長生きをしたいという人としたくないという人がいると思います。

人というのは命があると思いますが個性もありますよね。

考えることが違ったり、他の人とは違うような一面があったり、時には感情的に行動をしたりというような事があると思います。

世界は広いですが、似ているという人がいても全く同じ人なんて存在しませんよね。

必ず私は私、あなたはあなたというような同じ人なんて存在はしません。

その中でも命というのは限られていますよね。

時間は無限ではなく有限だという事です。

誰もが生きていたいと思っていても、時間が経ってしまうといずれは世界を旅立つことになるのではないかと思います。

そんな時にあなたはどちらの事を思いますか?

長生きしたいのか長生きしたくないのかの2択を狭まれた際に、まだまだ生きていたいという人は多くいるのではないでしょうか?

ですが中には長生きしたくないというような人もいます。

長生きしたいという人はまだやることが残っていたり後悔というものが多いからこそその様に思うのです。

ですが長生きしたくないという人はどの様なことがあるのでしょうか?

例えばもうやる事をやってしまった、後悔などがないという様な人は「何時でも…」と思ってしまうかもしれません。

それは人により違うことでしょう。

ですが大半の人は「生きていたい!」と思うはずのものが「生きたくない」と思う人もいるのです。

その原因とは何なのでしょうか?

今回は長く生きていたいという人なのではなく、長生きしたくない人とはどの様な特徴があるのかを中心にお話しをしたいと思います。

またその考える原因というものは何かあるのか、長生きしたくないと聞くととてもマイナスなイメージがありますよね。

人の命というのは有限なので、誰もが生きていたいと思うのではないかと思うはずです。

ですが一部の人達はこの様にも思うのです。

人の個性などがあると思いますが、この差というのはどの様なところから出てくるのでしょうか?皆さんは今どちらの考えを持っていますか?

よくあるのが「もし明日世界が無くなるのであれば今何をすべきか」というような文です。

やり残したことがあるという人は様々なことをしたいと考えるでしょう。

ですが何もかも全てやってしまったという人は「受け入れる」というような選択もあるのです。

この問題には正解や不正解などは存在しませんが、世界の人々の中にはこの様な考え方もする人がいるという事を覚えておくようにしましょう。

ではどの様な人が長生きしたくないと思ってしまうのか。

その特徴と原因について詳しく見てみたいと思います。

長生きの定義は?

そもそも長生きの定義というのはどの様なことを言うのでしょうか?

長生きしたいと聞いても「何歳も生きていたら十分」と思う人もいるかもしれないですよね。

人というのは平均的な寿命というものがあると思います。

その平均な寿命より長く生きることができれば長生きになるのではないでしょうか?まず人というのはどれくらい長生きするかご存知でしょうか?皆さんが考えているより人というのは長く生きたりするものです。

ですがその有限の命というのはとても長いようで実は短いです。

よく子供の頃は凄く長く感じていたのに、大人になると時間の流れが早く感じるというような事はありませんか?

つまらない、辛い時間、例えば勉強であったり仕事であったりする際には長く感じてしまうのに、友達と遊んでいたり、デートをしていたり旅行をしているとあっという間に時間というものは過ぎていくのではないでしょうか?

人というのはその様な時間の中で過ごしていると思います。

人生の中でその様なことは多くありますが、記憶に残るというようなものも少ないですよね。

楽しい時があればあるほど長生きはしたいと思うはずです。

ですが長生きをしたくないというのはその様なことが少ないという事にも繋がってしまいます。

では長生きの定義について詳しく見てみたいと思います。

長生きとは?


長生きというのはどの様なことを言うのでしょう?言うのであれば平均的な寿命より長く生きることを言います。

人というのはそれぞれ違うので例えば若くして旅立ったり、長生きをして旅立つというような事が多いです。

長生きというのは様々な世界の流れを見たり感じたりした上で今もなお生きているという状態のことを長生きと言います。

よく100歳近いような人というのは様々な経験をしていると思いませんか?

過去のこと、今の生活などではありえないというような事を多く経験しているのです。

その経験を本などに記したりしているものが、いわゆる歴史にも繋がるという事です。

今まさに生きているという人は今の時代の歴史を書いているという事にも繋がります。

平均的な寿命より長く生きること

平均的な寿命より長く生きることが長生きです。

ですが長生きをしたいと思っていても時にはできない人達もいると思います。

今の時代では長生きをできるような環境にいますが、昔はその様な環境というものはまだ発展していませんでしたよね。

歴史などを見ても解りますが、様々な病気というものはその経験があるからこそ対策というものができてくるのです。

それが薬であったりワクチンというような形になりますよね。

今の時代ではその様なことが少なく、直ぐに対策などをするので、平均的な寿命より長く生きる環境にいるという事になるでしょう。

現在の日本人の平均寿命は?


では現在の日本人の平均寿命というのはどれくらいなのでしょうか?誰もが思うのは何歳以上まで生きることができるのかという事です。

あくまでも平均ですが、60歳や70歳と思う人もいれば80歳や90歳と思う人もいるかもしれません。

あくまでも平均なので参考程度にお教えしますが、これより前に旅立ってしまったという事になれば長生きはできなかったという事になってしまいます。

では女性と男性で分けて平均寿命をお教えしたいと思います。

女性約87歳、男性約81歳

女性の平均寿命は約87歳、男性の平均寿命は約81歳というのが日本人の平均的な寿命です。

この様に見ると長生きするのではないかと思う人と、少ないと思う人がいるかもしれません。

少なくとも女性の方が男性より長生きをするというような傾向があるのです。

80歳以上を生きることができれば十分に長生きをしているという事になるでしょう。

ですが人は思うことが違います。

まだまだ生きていたいと思っていても旅立ってしまう時は必ず来るのです。

それがどんな事であれ人というのは有限であるという事を覚えておくようにしましょう。

長生きしたくない人の10個の特徴と原因

では長生きしたくない人の特徴と原因についてお話をしたいと思います。

皆さんの大半は長生きをしたいと思う人なのではないでしょうか?ですが中には長生きしたくないと思う人もいるのです。

その原因は何なのでしょうか?例えば人生辛いことばかりでマイナス的なイメージを持ってしまうとその様に感じるかもしれません。

人というのは生きているうちに体験するものがありますよね。

それは喜怒哀楽です。

この喜怒哀楽の怒る、哀しいの2つが多ければ多いほど人生を悲観的に捉えてしまうのではないかと思います。

また相手に気遣いをしすぎているという人も実はこの様に思っている人が多いのです。

今は大丈夫だけれど自分が歳を取ってしまった時に介護をされると考えるとそこまで長生きをしたくないと思う人もいるという事です。

常にマイナスなイメージを持っているというのもありますが、迷惑をかけたくないから直ぐに人生をというような考えを持つ人も中にはいるのです。

それを優しさと取るのかは難しいところですが、生きたくないと思う時点でマイナスな印象を与えてしまっていますよね。

他にも目標などがなかったり、常にネガティブ思考な人というのも人生を長生きしたくないと思う人が多いのです。

逆のことを考えてみましょう。

長生きをしたいと思う人というのはどの様な生活を送っていると思いますか?例えば先ほど言った喜怒哀楽の喜びと楽というような部分が多いとその様に感じるかもしれませんよね。

まだ人生を楽しみたいと思う人は多くいるはずです。

そしてプラスなイメージを持っているという事も長生きをしたいと思う特徴になるのではないかと思います。

どんな事があっても長生きしたい、どの様な世界になるのか今後どの様な自分になるのかを見ていたいなんていうような人もいると思います。

将来のことを考えて不安になるのではなくプラスな思考、ポジティブ思考であったり積極的になれるという人は生きていたいと思うかもしれませんね。

ですがこの様に考えるというのはとても素晴らしいことです。

誰もが生きていたいと思えば良いのですが、人というのは皆が同じ考えではないという事を覚えておくようにしましょう。

ではどの様なことを考えたりしてしまっているのか、長生きしたくない人の10個の特徴と原因について詳しく見てみたいと思います。

今まさにその様に思っている人はいませんか?少しでもポジティブに考えてみてはいかがでしょうか?

1.人生を悲観的に捉えてしまう

人生を悲観的に捉えてしまうという人は多くいるのではないかと思います。

ですがそれは当たり前のことなのです。

ちょっとした事でもマイナスに捉えてしまうような人も多いはずです。

この様な人は基本的に長生きをしたくないというのではなく、その先の事に不安があるからその様になってしまうのです。

不安などが無ければ逆にポジティブになりますよね。

好きな事ができる人生と考えれば楽しくなるのは当然だと思います。

しかしその様なことは無いと考える人や、今現に自分は辛い思いをしているという人はいることでしょう。

そのマイナスなイメージが強ければ強いほど、人生を悲観的に捉えてしまうという人は長生きしたくないという考えになってしまうのです。

自分の人生のマイナス面ばかりを見てしまう

自分の今の人生というのはどの様な人生か考えたことはありますか?自分の人生のマイナス面ばかり見てしまうと先のこともマイナスなイメージになってしまい、長生きしたくないと感じる人も多くなるかもしれません。

例えば今がマイナスであっても、その先はプラスになるかもしれないと考えると少しプラスな考え方ができますよね。

ポジティブな人はそうですが、いずれ自分はこの様になるというような一面を持って行動をする事によりマイナス面ばかりを見なくなるのです。

今マイナス面を持っているという人は、まずは少しでもプラスなイメージを持つように行動をしてみてはいかがでしょうか?どんな事でも構いません。

是非チャレンジをする事も大切になるのです。

2.歳をとることにマイナスのイメージを持っている

歳をとることにマイナスのイメージを持っているという人もいるでしょう。

よく「もう三十路だよ」という人もいると思いますが、歳を取って衰えてしまうというような考えを持つようになるとマイナスなイメージというのはどんどん大きくなるのではないかと思います。

昔はこうだった、昔はこの様に動けていたのに今はできなくなってしまったという様なことはありませんか?若い頃は体力があったのに今では体力が落ちたなんていう事もあるでしょう。

歳をとると悪いイメージが働いてしまう

歳をとるという事に対して悪いイメージを持ってしまうと更に悪循環になってしまいます。

例えばこの歳を取るという事に対して「成長をした」と感じればプラスになりますが「老けた」と考えてしまうとマイナスなイメージになってしまいますよね。

人というのは様々な考え方をしますが、歳を取ることでマイナスなイメージを働いてしまうという人はこの様な考え方をする事が多く、歳を取りたくないと思ってしまうのです。

老けるのではなく成長をしたと考える方がとてもプラス的に思いますよね。

長生きをしたくないという人は基本的にそのマイナスなイメージから長生きしたくないと考えてしまうので、何事もまずはプラスに考えていくことが大切になるのです。

3.笑うことがあまりない

笑うことがあまりないという人もいるでしょう。

笑うことがあまりないという事はそれほど楽しくないという事にも繋がります。

仕事の疲れなどもありますが、中には精神的なものもあるでしょう。

その例がうつ病です。

うつ病というのは精神的な疲れからおこってしまったり、ストレスと感じることが多くなってしまうと自分を悲観的に考えてしまったりするのです。

うつ病というのはいつの間にかなっているという人もいるでしょう。

笑うことがあまりないというのはこの様なことからも影響をしているのではないかと思います。

人生に疲れてしまっている

それは同時に人生に疲れてしまっているからというのが原因になるでしょう。

人生に疲れていては楽しいと感じることができなくなり、長生きしたくないと思うのも無理はありません。

よく自分を傷つける行為をする人はまさにこの人生に疲れてしまっていて、どうなっても良いというような考えを持ってしまっているからです。

楽しいとその時間が延びて欲しいと思ったり、ずっと楽しいと思えることが多いでしょうが、人生に疲れてしまってはその様な考えもなく、自分を傷つけてしまうような行為をする人が多くなってしまうのです。

そのために笑うことがないというような事もあるのです。

人生というのは喜怒哀楽ですが、疲れすぎないように適度に休憩をしたりリラックスをしたりする事も大切だという事を覚えておくようにしましょう。

4.相手に気を遣いすぎる

長生きしたくないという理由の中には自分を悲観的に見ると同時に周りに迷惑をかけたくないというような親切心から出てしまうなんていうのもあるでしょう。

例えば相手に気を遣い過ぎるという人がいますよね。

相手に迷惑をかけたくないというような人も多く、それは生活面でも仕事面でもその様な人はいることでしょう。

相手に気を遣いすぎることで自分自身が歳を取ってしまった際に迷惑をかけてしまうのではないかと考えてしまうのです。

その様なことを1度は考えたことがあるという人もいるのではないでしょうか?

子供や介護の人に迷惑をかけたくない

子供や介護の人に迷惑をかけたくないと思う人が多いです。

中には「自分がこうなった場合は」というような事を子供に言ったりする人が多いのではないでしょうか。

自分が歳を取ってしまった時に迷惑をかけてしまうのではないかという親切心から長生きとかはしたくないというように考えてしまう人も多いのです。

これは自分のことをマイナスイメージに捉えているのではなく、どちらかと言うと親切心から感じてることが多いです。

時には迷惑をかけても良いという言葉を聞いたりしませんか?ドラマなどでもあるセリフだと思います。

まさにその通りであり、時には迷惑をかけても良いので、長生きて迷惑をかけるよりかは、という様な考え方は極力しないようにしましょう。

5.お金のことを気にする

お金のことを気にするという人もいるでしょう。

自分が歳をとってしまうと働くという事ができなくなり、年金などで生活をすると思います。

その時にちゃんと生活をする事ができるのだろうかという将来的な不安を抱える人が多いです。

お金のことを気にするというのは将来自分自身が歳を取ってどの様に生活をするのか、お金の面は大丈夫だろうかと不安になることが多くなるため長生きしたくないと考えてしまうのです。

年金や老後のお金の問題など

年金や老後のお金の問題というのは必ずくると思います。

例えば家族がいるというのであれば尚更問題などにもなってくるでしょう。

ですが今をしっかりする事で老後などその様な問題になっても解決をする事がきっとできるはずです。

むしろ問題というものに苦労をするというような事はなくなるでしょう。

仮に心配になるのであれば今をどうにかして、老後はその様な問題が起こらないようにするというような考え方をするとマイナスな思考というものが無くなり、長生きしたくないという考えが無くなるのではないかと思います。

6.病気で寝たきりが嫌

歳を取ってしまうとどうしてもどんどん衰えていくものがありますよね。

それは抵抗です。

例えば病気などにもその抵抗というものがあり、その抵抗力が無ければ病気にかかりやすくなってしまうという事があると思います。

病気で寝たきりが嫌であったり、病気にかかることが嫌だという人もいるのではないかと思います。

歳を取ると若い頃の様に無茶などはできなくなってしまいますよね。

その影響で病気になってしまうとずっと寝たきりになってしまったりするなんていう事もあるでしょう。

病気で寝たきりが嫌だという人はまずはかからないように生活をする事が大切です。

長生きをしていて元気な人も多くいます。

その人達はちゃんとした生活や予防などをしっかりしているからこそ、長生きをしているのです。

病気で寝たきりが嫌という事であれば、まずはしっかりとした生活をする事が大事になるでしょう。

無茶などをしないような生活をして身体を大事にすることが大切です。

歳をとることで病気にかかりやすくなる

歳をとることで病気にかかりやすくもなります。

しかし歳を取って病気にかかるのではなく、歳をとっても病気にかからないようにする事も大事になるでしょう。

例えば今からでも身体を大事にするという事は可能なはずです。

生活のリズムであったり、生活習慣に気をつけながら、運動なども適度にすることで老後になっても元気に行動をする事ができるのではないでしょうか?

確かに抵抗などが低くなり歳をとることで病気にかかりやすくなりますが、歳をとる前から身体のことに気を遣うことができるのであれば、きっと老後も元気に生活をすることができるようになるでしょう。

7.不安要素が多い

不安要素が多いということもあります。

例えば歳を取ると病気になるというのもありますが、様々な種類がありますよね。

よく老後になって問題となってくるのが糖尿病であったりしますが、長生きをすればするほどその様になる可能性が高いので、その様な不安が原因で長生きをしたくないと考える人も中にはいるでしょう。

そうなる自分が怖いというような人もいるはずです。

認知症など

認知症などもあると思います。

認知症というのは軽く言うと忘れてしまうというような事です。

これがどんどん酷くなっていくと、家族などのことも忘れてしまうなんていう事になってしまいます。

仕方ないことですが、認知症などの原因はボケから始まります。

そのボケを防ぐために様々なことをすると思うので、それを怠らないようにすることが大切になるでしょう。

長生きをして認知症になるのも怖いという人がいるかもしれませんが、しっかりと対策をしてみてはいかがでしょうか?

8.目標がない

目標がないというのも長生きしたくない人の特徴だと思います。

人というのは目標などがあるとそれに向かって行動をしたりポジティブにもなれます。

ですがその目標などもなく、ただ生きているだけというような事になれば長生きしたくないという風に考えてしまうかもしれません。

また目標を全て達成してしまったという人もこの様な考え方をしてしまうので注意をするようにしましょう。

目標だけが全てではありません。

長生きしたくないという原因の中にはこの様な原因もあるのです。

老後の目標がない

特に老後の目標がないというのが一番多いのではないでしょうか。

老後になってする事も減ってきたなんていう人もいるでしょう。

趣味なども身体を使ったものができない、趣味が無くなってただ1日を過ぎるのを待つだけというような事にもなってしまいますよね。

老後の目標がないというのはとても辛いことだと思います。

ですがそこで長生きしたくないと考えてしまうのも間違いなのではないかとも思うのです。

9.将来の楽しみより不安なことが多い

将来の楽しみより不安なことが多いという人も、長生きしたくないと感じることが多いのではないでしょうか?

将来の楽しみというのは将来的に何かしたい事がある、目標というようなものが近いかもしれません。

それが楽しみなどより不安なことが多いという事になれば人生が嫌になってきますよね。

例えば不安なことだらけでどうしようもできないと考えてしまうことがあると思います。

ですがそんな時にこそプラスな思考に変えることが重要になるのです。

将来をマイナスなイメージで考えてしまう

将来をマイナスなイメージで考えてしまうとそれは行動にも出てしまいます。

例えばその事についてずっと考えてしまったり、自分ではどうしようもできない事をひたすら考えていたり、何かに巻き込まれたりというような事がおこってしまいます。

そうではなく、将来をマイナスなイメージではなくプラスなイメージに変えて生活をすることで長生きをしたいと思うようにもなるのです。

基本的に将来をマイナスで考えてしまう人は今がうまくいかなかったり、嫌なことがあったりと必ず原因となるものがあるはずです。

そこをいかにプラスに持っていけるかが鍵となるでしょう。

10.ネガティブな考え方

ネガティブな考え方を常にしているという特徴もあります。

長生きしたくないというのはネガティブな考え方ですよね。

何かある事に悪い方に考えるというのは良いですが、それをエスカレートしないようにするのが良いでしょう。

マイナス思考が働いてしまう

マイナス思考というのは働ければ働くほど常にその考え方をするようになってしまいます。

よく嫌な記憶ほど残るというようなことがあると思いますが、それと同じようにネガティブな思考というのはずっと残ってしまいます。

その影響により長生きをしたくないというような考えにもなってしまうのではないかと思うのです。

【マイナス思考を直すには、こちらの記事もチェック!】

長生きすることで不安になる要素

長生きしたくない人の特徴についてお話をしましたが、長生きをする事で不安になることというのがいくつか出たと思います。

長生きをすることで不安になる要素というのは多くあるのですがその代表的なものをいくつかお教えしたいと思います。

例えばお金の面というのもありますし介護の面というのもあるでしょう。

長生きをするという事はそれなりに不安になるというものが必ずあります。

これは誰でも同じように思うのです。

ではどの様なものがあるのでしょうか?

お金の面

まずはお金の面があるでしょう。

老後になると年金などで生活をするというような事もあると思います。

どれだけのお金で生活をすることになるのか、歳をとってどの様なことになるのかというような不安もあるのではないかと思います。

長生きをしたくないという人は基本的にこの様な不安もあるので、その不安からマイナスな思考へとなってしまい長生きしたくないと考えるのです。

身体の面

特に多いのが身体の面でしょう。

歳を取ることで体力などが落ち、抵抗なども少なくなり病気にかかりやすくなりますよね。

身体を丈夫に保ちたいと思う人も多いはずです。

ですが身体の面について考え始めるときりがありません。

特に認知症や糖尿病など様々な病気にもかかってしまうと考えてしまうと長生きしたくないと感じるのではないでしょうか?

介護の面

介護の面でも不安になることがありますよね。

自分が歳を取って介護をしてくれるという人がいるのだろうか、自分はどうなるのだろうかという心配から長生きをしたくないという人も出てくるのです。

家族などに迷惑をかけたくないからという人もいるかもしれません。

よくドラマなどではその様なところが問題となったりしていますよね。

介護なども簡単ではなく、深刻な問題にもなってくるのです。

まとめ

いかがでしたか?長生きしたくない人の特徴や原因についてお話をしました。

共通して言えることはマイナスな印象を持ってしまっているから長生きをしたくない、今の人生が楽しくないから長生きをしたくないというような考えを持っているという人が多いという事です。

その様な考えを脱するにはまずは何事もプラスなイメージ、ポジティブに生きるという事をすることでこの様な考え方から脱することができるのではないでしょうか?

趣味を見つけてそれに没頭するというのも良いでしょう。

特に部屋の中にずっといたりするというのはとてもマイナスなイメージを与えてしまいます。

時には外に出ることも大切なので覚えておくようにしましょう。