一般的に考えて、私たちはある程度の年齢になると社会人として仕事に従事するようになります。

なぜならば、生きていくためには必ず様々な場面でお金が必要になります。

なので、生きていくためにはお金を稼がなければいけないので、仕事を行っていき、その対価としてお金を得る必要性があるからです。

だからこそ、たくさんの方が会社員として仕事を行っていると思いますが、大前提として会社に就職するために、まずは就職活動を行わなければいけません。

しかし、初めて就職活動を行う方からしてみると、想像以上に様々なことに対して不安な気持ちを感じたりすると思います。

例えば、面接をするにしてもどのようなことを受け答えしなければいけないのかということもしっかりと考えておかなければいけません。

面接の受け答えによって、合否の結果が変わりますし、周りのライバルなどもたくさんいますので、より考えて面接には臨まなければいけないからです。

また、そもそも面接を受ける前に履歴書の書き方、履歴書の持参の方法などに対しても知らない場合があるので、事前に把握した上で就職活動を行わなければいけません。

これを間違ってしまうと、相手に対して失礼な印象になってしまう可能性もありますし、場合によってはそれで結果が変わってしまう可能性などもあります。

これらのことなどを踏まえて考えてみると、やはり就職活動をするためには絶対的に知っておかなければいけないことがたくさんあると考えられます。

そこで、今回は履歴書をテーマにして、履歴書を持ち込む際の注意点、そして郵送の場合の注意点、またはどちらが良いのかということなどについてご紹介していきたいと思います。

これから就職活動をする学生の方にとっては非常に重要な内容になりますので、就職活動を行う予定がある方が必ず確認してください。

特に就活生必見!履歴書を持ち込む際の10個の注意点を紹介

社会人としての経験がそれなりにある方であれば履歴書を持ち込む際に気をつけておかなければいけないことなどはある程度把握していると思います。

しかしながら、先ほどもお伝えした通り学生の方に関してはこれまでの人生で就職活動を行った経験がない方も多く存在しています。

それを踏まえて考えてみると履歴書を申し込むということを経験したことがない方はたくさん存在しています。

なので、履歴書にまつわる注意点などについてはある程度早い段階で知っておかなければいけません。

より面接において良い印象を残したり、悪い印象にならないようにするためには必ず必要な知識になります。

人によっては履歴書の持ち込み方などはそこまで重要ではないと考えている方がいますが、残念ながらそれは間違いです。

先ほども触れた通り履歴書の持ち込み方次第によってはそれだけで面接の合否が決まってしまう可能性なども十分考えられます。

履歴書の持ち込み方といったようなマナーに関することで面接で落ちてしまうのはとてももったいないことでもありますよね。

だからこそ、これから面接を受けようと思っている方や、就職活動を行おうとしている方は必ず常識として履歴書にまつわる知識を身に着けておきましょう。

最高の結果を出すためには絶対に知っておかなければいけないことなので、今回ご紹介する内容をきっかけに、履歴書に関する注意点をマスターしてください。

履歴書を渡すor送るときから就活は始まっている


先ほどもお伝えしましたが履歴書の持ち込み方次第によっては面接の結果が変わる可能性があります。

なぜならば、あなたが人を採用する立場に立って物事を考えてみてください、そうすればすぐにその気持ちは理解できるはずです。

そもそも、履歴書の持ち込み方などに関しては、難しい知識などは必要なく、あくまで一般常識の範囲の知識になります。

なので、一般常識を持ち合わせていない人間であったり、一般的なマナーも知らないような人間を雇いたいと思うかどうかと考えてみると、そうは思えないはずです。

だからこそ、履歴書を持ち込む際の注意点などに関しては知っておかなければいけませんし、そこから就職活動は始まっていると考えることができます。

少しでも就職活動で良い結果を出したい、失敗したくないと思うのであれば、必ず知っておいて損になるようなことはありませんので、必ず把握するようにしてください。

履歴書を持参するときの注意点10個

ここからは履歴書を持参する時の注意点について細かくご紹介していきたいと思います。

履歴書を持参すると一言に言っても、よくよく考えてみるとそれを行うためには様々なことに注意して行わなければいけないことが想像できます。

先ほどもお伝えした通りそれなりに社会経験を持っている方や、就職活動の経験がある方などに関しては難しいことではありません。

しかし、社会経験がない方や、就職活動の経験自体がない方にとってはすべてが初めての体験や経験になっている可能性は十分にあります。

なので、知らないことのほうが多くて当たり前でもあるのです。

しかし、いくら知らないことが多くて当たり前と言っても、それを知らないままにしているということは悪いことです。

知らないのであればそれを知ることができるように努力を行う必要性があります。

それを行わないような人間に関しては、そもそも面接の時点で自分自身を見透かされてしまい、面接に落とされてしまう可能性なども出てきます。

だからこそ、当たり前のことを知る努力をするということは面接を突破するうえでも非常に大切な要素になりえるということになります。

それを踏まえたうえで、今回ご紹介する履歴書を持参する際の注意点などをしっかりとマスターし、面接などの場面で困らないように準備しておきましょう。

1、必ず封筒に入れること

まずはじめにご紹介する履歴書を持参するときの注意点は「必ず封筒に入れること」です。

これはどういうことかと言いますと、一般的に考えて履歴書を持参する場合は必ず封筒に入れて持参を行わなければいけないということです。

人によっては履歴書をそのままの状態で持参して面接会場に足を運ぶような方がまれに存在しています。

しかし、履歴書などの大事な書類に関しては当然ながら封筒に入れた状態で持参をしていかなければいけません。

これが不思議に感じる方がいるかもしれませんが、社会人として仕事に従事するようになると当然ながら機密事項が書かれた大事な書類を扱うことなども多くなります。

そのような場合に、大切な書類などをいい加減に扱うような人を企業が雇いたいかと問われると、決して雇いたいとは思えないですよね。

履歴書は面接を受ける人間にとって非常に大切な書類であり、それをなくしたり、いい加減に管理するということは本来あってはいけないことなのです。

それらの理由を踏まえて考えてみると履歴書を封筒に入れるということは一般常識であり、マナーの一つとしても考えることができます。

なので、必ず履歴書は封筒に入れて持参するようにしなければいけませんので、注意をするようにしてください。

封筒は折らずにはいる角型2号を使う

履歴書は必ず封筒に入れて持参をしなければいけないということについて触れていきました。

では、ここで更に注意していただきたいのが、封筒に入れば何でもいいのかと言われると決してそうではないということです。

どういうことかと言いますと、必ず確認していただきたいのが履歴書を折らずして入れることができる封筒を選ぶ必要性があるということです。

人によっては履歴書を折った状態で封筒に入れたりする人がいますが、残念ながらそれはマナー違反として考えられています。

なぜならば、履歴書は当然ながら履歴書を確認する相手がいることが大前提ですよね。

つまり、履歴書を読んでくれる相手のことを考えた上で様々なことを注意しておかなければいけないということになります。

もしも履歴書を折ってしまった状態で相手に渡して場合、履歴書が見にくい状態になってしまいますよね。

また、大切な書類などに折り目をつけるとううことなども一般的には好ましくありません。

なので、履歴書はおらないで封筒に入れる必要性があるということになります。

では、履歴書を折らずに入れられる封筒はどのようなサイズのものを選べばよいのでしょうか。

履歴書を入れる封筒には様々なサイズがありますが、おすすめは角型2号と呼ばれるサイズの封筒であり、このサイズであれば折らずに入れられるようになっています。

履歴書のサイズは半分に折った状態でA4になるのが一般的であり、A4サイズであれば角型2号にきれいに収まるようになります。

なので、履歴書を持参する際には角型2号の封筒を用意して、持参するようにしてください。

2、クリアファイルに入れて持参する

次にご紹介する履歴書を持参するときの注意点は「クリアファイルに入れて持参する」ということです。

これはどういうことかと言いますと、人によっては封筒に入れた状態で満足してしまってそのまま履歴書を持参してしまったりする人がいます。

しかし、残念ながらその状態では完璧であるとは言えません。

なぜならば、カバンの中に封筒を入れた状態にしていると、当然ながら場合によっては封筒自体に折り目がついてしまったり、傷ついたりする可能性があるからです。

よほど慎重に持ち込むことができる自信があったり、そもそも鞄の中に入れる時間が短時間なのであれば問題ないかもしれませんが、それはかなり稀だと思います。

せっかくきれいに履歴書封筒の中に納めていたとしても、封筒自体がぐちゃぐちゃになってしまえば元も子もありません。

なので必ず履歴書を入れた封筒に関してはさらにそこからクリアファイルに入れて持参するように注意をしておかなければいけません。

めんどくさいと感じる方がいるかもしれませんが面接官などはこのような部分までしっかりとチェックを行っていることがほとんどです。

逆にあなたが面接官の立場だったとして、ぐちゃぐちゃの封筒を渡されると、どうしても相手の本気度を疑ってしまいますよね。

もしも同じくらいのレベルの人間が選考に残っていたとする場合、場合によってはその僅差の結果で判断が行われる可能性もあります。

つまり、面接の結果を左右する大切な要因になりえると考えることができますので、この点に関しても十分注意をしておかなければいけないということになります。

3、履歴書のコピーを持って行こう

次にご紹介する履歴書を持参するときの注意点は「履歴書のコピーを持って行こう」ということです。

おそらくこの点に関しては注意している人はかなり少ないと思います。

では、なぜ履歴書のコピーを持っていかなければいけないのか不思議に感じる方が多いと思います。

理由としては、履歴書のコピーを持っていくことによって面接までの空き時間などにチェックを行うことができるようになります。

場合によっては履歴書を書いて封筒に入れた後に間違っていることに気がついたりする可能性も十分考えられます。

そうなった時にしっかりとコピーを持っておくことによってそれをチェックしたりすることもできますが、コピーを持っていないとそもそもチェックをすること自体ができません。

また、自分が履歴書にどのような内容を書いたのかということを何度も確認をすることによって面接をスムーズに行うことができるようになります。

履歴書に書いた内容と自分が発言した内容が相違がある場合、どうしても面接官の印象としては良い印象は残らないはずです。

なので、必ず履歴書のコピーを持っていき、きちんと内容を確認できるような状態にしておく必要性があるということです。

しっかりと最終確認をすることによって自信をもって面接に臨めるようになります。

もしもこの確認があいまいになってしまった場合、自信を持って面接を受けることができなくなってしまう可能性もあります。

ちょっとした自信のなさが面接の場面ではすぐに相手に伝わるようになりますので、これは非常に大切な注意事項であると考えることができるので意識するようにしてください。

4、履歴書はパッと出せるところにしまっておく


次にご紹介する履歴書を持参するときの注意点は「履歴書はパッと出せるところにしまっておく」ということです。

これはどういうことかと言いますと、面接をするときに履歴書を出す時間を短縮させるために必要であるということが理由になります。

もしもあなたが面接官だったとして、履歴書を出してくださいと相手に伝えた時にもたもたしている人間とスムーズに取り出すことができる人間がいた場合、どう思うでしょうか。

面接をするということは一般常識として相手に履歴書を渡すということは容易に考えることができることですよね。

つまり、履歴書をスムーズに出せる人間ともたもたしている人間の違いとして、先のことを考えて準備をしっかりと行うことができるかどうかということが大きく異なってきます。

おそらく、もたもたするような人間は仕事においても様々な点で準備不足になってしまったり、うっかりミスが多いような人材である可能性が高くなります。

そのような印象を相手に与えてしまうと、相手からは魅力がない人間であると判断され、面接を突破することができなくなってしまう可能性があります。

そのような印象を与えることを避けるためにも、必ず履歴書はすぐに取り出すことができるような場所に配置をしておかなければいけません。

なので、カバンの中の最も取り出しやすい位置に履歴書は置いておくようにしてください。

細かいことかもしれませんが、この点はかなり重要な注意点になりますので、必ず把握して実行するようにしておきましょう。