誰もが生きていたいと思っていても、時間が経ってしまうと、いずれはこの世界を旅立つことになるのです。

そんな時にあなたはどちらの事を思いますか?

長生きしたいのか長生きしたくないのか、の2択を迫られた際に、まだまだ生きていたいという人は多くいるのではないでしょうか?

ですが、中には長生きしたくないというような人もいます。

長生きしたいという人は、まだやることが残っていたり、後悔というものが多いからこそその様に思うのです。

ですが長生きしたくないという人は、どの様なことがあるのでしょうか?

今回は、どの様な人が長生きしたくないと思ってしまうのか。

その特徴と原因について詳しく見てみたいと思います。

長生きの定義は?

そもそも長生きの定義というのはどの様なことを言うのでしょうか?

人には平均的な寿命というものがあります。

その平均寿命より長く生きることができれば、長生きということになるのです。

現在の日本人の平均寿命は?


では現在の日本人の平均寿命というのはどれくらいなのでしょうか?

女性約87歳、男性約81歳

女性の平均寿命は約87歳、男性の平均寿命は約81歳というのが日本人の平均的な寿命です。

この様に見ると長いと思う人もいれば、意外と短いと思う人がいるかもしれません。

少なくとも女性の方が男性より長生きをするというような傾向があるのです。

80歳以上を生きることができれば、十分に長生きをしているという事になるでしょう。

長生きしたくない人の10個の特徴と原因

では長生きしたくない人の特徴と原因についてお話をしたいと思います。

大半の人は長生きをしたいと思うのではないでしょうか。

ですが、中には長生きしたくないと思う人もいるのです。

その原因は何なのでしょうか?

1.人生を悲観的に捉えてしまう

人生を悲観的に捉えてしまうという人は多くいるのではないかと思います。

ちょっとした事でもマイナスに捉えてしまうという人も多いはずです。

この様な人は基本的に長生きをしたくないというのではなく、未来に不安があるからその様に思ってしまうのです。

不安などが無ければ逆にポジティブでいられるでしょう。

好きな事ができる人生と考えれば楽しくなるのは当然です。

しかしその様なことはこの先もないと考える人や、今現に自分は辛い思いをしているという人は「長生きしても仕方ない」「長生きしても辛い思いをするだけ」と思ってしまうのです。

そのマイナスなイメージが強ければ強いほど、人生を悲観的に捉えてしまい、長生きしたくないという考えになってしまうのです。

自分の人生のマイナス面ばかりを見てしまう

自分の今の人生というのはどの様な人生か考えたことはありますか?

自分の人生のマイナス面ばかり見てしまうと、この先のこともマイナスなイメージになってしまいます。

例えば、今が辛くてもこれ以上悪いことは起こらないだろう、悪い事の後には良い事がやってくるなどと考えることができれば、少しプラスな考え方ができますよね。

ポジティブな人はこの考え方ができますが、マイナス面ばかり見てしまう人は悪いことが起こるともっと悪い方向に進むのではないかと思い込んでしまいます。

また、小さな幸せがあったとしても、マイナスな出来事の方ばかり見てしまうのです。

そうなると、生きていることが楽しいと感じることが少なくなり、長生きしなくてもいいと思ってしまうのです。

マイナスな面を見てしまいがちだという人は、少しでもプラスなイメージを持つように行動をするといいかもしれませんね。

2.歳をとることにマイナスのイメージを持っている


歳をとることにマイナスのイメージを持っているという人もいるでしょう。

よく「もう三十路だよ」という人もいると思います。

歳を取って衰えてしまうというような考えを持つようになると、マイナスなイメージというのはどんどん大きくなるのかもしれません。

昔はこうだった、昔はこの様に動けていたのに今はできなくなってしまったという様なことはありませんか?

若い頃は体力があったのに今では体力が落ちたなんていう事もあるでしょう。

歳をとることは衰えること

歳をとるという事に対して悪いイメージを持ってしまうと更に悪循環になってしまいます。

例えば、この歳を取るという事に対して「成長をした」と感じればプラスになります。

ですが、「老けた」と考えてしまうとマイナスなイメージになってしまいますよね。

人というのは様々な考え方をします。

老けるのではなく、成長をしたと考える方がプラスに感じられますよね。

長生きをしたくないという人は、基本的にそのマイナスなイメージから長生きしたくないと考えてしまうのです。

何事もまずはプラスに考えていくことが大切になるのです。

3.笑うことがあまりない

笑うことがあまりないという人もいるでしょう。

笑うことがあまりないという事はそれほど楽しくないという事にも繋がります。

仕事の疲れなどもありますが、中には精神的なものもあるでしょう。

人生に疲れてしまっている

それは同時に人生に疲れてしまっているからということが原因になるでしょう。

人生に疲れていては楽しいと感じることができなくなり、長生きしたくないと思うのも無理はありません。

よく自分を傷つける行為をする人は、まさにこの人生に疲れてしまっていて、どうなってもいいというような考えを持ってしまっているからです。

楽しいとその時間がずっと続いて欲しいと思うことが多いでしょう。

しかし、人生に疲れてしまってはその様な考えもできません。

疲れすぎないように適度に休憩をしたり、リラックスをしたりする事も大切なのです。

4.相手に気を遣いすぎる

長生きしたくないという理由の中には、自分を悲観的に見ると同時に、周りに迷惑をかけたくないというような気持ちからということもあるでしょう。

例えば相手に気を遣い過ぎるという人がいますよね。

生活面でも仕事面でも相手に迷惑をかけたくないというような人も多いでしょう。

相手に気を遣いすぎる性格から、自分が歳を取ってしまった際に周りの人に迷惑をかけてしまうのではないかと考えてしまうのです。

子供や家族に迷惑をかけたくない

老後に子供や家族に自分の介護で迷惑をかけたくないと思う人は、長生きをしたくないと思っているかもしれません。

これは人生をマイナスに捉えているのではなく、家族や子供のことを思っているからこその考え方です。

介護にはお金も時間もかかり、家族を疲れさせてしまうこともあるでしょう。

もしかしたら自分が介護の経験者で、その大変さを知っているからなのかもしれません。

しかし、家族はきっとそんな苦労をしてでも長生きしてほしいと願うことでしょう。

その気持ちを大切にして、家族と共に老後を歩んでいきたいものです。

5.お金のことを気にする

老後のお金のことを気にしている人も多いでしょう。

自分が歳をとってしまうと働く事ができなくなり、年金などで生活をすると思います。

その時にちゃんと生活をする事ができるのだろうか、という将来的な不安を抱える人が多いのです。

長生きすればするだけお金がかかってしまうのではないか、今ある貯金では暮らしていけないと考えて、それなら長生きしたくないと感じているのでしょう。

年金や老後のお金の問題など

年金や老後のお金の問題というのは誰もが考える問題でしょう。

家族がいるというのであれば、尚更です。

ですが今から備える事で、老後のお金や年金の問題はどうにかなるものです。

マイナスに考えるだけでなく、どうすればそのような問題を解決できるのかを考えましょう。

そうすれば、長生きしたくないという考えもなくなるのではないかと思います。

6.病気で寝たきりが嫌

歳を取れば誰しも体は衰えていきます。

そして病気にもなりやすく、体に不調をきたすことも多くなってくるでしょう。

体が動かなくなったり、治療しなければならない場合、長い間寝たきりになることもあるのです。

それは仕方のないことなのですが、そのように病気になって寝たきりの生活をするのなら、長生きはしたくないと思う人も多いようです。

病気で寝たきりになってしまうのが嫌だという人は、まずは健康になる生活をする事が大切です。

元気に長生きをしている人も多くいます。

その人達はちゃんとした生活や予防などをしっかりしているからこそ、元気な体で長生きができているのです。

生活のリズムや生活習慣に気をつけながら、運動を適度にすることで老後になっても元気に行動をする事ができるのではないでしょうか。

若いうちから無茶などをしないような生活をして、身体を大事にすることが大切です。

7.目標がない

目標がないというのも長生きしたくない人の特徴だと思います。

人というのは目標があると、それに向かって行動をしたりポジティブにもなれます。

ですがその目標もなく、ただ生きているだけというような事になれば長生きしたくないという風に考えてしまうかもしれません。

また目標を全て達成してしまったという人も、この様な考え方をしてしまうので注意をするようにしましょう。

目標だけが全てではありません。

長生きしたくないという原因の中にはこの様な原因もあるのです。

老後の目標がない

特に老後の目標がないというの理由は一番多いのではないでしょうか。

老後になってする事も減ってきたという人もいるでしょう。

趣味も身体を使ったものができない、趣味がなくなってただ1日を過ぎるのを待つだけという事にもなりかねません。

老後の目標がないというのはとても辛いことだと思います。

ですが、目標はいくつになっても立てることができます。

老後に社交ダンスをはじめて大会を目標に練習を頑張る方もいますし、時間ができたので海外旅行をして世界中を巡っているという方もいるでしょう。

今は時間がなくてできないことも、老後ならゆっくりと取り組むことができますし、何歳になってもチャレンジすることで自然と目標もできるのです。

老後を楽しんでいる方もたくさんいるので、そういう方たちを参考にしてみるといいかもしれませんね。

8.将来の楽しみより不安なことが多い

将来の楽しみより不安なことが多いという人も、長生きしたくないと感じることが多いのではないでしょうか。

楽しみより不安なことが多いという事になれば、人生が嫌になってきますよね。

将来をマイナスなイメージで考えてしまう

将来をマイナスなイメージで考えてしまうとそれは行動にも出てしまいます。

マイナスなイメージのまま暮らしていると、何か悪いことに巻き込まれたりというような事が起こってしまうかもしれません。

時には落ち込むこともありますし、ストレスが溜まって前向きになれないこともあるでしょう。

ですが、その気持ちをずっと持ち続けていることは心にも体にも良くありません。

小さなことでもいいので、毎日幸せだと思えることや楽しみを見つけてみましょう。

そんな毎日の積み重ねによって、将来をマイナスに捉えることもなくなるのではないでしょうか。

9.ネガティブ思考

ネガティブ思考の人も長生きをしたくないと思ってしまうのではないでしょうか。

ネガティブ思考の人は、良い部分に目を向けることが苦手なため、長生きをしたっていいことがないと考えてしまいます。

まず、長生きと聞いてポジティブなイメージが浮かぶ人の方が多いのではないでしょうか。

ポジティブに捉えている人は、長生きをすることで家族と長く一緒にいられるし、もっと人生を楽しめる、人生は短いからやりたいことをやらなくては、と思えるのです。

それは生活の面でも同じです。

毎日が充実している人はポジティブ思考な人も多く、物事の良い面を探すことができます。

もしかしたらネガティブ思考の人は毎日の生活を楽しめるようにならなければ、長生きしたいと思えないのかもしれません。

【マイナス思考を直すには、こちらの記事もチェック!】

まとめ

いかがでしたか?

長生きしたくない人の特徴や原因についてお話をしました。

共通して言えることは、マイナスな印象を持ってしまっているから長生きをしたくない、今の人生が楽しくないから長生きをしたくないというような考えを持っているという人が多いという事です。

その様な考えを脱するには、まずは何事もプラスなイメージをしましょう。

ポジティブに生きることで、この様な考え方から脱することができるのではないでしょうか。

趣味を見つけてそれに没頭するというのも良いでしょう。

特に部屋の中にずっといたりするというのは、とてもマイナス思考になってしまいます。

時には外に出ることも大切なので覚えておくようにしましょう。