もう20代も後半戦。

あと数年、数ヶ月もすれば30代の仲間入り…というターニングポイントに差し掛かった時、ふと自分の状況や世間の目が気になることがありますよね。

特に、20代から30代に変化する時期は人生の中でもは大きな節目です。

「まだ20代だから」と、思えていたことも30代になると受け止め方が変化します。

どことなく漠然とした焦りを感じている人、周りの変化についていけず、置いていかれた気分で、やるせなさを感じている人もいるのではないでしょうか。

20代後半になったらそろそろ考えたい6個のこと

20代後半になって、考え方が変化したと感じたことはありませんか?思考だけでなく、体調やライフスタイルにも変化は起こりますね。

しかし特に、思考回路の変化は、その人の価値観や生き方を左右する部分です。

以前までは気にならなかったことが急に気になりだしたり、急に目を逸らしていた問題と向き合おうという気になったり…。

なにか変化を感じている人は、改めて自分自身と向き合わなくてはならないタイミングが来たのだと受け止めましょう。

今の仕事をこの先ずっと続けて行くべきか


20代後半になると、新卒で入社した人も仕事が板についてきて、キャリアを考える時期になります。

石の上にも三年、という言葉があるように、どんな仕事もまずは3年間やってみるべきだ…と、いうような言葉をよく耳にしますが、確かに仕事の向き不向き、すなわち適性と言うのは、実際にある程度のあいだ働いてみないと分からない部分です。

会社の経営方針や働き方と自身のライフスタイルのマッチング、業務内容と性格との相性、将来の志向に対する方向性など、仕事選びは一筋縄ではいきません。

25歳をすぎると、何もわからなかった新人時代を抜け出し、会社や仕事を深く理解します。

すると、いま働いている環境が、本当に自分にとって適切なのか、他にもっと幸せな仕事があるのではないか、といった部分が気になってくるものです。

1度社会で働いてみることで、改めて自分のやりたいことや、向いている仕事に気づくことがあります。

将来性はもちろん、理想の暮らしや夢を実現させるためにも、どんな仕事を選ぶかは、とても重大な課題です。

転職をするなら早い方が良い

最近では、入社から2~3年程度を目安に、転職を検討する人が多いので、20代後半となると、高卒や短大・専門卒で入社した人の中には、すでに2社目に勤めているという人も多数。

今現在、転職をしようか悩んでいる人は、即行動に起こすことをオススメします。

転職のタイミングは、それぞれの都合で最適な時期が異なりますが、早いに越したことはありません。

自分とアンマッチの環境で辛い日々を過ごすよりも、思い切って環境を一新して働く方が心身ともに充実した日々を送れます。

時折、転職をマイナスに捉えてる人もいますが、きちんと明確な目標と理由を持って下した判断なのであれば、それはとてもプラスなことです。

それに、転職するなら20代のうちにするべきです。

30代になってからの転職は、年齢的にも“新人”で通用する枠を超えてしまうため、より高度な経験やキャリアを求められます。

20代のうちならば、将来性や伸び代に期待して、ポテンシャル重視の採用をしている企業が多いので、未経験の職種や業種に挑戦することも難しくないでしょう。

転職の際は、1社目で培った経験から、自分が本当にやりたいこと、人生において重視したい点などをジックリ考えてみてください。

仕事はもちろん、プライベートのことなど、あらゆる角度から自身のライフスタイルを見つめ直し、最も納得感と満足感のある働き方を探してみましょう。

求める働き方が鮮明になり、将来のプランが明確であれば、選ぶべき仕事も志望動機もハッキリするはずです。

交際相手がいるなら、このまま結婚すべきか

昔に比べて、男女共に働く世の中になり、晩婚化が進んでいるこの頃。

20代の男女に何歳ごろまでに結婚をしたいか」という質問をすると、女性は29歳、男性は30歳という年齢が平均です。

29~30歳頃に結婚したいということは、まずはそれ以前に交際相手を探さなくてはいけません。

理想の婚期を叶えるため、20代後半になると結婚に対して敏感になります。

特に、交際相手がいる場合は、その人との結婚を視野に入れてお付き合いをすることになります。

20代後半になってからの恋愛は、単に一緒にいて楽しいから、容姿が好みだから、という単純な理由で相手を選ぶことは減るでしょう。

先々のことを考えて、相手の将来性や収入など、堅実な部分を重視する人が多くなるはず。

いま交際している相手との結婚を考えた時、どこかシックリこない、不安を感じる…という人もいるでしょう。

付き合っていても、相手との間に明るい将来が思い浮かべられない場合、1度リセットして、新しい道を選んだ方がいいのではないかと悩むはず。

楽しさを優先していた若い頃の恋愛と、結婚を見据えた大人の恋愛では、全く理由が違います。

自分だけでなく相手の人生のことも考える

自分が交際相手と結婚したい!…と思っていても、相手側はどうでしょう。

恋人としての交際と結婚とは大きく違うものなので、付き合っている相手と認識の相違があると、深く傷つくことになります。

20代からの恋愛は、結婚や恋愛観について意思を疎通をキチンとしておくことが重要。

何歳頃までに結婚したい、まだ仕事を優先させたい、など各自の希望が一致するとは限りません。

子供が欲しいか否か


結婚に対する考え方が一致したり、互いに理解し合える相手と出会い、生涯を共にする相手だと確信したならば、さらにその先のことまで考える必要があります。

最も重要になる論点は、子供が欲しいと思っているかどうかです。

子供を授かり、養っていくことは、当たり前のようで、とても大変なことです。

子供が中心の生活になり、夫婦の時間はガラリと変わるでしょう。

養育費も決して安いものではありません。

子供ができたら仕事はどうするのか、収入は足りるのか…など、どのように子育てに向き合っていくのか、共に考える必要があります。

どこに住むのか

結婚をするということは、同棲とはわけが違います。

2人だけの時はまだ身軽ですが、子供が授かってからは、生活スペースが大きく変化しますし、簡単に引越しすることもできなくなります。

生まれてくる子供にとっては、育った場所が故郷となります。

学校に通い、成長していくための場所になりますから、あなたが選択する土地が家族にとって生きていくための場所になります。

結婚し、共に住むにあたり、互いの仕事場との距離や利便性といった都合もちろんのことながら、更に長い目で環境面を考える必要があるのです。

親と同居し続けるのか

結婚した時に、まず差し当って考えるのは、それぞれの親との関係性。

長男がお嫁さんを娶る場合、また、長男の男性に嫁ぐ場合は特に大切なポイントになります。

親元や地元を離れている場合は良いのですが、同居していたり、家業を継ぐケースもあるでしょう。

婚後、親と同居するのか、しないのか。

将来的には実家を受け継ぎ、相続するのかなど。

考えなければならない問題は多々あります。

それによって、結婚する前タイミングで、住む環境を整え直さなくてはいけなくなります。

賃貸住宅に住み続けるのか

以前までは、一軒家を建て、マイホームを持つことがステータスという時代でしたが、最近は違います。

ライフスタイルが多様化していることから、賃貸住宅の価値も高まり、生涯賃貸で暮らす人も少なくありません。

住む土地はもちろん、生活拠点となる家のことも、婚後に外せない課題です。

家を新築するのか

賃貸が主流化したからと言って、新築の家を建てることを夢見ている人が減ったわけではありません。

我が家を持ち、家族との時間を刻み、代々引き継いでいくような、昔ながらのあたたかみある生活を叶えたいと思う人は沢山います。

結婚する時には、家を建てたいか、賃貸が良いかと言ったところも、よくよく話し合わなければなりません。

どんな家庭を築きたいか、将来どんな老後を過ごすか、どんな部分に重点を置いた暮らしをするかどうかは、それぞれの価値観で大きく異なります。

理想的なプランと、現実的な金銭問題など、あらゆる部分を加味しながら何度も話し合いを重ね、自分たちらしい生活を築いていくのです。

貯金のこと

2017年に行われた総務省の調査による日本国民の平均貯蓄額は、1820万円。

予想以上の額に驚く人も多いでしょう。

しかし、これは全ての年代の国民を総じた場合の金額です。

1000万を超える金額にあまりピンと来ない人も安心してください。

この額は主に60代以上の人たちの貯蓄額が全体の平均を押し上げています。

実際、20代の平均貯蓄額は184万円。

この金額を見て、「同じくらいだ」という人もいれば、「そんなに無い」という人もいるでしょう。

それもそのはず。

20代のうち、貯金している人は全体の5割弱、残りの4割は全く貯金をしていない!…ということです。

自分の収入や貯金を確認しては、「周りの人はどのくらい貯めてるんだろう」と不安になったりすることもあるのではないでしょうか。

もしもなにかあったら…と思うと、心配になりますよね。

しかし、実際のところ、新卒のうちは、給与の基本支給額が高くないため、生活とちょっとの娯楽で給与は底をついてしまいますよね。

貯金をするだけの余裕が無いのが本音です。

それに、貯金をしなければ、という焦りもあまりないでしょう。

どちらかと言うと、飲みに行ったり、買い物をしたりするなど、遊びたい盛りの時期だと思います。

学生時代が終わり、独り立ちしたことで自由度が増し、楽しさも増えることから、貯金どころでは無いという人が多いんです。

20代前半は自分の成長のために使うべき

20代前半のうちは、たくさんの経験をすることが大切です。

自分のために、好きなようにお金を使うことも、ひとつの経験です。

後からちょっと後悔するような散財も、失敗してしまった経験も、いずれは教訓となり、後の自分のために役立ちます。

やらないよりも、やった後悔をした方が、数年後に振り返った時に良い思い出となっているでしょう。

20代後半からはしっかり貯金を始めよう

20代の後半になると、結婚や出産といったライブイベントについて考えることが多くなるため、貯金をスタートする人も増えてきます。

ゆくゆくの将来に備えて、貯金をはじめておいて損はありません。

結婚はもちろんですが、もし何かあって働けなくなってしまったら…身内に何かがあったら…など、さまざまなケースを想定して備えておくことは大切です。

毎月数万円ずつ貯金できたらベストですが、なかなか難しい人は、500円貯金からはじめてみるのもいいですね。

見える形で貯めていくと、増えていくのが楽しくなりますよ。

しっかり目標や期間を考えて貯めることが大事

本気で貯金をしたい人は、貯金する金額を具体的に目標立てしたり、一定期間でのノルマを作ると良いでしょう。

ただ貯めるだけでなく、目標を決めた後に、なにか御褒美を作ると継続しやすくなります。

例えば、目標を達成したらそのうちの幾らかで好きなものを買う、など、貯めることへのプラスアルファになるメリットを考えるといいですね。

親孝行について

自らが働くようになると、人を1人育てることがどれほど大変なことなのか。

両親がどれだけ頑張って自分を養っていたのか、お金の大切さやありがたさが身に染みるようになります。

家を持つこと、食べることが、どれだけ大変かを知るうちに、親の偉大さや尊さに気付くはず。

若いうちは気付かずに反発したり、親不孝をしてしまった経験がある人もいるでしょう。

そんな人ほど、「恩返しをしたい」という気持ちが大きくなるものです。

【親孝行をすべき理由は、こちらの記事もチェック!】

これまでの感謝を込めて行動に移そう

働くことの苦労を知り、1人前の大人になったからこそ、生み育ててもらったことへの感謝を素直に認められるようになります。

その感謝の気持ちを、どのようにして表現するかは、人それぞれです。

なかなか気恥ずかしくて言葉や態度にするにことが難しい場合もありますよね。

しかし、思っているだけでは伝わりません。

大人同士、腹を割って話すことが出来るようになって、改めて親子の絆を築いていくことは、とても素敵なこと。

母の日や父の日、誕生日など、気持ちを伝えるキッカケは沢山あります。

口に出すのが恥ずかしい方は、思い切って手紙を書いてみるのはいかがでしょうか。

「これまで育ててくれてありがとう、これからもよろしくお願いします。」「両親の元に生まれてよかった。」言葉にしてみると、より一層家族の大切さを痛感しますよ。

ご両親も、とても喜ぶことでしょう。

少し大きなプレゼントを

大人になったら、少し大きなプレゼントをしてみましょう。

子供の頃は、似顔絵を描いてあげたり、肩たたき券やお手伝い券なんていうような、ハンドメイドなプレゼントをあげていましたよね。

大人になり、収入も安定してくる20代後半になったら、少し奮発して、長く使えそうな湯呑みやお茶碗、家電など、形に残るプレゼントをするのがオススメです。

少しいいお店に食事に連れていくのもいいですね。

小さな頃には出来ないことだからこそ、ご両親もあなたの成長を実感するはず。

親にお金を使ってもらうことはあっても、なかなか使う機会というのはありません。

大人になって家を離れている人は特に、親とゆっくり時間を過ごすことも滅多になくなります。

年に数回の感謝の機会やお盆や正月には、きちんと会いに行き、思い出を作っておくようにしたいですね。

思い出に残る旅行へ一緒に出かけてみよう

小さい頃に、家族に連れられて一家総出の旅行に行ったことはあっても、高校を出て、社会人にもなると、なかなか家族旅行にも行かなくなります。

家族と過ごす時間が減るにつれて、思い出と呼べるような経験も、減少していくものです

それに、自分が20代後半に差し掛かったということは、それだけ両親も歳を重ねているということ。

人は必ず年老いて、少しずつ体も衰えていってしまいます。

だからこそ、思い出づくりは、両親が元気なうちに沢山しておかなくてはいけません。

何年も親と疎遠で、ふと気付いてみたら親も自分もいい歳になっていた…なんてことも、よくある話です。

互いに元気なうちに、年に一度でもいいので、一緒に旅行することを恒例化して、思い出に写真を撮っておいたりすると、いい親孝行になります。

20代後半は、人生で大きな転機が続きやすい時期

20代後半になると、人生の転機と言えるような大きな出来事が重なることがあります。

それは転職だったり、結婚だったり、はたまた仕事で大役に大抜擢されたり、管理職に就任するなんてこともあるでしょう。

…それぞれ待ち受けるものは違いますが、ひとつの選択肢次第で、その後の人生が激動する可能性もあるのです。

そんな20代の後半戦を、あなたはどのように過ごしますか?

20代後半は完全に大人としての落ち着きが生まれるべき時期

20代の後半と言えば、高校卒の人も大学卒の人も、独り立ちしてから3年以上の月日が流れたことになります。

社会人になり、社会の荒波に揉まれ、いいことも辛いことも、さまざまな経験を積んだことでしょう。

仕事でもプライベートでも、自分らしいライフスタイルがどんなものか、理解してきたはず。

人としての礼儀や世の摂理など、若い頃はイマイチ理解しきれていなかったことを知ることで、自分の成長を感じながらも、足りない部分や未熟さを思い知ります。

がむしゃらに走り抜けてきた20代前半を終え、1度自分の現状を見つめ直したりしながら、これから先の人生をどうしていきたいのか、どうしていくべきなのかを考えなおす時期でもあるのです。

大人になりきれていない20代後半も増えている

20代前半の過ごし方は、20代後半になってから明らかな差になって現れます。

その差は、仕事の能力だったり、観察力や判断力といった総合的な人間力だったり、さまざまです。

若い頃の苦労は買ってでもするべきだ、なんて言う言葉もありますが、確かにそれはその通り。

経験してきたことの全てが、その人を構成する要素となって積み重なっていきます。

20代前半の間に、怠け、甘え、適当に過ごしている人と、必死に学び、努力した人との間には、歴然とした差が生まれるでしょう。

仮に同じ状況に置かれた人間でも、その人がどんな意識で物事に取り組むかどうかが肝心です。

人を知り、世間を知り、自分を知る。

そうして人は、賢い生き方を学び、最適な選択ができるようになります。

成長する人としない人の大きな違いは、自ら積極的にあらゆることを“知ろうとする努力”や“学ぼうとする意思”があるかどうかです。

何も知らずに大人になってしまうと、世間を知らない子供のように幼稚で自己中心的な考え方しかできず、同年代はもちろんですが、いずれ年下にも追い抜かれていきます。

年齢的には立派な大人であるにも関わらず、大人になりきれないというのは、とても恥ずかしいことです。

大人になりきれていない20代後半の特徴

実際に、20代後半になってからも、大人になりきれていない人は多いもの。

「まだ20代だから」という甘い考えで、自分自身の立場や、周りとの温度差を感じていない、または見ないようにしているのです。

20代後半と言えば、20歳で成人してから5年以上の月日が経ち、世間的には立派に大人の仲間入りをしているはず。

大人になりたてだった20代前半では許されたことも、5年以上経った後半では、受け入れられなくなります。

親や周りの人に守られ、子供として扱われるのではなく、それぞれが大人としての自覚と責任感を持って行動することが求められています。

大人になりきれない人は、もちろんそのままでいいはずがありません。

きちんと独り立ちして、生きていく力を備えなければ、ゆくゆく苦労するのは自分自身なのですから。

ぜひこの機会に、考え方を正しましょう。

ずっと実家にパラサイトしている

20代後半になって、実家に住み続けていると「まだ家にいる」という印象を持たれます。

これは決していいものではありません。

事実かそうじゃないか、ではなく、世間の目は「独り立ちしていない」「親のスネかじり」といったイメージを持つのです。

実際に、働いておらず一人暮らしをする資金がない、収入が安定しておらず一人暮らしの生活ができないという理由から実家を出れない人もいるのです。

20代前半で、まだ駆け出しの新社会人であれば、収入にもバラツキがあり、貯金も少ないという点から実家暮らしでも納得がいきます。

しかし、20代後半は、社会人としてのキャリアも築かれ、ステップアップを狙っていく時期。

ろくに仕事をせず、家で両親に頼っているようでは、大人として1人前とは言えません。

家事ができない

実家に住み、家事を全て他人任せにしている人は、1人の人間として、必要最低限の生活スキルが備わっていません。

掃除、炊事、洗濯…どれも生活するうえで必ず必要になるスキルなので、ほとんどの人が得意とまでは言わずとも、一般的にこなせるものです。

しかし、普段何もしていない人は、お米を炊く、洗濯機をまわす、というごく簡単なことさえも、自らの手で行なうことができません。

料理など、興味の有無によって、こだわりや時間のかけ方が異なる部分はありますが、必要にかられた時、自分で1通りできるようになっていなければ問題です。

親に頼りきっている人は、自分よりも親は高齢でいずれは先に居なくなるということを念頭に置いて、自分のことは、自分自身でやるという基本中の基本を全うする必要があるでしょう。

社会人生活が予想と違い辟易している

社会人として働いてみると、思い描いていた理想のワークライフと異なることもあるでしょう。

上司や同僚といった仕事仲間との関係や仕事内容、勤務時間など、さまざまな要因を総合して、自らの仕事を評価した時に、「楽しい」「満足」と思えるかどうかは、自分の人生において、とても重要なポイントです。

自分の社会人生活に納得しているか、充実しているかによって、自分自身の評価や価値にも変化が生まれます。

「自分なんて…」と悲観したり、毎日辟易としているようでは、日々に張り合いも生まれないでしょう。

仕事にせよ私生活にせよ、どのような過ごし方をするのかは、全て自分の選択次第。

描いていた予想と違う毎日を送っているのであれば、それは周りのせいだけでなく、自分自身の選択や決断が招いた結果だという事実と真摯に向き合い、打破する努力をするべきでしょう。

20代後半にもなって、ただ自分の境遇に嘆いて逃げているというのは、非常にかっこわるいこと。

現状を打破したいのであれば、自分の将来をよく考えて、先々を考えた賢明な判断をするべきです。

周囲の友人と自分を比べて落ち込み続けている

20代後半になると、学生の頃や、20代前半の頃に比べて、仕事のキャリアやプライベートのライフスタイルに個人差が開きやすくなります。

20代後半は、人生の分岐点と言われる30代を目の前に、感傷的になって、落ち込むことが多くなる時期でもあります。

自分と周りの友人を並べて比較した時に、生活の質や考え方の違いなど、他人とのギャップを感じてしまうこともしばしば。

なぜ、周囲とのギャップを感じるのか。

…その理由は、大人になったから、なんです。

若い頃は、友人同士のコミュニティが狭く、関係性がとても密接で距離感が近いため、同年代の人とは同じ温度感で話題や感情を共有していましたよね。

しかし、大人になるとそうといきません。

10代後半~20代前半では、義務教育を経てほぼ同じタイミングで学生時代を卒業し、一斉に社会に出ていきます。

この頃までは、同世代の友人達とそこまで大きなギャップはないでしょう。

しかし、社会人になり、どんな仕事をしたか、どんなプライベートを過ごすかは、それぞれの置かれた環境によって大きく異なります。

学生時代には、ほとんど同じ足並みで進んでいたはずの人たちも、進路を選び、企業に勤めるなど、各自が全く違う道を歩みはじめます。

積み上げた経験や学歴、キャリアによって、身を置く環境や、収入にも差が生まれるでしょう。

仕事関係だけでなく、プライベートも同様。

20代後半ともなれば、結婚して子供を授かり、順風満帆な家庭を築いている人もいます。

中には、仕事で成功して、独立をしようなんて人も。

結婚も仕事も何もかも、全ては自分自身で選ぶ道で決まります。

抱いている将来ビジョンの理想形も、個人でそれぞれ違うものです。

しかし、“隣の芝生は青い”なんてよく言ったもので、自分以外の人の人生は、何だかとても素敵に見えてきます。

決して、他人の人生が完璧なモデルケースということはありませんが、なんとなく、自分より1歩も2歩も先を行く“成功者”に見えたり、“幸せ者”に思えてしまうことはありませんか?そうなると、途端に自分の人生が、ひどく不幸せで惨めな日々に思えてしまうのです。

考える時に注意すべきこととは?

20代後半となると、考えることが多くなり、仕事について、人生についてなど、真面目に悩む時間が多くなるでしょう。

しかしそんな時も、あまり根を詰め過ぎてはいけません。

考えごとをする時は以下のことに注意してください。

*周りの友人と自分を比べすぎない
*人は人、自分は自分の人生を生きるべき
*焦って決めないことも大事
*雑誌や先輩の意見を参考にしてみる
*ものごとの結論は一つではない
*人の意見より自分の納得する道を選ぶ

正しい答えや一般論ばかりに惑わされず、自分自身が「これだ!」と思える答えを見つけて、堂々と、後悔のない選択をすることが大切です。

20代後半は人生で大切な時期!しっかり考えよう

20代後半になり、一人前の大人として、社会人として、自分の人生と向き合った時に、あなたはこれまでの自分が過ごしてきた日々をどう振り返るでしょうか。

「よくやってきた」と思うか「全然だめだった」と思うかは、それぞれだと思います。

既に過ぎ去った過去は、どうしたって変えることはできませんが、これまで歩んできた日々を、これからの人生にどう生かしていくかによって、30代を迎えるあなたは大きく変わっていくでしょう。

「このままでいい」と思う人は、その考えが妥協から来るものなのか、満足感から来るものなのかをよく考えてみてください。

「このままじゃいけない」と思う人は、どうしてそう思うのかキチンと自分自身に問いかけ、今後どうなっていきたいか、できる限り明確なビジョンを描いてみてください。

20代前半の頃は分からないことも多く、不明瞭で曖昧だった将来のキャリアや目標も、きっと今ならば分かるはずです。

30代になってから考えればいいや、と問題を先延ばしにするのではなく、少しでも心に疑問が生じた時にこそ、今がそのタイミングなんだと受け止めて、じっくり考える時間を作ってみてはいかがでしょうか。

あなたらしく、前向きな答えがでるまで、焦らずに考えてみましょう。