事はそれほど楽しくないという事にも繋がります。

仕事の疲れなどもありますが、中には精神的なものもあるでしょう。

人生に疲れてしまっている

それは同時に人生に疲れてしまっているからということが原因になるでしょう。

人生に疲れていては楽しいと感じることができなくなり、長生きしたくないと思うのも無理はありません。

よく自分を傷つける行為をする人は、まさにこの人生に疲れてしまっていて、どうなってもいいというような考えを持ってしまっているからです。

楽しいとその時間がずっと続いて欲しいと思うことが多いでしょう。

しかし、人生に疲れてしまってはその様な考えもできません。

疲れすぎないように適度に休憩をしたり、リラックスをしたりする事も大切なのです。

4.相手に気を遣いすぎる

長生きしたくないという理由の中には、自分を悲観的に見ると同時に、周りに迷惑をかけたくないというような気持ちからということもあるでしょう。

例えば相手に気を遣い過ぎるという人がいますよね。

生活面でも仕事面でも相手に迷惑をかけたくないというような人も多いでしょう。

相手に気を遣いすぎる性格から、自分が歳を取ってしまった際に周りの人に迷惑をかけてしまうのではないかと考えてしまうのです。

子供や家族に迷惑をかけたくない

老後に子供や家族に自分の介護で迷惑をかけたくないと思う人は、長生きをしたくないと思っているかもしれません。

これは人生をマイナスに捉えているのではなく、家族や子供のことを思っているからこその考え方です。

介護にはお金も時間もかかり、家族を疲れさせてしまうこともあるでしょう。

もしかしたら自分が介護の経験者で、その大変さを知っているからなのかもしれません。

しかし、家族はきっとそんな苦労をしてでも長生きしてほしいと願うことでしょう。

その気持ちを大切にして、家族と共に老後を歩んでいきたいものです。

5.お金のことを気にする

老後のお金のことを気にしている人も多いでしょう。

自分が歳をとってしまうと働く事ができなくなり、年金などで生活をすると思います。

その時にちゃんと生活をする事ができるのだろうか、という将来的な不安を抱える人が多いのです。

長生きすればするだけお金がかかってしまうのではないか、今ある貯金では暮らしていけないと考えて、それなら長生きしたくないと感じているのでしょう。

年金や老後のお金の問題など

年金や老後のお金の問題というのは誰もが考える問題でしょう。

家族がいるというのであれば、尚更です。

ですが今から備える事で、老後のお金や年金の問題はどうにかなるものです。

マイナスに考えるだけでなく、どうすればそのような問題を解決できるのかを考えましょう。

そうすれば、長生きしたくないという考えもなくなるのではないかと思います。

6.病気で寝たきりが嫌

歳を取れば誰しも体は衰えていきます。

そして病気にもなりやすく、体に不調をきたすことも多くなってくるでしょう。

体が動かなくなったり、治療しなければならない場合、長い間寝たきりになることもあるのです。

それは仕方のないことなのですが、そのように病気になって寝たきりの生活をするのなら、長生きはしたくないと思う人も多いようです。

病気で寝たきりになってしまうのが嫌だという人は、まずは健康になる生活をする事が大切です。

元気に長生きをしている人も多くいます。

その人達はちゃんとした生活や予防などをしっかりしているからこそ、元気な体で長生きができているのです。

生活のリズムや生活習慣に気をつけながら、運動を適度にすることで老後になっても元気に行動をする事ができるのではないでしょうか。

若いうちから無茶などをしないような生活をして、身体を大事にすることが大切です。

7.目標がない