CoCoSiA(ココシア)

将来の夢が決まらない時のおすすめ30選。就きたい職業を知るためのポイントもご紹介


みなさんの将来の夢はなんですか?小さい頃はすぐに答えられていた質問でも、成長するにつれパッと思いつかないという人も少なくないのではないでしょうか。とは言え学校で進路について訊かれることも多く、考えないわけにはいかないテーマでもありますよね。そこで今回は、将来の夢30選をご紹介していきます。将来就きたい職業を知るためにチェックしておくと良いポイントも挙げているので、ぜひチェックしてみてくださいね。具体的な夢があれば勉強も力を入れてできるもの。自分の夢は何なのか探すためのヒントにしてくださいね。

️将来の夢、決まってる?

突然誰かに「あなたの将来の夢は何ですか? 」と質問された時に、胸を張って自分の将来の夢を答えられる人って素敵だと思いませんか。自分の周りにいる友人たちが夢に向かって頑張っていたり、必死に自分の将来の夢を探していたりしている姿を見ていると、自分もそろそろ何か探さないといけないと思ってしまいますよね。

将来の夢とは私たちの長い人生の中で、生きる目的や方向を決める為にも非常に重要なものです。だからこそ、時間をかけてじっくりと考える必要があります。

まだ自分の将来の夢が見つからなくて悩んでいるという人も決して焦る事はありません。自分の大切な将来の夢なのですから、たくさん悩んで自分が本当になりたい夢を探しましょう。

️将来の夢のおすすめ30選

将来の夢でおすすめなものを考えている
世の中には実に様々な職業があります。将来の夢がなかなか決まらずに悩んでいる人の為に、ここからは具体的にどんな職業があるのかについてご紹介します。気になる職業が見つかるかもしれないので、是非全部チェックしてみて下さいね。

1.医者

医者という職業はまさに人助けのスペシャリストな存在です。いつの時代も医者は、病気や怪我で苦しんでいる人の為に無くてはならない職業の一つです。

そんな医者の職業に就く為には、医師大学や医学部を設けている大学に進学し、国家資格の一つである医師免許を取得する事が必須条件となります。尚、医学部を設けている大学は全国に存在していますが、他の大学とは違い、6年制になっています。

医学部の大学入試は非常に難易度が高い事で有名ではありますが、入学後も6年という長い年月の中で、医師になる為に必要な専門知識を学ぶ事となります。尚、医師免許の国家試験は毎年2月頃に行われますが、年に一度しかチャンスはありません。

合格率はおよそ90%と言われていますが、6年間で学ぶ一連の過程が必須となっています。その期間でしっかりと身に着けた知識があればほぼ合格できると見なしていますが、決して試験に合格できる事が簡単というわけではありません。

また、医大は学費が非常に高い事でも知られています。特に私立大学の学費は高い為、奨学金が必要になるかと思われます。一般的な家庭では国立の医大に進学するのが良いでしょう。

2.看護師

将来の夢おすすめなのは看護師だと言っている
看護師の仕事は患者の診療の補助をしたり、入院患者の食事や身の回りの世話、時には手術の補佐として立ち合い、執刀医へ器具を渡したりと実に幅広い仕事があります。また、他の看護師と交代で日中、夜間問わず勤務をする事になるので、肉体的にも精神的にもかなりハードな仕事です。

また、看護師には幾つか種類があり、外来患者の対応をする外来看護師、24時間体制で患者のケアを行う病棟看護師、手術の介助を行うオペ室看護師、ICUで収容されている患者の看護をするICU看護師などがあります。いずれにしても、国家資格の看護師免許を取得していないと看護師として働く事はできません。

看護師免許を取得するには看護専門学校や、看護短大、看護大学に進学して看護に関する専門的な知識を学んだ後、毎年2月中旬~下旬の日曜日に行われる看護師国家試験に合格する必要があります。こちらも医師免許と同じく年に一度しか試験は行われないので、その年に不合格となってしまった場合は翌年までチャンスはありません。

また、看護師の中には准看護師という職業もあります。准看護師は看護師とは違い、国家資格を取得する必要はありませんが、中学、高校を卒業後に准看護師学校へ進学するか、中学卒業後に衛生看護科のある高校へ進学した後、知事資格である准看護師免許を取得する必要があります。

准看護師は医師や看護師の指示無くして、仕事をする事はできないとされていますが、実際の医療現場では看護師も准看護師も同じような仕事をしているケースも多く見られます。大きく違う事は、看護師と准看護師では待遇に差があるというところです。

3.理学療法士

理学療法士の仕事とは怪我や病気などが原因で、体が不自由になってしまった人や、高齢者の衰えた体を支え、リハビリテーションを行い運動能力の回復をサポートをする事です。その人にとってどんなリハビリテーションが適しているのかを考え、歩いたり、立ち上がたり、座ったりといった人間にとって基本的な機能の回復を目指します。

理学療法士の職業に就く為には、理学療法士の養成課程のある大学もしくは短大、または専門学校で3年から4年学んだ後、理学療法士の国家試験に合格する事が必要になります。尚、理学療法士の国家試験は毎年2月下旬~3月上旬の日曜日に行われますが、年に一度しかチャンスはありません。理学療法士はまさにリハビリテーションのスペシャリストであり、年々その社会的地位は高くなっており、実際に理学療法士を目指している人も増加している傾向があります。

4.介護士

介護士の仕事は高齢者や体に障害を持っている人に対して食事、入浴、排泄など身の回りの介護をします。また、そのような人の家に訪問する在宅介護である場合は、炊事や掃除や洗濯などの家事、生活に必要な買い物などの援助も行う事があります。具体的にどの程度の介護が必要になるのかについては、利用者やその家族とよく話し合い、要望にどのように応えていけるか介護士はよく考える事が大切です。

介護の仕事は、無資格でも働くことはできますが、まず介護職員初任者研修の受講が求められることが多いです。尚、国家資格である、介護福祉士の資格を取得すると介護のスペシャリストとして幅広く就職先を選択できるでしょう。

方法としては、国家試験に合格するか介護福祉士の養成施設を卒業する必要があります。但し、国家試験を受験する為には特別な条件を満たしている場合に限ります。

未経験で国家試験を受験する為には、まず、実際の介護現場で実務経験と、介護職員実務者研修を事前に習得していなければなりません。その為、未経験でも介護福祉士の国家試験を受験する事は可能ですが、介護の実務経験は最低でも3年以上が条件になっているので、最短でも3年はかかります。

また、養成施設から介護福祉士を目指す場合は、最短で1年あれば国家試験を受験する事が可能なので、最も早いルートになります。他にも福祉系高校や、福祉系特例高等学校を卒業してから国家試験を受験する方法もあります。

5.消防士

消防士とは火災発生現場へ一早く駆けつけ、消火及び救命活動を行うなど、私たちの安全を守る仕事です。自分が通っていた小学校などで、防災訓練の時に消防士が実際に訓練を行っているのを見た事があるという人も多いのではないでしょうか。

火災現場では消火活動以外にも、建物から逃げ遅れてしまった人の救助や、現場の近隣住民や見物人に被害が及ばないように、安全な場所へ誘導なども行います。また、消防士は119番通報で現場へ向かう以外にも、災害で被害に遭った人の救助活動や、交通事故の現場では、被害者の救命活動も行います。その他にも、地域の住民に災害発生時の避難経路の確認、消火器の使い方や救護活動などの防災活動を行ったり、建築物の防火対策のや安全性について調査を行い、防火基準に満たない建物については指導を行う予防活動なども消防士の仕事です。

消防士になる為には各地方自治体が行っている採用試験に合格する必要があります。試験日や試験内容などは、地方自治体によって多少異なりますので、自分が受験をする地域の試験の詳細については前もって確認しておきましょう。尚、年齢制限についても地方自治体によって差はあるようですが、現在は概ね30歳前後までであれば受験できるようです。

採用試験にはそれぞれ区分がありⅠ類は大卒程度、Ⅱ類は短大卒程度、Ⅲ類は高卒程度などそれぞれ試験資格と難易度が異なります。試験合格後は、消防学校に進学して研修を受けた後、晴れて消防署へ配属される事となります。

6.警察官


消防士と同じく、警察官も地域住民の安全を守る職業として身近な存在ですよね。警察官の中には色々な部門が存在し、それぞれ配属されている部門の中で各任務に当たる事となっています。

警察官は都道府県警察と警察庁という2つの組織に分けられ、都道府県警察とはその地域のパトロールをしたり、発生した事件を担当します。交番に勤務している警察官は都道府県警察に所属しています。

警察庁に所属している警察官は事件現場などに向かう事がはありませんが、全国の都道府県警察の監督したり、犯罪の傾向を元に法改正の立案などが主な仕事です。まさに実働部隊と頭脳部隊といったような違いがあります。

更に、警察官の採用には警察庁と都道府県警察の他に、皇室を警護する皇宮警察本部が存在します。警察庁で働く警察官になる為には、国家公務員採用試験に合格し、更に警視庁に採用されるか、都道府県警察から出向する必要があります。国家公務員採用試験の難易度も非常に高く、ごくわずかな人数しか選ばれません。

7.弁護士

弁護士はまさに法律のスペシャリストであり、人間関係や企業の間で起こるトラブルやあらゆる事件などの問題解決を目指す職業です。尚、テレビや映画で登場する弁護士のように、刑事事件を取り扱うケースは現実社会ではそれほど多くなく、実際には民事事件を取り扱う事の方が圧倒的に多いと言われています。

弁護士になる為には、司法試験に合格する必要があり、司法試験を受験する為にはまず、法科大学院の過程を修了するか、司法試験の予備試験に合格する事が必要です。このどちらかの条件を満たしている場合に限り、司法試験を受験する事ができます。

司法試験も非常に難易度が高いですが、法科大学院の入試試験もやはり難易度が高く、とても狭き門となっています。尚、既に大学の法学部で学んでいる人は2年制の法学既修者コース、そうでない人の場合は3年制の法学未修者コースを受験する事となります。

また、司法試験予備試験に合格する事で、法科大学院を修了していない人でも司法試験を受験する事ができますが、こちらの試験も非常に難易度が高いと言われており、合格者はわずかです。上記のどちらかの条件を満たした上で、更に司法試験に合格をしてもまだ弁護士資格は得られません。

弁護士になる為には更なる試練が待ち受けており、司法修習を受けた上で、司法修習生考試に合格する必要があります。ここまでの過程を終える事で晴れて弁護士資格を取得する事ができ、弁護士事務所で働けるようになります。

8.検察官

弁護士と同じく、検察官もよくテレビや映画などで活躍している姿を観た事がある人も多いのではないでしょうか。検察官には官名があり、検事総長、次々検事、検事長、検事、副検事に区分されており、検事は検察官の役職名となります。その中でも、検事総長、次々検事、検事長は最高検察庁と高等検察庁などの職員たちを指揮するリーダーという立場にあたります。

検察官の仕事は刑事事件で犯罪者を起訴するかどうか決める役目があります。刑事事件の捜査において起訴、または不起訴をするべきかを判断した後、もし起訴が必要であると判断した場合は裁判の執行を指揮します。

検察官になるには、弁護士と同じく法科大学院を卒業する事が求められる為、大学から法科大学院への進学する事は必須条件となります。しかしながら、その後の司法試験に合格をするだけでは検察官にはなれず、司法研修所での成績や二回の司法修習試験の成績が優秀でないと、検察官として採用される事は難しいと言われています。