社会人になることによって今まで普段用いることがなかったような言葉を用いたりするような機会が多くなります。

その代表的な言葉といえばビジネス用語が当てはまるようになると思いますが、あなたは日常的にビジネス用語を使っていますか?

おそらく自分が所属している会社が積極的にビジネス用語を取り入れてるような会社である場合はビジネス用語を積極的に使用しているかもしれませんね。

もちろんその反対にビジネス用語などをあまり積極的に使用しない、もしくは一切使用しないような会社に所属している可能性もあると思います。

しかしながら、世の中全体を考えてみれば、圧倒的に以前の時代よりもビジネス用語などを使用する割合などは増えてきています。

昔の時代と違い、今は非常にグローバルな時代に変化しています。

これから先、どんどんビジネス用語を用いるようになる可能性は高く、今は使っていなくても、これから積極的に使用していく可能性のほうが圧倒的に高いです。

また、自分が所属している会社では使用しなかったとしても、取引先や、関連性のある人間んが用いる可能性もゼロではありません。

なので、社会人として身を置く方は、ビジネス用語の中でも基本的な存在のものに関してはある程度知識を身に着けておく必要性があると言えます。

そこで、今回はビジネス用語を知っていただくきっかけとして、広告業界などで広く用いられている言葉であるシズル感をテーマにして、意味などをご紹介していきます。

自分が所属、もしくはこれから就職する企業で使う可能性がある方や、単純にビジネス用語に疎い方に関しては、ビジネス用語を知る機会として活用してみてください。

️シズル感ってなに?

そもそもシズル感とはどのような言葉なのか?と不思議に感じる方もいると思います。

知っている人からしてみれば簡単な言葉に感じるかもしれませんが、意味を知らない方からしてみると全く意味が分かりにくい言葉であると言えます。

基本的にビジネス用語に関してはわかりやすさという点で考えてみると大きく言葉によって違いが存在しています。

ビジネス用語に疎い方でも聞いてみるとなんとなくわかるような言葉もあれば、意味を理解していないと全く意味が想像することができないような言葉なども存在しています。

だからこそ、正しい意味を理解していなければ具体的な内容などが入ってこない可能性などが高いですし、それによって意味が通じずに恥ずかしい場面に遭遇する可能性があります。

社会人としてそれなりの立場に身を置いている方に関しては、ある程度ビジネス用語に関しては知っておかないと、そんな言葉も知らないのかと低くみられる可能性もあります。

もちろん社会人としての経験がそこまで多くはないような人間に関しても、自分が所属している会社の業界用語などに関しては入社する前に勉強しておく必要性があります。

そうしておかないと、その会社に入社した後に必ず言葉の壁がはばかり、必ず困った事態に直面してしまう可能性が高まります。

なので、最低限基本的なビジネス用語、そして自分が所属している業界のビジネス用語などに関しては一通り知識として身につけておくことをお勧めいたします。

それを踏まえて、シズル感という言葉がどのような存在なのかということについて触れて行きたいと思います。

広告業界やデザイン業界でよく使われる


そもそもビジネス用語に関してはすべての業界で使われるような言葉ではなく、特定の境界で使われるような言葉である場合がかなり多いです。

例えば、一般的に考えるとIT業界や広告業界、そして制作業界などがビジネス用語が用いられる場合がかなり高いです。

今回ご紹介するシズル感という言葉に関しても、実は広告業界やデザイン業界などで用いられる場合がかなり高い言葉として知られています。

なので、今現在広告業界やデザイン業界などに携わっているような方に関しては、知っておくと絶対的に役に立つような言葉です。

逆に考えると、知らない状態であると意思疎通において問題が発生する可能性もありますし、知らないと恥ずかしい場面に直面する可能性があります。

それくらいかなり利用頻度も高い言葉になりますので、知らない方は必ずこの機会にシズル感という言葉の意味や使い方などを勉強してください。

️シズル感の意味

シズル感という言葉の意味を知らないと、そもそもシズル感という言葉を扱うことができません。

言葉を正しく使えるようにするためには言葉の基本的な意味を正しく把握しておく必要があります。

正しい言葉の意味を知り、言葉の使い方を理解することで初めて正しい言葉遣いができるようになります。

なので、まずはシズル感という言葉がどのような意味を持っている言葉なのか、具体的に複数の意味をそれぞれご紹介していきたいと思います。

人の五感を刺激する感じ

まずはじめにご紹介するシズル感という言葉の意味としては「人の五感を刺激する感じ」という意味が存在しています。

具体的にどういう意味かと言いますと、私たち人間の視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚に対して刺激を与える表現であるといえます。

私たち人間は普段五感で様々な刺激を受けながら生活をしています。

単純に視界に入ってくるだけでも刺激を受けているといえますし、ものを触ったりしているときにそのものの触り心地などでも刺激を受けていますよね。

つまり、生きていれば様々な場面で刺激を受けているといえます。

しかし、様々な刺激を受ける中でも、その刺激に関しては大きさなどに違いがあると思います。

日常生活を過ごしていく中でより強く自分自身の五感に訴えかけて、様々な感情が引き方されるような経験をしたことがありませんか?

おそらく誰しも必ずこのような経験をしていると思います。

その経験をより強く引き出したりするときにシズル感という言葉を使ったり、用いて表現されていると考えることができるのです。

少し意味が分かりにくいと感じる方もいるかもしれませんが、口述する様々な意味合いを理解していけば、必ず明確にこの意味が分かるようになるはずです。

瑞々しい感じ

次にご紹介するシズル感という言葉の意味としては「瑞々しい感じ」という意味が存在しています。

シズルという言葉を聞いたときに、第一印象としてみずみずしい感じを想像される方は多いと思います。

しずるという言葉と水という言葉にはなんとなく似たような関連性が感じられるので、自然と予想できる方が多いのが事実だからです。

その想像は該当しており、シズル感という言葉の意味の中には瑞々しい感じという意味が含まれており、活きの良さなどが表現されています。

この言葉の意味だけでは、具体的に意味を考えることが難しいかもしれませんので、簡単な例を挙げていきたいと思います。

例えば、あなたが日常生活の中で瑞々しいと感じたりするような場面を想像してみてください。

例えば、冷たい飲み物のグラスの周りに水滴が付着しているのを見ると瑞々しいと感じたりするようになりませんか?

何も付着していないようなグラスと、周りに水滴が付着しているようなグラスを比較して考えてみると、瑞々しさという点においては雲泥の差があると思います。

なので、瑞々しい感じを引き立たせるためにグラスにあえて水滴などをふちゃくさせたりすることをシズル感という言葉を使って表現することができるということになります。

これを想像していただければ、先ほどご紹介した人間の五感を刺激するような感じという言葉の意味が次第にわかってくるようになるはずです。

艶っぽい感じ

次にご紹介するシズル感という言葉の意味としては「艶っぽい感じ」という意味が存在しています。

この意味に関してもあえて難しく考える必要性はありません。

シズル感という言葉には先ほどご紹介したように瑞々しいという言葉が含まれています。

それを踏まえて考えてみると、艶っぽいという言葉の意味もある程度連想して考えることができるはずです。

そもそも艶っぽい感じを出すためにはそれなりに水分や潤いを出すということが必須になりますよね。

具体的にわかりやすく言えば、唇を創造してみてください。

艶っぽい唇を想像していただくと、必ずグロスなどを塗ったようなテカテカとした艶を連想しますし、反対にカサカサして水分や油分が足りないと乾燥した唇になるはずです。

つまり、潤いなどを感じさせるような状態にすることなどをシズル感という言葉を使って表現することができるということです。

これは考えてみれば先ほどご紹介した瑞々しい感じという意味とそこまで大きく差はない意味になると思います。

また、目に見えない雰囲気を表すような使い方もでき、女性に対して用いられるようなことなどもあります。

艶っぽいという言葉を考えてみると、セクシーで色気があるような女性を想像しますよね。

それと同じように、魅力的でセクシーな女性に対してシズル感のある女性というような表現をすることができます。

このように、様々な表現方法ができ、利便性の高いビジネス用語であると考えることもできますので、覚えておくと便利な使い方ができるはずです。

食欲をそそるような感じ

次にご紹介するシズル感という言葉の意味としては「食欲をそそるような感じ」という意味が存在しています。

食欲をそそるような感じという意味をシズル感という言葉と結びつけることに対してよくわからないと感じる方もいるかもしれませんね。

しかしながら、考えていただきたいのがシズル感という言葉にはそもそも五感を刺激するとう意味が含まれています。

それを踏まえて考えてみた時、これまでの経験としてあなたが五感で食欲をそそられた経験を思い出してみてください。

おそらく人間であれば絶対に誰しもが経験したことがあるようなことになると思います。

例えば、わかりやすく例を挙げるとすればお肉が焼けるような音を聞いた時に自分の空腹がより刺激されたりした経験がありませんか?

焼肉店に足を運んだ時にお肉が焼けている音を聞いたときに、強く空腹感を感じたり、早く食べたいと感じた経験は必ずあるはずです。

そのような経験も考えてみれば、一つのシズル感であると考えることができます。

思わず匂いや味を想像してしまうような…


日常生活で自分自身の食欲を刺激されたりするような場面はたくさんあると思います。

思わず匂いや味を想像してしまうような経験としては、挙げてみれば数え切れないほど様々な場面があります。

先ほどご紹介したお肉が焼ける音ということもそうですが、音以外にも実際にお肉が焼けていき肉汁が滴ってくるような光景を見たりするのも同様です。

それ以外にも、鍋でスープをコトコト煮込んでいるようなグツグツした音を聞いたりするだけでも食欲は必ずわいてくるようになるはずです。

また、道を歩いているとどこからともなく香ばしガーリックの香りが漂ってきて食欲を感じさせたりするようなこともありますよね。

それを踏まえて考えてみると私たち人間は五感で様々な刺激を受けて、より強い食欲を刺激されているのです。

その刺激をシズル感という言葉で表現することができ、広告業界やデザイン業界などでは頻繁に使われるビジネス用語としてその意味が知られています。

実際に広告業界などに関しては絵や映像などを見て、より強い食欲の刺激などを感じさせることが大きな目的でもあります。

なぜならば、魅力的な絵や映像を作れば、商品が売れたり、アピールできるようになるはずだからです。

だからこそシズル感という言葉はこれらの業界で頻繁に用いられたり、積極的に使用されたりしているような言葉になるのです。

購買意欲を刺激する感じ

次にご紹介するシズル感という言葉の意味としては「購買意欲を刺激する感じ」という意味が存在しています。

様々な広い意味が存在しているシズル感という言葉なので、難しく感じてしまう人もいるかもしれませんね。

しかしながら難しく考える必要性はなく、先ほどお伝えしたように食欲を刺激されるという意味を踏まえて考えてみると結果的にはその食べ物が欲しくなるということになります。

つまり、その食べ物などを欲しくなる、購買意欲が高まるということになりますので、間接的には食欲がそそられるということとかなり近い意味だと考えられます。

しかしながら、シズル感という言葉は食べ物だけに使用されるような言葉でもありません。

食べ物以外にも様々な商品などに対して使用されたりすることがある言葉でもあります。

例えば、食べ物以外にも家電製品や、様々な商品などに対しても使用されたりするような言葉だったりするのです。

具体的にはシズル感あふれるパソコン、といったように、購買意欲を刺激されるような商品であるということを表現したりすることができるのです。

性能が良い商品に関しては無条件にその商品を欲しくなったりするようなことがありますよね。

もちろん性能以外にも様々な面において秀でている要素があるのであれば、それは同様です。

なので、単純に魅力的で欲しくなるような商品などに対してシズル感という言葉がセットで用いられるということを覚えておいてください。

臨場感溢れる感じ

次にご紹介するシズル感という言葉の意味としては「臨場感溢れる感じ」という意味が存在しています。

ちょっと難しく感じるかもしれませんので、具体的に理解いただくために先ほどご紹介した五感を刺激する食欲の内容を思い出してみてください。

例えば目の前でお肉が焼けてじゅうじゅうと音を立てて、肉汁があふれてきて、おいしそうなにおいがする光景を想像してみてください。

五感が刺激されて空腹を感じさせるような状況になると思いますが、それは言い換えてみると臨場感あふれる感じがあるからだといえますよね。

もしも目の前でお肉が焼けている状況が、音がなく、においもしないような状況だとするとどうでしょうか?

おそらく、それほど食欲を刺激されたりするようなことはないと思います。

それは言い換えてみれば臨場感が足りないからであり、この臨場感溢れる感じが非常に大切な要因になっているということは言うまでもありませんよね。

その臨場感をシズル感という言葉で表現することができ、シズル感において臨場感は非常に大切であるということが簡単にわかるはずです。

これまでご紹介してきた瑞々しさという意味、五感を刺激する感じもすべて臨場感につながっています。

なので、シズル感という言葉を使っている現場においては、臨場感という言葉をシズル感という言葉に言い換えて用いたりすることがかなり多いので、覚えておいてください。

シズル感の意味をまとめると

考えてみるとシズル感という言葉に関しては想像以上に様々な意味合いが存在している言葉であると言えます。

たくさんの意味合いがありすぎて、意味をまとめて考えてみた時にごちゃごちゃになってしまったりしやすくなると思います。

しかしながら難しく考える必要性はなく、まとめて考えてみるとシズル感という言葉はお客さんが買いたくなるような感じだと思っていただければよいはずです。

ビジネスの場面においてシズル感という言葉を使ったりするのは全てその商品がお客さんに買ってもらうためにはどうすれば良いのかということを追求した結果や要因です。

五感を刺激されて食欲が刺激されるような映像や絵を撮影するのもお客さんに食べたいと思わせるために行っていることです。

シズル感あふれる魅力的な商品を製造するのも、お客さんに購入してもらって売り上げをあげるためですよね。

なので、まとめて考えてみると、シズル感とはお客さんが商品を買いたくなる理由になるものを表現した言葉であるといえます。

シズル感をどうすれば演出できるようになるのかということをお客様の目線でよく考えて実行すれば、必ず反響が出てくるはずです。

️シズル感の由来

ここまではシズル感という言葉の意味を具体的にご紹介していきました。

シズル感という言葉の意味を理解いただけたところで、ここからはシズル感という言葉の具体的な由来などについてご紹介していきたいと思います。

あなたはシズル感という言葉の由来を知っていますか?

そもそもシズル感という言葉を知らない方からしてみれば、由来などもあまり想像できないと思います。

言葉のニュアンスがしずくをイメージさせ、水滴などを連想させるような言葉というくらいは感じ取ることができますが、シズル感という言葉には実は具体的な由来が存在します。

言葉を知るためには由来などについても正しい知識を身に着けることが大切なので、シズル感という言葉の由来もこの機会に意味と合わせて覚えてみてください。

英語の「sizzle」

シズル感という言葉の具体的な由来を考えたときに、もともとの語源としては英語の「sizzle」という言葉が由来になっています。

sizzleという言葉は意味として「肉を焼くときのジュージューという音」という意味が存在しています。

つまり英語の中でも擬音語としての意味を持っている言葉であると考えることができます。

例えばお肉をフライパンに載せたり、ソーセージなどを焼いたときには香ばしいジュージューという音が鳴り響きますよね。

これをそのまま「sizzle」という言葉で表現することができるのです。

そして、この「sizzle」という言葉が日本に伝わり、現在の日本ではビジネス用語として日常的に用いられるようになっているのです。

先ほどもお伝えしたように、なんとなく言葉のニュアンスでしか意味を理解していない方が多いですが、実は具体的な由来が存在している言葉でもあるということを知ってください。

人の食欲をそそるような印象

「sizzle」という言葉の基本的な意味をご紹介しましたが、なぜこの「sizzle」という言葉がビジネス用語としてシズル感という言葉に変化したのか不思議に感じますよね。

もともとは擬音語として使用されていた言葉が、人の五感を刺激する感じを表す言葉に変化するのは確かに大きな変化だと思います。

しかしながら、難しく考える必要性はなく、先ほどご紹介したもともとの意味であるお肉を焼く音を想像してみてください。

その美味しそうな音を聞いたり、香ばしい匂いが広まっていくのを想像してみると一気に私たちの五感が刺激されて食欲をかきたてられるようになりますよね。

そう考えてみると、日本で使われているシズル感という言葉の意味を連想することができますよね。

英語の「sizzle」という意味から、最終的に起こりうる現象を想像し、結果的に現在日本で広く用いられているような意味へと転じています。

これを考えていただければ、シズル感という言葉がなぜ今のような意味で用いられているのかということがわかるはずです。

️シズル感の使い方

シズル感という言葉の由来についてご紹介していきましたが、ここからはシズル感という言葉の使い方についてご紹介していきたいと思います。

言葉の意味や由来を知っていても、正しい使い方をできるようにならなければその言葉をマスターしたとは言えません。

特にビジネス用語に関しては一般的な言葉と少し違った特色を持っている場合が多いので、きちんとした使い方を行うことができなければ間違った使い方になる可能性もあります。

間違った使い方をしていると周りから指摘されたり、うまく相手に言葉の意味が伝わらなかったりする可能性がありますので恥ずかしい状況になってしまいます。

社会人として活躍する上で、間違った言葉遣いをしているということは大きな弱点に繋がってしまいます。

なので、シズル感という言葉の正しい使い方もこの機会に知ってみてください。

正しい意味を理解していればそこまで難しい使い方にはなりませんので、いくつか例文を交えながら具体的な意味を解説していきます。

シズル感のある女性

まずはじめにご紹介するシズル感という言葉を使った例文は「シズル感のある女性」という例文です。

シズル感のある女性という例文の意味は「艶っぽい感じの女性」という意味です。

シズル感という言葉に関しては複数の意味が存在している言葉であることはこれまでご紹介してきた通りです。

シズル感という言葉の意味の中でも、女性に対して使われるような状況を想定して考えてみると、一番当てはまるのは艶っぽいという意味です。

なので、艶っぽいという言葉の意味をそのまま代入していただければ、意味が通じるようになるはずです。

色気のある魅力的な女性の存在は男性にとって魅力的な存在なのは言うまでもありませんよね。

メディアであったり、映像制作などに携わっている人の間ではこのような表現を使ったりするようなことなども少なくはありません。

その業界の方に関しては、このような表現ができることを早い段階で知っておけば、適切な表現方法や、適切な言葉の使い方ができるようになるはずなので覚えておいてください。

シズル感を前面に押し出す

次にご紹介するシズル感という言葉を使った例文は「シズル感を前面に押し出す」という例文です。

シズル感を前面に押し出すという例文の意味としては「臨場感を前面に押し出す」というような解釈などが可能な例文です。

もともとシズル感という言葉自体が様々な意味を持っている言葉にもなりますので、様々な解釈が可能な例文でもあります。

瑞々しい感じという意味もありますし、食欲を刺激するような意味、五感を刺激したりするという意味などもありますので、様々な表現方法が可能です。

このように、シズル感という言葉を知っていれば、かなり広い表現方法ができるような言葉でもあります。

広い表現方法ができるような言葉ということは、言い換えてみれば非常に利便性が高い言葉であるとも捉えることができます。

様々な例文を通じて、正しい使い方を理解し、シズル感という言葉でたくさんのことを表現してみてください。

シズル感のある写真

次にご紹介するシズル感という言葉を使った例文は「シズル感のある写真」という例文です。

この例文に関しても、シズル感という言葉の基本的な意味を理解していれば様々な表現方法ができる例文であるということはすぐに分かるはずです。

解釈はいくらでも可能であり、臨場感のある写真という捉え方をすることもできれば、瑞々しい感じの写真、食欲を掻き立てる写真という意味でも解釈が可能です。

しっかりと被写体をとらえて、被写体が行動しようとしている瞬間の躍動した感じの写真などはまさに臨場感あふれる写真ですよね。

そのほかにも、水滴が滴っているようなうるおいのある写真などもシズル感という言葉の意味になりますし、おいしそうな写真もまさにシズル感という言葉で表現されます。

このように、様々な表現方法ができる例文です。

️日本にシズル感が広まったきっかけ

そもそもなぜシズル感という言葉が日本にこれほどまでに広がっているのか不思議に感じている方もいると思います。

気がついたら周りが使っていたというような言葉がビジネス用語には多く存在しており、具体的に広まったきっかけを知ることができる機会はそう多くはありません。

そこで、ここからは簡単にどのようにして日本にシズル感という言葉が広まったのかということをご紹介していきたいと思います。

どのようにして広まっていったのかということを知ることによって、さらにシズル感という言葉に対する理解が深まっていくようになるはずです。

それが言葉の知識を深めるきっかけにもつながりますので、シズル感という言葉の広まったきっかけを覚えてください。

ホイラーの5つの方式

日本でシズル感という言葉が広まったきっかけの一つとして認識されているのはホイラーの存在がとても大きいです。

ホイラーは著名な人物であり、元々は20世紀の半ばに活躍していたコンサルタントとして知られています。

このホイラーが作り出した言葉としてシズル感という言葉が存在しています。

具体的には、ホイラーはセールスコピーなどを研究しており、そこでたくさんの人が商品を買うフレーズがあるということを見つけ出しました。

それをホイラーが法則として「ホイラーの5つの方式」として発表しています。

もともとホイラーが執筆した本があり、その本の中に『ステーキを売るな、シズルを売れ!』というフレーズがあり、それが認知されるきっかけになっています。

ここで自らが作成したシズル感という言葉がそのまま用いられていますが、これが爆発的なヒットとなり、ここからはシズル感という言葉が日本には広まっていきました。

『ステーキを売るな、シズルを売れ!』の中に登場

シズル感という言葉についてご紹介した今だからこそ理解できますが、所見では内容の意味がよくわからないはずですよね。

具体的に何を伝えたいのかというと、ステーキが販売されるのはステーキを焼く時の音や匂いが食欲を刺激するからやるということを意味している言葉です。

つまり、商品そのものを売ろうとするのではなく、お客様が買いたくなるような様々な理由を作り上げることを意識しなさいということを訴えかけているのです。

考えてみればとても納得するような法則の一つになり得ると思います。

この言葉がきっかけで日本のたくさんの人間がシズル感という言葉を使うきっかけになり、シズル感という言葉を広めた人であるということが明白になるのです。

️シズル感は定義しにくい!感覚で覚えよう

今回はシズル感という言葉をテーマにして、シズル感という言葉の意味、具体的な使い方、語源などをご紹介していきました。

シズル感という言葉についての理解がとても深まったと思います。

自らが所属している業界によってシズル感という言葉を使う機会が多いか少ないかということは人によって別れると思います。

しかしながら、言葉の意味を知っているということは損にはなりませんし、自分自身の知識の引き出しを作るという有意義な結果にもつながります。

ビジネス用語は一見すると難しい言葉がたくさんありますが、元々の意味を理解すればそこまで難しい言葉は多くありません。

これからの時代、まだまだ様々なビジネス用語が用いられる可能性がとても高いです。

だからこそ、積極的に様々な言葉に興味を持ち、正しい意味を理解して正しい言葉を使えるように日頃から様々な言葉に興味を持つようにしてみてくださいね。