CoCoSiA(ココシア)

「感銘を受けたもの」を就活で聞かれたとき好印象を与える回答の6個のポイント


就職活動というのは必ず面接というものをする企業が多いですよね。

筆記のみで判断をするというような職種は少ないのではないかと思います。

例えばですが、就職をしている時に面接でどの様なことが好きなのか、趣味や何に興味があるのかというような事を聞かれると思いますが、その中に「感銘を受けたものは何ですか?」というような項目で聞かれることがあります。

アンケートという形であったり、自己紹介文の中にもこの様な項目があるのを見かけたことがあるというような人は多いのではないかと思うのです。

感銘というのは簡単に言えば、忘れられないくらい感じたこと、という意味があります。

言うのであれば感動をしたという事ですね。

皆さんも経験などがあるのではないかと思います。

深く感動をして忘れられない出来事があるというような人は多いですよね。

実際に面接などで聞かれたというような人もいるかもしれません。

その時に皆さんは何と言う風に答えましたか?よく分からず他の意味で答えてしまったというような人もいるでしょう。

感銘という意味が分からなかったというような人もいるかもしれないですよね。

感銘というのは詳しく言うのであれば、心に深く刻み付けて忘れることができないという事です。

感動をしているというのはまさにこの様な状態なのではないかと思います。

感動をするというようなものは、映画であったり音楽や本、または人などもあるでしょう。

様々な場所でこの感銘というものは日々の生活の中でおこっていることなのです。

感銘を受けたものというのは人によって違いますし、理由も違うのではないかと思います。

例えば同じ本であっても、違うようなところに感銘を受けたという様なこともあるという事です。

Aさんは「この本のこの場面に響いた」というようなことに対してBさんは「この本のこの主人公に感銘をうけた」というような事になれば少し意味が違ってきますよね。

同じ本であっても感銘を受けた場所が違うという事になります。

場面なのか、人なのか、人それぞれ感じ方は違うというのが感銘の特徴なのではないかとも思います。

今回はそんな「感銘を受けたもの」を就職活動で聞かれた際にどの様に答えることで好印象を与えることができるのか、その6個のポイントについてお話をしたいと思います。

そもそも感銘という意味はどの様な意味なのか、就職活動の面接をする上で大切なことについても一緒にお話をしたいと思います。

この記事の目次

感銘とは?

そもそも感銘というのはどの様な意味があるのでしょうか?

「感銘を受ける」というような言葉は普段の日常から聞くことがないですよね。

仕事場などで聞くというような事があっても、基本的にはビジネスとしてしか聞くことができないのではないかと思います。

感銘を受けたという事はそれほど深い感情を持っているという事になるので、基本的には「感動」という事と似ていると思いますが、感銘を受けたというような事は基本的により丁寧に表した言葉と思っていてください。

では更に詳しく見てみたいと思います。

忘れられないほど深く感じること

忘れられないほど深く感じることという意味があります。

忘れられないほど深く感じるというような事は誰にでもあると思います。

この様な経験がないと感動というものが何なのかという事になってしまうからです。

忘れられないほど深く感じると言っても、嫌な思い出をよく覚えているというような人もいますが、それは感銘ではありません。

普通に嫌な思い出を思い出したというだけです。

忘れられないほど深く感じるというのは、感動をしていてずっとそれが脳内によぎっているというような状態になるという事です。

もう1度見たい映画であったり本というものは必ずありますよね。

それは好きだからという理由もあると思いますが、感動をしたからというのが最もな理由だと思います。

感動が無ければもう1度見るというような事は無いからです。

忘れられないほど深く感じることというのは、この様なことを言うのです。

心に深く刻みつけて忘れないこと

心に深く刻み付けて忘れないことというような意味もあります。

基本的には感動というようなものは、心に深く刻み付けるような出来事があるという事になるのです。

嫌なことでも、楽しいことや幸せなことというのは、心に刻み付けてしまうと忘れられない出来事になってしまいますよね。

しかし心に深く刻み付けて忘れないというのは、言うのであれば感動をして、今でもそれを思い出すだけで感情が高ぶってしまうというような事にもなるのです。

例えば相手から言われたその一言で心が大きく動いたというような事も1つの感銘になるという事になります。

映画での発言や本に書いてあった名言、それぞれ皆が感銘を受けているものの1つになるので、心に深く刻み付けて忘れないことというような意味もあるのです。

覚えておくようにしましょう。

ある物事に触れて、深く心を動かされること

ある物ごとに触れて深く心を動かされることというような意味もあります。