就職活動というのは必ず面接というものをする企業が多いですよね。

筆記のみで判断をするというような職種は少ないのではないかと思います。

例えばですが、就職をしている時に面接でどの様なことが好きなのか、趣味や何に興味があるのかというような事を聞かれると思いますが、その中に「感銘を受けたものは何ですか?」というような項目で聞かれることがあります。

アンケートという形であったり、自己紹介文の中にもこの様な項目があるのを見かけたことがあるというような人は多いのではないかと思うのです。

感銘というのは簡単に言えば、忘れられないくらい感じたこと、という意味があります。

言うのであれば感動をしたという事ですね。

皆さんも経験などがあるのではないかと思います。

深く感動をして忘れられない出来事があるというような人は多いですよね。

実際に面接などで聞かれたというような人もいるかもしれません。

その時に皆さんは何と言う風に答えましたか?よく分からず他の意味で答えてしまったというような人もいるでしょう。

感銘という意味が分からなかったというような人もいるかもしれないですよね。

感銘というのは詳しく言うのであれば、心に深く刻み付けて忘れることができないという事です。

感動をしているというのはまさにこの様な状態なのではないかと思います。

感動をするというようなものは、映画であったり音楽や本、または人などもあるでしょう。

様々な場所でこの感銘というものは日々の生活の中でおこっていることなのです。

感銘を受けたものというのは人によって違いますし、理由も違うのではないかと思います。

例えば同じ本であっても、違うようなところに感銘を受けたという様なこともあるという事です。

Aさんは「この本のこの場面に響いた」というようなことに対してBさんは「この本のこの主人公に感銘をうけた」というような事になれば少し意味が違ってきますよね。

同じ本であっても感銘を受けた場所が違うという事になります。

場面なのか、人なのか、人それぞれ感じ方は違うというのが感銘の特徴なのではないかとも思います。

今回はそんな「感銘を受けたもの」を就職活動で聞かれた際にどの様に答えることで好印象を与えることができるのか、その6個のポイントについてお話をしたいと思います。

そもそも感銘という意味はどの様な意味なのか、就職活動の面接をする上で大切なことについても一緒にお話をしたいと思います。

感銘とは?

そもそも感銘というのはどの様な意味があるのでしょうか?

「感銘を受ける」というような言葉は普段の日常から聞くことがないですよね。

仕事場などで聞くというような事があっても、基本的にはビジネスとしてしか聞くことができないのではないかと思います。

感銘を受けたという事はそれほど深い感情を持っているという事になるので、基本的には「感動」という事と似ていると思いますが、感銘を受けたというような事は基本的により丁寧に表した言葉と思っていてください。

では更に詳しく見てみたいと思います。

忘れられないほど深く感じること

忘れられないほど深く感じることという意味があります。

忘れられないほど深く感じるというような事は誰にでもあると思います。

この様な経験がないと感動というものが何なのかという事になってしまうからです。

忘れられないほど深く感じると言っても、嫌な思い出をよく覚えているというような人もいますが、それは感銘ではありません。

普通に嫌な思い出を思い出したというだけです。

忘れられないほど深く感じるというのは、感動をしていてずっとそれが脳内によぎっているというような状態になるという事です。

もう1度見たい映画であったり本というものは必ずありますよね。

それは好きだからという理由もあると思いますが、感動をしたからというのが最もな理由だと思います。

感動が無ければもう1度見るというような事は無いからです。

忘れられないほど深く感じることというのは、この様なことを言うのです。

心に深く刻みつけて忘れないこと

心に深く刻み付けて忘れないことというような意味もあります。

基本的には感動というようなものは、心に深く刻み付けるような出来事があるという事になるのです。

嫌なことでも、楽しいことや幸せなことというのは、心に刻み付けてしまうと忘れられない出来事になってしまいますよね。

しかし心に深く刻み付けて忘れないというのは、言うのであれば感動をして、今でもそれを思い出すだけで感情が高ぶってしまうというような事にもなるのです。

例えば相手から言われたその一言で心が大きく動いたというような事も1つの感銘になるという事になります。

映画での発言や本に書いてあった名言、それぞれ皆が感銘を受けているものの1つになるので、心に深く刻み付けて忘れないことというような意味もあるのです。

覚えておくようにしましょう。

ある物事に触れて、深く心を動かされること

ある物ごとに触れて深く心を動かされることというような意味もあります。

基本的には物事に触れて心を動かされるというような事は、その物ごとに対してどの様に受け止めているのかという事が重要になるからです。

ドラマなどを見ている人でも、その主人公の行動を見て泣いてしまうというような人がいますよね。

それは言うのであればその主人公に深く心を動かされてしまったという事になるのです。

ある物事というのは、物だけではなく人からの影響も強く受けてしまうのです。

深く心を動かされるような出来事や物事というのは皆さんもあるのではないでしょうか?
今でも思い出して泣いてしまうというような事もあるかもしれませんよね。

ですがそれは素晴らしいことなのです。

感銘を受けたもの、皆さんは直ぐに言えたりすることができますか?

就活の面接で大切なこと


では感銘について軽くお話をしたところで、次は就職活動についてです。

就職活動というのは大学の後半になると必ず皆がしていることの1つですよね。

就職活動というのは将来大学を卒業してから働く就職先を決める活動という事になります。

基本的には大学を卒業するまでに決まるものが多く、仮に決まらなかったというような場合はバイトをしていたところを継続的にしつつ企業を探すというような選択肢もできます。

しかし働くとなればバイトではなくちゃんとした企業に就職をしたいですよね。

誰もが思うことなのではないかと思います。

就職の面接で大切なことは第一印象などもそうですし、身だしなみや常識、マナーというものは大前提となります。

しかしながらそれだけではいけません。

就職活動を有利に進める上で大事なことは自分を表現をするという事です。

同じような人であったり似たような志望動機の人というのも必ずいますよね。

もしかすると感銘を受けたというような質問に対して同じような回答をするというような人もいるかもしれないという事です。

しかしそこで同じような意見を言ってしまうと、個性というものが無くなってしまいますよね。

自分はどの様な人でどの様な性格で、企業にどの様に貢献をしたいのかというような事が重要になります。

また話し方も気をつけるべきでしょう。

つい普段の喋り言葉で話してしまうというような事はありませんか?

口癖にもなっているようなことをつい返答する際に言ってしまうというような人も中にはいるのです。

例えば「なるほど」というような相槌をうつのは良いですがそれを頻繁にしてしまうのであればマイナスなイメージを与えてしまいかねません。

基本的には喋り方もそうですし、敬語などにも気をつけて言わないといけなくなるのです。

また面接をしている時には笑顔が大切になります。

眩しいくらいの笑顔とまではいかなくても、就職活動の面接で大切なことは、その時にいかに相手に好印象を与えるのか、自分を出し切ることができるのかという事です。

様々な注意点やコツというようなものがありますが、ではどの様なことが大切なのか、詳しく見てみたいと思います。

1.第一印象

第一印象というのは特に大事なポイントです。

例えば入室をする際に「失礼します」と言って入ると思います。

その際にノックをして入るのか入らないのかというような事もありますよね。

基本的にはノックをして入るのが普通です。

そしてその時の印象が大事になるのです。

例えばスーツなどを皆が着ていると思いますが身だしなみはどの様な状態なのか、座っている時の態度はどの様なものなのか、その時の印象というのは特に大事で、だらけてしまったりダルイと感じるような事があればその印象はずっとマイナスな状態で話を進めてしまうのではないかと思うのです。

この第一印象というのは一番最初に感じたものからなかなか抜け出せないようにもなってしまいます。

緊張をしすぎていて喋らないのであれば、緊張してしまうタイプだと思われてしまい、終始そのようになってしまうというような事があるのではないかと思うのです。

第一印象はそれほど大事なものであり、相手にイメージをつけさせてしまうようになるので、注意をするようにしましょう。

大事なのは堂々とした態度です。

緊張をすることがあるかもしれません。

しかしそれでも自分をしっかりと相手に魅せつけるかのような事をしなくてはいけないのです。

すべてが決まるとは言っても過言ではない

この第一印象で全てが決まるといっても過言ではありません。

言うのであればこの第一印象で決めてしまうというような企業も中にはあるという事です。

緊張してしまうタイプなのか、嘘を言っているような人なのか、また堂々としていてハキハキとしているのか、この第一印象というのは入社が決まってからもずっと残るようなものなのです。

なので入社などをした後にずっと働いている人がよく「最初はずっと緊張していて何も喋れなかったのに何時の間にか話し好きな人になった」という事や「暗いイメージだったのにどんどん明るくなった」というような話をよく聞いたりしませんか?

それは入社をしてからその生活がよりよい方向に行ったという事になるのです。

ですがそれは入社をした後の話であり、入社をする前というのはこの第一印象を特に第一として見ることが多いのでしっかりとした態度で臨むようにしましょう。

常識的な身だしなみ


常識的な身だしなみというのは大前提のことです。

例えばネクタイが曲がっている、スカートが乱れているというような事は基本的に身だしなみが整っていないというような事になってしまいます。

入社をしたいという気持ちがあっても、身だしなみがしっかりとしていない人がいるという事で落ちてしまったというような人もいるのではないでしょうか?

身だしなみというのはそれほど重要なことであり、常識的な身だしなみをする事で有利に運ぶこともできるようになるのです。

2.等身大の自分を表現する

等身大の自分を表現をするという事はとても大事なことになります。

例えば自分の言葉で言うというような事は簡単なようで難しいです。

タメ口というような形ではいかず、ちゃんとした言葉で言わなくてはいけません。

例としてあげるのであれば、等身大の自分というのは、素の状態の自分という事です。

とある入社の面接で「最も大事なものは?」と聞かれた際に「彼女or彼氏」と答えた人がいて、その人というのは具体的な例をあげて今の自分が変われたというような事を話していたとします。

これはありのままの自分であるというような事を相手に伝えるには十分な表現ですよね。

今の自分が何故ここにいるのか、何故この様なことになれたのかというのはその「彼女or彼氏がいたから」というのが最大の理由になります。

それを自分なりの言葉で言うというのはとても素晴らしいことです。

等身大の自分を表現をするというのは様々な方法があると思いますが、この様な表現も1つの方法になるのです。

では更に詳しく見てみたいと思います。

皆さんはどの様な表現で自分を表していますか?

自分の言葉で

自分の言葉で喋るというような事は簡単なようで難しいです。

例えば自分の言葉で喋るというのは敬語などに気をつけつつも、自分はこの様な人だという事を言葉で言わなくてはいけません。

よく自己PRなどを時間を設けていますが、その短い時間内で言うというのは実は難しいことなのです。

何故なら喋る時間があればあるほど、自分というものがどんどん相手に伝わることができるからです。

しかしながら自己PRなどの時間を設けているという事は、少ない時間でいかに自分を表現できるのかという事を試されているという事になるのです。

自分の言葉で表すというのは無限の時間があれば誰でも出し切ることができるのではないかと思います。

しかしながら時間があるという事は、それほど他の人には無いようなアピールをしなくてはいけないという事です。

例えば「周りに気を配ることができる」というようなアピールをしても他の人でもできるような事ですよね。

その様なものではなく、もっと自分らしいものを自分の言葉で言えるようにならないといけないのです。

例えば「自分はこの様な性格だけれどもこれだけは人に譲れない理由がある!」というような表現というのはとても自分らしい言葉で言えていますよね。

意気込みすぎないで

しかしここで注意をすることがあります。

それは意気込みすぎないという事です。

意気込んでしまうとどうしても力強い発言になってしまったり、少し力んでしまい熱くなるというような事にもなってしまいます。

相手に熱意を伝えるのは良いですが、何よりも大事なのは自分自身はどの様な人なのか、という事です。

意気込みすぎないような回答方法で、相手に伝えることが何よりも大切になるでしょう。

3.話し方

面接でよく注目されるものの1つとしては話し方というものがあります。

話すスピードという事ですが、これはどれくらいのスピードが良いと思いますか?

皆さんが普段相手からの話を聞く際にどれくらいのスピードで聞いた方が分かりやすいのか、という事に繋がります。

言うのであれば速すぎてもダメですし、遅すぎてもダメですよね。

普通のスピードというのが一番話し方としては向いているのではないかと思います。

普通のスピードで話すというのは普段がどれくらいのスピードで話をしているのかで、調整が難しくなるのではないかと思います。

話し方というのは人によっては早く喋ったり遅く喋るというような事になりますよね。

どの様な人に話すのかという事もこの話スピードは大きく変わっていきます。

ハキハキと

まず大事なことはハキハキと喋ることです。

面接をする際には自分自身を出すというような話をしましたが、普段の喋り声で喋れば良いという訳ではありません。

ハキハキと喋ることができるというような人は、とてもしっかりとした人だと思わせることができます。

仕事の時というのは何かを相手に伝えるというような事が必須になりますよね。

最近ではコミュニケーションを重視するような企業も多く、ハキハキと喋るような人であったり、聴きやすいのかどうかというようなところも重視されることが多いのではないかと思います。

明るく

また明るく話すというような事が何よりも大事になるでしょう。

明るく喋るというような事は基本的に暗く喋るというような事よりも重視されます。

普段が暗いというような人は、明るくしてみてはいかがでしょうか?

明るく喋るというような事は、相手に対してよい印象を与えてくれるものになります。

喋る際に普段の喋り方で話すというような事では、企業相手にも暗い人だと思われてしまいますよね。

その様に話すのではなく、明るくというのをモットーにハキハキと話してみてはいかがでしょうか?そうする事で相手も明るい人だと思わせることができ、どんどんと質問されたりする可能性も高くなるのです。

4.笑顔

明るく話すというような事と少し似ていますが、笑顔というのも大事になります。

暗いイメージと明るいイメージであれば明るいイメージの方がより好印象をもたれることが多いですよね。

常に笑っているというような事ではなく、ワクワクするような形を取れば良いのではないかと思います。

笑顔というのは難しいというような人もいるかもしれませんが、笑顔を出すというような事はとても大事な事になるのです。

人というのは笑顔を出すことでプラスのオーラをどんどん出していけるようにもなります。

笑顔無しでは仕事なども厳しくなってしまうという事です。

就職活動も同じで、常に暗いイメージを持ってしまうと、全然決まらなくなってしまうので、笑顔というのは適度に出していくことをオススメします。

緊張の中にも笑みを心がけて

緊張の中にも笑みを心がけることが大事です。

その緊張を楽しむことができれば何より良いのではないかと思います。

緊張の中にも笑みというのは基本的にスリルを楽しんでいるというような感覚と似ているのではないかと思います。

緊張をしているからこそ、人というのは自分を出す時なのです。

どんな事でも緊張はすると思いますが、何を質問されても笑顔で答えれることができれば、相手からも好印象を持たれることができるのではないでしょうか?

5.言葉遣い

言葉遣いというのもあるでしょう。

言葉遣いというのは基本的に喋り言葉にはならないようにするという事です。

更に言うのであれば言葉遣いというのはとても大事なポイントになります。

言うのであれば適切な言葉を相手に伝えることができるのか、適切な使い方をしているのかという事が分かるからでもあるのです。

丁寧語や謙譲語というようなことを学んだと思いますが、言葉遣いを重視するというような企業もあるので十分に注意をするようにしましょう。

特に営業などでは必ず人と喋ることを仕事にしています。

その際にいかに言葉を巧みに使いこなせるかというような事が重要になるのです。

丁寧に

丁寧にハキハキと話すというような事が大事になります。

面接の際には丁寧語で喋ることを意識すると良いでしょう。

またどんな時でも「です」「ます」というような事をつけるようにしましょう。

「思う」ということではなく「思います」というような表現をしなければ、就職活動でも有利に進めることができなくなってしまいます。

就活での「感銘を受けたもの」に対する好印象な回答の6個のポイント

ではここで本題に入りたいと思います。

感銘を受けたものというのは様々なことで感銘を受けることが多いですよね。

例えばですが感銘を受けたものに対する好印象な回答というのはどの様なものがあると思いますか?その1つは本であったり、音楽というようなものもあるでしょう。

言葉というのも感銘を受けた1つになります。

それをどの様にして相手に伝えることができるのか、というのが重要になるのです。

1.ただ話すだけは禁物

ただ話すだけでは禁物になってしまいます。

これは前提としてすべての質問に当てはまると前置きをした上での話しです。

例えばですが有名な映画を見て「この映画を見て感動をした」というような事だけはいけないです。

何よりも大事なのは「感銘を受けた」だけではなくそこから何を考えたのか、何を得たのかというような事が最も大事になります。

例えば感動をするものというのは人に影響を与えるものばかりです。

それが名言や格言といったことにも繋がりますが、その言葉が人をどの様に変えたのかというような事も大事になります。

なのでただ話すだけというような事はいけないのです。

ではどの様にして話せば良いと思いますか?

そこから自分が何を得たのか

まずそこから自分が何を得たのか?というような事が重要になります。

ただ感銘を受けたではなく、そこから何を得たのか、学んだのかというようなところが重要になるのです。

例えばですがマンガで感銘を受けたというような事であれば、そのマンガのどの様なところに感銘を受けたのかというような事が重要になるという事ですよね。

仲間と支えあうところに感銘を受けたのであれば、そこから更にどの様に自分は学んだのかという事を話すという事になります。

言うのであれば「仲間と一緒に成長をしていくことが重要だという事を学んだ」というような表現であれば大丈夫だという事です。

仕事において、どのように活かしていけるのかに繋げる

更にそこから仕事に置き換えるとすればどの様に活かせるのかという事が重要になりますよね。

何をどの様にして活かすのか、先ほどの例であれば「仲間と連携を取りつつもプロジェクトを成功したい、その為にはまず話すというような事が…」というような事を言えるようになればなお評価が上がるのではないかと思います。

仕事などにもそうですが、ただ感銘を受けたではなく、そこから何を学んだのかというような事が重要になるのです。

皆さんも言う時というのはくるとは思いますが、その時に直ぐに言えるようにしてみてはいかがでしょうか?

2.本

本から感銘を受けるというような事は多くあると思います。

特に本というのは昔の偉人が書いたものも残り、歴史などでも様々なことが伝わりますよね。

どんな本でも良いですが、大事なのは本の概要を述べた上で話すというような事がもっとも大事になります。

言うのであればその本のどの様なところに感銘をうけたのか、軽いストーリーとその本筋の部分を語るというような事はとても重要であり、相手にも興味を持たせることができますよね。

また本を読むというのは比較的に高評価を得られるポイントにもなります。

最近の人達というのは本を読まないことが多く、小説などを読むというような事もポイントになるのではないかと思います。

活字を読むというのはパソコンなどでも変わらないですが、大事なのはどの様な本を読んでいるかという事です。

本の概要を述べた上で

本の概要を述べた上で話すというような事がもっとも大事になります。

本の概要というのはいわゆるどの様な内容なのかを簡単に説明をするという事です。

例えばですが、ネタ晴らしをするのではなく、簡易に説明をしなくてはいけないのです。

3.音楽

音楽というものも感銘を受けた際に評価に繋がるポイントの1つです。

音楽というのは様々な曲がありますが、その中でどの様なアーティストのどの様な歌詞に感銘を受けたのかというような事を伝えなくてはいけないのです。

言うのであれば、どの曲が好きなのかというのは人それぞれですが、感動をした曲というのは様々ですよね。

音楽というのは人の心を癒してくれるものであり、リフレッシュをすることもできます。

なので様々な表現をするようなアーティストは数多く、感銘を受けるものの代表的なものと言えるのではないでしょうか?

アーティストの表現なのか歌詞なのか述べた上で

アーティストの表現なのか、歌詞なのかを述べた上で感銘を受けたというような事を言わなくてはいけません。

感動をすると言っても音楽の場合は2つのポイントがあります。

その1つはアーティストの表現です。

アーティストの表現というのは簡単に言えばライブなどを見ているような感覚です。

そしてもう1つが歌詞です。

歌詞の意味を理解したら感動をしたというような事もあるでしょう。

このどちらかが感銘を受ける大きな理由になると思います。

皆さんがその音楽に感銘を受けたのであれば、表現なのか歌詞なのかというような事を考えると良いでしょう。

4.映画

映画も感銘を受ける理由の1つになりますよね。

映画というのも作品が様々ありますが、その作品のどのストーリーなのか、そしてどの様なところに感銘を受けたのかかを説明する必要があります。

映画というのは山のようにあり、音楽と似ていますがその中でも自分が感銘を受けたというものは少ないですよね。

その映画を言うのであれば、大事なことはストーリーなのか演出なのかを言わなくてはいけないという事になるのです。

ストーリーなのか演出なのかを述べた上で

ストーリーというのは簡単に言えば物語ですよね。

この様な展開になるというような事に感銘を受けた人もいるでしょう。

しかしながら中にはアクションものの映画というようなものもあります。

演出がとても迫力がありこの様なスタントができるのか!と感動するような人もいますよね。

そのどちらなのかを明確にする必要があるのです。

5.言葉

言葉に感銘を受けたというような人もいるのではないかと思います。

言葉というのは簡単に言えば人を動かすことのできるようなものです。

例えば有名な人の言葉に感動をしたという人は多くいると思います。

その言葉というのは人それぞれであり、感じ方も違うでしょう。

ですが言葉というのは人の励みになるようなものばかりで、勇気付けられたりするような事も多いですよね。

誰のどういったものかを述べた上で

誰のどういったものかを述べる必要があるという事になります。

言うのであればどの様な言葉に感銘を受けたのか、その理由というものが必要になるのです。

仮に自分の兄弟が言ったのであれば兄弟ですし、親が言ったのであれば親です。

その理由を述べた上で話すとより高評価に繋がるのではないかと思います。

6.四文字熟語

四文字熟語というような事もあるでしょう。

例えばですが様々な言葉があるなかで四文字熟語に感銘を受けるというような人は少ないです。

しかしながらその意味に感動を受けるというような人も中にはいるのです。

意味を述べた上で

その四文字熟語の中では意味が分からないというような事もありますよね。

しかし意味が分かると思いしろいものもあります。

その様なことを説明しながら何故感銘を受けたのかを言うことが大事になるでしょう。

良いアピールに繋げて(まとめ)

いかがでしたか?

感銘を受けたものについて聞かれた際には、大事なことは何をどの様に感銘を受けたのか、そしてそこから何を学んで仕事に活かすことができるのかという事が大事になります。