CoCoSiA(ココシア)

美人の条件7個!美人顔に近づくための6個の方法も紹介


「男性からの熱い視線を感じたい…。でも自分には美人顔の要素がない」と感じているあなた…!

今回は、そんな美人の条件と美人顔に近づくための方法をご紹介いたします。

美人顔に近づくことで周りの人達は、あなたを見る目が変わります。

あなた自身の努力は必要ですが、これまで思い描いていた「美人」の努力について知ることにより、さらにあなたのお顔が美人顔に近づくだけでなく、心も体も美人に近づくことができるのです。

美人は、顔や見た目だけではありません。

しぐさや振る舞いはもちろんのこと、内面から出る美しさも含めて、より美人に近づいていきましょう。

美人の条件、知ってますか?

そもそも、あなたは「美人の条件」をご存知でしょうか?

「美人には条件がいるの?」なんて思いがちですが、当然美人にも条件が必要になります。

その美人の条件を知っているのと、知らないのとでは大きな差が生まれてしまいます。

見た目だけ美人では、周りの人から早く飽きられてしまいます。

美人の条件を、しっかりと身に付けている女性であれば、どんなことが起きても乗り越えることができ、さらに美人度がますことも考えられます。

このように、美人の条件を知っているのと知っていないのとでは、見た目美人になってしまわないだけでなく、心も体も美人になることで、様々な問題を乗り越えていくことができるのかもしれません。

世の中の女性は知っていてほしい、美の条件とは?

ちょっぴり、大きなことを言ってしまえば、世の中の女性にぜひ知っておいて欲しい「美の条件」があります。

世の中の女性が、この条件を知っているだけで、かなり美人が増えることでしょう。

また、美人が増えることで、癒される人も増えるのではないでしょうか?

美人になるための条件を自分なりに解釈し、日々の生活に取り入れて行く事で、自然と美人が身に付いていきます。

自然と美人が身に付いていくとあれやこれやと顔いじることばかりに集中するのではなく、あなたの身の回りの事や周りの人などに気を使える美人にもなります。

つまり、「美の条件」とは見た目だけでなく内側から出るものを意味するのかもしれません。

美人に共通する7個の条件

それではここからは、美人に共通する7個の条件についてお伝えしていきます。

「たった、7個の条件を満たすだけで、美人顔が作れるの?」なんて簡単に思ってしまいますが、7個の条件をクリアするだけで、まずは見た目美人になりましょう。

見た目美人になることで、容姿が整いそれなりの器になる女性になっていこうと努力をしていきます。

見た目美人になってしまわないように、必ず見た目と中身を同時に磨くことをおすすめします。

あなたも、今日から美人顔になり、それにふさわしい振る舞いや生活を身に付けていきましょう。

真っ白で透明感のある肌


「美人」と言えば、「透明感」になりますよね。

まずは、透明感のある美しい肌を目指していきましょう。

10代や20代の若い女性であれば、真っ白で透明感のある素肌を既に手に入れているのではないでしょうか?

しかし、20代後半から30代にかけて透明感のある肌を持続するのが難しくなってくることがあります。

もちろん、お肌の手入れや食生活、エステなどに通われている方も見えると思います。

しかし、女性は出産や生活環境の変化によりお肌も変化してくることがあります。

まずは、真っ白で透明感のあるお肌になるように、ベースメイクなど気を使うといいですね。

まずは、基本のベースメイクから肌の色ムラを均一に整えていく必要があります。

下地には光で反射させる成分の入ったものを選ぶといいですね。

さらにリキッドファンデーション、ハイライトなどにルーセントパウダーを使うとさらに美しい艶肌を手に入れることができます。

卵型で綺麗な輪郭

輪郭で1番美しい輪郭は、「卵型」と言われています。

卵型の輪郭になることで、様々なヘアスタイルが似合うようになります。

また、卵型の輪郭でない人の場合、卵型に近い髪型を意識していきましょう。

また、卵型には「ひし形」を意識した髪型を目指していくことで、自然な感じにひし形を意識した髪型を取り入れることができます。

例えば、日本人で1番多い丸型の顔の輪郭の人は顔が丸くて大きい印象になりがちですが、トップにボリュームを出しサイドはボリュームを抑え顎下ラインからパーマをかけボリュームを出すようにするといいですね。

さらに、ベースや四角型の輪郭の女性は、四角い印象になりますので少々男っぽい顔つきに見えてしまいますので、ふんわりと柔らかな雰囲気を作ります。

また、トップにボリュームを出し、前髪をサイドへ流しサイドから下へ流れるように繋げていきます。

エラが気になる場合、顎下をスッキリさせた髪型を選ぶようにして下さいね。

また、逆三角形の顔の輪郭の人の場合、ふんわりとした前髪とおでこに空間をつくり、八つ張り部分が目立たないように頭の1番高い部分のみにボリュームを出すようにしてください。

また、頬下ラインから尖った印象に見えますので、ボリュームを出すといいですね。

このように、卵型を意識した「ひし形」を意識するだけで、すぐに卵型の美しい輪郭を作ることができます。