昔の時代と比べて今の時代は私たちが日常的に用いている言葉は大きく変化していると考えることができます。

例えば、昔の時代と比べて今の時代は非常にグローバルな時代になっていますので、世界共通語である英語が私たちが住んでいる日本においても取り入れられつつあります。

実際に、私たちが日常的に生活をしている上で英語を会話の中で用いたりすることはよくある話です。

例えば、相手と会話をしている時に相手の話してる内容に対して了承した場合、オッケーという言葉を用いたりするのはもはや一般的になっていますよね。

このように、単純でわかりやすい英語なのは日常会話の中でもたくさん取り入れられているのです。

また、少し高度なレベルになってくると、会社に勤めているビジネスパーソンの方に関しては、ビジネス用語という形でたくさんの英語をビジネス的な意味合いで用いたりすることも広く取り入れられています。

それを踏まえて考えてみると、日常的に用いることができるような英語に関してはそれなりに理解をしておくことが大切であり、意思疎通をする際には非常に大きな力になってくれると考えることができます。

なので、ある程度基本的な英語に関しては理解をしておくことが大切であるといえます。

そこで、今回は比較的日常的に用いられる可能性が高いフレキシブルという言葉をテーマにして、フレキシブルとはどのような意味なのか、そしてフレキシブルな人の特徴などについて具体的にご紹介していきたいと思います。

️フレキシブルってなに?

あなたは日常生活を過ごしていく中でフレキシブルということと実際に聞いたことがありますか?

おそらく多くの方が一度くらいはフレキシブルという言葉を聞いたことがあると思います。

日常的な会話の中以外でも、フレキシブルという言葉を聞いたりすることが多い言葉でもあり、例えばアルバイトなどを探したりしているときに見かける言葉としてはフレキシブルタイム制という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

このように、フレキシブルという言葉は日常生活の中で広く一般的に用いられている言葉になりつつありますので、理解しているのと理解していないのとでは大きく差が出てきてしまいやすい言葉です。

なので、もしもフレキシブルという言葉を理解していない方は、今回ご紹介する内容を理解し、フレキシブルという言葉の正しい知識を身に着けていただくきっかけにしていただければ幸いです。

そのほかの頻繁に用いる英語などに関しても積極的に理解するきっかけにしていただければ、自分自身を成長させることにもつながりますので、基礎的な英語を理解し、言葉の引き出しを多く持てるようにしてみてください。

️フレキシブルの意味


フレキシブルという言葉はどのような意味を持っているのかと考えた時に、一般的な意味合いを想定してみると複数の意味を持っている言葉であると考えることができます。

つまり、フレキシブルという言葉ひとつで様々な状況を言い表すことができる利便性の高い言葉であると考えることができるのです。

この言葉を知っておくことによって、様々な状況を的確に簡単な言葉で言い表すことができるようになるため、ビジネスにおいても、プライベートなどの様々な面においても自分自身の表現力を高めてくれるはずです。

また、会話の中でフレキシブルという言葉が出てきた際にきちんと理解をしておく事によって、相手に対して博識である面を見せたりすることも出来ますし、その逆に意味を知らないで恥ずかしい思いをしてしまうことを防ぐことができるようにもなります。

そこで、フレキシブルという言葉を正しく理解するためにまずはフレキシブルという言葉がどのような意味を持っているのかという基本的な部分からご紹介していきたいと思います。

基本的な意味を理解いただければ、フレキシブルの語源であったり、フレキシブルな人の特徴なども合わせて自分の理解を得ることができるようになりますので、まずは基本的な部分から学習してみましょう。

柔軟な様子

まずはじめにご紹介するフレキシブルという言葉の基本的な意味合いとしては「柔軟な様子」という意味が存在しています。

これはどういうことかと言いますと、フレキシブルという言葉の基本的な意味の中には物がしなやかなさま、もしくは柔軟性のある様という基本的な意味が存在しています。

なので、あるものが柔軟な様子を示しているときに用いることができる言葉であると考えることができるのです。

例えば、私たちの身近に存在しているものの中でフレキシブルな特徴を持っているものはどのようなものがあるのかと考えた時に、物に関して考えてみれば、ゴムなどは比較的柔軟な性質を持っている物であると考えることができますよね。

また、それが物事に対して考えてみれば、人の考え方という点が当てはまるとかんがえることができるはずです。

なので、広い意味で柔軟な様子を示している時にフレキシブルという言葉を用いることができると考えていただければわかりやすいはずです。

あなたの身近に存在しているものの中でフレキシブルな様子を示しているものはどのようなものがあるのかということを自分なりに考えてみると、さらにフレキシブルという言葉をより理解することができるようになるはずなので、自分の身近なものと照らし合わせて考えてみてください。

融通がきくこと


次にご紹介するフレキシブルという言葉の基本的な意味合いとしては「融通がきくこと」という意味が存在しています。

これはそのままの意味として解釈することができますが、融通がきくようなことをフレキシブルという言葉で言い表すことができるということです。

つまり、様々な物事に対して柔軟な様子を意味している言葉であると解釈をすることができるのです。

あなたの周りにも物事に対して柔軟な解釈をすることができたり、物事に対して柔軟な様子を示したりするような人はいませんか?

その反対に、物事に対して融通が利かずに扱いにくいと感じたりするような人間性を持ったりしている人が存在しているはずです。

例えば、相手に対して何かお願いをしたりするときに、それなりに融通を利かせてくれて自分の頼みを聞いてくれるような人間もいれば、全く融通が利かずにマニュアル通りの対応しかしてくれないような人などの存在していたりしますよね。

その状況を踏まえて考えてみると、それなりに融通を利かせてくれて対応してくれるような人はフレキシブルな人間であり、フレキシブルな対応をしてくれる人間であると考えることができるのです。

人によって解釈が異なるかもしれませんが、フレキシブルな対応してくれたりフレキシブルな人間性を持っているような人間はどちらかといえばたくさんの人間から好かれたり、何かお願いされやすい人間であると考えることができるはずです。

順応性があること

次にご紹介するフレキシブルという言葉の基本的な意味合いとしては「順応性があること」という意味が存在しています。

これはどういうことかと言いますと、物事に対する順応性があるかないかということを意味していると解釈することができるということです。

順応性とは「環境や境遇の変化に従って声質や行動がそれに合うように変わること」という意味を持っている言葉です。

つまり、自分が立たされている環境などによって上手に自分自身を変化させることができるかということを表している言葉になります。

この順応性があるかどうかということはビジネスにおいても非常に大切なスキルであると考えることができ、実際に会社に就職を希望する際の面接試験などにおいても自分自身に順応性があるということをアピールするような学生の方は多く存在していますし、それが高い評価につながる傾向にあります。

例えば、自分自身が新しい環境に立たされた時に、その環境に早い段階で慣れて、上手に行動できるかどうかということが順応性に関わってくる部分になりますので、それができる人間の方ができない人間よりも魅力的だと捉えられることが当たり前の事なのです。

なぜならば、結果的に順応性が高い人間のほうが圧倒的に仕事ができる可能性が高いからです。

なので、フレキシブルな人間性を持っている人間は高い評価を受けやすいですし、魅力的な人間性を持っていると判断されやすくなります。

それが後々ご紹介するフレキシブルな人の特徴にも大きくかかわってきますが、まずはフレキシブルという言葉の意味の中には順応性があることという意味が含まれているということを正しく理解してください。

️フレキシブルの語源

フレキシブルという言葉の基本的な意味についてご紹介していきましたが、そもそもフレキシブルの語源とはどのようなものなのかということが気になる方もいると思います。

そこで、ここからはフレキシブルという言葉がどのような語源で今を用いられているのかということについて簡単にご紹介していきたいと思います。

英語の「flexible」

フレキシブルという言葉はもともとは英語の「flexible」という単語からきていると言われています。

英語のフレキシブルという単語に関しての意味としては「曲げやすい、しなやかな」という意味として使用されています。

つまり、基本的な意味としては日本で使われている言葉の意味としてそこまで変わりはないということです。

日本においては柔軟性という言葉の意味として用いられたりすることが多いのですが、海外においても同じような意味で使用されています。

しかしながら、日本においてはどちらかといえば物の性質を表すような意味合いではなく、物事に対する柔軟性という意味で解釈されやすいですが、それ以外にも物の性質に対しても言い表しているような意味が含まれている点が若干の違いとしては存在する程度であり、そこまで大きない違いはないということを覚えておいてください。

️フレキシブルな人の9個の特徴

フレキシブルという言葉の基礎的な知識を理解いただけた所で、ここからはフレキシブルな人の特徴についてご紹介していきたいと思います。

フレキシブルな人に関しては先ほどもお伝えした通り、ビジネスの場面においても重宝されるべき存在があると考えることができます。

なぜならば、フレキシブルな人が身近に存在していることによって、融通が利く対応してくれるようになりますので自分自身にとってもいてくれて助かるような存在になりやすいからです。

その反面に、何事においてもきっちりとした考え方を持っているような狭まった考え方の人間は、真面目に仕事をこなしてくれる可能性があるかもしれません。

ですが、融通が利かないことによって周りの人間から煙たがられたりしてしまう可能性も考えることができます。

それを踏まえて考えてみると、許容範囲内でのフレキシブルな対応に関しては相手から好感を持ってもらえるだけではなく、ビジネスにおいても頼られたりする可能性がありますので自分自身のスキルとして、自分自身の魅力を増やしてくれる存在であると考えることができるのです。

それを踏まえた上で、フレキシブルな人の特徴についてご紹介していきたいと思います。

フレキシブルな人の特徴の中で魅力的に感じた部分は自分の中に取り入れられるように今後意識をしていただけると、さらに魅力的な自分になることができるようになります。

なので、自分を成長させるきっかけとしてフレキシブルな人の特徴を受け止めてみてください。

素直

まずはじめにご紹介するフレキシブルな人の特徴は「素直」ということが挙げられます。

なぜフレキシブルな人は素直な人であるのかと考えた時に、これは逆に考えていただければわかりやすいと思います。

例えば、柔軟性がある対応してくれるような人は相手に対して優しい考え方を持っている人間であると捉えることができます。

なぜならば、ひねくれた考え方を持っているような人間に関しては相手に対して融通の利くような対応をしたりしようと思う思考回路がそもそも存在していない可能性が高いからです。

そもそも融通を利かせてあげるという事に関しては、本来の対応ではなく、相手のことを思って多少の手間をいとわないような対応してあげたりすることが広く該当すると捉えることができます。

つまり、自分自身の手間を増やしたりしてでも相手を助けてあげたい、相手の助けになるように行動してあげるということとして解釈することができます。

なので、結果的に考えてフレキシブルな対応をしてくれるような人間に関しては相手に対してひねくれた考え方を持っていないような人間であると判断することができます。

だからこそ、結果的にフレキシブルな対応してくれるような人の特徴は素直な人間性を持っている人であると考えることができると言えます。

理解力がある

次にご紹介するフレキシブルな人の特徴は「理解力がある」ということが挙げられます。

なぜフレキシブルな人は理解力がある人なのかと考えた時に、そもそも相手に対して理解力がなければフレキシブルな対応することができないからと考えることができます。

どういうことかと言いますと、フレキシブルな対応するということは相手に対して柔軟性のある対応してあげるということになりますので、基本的に考えて理解力がなければそのような行動を取れるはずがありません。

理解力がない人こそ、その場の状況を汲み取ってあげたり、相手の心情を理解して行動してあげたりすることができない人間である可能性が高く、決められた通りのマニュアルな対応しかできないような人間である可能性が高まってしまいます。

しかしながら、理解力がある人間は相手に対してどのような行動してあげると相手は喜んでくれるのか、このような状況の中でどのような行動をすることが一番良い結果を生み出すことができるのかということを親身に考えながら行動することができる可能性が高いです。

なので、結果的に考えて理解力があるということはフレキシブルな対応することができるということにつながりますので、フレキシブルな人の特徴として理解力があるということが結論づけられるのです。

相手に対してフレキシブルな対応してあげたいと思っている方は、自分の立場での考え方だけではなく相手の立場で物事を考えたりすることができるようになれば、フレキシブルな対応することができるようになると思いますので意識してみてください。

基本ができている

次にご紹介するフレキシブルな人の特徴は「基本ができている」ということが挙げられます。

なぜフレキシブルな人は基本ができている人なのかと考えた時に、ある物事に対して対応しなければいけない場合、大切なのは基本ができているかどうかということです。

なぜならば、基本ができていなければ、応用はできないように、基礎的な知識がなければ融通が利くような行動は取ることができない可能性が高まってしまいます。

例えば、ある物事をお願いしようとした時に相手が新人の人間だった場合、新人の人間は基本的なことしか知識として習得していない場合が高く、基礎的なことしか分かっていない人間に対して高度なお願いをしたところで対応することは難しいはずですよね。

しかしながら、ある物事をお願いしようとした相手がベテランの人間であった場合、基礎的な知識も理解している可能性が高く、なおかつ物事の仕組みなどの部分に対しても理解をしている可能性が高いので、どのような対応までなら許容範囲で請け負うことができるということをきちんと理解しているのです。

言い換えてみれば、これくらいのお願いであれば請け負ったとしても大きな問題にはならないし、多少の変化球に関しても対応することができる知識を保有していると考えることができるのです。

なので、結果的に考えて基本ができている人間はフレキシブルな対応することができると考えることができますので、フレキシブルな人の特徴はそもそも基本ができている人間であると考えることができるのです。

頭が良い

次にご紹介するフレキシブルな人の特徴は「頭が良い」ということが挙げられます。

なぜフレキシブルな人は頭が良い人なのかと考えた時に、これは先ほどご紹介した基本ができているということに若干通じる部分があるのですが、頭が良い人ほどマニュアル外のことに対しても上手に理解し、請け負うことができるからです。

残念ながら、頭の悪い人間であったり、そもそも頭を働かせて物事に対する解釈をしようとしない人間に関しては、マニュアルで決められたようなこと以外のことをうまく行ったりすることができなかったりする可能性が高いのです。

マニュアルで決められたことをただ機械のように行っているような人間に関しては、マニュアルの範囲外の事をお願いされたときにどのように対応すれば良いのか、そもそも分からなかったりする可能性もあります。

また、そもそもの仕組みを理解していないのでどのような部分まで対応することができるのか理解できずに、結果的に対応したくても柔軟性のある対応ができない可能性が高いです。

しかしながら、頭が良い人間であったり、物事の仕組みを理解しようと普段から頭を働かせているような人間に関しては、マニュアルの範囲外のお願いをされた時に、そのお願いをどのようにすれば叶えることができるのかということを早い段階で察知することができるようになります。

また、対応可能な範囲内であればきちんとを請け負って柔軟性のある対応することができる判断を下すことができるようになるため、結果的に考えて頭が良い人間ほどフレキシブルな対応することができると考えることができるのです。

なので、結果的に考えてフレキシブルの人の特徴としては頭が良い人間であるということが一つの要因になり得ると言えます。

先を見ている

次にご紹介するフレキシブルな人の特徴は「先を見ている」ということが挙げられます。

なぜフレキシブルな人は先を見ている人なのかと考えた時に、フレキシブルな対応をするためには必ず先のことを読んだ上で計画しなければいけないからと考えることができます。

例えば、柔軟性のある対応するということは先ほどもお伝えした通り本来のマニュアル通りのお願いではなく、若干ながらの変化球のようなお願いをされるということがほとんどです。

なぜならば、本来の対応ではなく、柔軟性のあるような対応するということがフレキシブルということにつながるからです。

それを踏まえて考えた時に、フレキシブルな対応するためには当然ながら先のことを見据えた上でそのお願いができるかどうかということを正しく判断しなければいけないと考えることができます。

出来もしないことをできますと言って、相手に対して期待を持たせたのに結果的にそれを裏切るような行為はフレキシブルな対応とは言えません。

あくまできちんと請け負うことができるかどうかということを正しく判断し、相手の望みを叶えてあげることがフレキシブルな対応になります。

だとすれば、相手からの要望を聞いた時点できちんと先を読んで対応することができるかどうか正しく判断する能力が必要になります。

結果的に考えてフレキシブルな人の特徴は先を見据えている人間であると考えることができます。

考えて行動する

次にご紹介するフレキシブルな人の特徴は「考えて行動する」ということが挙げられます。

なぜフレキシブルな人は考えて行動する人なのかと考えた時に、これはこれまでにご紹介してきた特徴の中に共通する部分があるのですが、そもそもフレキシブルな対応してあげようと思う人間は相手のことを考えて行動することができるような人間であるからです。

なぜならば、マニュアルの範囲外のお願いをされた場合は当然ながら断るという判断をすることもできます。

それでもフレキシブルな対応することを選ぶような人間は相手のことを考えて行なってあげようという気持ちがなければ、そもそもそのような行動したりすることはありませんよね。

また、フレキシブルな対応をする場合、本来のマニュアル通りの対応ではなく、複雑な対応などを行ったりする場合が多いので、きちんとそれができるかどうかということを判断した上で請け負わなければいけません。

なので、これら2点のことを踏まえて考えてみると、フレキシブルな対応することができる人間はきちんと物事を考えた上で行動したり返答したりしていると考えることができます。

つまり、フレキシブルな人の特徴としてはきちんと考えて行動することができる人間性を持っていると判断をすることができるのです。

その逆に、物事に対して考えないで行動したり返答をするような人間に関しては、マニュアル通りの対応しかできないか、もしくは表面上はフレキシブルな対応することができても、実際はその物事を受けることができなかったり、満足いく結果を出すことができなかったりするなど、ミスを重ねてしまう場合が生まれますので、注意をしなければいけません。

人との交流が得意

次にご紹介するフレキシブルな人の特徴は「人との交流が得意」ということが挙げられます。

なぜフレキシブルな人は人との交流が得意な人なのかと考えた時に、あなたの身近にいるフレキシブルな対応することができる人を想像してみてください。

おそらく、フレキシブルな対応をすることができる人間はコミュニケーションスキルが高い人間である可能性がとても高いと言えます。

なぜならば、コミュニケーションスキルが高い人間は比較的相手に対する思いやりを持つことができるような人間である可能性が高いからです。

たくさんの人間と交流をしたり、円滑なコミュニケーションを築いていく上で大切なのは相手のことを考えて行動したり、発言したりすることであり、それができない人間は人から嫌われてしまいますので人との交流を上手くを行うことができないと判断することができます。

つまり、人との交流が得意な人間は相手のことをきちんと考えて行動したり発言したりすることができる人間であり、突き詰めて考えてみると人に対する思いやりがあるということです。

先ほどもお伝えしたように人に対する思いやりを持っている人間はフレキシブルな人であると考えることができますので、結果的に人との交流が得意な人間はフレキシブルな対応することができると判断をすることができるのです。

視野が広い

次にご紹介するフレキシブルな人の特徴は「視野が広い」ということが挙げられます。

なぜフレキシブルな人は視野が広い人なのかと考えた時に、逆に考えて視野が狭い人間はフレキシブルな対応することができないからと考えることができます。

例えば、視野が広い人間と視野が狭い人間では何が違うのかと考えた時に、視野が狭い人間は自分だけが正しく、自分が正しいと思ったこと以外は聞く耳を持たなかったり、物事をいろんな面から見たりすることができなかったりする場合がほとんどです。

しかしながら、視野が広い人間に関しては自分が考えている意見以外にも、きちんと相手の意見を聞いてそれを理解しようとすることができますし、相手の要望に対してきちんと聞く耳を持つことができます。

また、視野が広いことによって物事をいろんな面から見たりすることができるようになるのです。

その結果、相手から何らかの対応をお願いされた場合、視野が広い人の方がそれなりに対応することができる範囲が広がるのは考えていただければ分かるはずです。

なので、結果的に考えてフレキシブルな人の特徴としては視野が広く、狭い視野で物事を考えない人間が当てはまると考えることができるのです。

普段から視野を広く、努力している人間はそれなりにフレキシブルな対応することができるようになると思います。

マニュアル通りの対応しかできない人間はもう少し一歩引いた目線で物事を広く見据えることができるように努力をすることを心掛けてください。

余裕を感じる

次にご紹介するフレキシブルな人の特徴は「余裕を感じる」ということが挙げられます。

なぜフレキシブルな人は余裕を感じる人なのかと考えた時に、先ほどもお伝えした通り基本的にフレキシブルな対応する際には必ず変化球のお願いや依頼などが来る場合が高いです。

つまり、物事の応用などを利かせないとできないような内容のことが多く、一般的に考えて余裕がないとできないことが多いです。

なぜならば、人間は余裕がなくなってしまうと面倒なことに関しては排除しようと考えたりする傾向がありますので、余裕がある時はフレキシブルな対応ができても余裕がない時はフレキシブルな対応ができなくなってしまう可能性が高いのです。

しかしながら、日常的にフレキシブルな対応することができる人間は日常的な様々な点において常に余裕を持たせて行動している人間であると考えることができます。

つまり、結果的に考えてフレキシブルな対応することができる人間の特徴は常に余裕を感じているということになると言えるのです。

️フレキシブルな人は認められやすい

今回はフレキシブルをテーマにして、フレキシブルという言葉の基本的な意味、語源、そしてフレキシブルな人の特徴についてご紹介していきました。

今回ご紹介した内容を確認していただくと、フレキシブルという言葉の意味をよく理解いただけるようになれたと思います。

分からないと難しく感じてしまうような言葉ですが、一度理解をすることによって想像以上に簡単に言葉の意味を理解し、様々な場面で使うことができるようになれるはずです。

なので、これからもわからない言葉がある際には、まずは理解し、それを継続して使うことで言葉をマスターできるようになると思います。

わからない言葉があればまずは理解し、正しく使えるように意識をしてみてください。

これを習慣づけることによって、必ずたくさんの言葉の引き出しを身に着けられるようになるはずです。