誰でも一度は真剣に考える将来の夢の事。

小学校の卒業文集に自分が書いた事、今でも覚えているでしょうか。

もう忘れてしまったという人もいれば、子供の頃に願っていた将来の夢を既に実現させている人もいるかも知れませんね。

もしかしたら、まだ自分の将来の夢が決まっていない人や、そもそも想像した事もないという人もいるのではないでしょうか。

今回はそんな人たちの為に、おすすめの将来の夢についてまとめてみました。

️将来の夢、決まってる?

突然誰かに「あなたの将来の夢は何ですか? 」と質問された時に、胸を張って自分の将来の夢を答えられる人って素敵だと思いませんか。

自分の周りにいる友人たちが夢に向かって頑張っていたり、必死に自分の将来の夢を探していたりしている姿を見ていると、自分もそろそろ何か探さないといけないと思ってしまいますよね。

将来の夢とは私たちの長い人生の中で、生きる目的や方向を決める為にも非常に重要なものです。

だからこそ、時間をかけてじっくりと考える必要があります。

まだ自分の将来の夢が見つからなくて悩んでいるという人も決して焦る事はありません。

自分の大切な将来の夢なのですから、たくさん悩んで自分が本当になりたい夢を探しましょう。

️将来の夢のおすすめ30選


世の中には実に様々な職業があります。

将来の夢がなかなか決まらずに悩んでいる人の為に、ここからは具体的にどんな職業があるのかについてご紹介します。

気になる職業が見つかるかも知れないので、是非全部チェックしてみて下さいね。

医者

医者という職業はまさに人助けのスペシャリストな存在です。

いつの時代も医者は病気や怪我で苦しんでいる人の為に無くてはならない職業の一つです。

そんな医者の職業に就く為には、医師大学や医学部を設けている大学に進学し、国家資格の一つである医師免許を取得する事が必須条件となります。

尚、医学部を設けている大学は全国に存在していますが、他の大学とは違い、6年制になっています。

医学部の大学入試は非常に難易度が高い事で有名ではありますが、入学後も6年という長い年月の中で、医師になる為に必要な専門知識を学ぶ事となります。

尚、医師免許の国家試験は毎年2月頃に行われますが、年に一度しかチャンスはありません。

合格率はおよそ90%と言われていますが、6年間で学ぶ一連の過程が必須となっています。

その期間でしっかりと身に着けた知識があればほぼ合格できると見なしていますが、決して試験に合格できる事が簡単というわけではありません。

また、医大は学費が非常に高い事でも知られています。

特に私立大学の学費は高い為、奨学金が必要になるでかと思われます。

一般的な家庭では国立の医大に進学するのが良いでしょう。

看護師


看護師の仕事は患者の診療の補助をしたり、入院患者の食事や身の回りの世話、時には手術の補佐として立ち合い、執刀医へ器具を渡したりと実に幅広い仕事があります。

また、他の看護師と交代で日中、夜間問わず勤務をする事になるので、肉体的にも精神的にもかなりハードな仕事です。

また、看護師には幾つか種類があり、外来患者の対応をする外来看護師、24時間体制で患者のケアを行う病棟看護師、手術の介助を行うオペ室看護師、ICUで収容されている患者の看護をするICU看護師などがあります。

いずれにしても、国家資格の看護師免許を取得していないと看護師として働く事はできません。

看護師免許を取得するには看護専門学校や、看護短大、看護大学に進学して看護に関する専門的な知識を学んだ後、毎年2月下旬の日曜日に行われる看護師国家試験に合格する必要があります。

こちらも医師免許と同じく年に一度しか試験は行われないので、その年に不合格となってしまった場合は翌年までチャンスはありません。

また、看護師の中には准看護師という職業もあります。

准看護師は看護師とは違い、国家資格を取得する必要はありませんが、中学、高校を卒業後に准看護師学校へ進学するか、中学卒業後に衛生看護科のある高校へ進学した後、知事資格である准看護師免許を取得する必要があります。

准看護師は医師や看護師の指示無くして、仕事をする事はできないとされていますが、実際の医療現場では看護師も准看護師も同じような仕事をしているケースも多く見られます。

大きく違う事は、看護師と准看護師では待遇に差があるというところです。

理学療法士

理学療法士の仕事とは怪我や病気などが原因で、体が不自由になってしまった人や、高齢者の衰えた体を支え、リハビリテーションを行い運動能力の回復をサポートをする事です。

その人にとってどんなリハビリテーションが適しているのかを考え、歩いたり、立ち上がたり、座ったりと言った人間にとって基本的な機能の回復を目指します。

理学療法士の職業に就く為には、理学療法士の養成課程のある大学もしくは短大、または専門学校で3年から4年学んだ後、理学療法士の国家試験に合格する事が必要になります。

尚、理学療法士の国家試験は毎年3月上旬の日曜日に行われますが、年に一度しかチャンスはありません。

理学療法士はまさにリハビリテーションのスペシャリストであり、年々とその社会的地位は高くなっており、実際に理学療法士を目指している人も増加している傾向があります。

介護士

介護士の仕事は高齢者や体に障害を持っている人に対して食事、入浴、排泄など身の回りの介護をします。

また、そのような人の家に訪問する在宅介護である場合は、炊事や掃除や洗濯などの家事、生活に必要な買い物などの援助も行う事があります。

具体的にどの程度の介護が必要になるのかについては、利用者やその家族とよく話し合い、要望にどのように答えていけるか介護士はよく考える事が大切です。

尚、介護士になる為には国家資格である、介護福祉士の資格を取得する必要です。

方法としては、国家試験に合格するか介護福祉士の養成施設を卒業する必要があります。

但し、国家試験を受験する為には特別な条件を満たしている場合に限ります。

未経験で国家試験を受験する為には、まず、実際の介護現場で実務経験と、介護職員実務者研修を事前に習得していなければなりません。

その為、未経験でも介護福祉士の国家試験を受験する事は可能ですが、介護の実務経験は最低でも3年以上が条件になっているので、最短でも3年はかかります。

また、養成施設から介護福祉士を目指す場合は、最短で1年あれば国家試験を受験する事が可能なので、最も早いルートになります。

他にも福祉系高校や、福祉系特例高等学校を卒業してから国家試験を受験する方法もあります。

消防士

消防士とは火災発生現場へ一早く駆けつけ、消火及び救命活動を行うなど、私たちの安全を守る仕事です。

自分が通っていた小学校などで、防災訓練の時に消防士が実際に訓練を行っているのを見た事があるという人も多いのではないでしょうか。

火災現場では消火活動以外にも、建物から逃げ遅れてしまった人の救助や、現場の近隣住民や見物人に被害が及ばないように、安全な場所へ誘導なども行います。

また、消防士は119番通報で現場へ向かう以外にも、災害で被害に遭った人の救助活動や、交通事故の現場では、被害者の救命活動も行います。

その他にも、地域の住民に災害発生時の避難経路の確認、消火器の使い方や救護活動などの防災活動を行ったり、建築物の防火対策のや安全性について調査を行い、防火基準に満たない建物については指導を行う予防活動なども消防士の仕事です。

消防士になる為には各地方自治体が行っている採用試験に合格する必要があります。

試験日や試験内容などは、地方自治体によって多少異なりますので、自分が受験をする地域の試験の詳細については前もって確認しておきましょう。

尚、年齢制限についても地方自治体によって差はあるようですが、現在は概ね30歳前後であれば受験できるようです。

採用試験にはそれぞれ区分がありⅠ類は大卒程度、Ⅱ類は短大卒程度、Ⅲ類は高卒程度などそれぞれ試験資格と難易度が異なります。

試験合格後は、消防学校に進学して研修を受けた後、晴れて消防署へ配属される事となります。

警察官

消防士と同じく、警察官も地域住民の安全を守る職業として身近な存在ですよね。

警察官の中には色々な部門が存在し、それぞれ配属されている部門の中で各任務に当たる事となっています。

警察官は都道府県警察と警察庁という2つの組織に分けられ、都道府県警察とはその地域のパトロールをしたり、発生した事件を担当します。

交番に勤務している警察官は都道府県警察に所属しています。

警察庁に所属している警察官は事件現場などに向かう事がはありませんが、全国の都道府県警察の監督したり、犯罪の傾向を元に法改正の立案などが主な仕事です。

まさに実働部隊と頭脳部隊といったような違いがあります。

更に、警察官の採用には警察庁と都道府県警察の他に、皇室を警護する皇宮警察本部が存在します。

警察庁で働く警察官になる為には、国家公務員採用試験に合格し、更に警察官として採用をされなければなりません。

国家公務員採用試験の難易度も非常に高く、ごくわずかな人数しか選ばれません。

弁護士

弁護士はまさに法律のスペシャリストであり、人間関係や企業の間で起こるトラブルやあらゆる事件などの問題解決を目指す職業です。

尚、テレビや映画で登場する弁護士のように、刑事事件を取り扱うケースは現実社会ではそれほど多くなく、実際には民事事件を取り扱う事の方が圧倒的に多いと言われています。

弁護士になる為には、司法試験に合格する必要があり、司法試験を受験する為にはまず、法科大学院の過程を修了するか、司法試験の予備試験に合格する事が必要です。

このどちらかの条件を満たしている場合に限り、司法試験を受験する事ができます。

司法試験も非常に難易度が高いですが、法科大学院の入試試験もやはり難易度が高く、とても狭き門となっています。

尚、既に大学の法学部で学んでいる人は2年制の法学既修者コース、そうでない人の場合は3年制の法学未修者コースを受験する事となります。

また、司法試験予備試験に合格する事で、法科大学院を修了していない人でも司法試験を受験する事ができますが、こちらの試験も非常に難易度が高いと言われており、合格者はわずかです。

上記のどちらかの条件を満たした上で、更に司法試験に合格をしてもまだ弁護士資格は得られません。

弁護士になる為には更なる試練が待ち受けており、司法修習を受けた上で、二回の司法修習に合格する必要があります。

ここまでの過程を終える事で晴れて弁護士資格を取得する事ができ、弁護士事務所で働けるようになります。

検察官

弁護士と同じく、検察官もよくテレビや映画などで活躍している姿を観た事がある人も多いのではないでしょうか。

検察官には官名があり、検事総長、次々検事、検事長、検事、副検事に区分されており、検事は検察官の役職名となります。

その中でも、検事総長、次々検事、検事長は最高検察庁と高等検察庁などの職員たちを指揮するリーダーという立場にあたります。

検察官の仕事は刑事事件で犯罪者を起訴する役目があります。

刑事事件の捜査において起訴、または不起訴をするべきかを判断した後、もし起訴が必要であると判断した場合は裁判の執行を指揮します。

検察官になるには、弁護士と同じく法科大学院を卒業する事が求められる為、大学から法科大学院への進学する事は必須条件となります。

しかしながら、その後の司法試験に合格をするだけでは検察官にはなれず、司法研修所での成績や二回の司法修習試験の成績が優秀でないと、検察官として採用される事は難しいと言われています。

研究者

研究者と一言で言っても活躍の場は幅広く、例えば電化製品などの製品開発を行ったり、医療機器メーカーでは、生体研究などを行ったりと企業で働く研究者もいれば、公的機関や非営利活動団体の研究者などがあり、更に大学教授も研究者となります。

そして、一般的にはどの研究職も大学院へ進学する事となっています。

大抵の民間企業には研究開発部門が設けられており、大学院を修士で卒業した人を採用しているケースが多いようです。

しかしながら、公的機関や大学での研究職に就く場合、博士号を取得している事がほぼ必須条件とされており、短期研究員の任期を経てからようやく正規の研究員になれるのが一般的であると言われています。

尚、大学教授を目指す場合はまず短期研究員としての任期を終え、助教授から准教授、そして最後に教授という流れで段階的に地位が上がっていきます。

それぞれの任期を考慮すると、教授になるまでには最短でも大学院卒業から10年から15年ほどかかるのが一般的です。

作家

作家はドラマや映画の原作にもなる物語を創作し、また小説にする仕事をする人です。

最近では、書籍以外にも携帯小説などのインターネット上でで小説を発表する場も増えています。

作家や小説家になるには、特別な資格は必要ありません。

自分の書いた作品が書籍となって世に出ればデビューとなります。

出版社が定期的に主催している、各文学賞に受賞される事が一般的なデビューの流れになっています。

全国の大学や専門学校にある、作家になる為に有利となるような文学やシナリオを書く技術を学び、文学賞に応募しても良いですし、他にも出版社と契約をして自主出版するケースもあります。

そして、最近流行しているのがインターネットを利用したweb小説への投稿です。

実際に、web小説に投稿した作品が出版社の目に止まり、書籍デビューとなるケースもあります。

尚、気になる給料については一般的なサラリーマンとは違い、作家の収入源は主に原稿料と印税となります。

原稿料については、作家によって一枚当たりの金額が変わり、名前が売れている作家になるほど当然金額は高くなっていきます。

印税については、出版された作品が売れる度に入る収入であり、およそ1割程度が印税となります。

教員

教員は日本の学校の教壇に立ち、児童や生徒を教育する人です。

小学校、中学校、高校と教員にも勤務先は色々ありますが、いずれにしても日本の学校で教壇に立つ為には、教員免許を取得する必要があります。

また、公立学校は教育委員会が行っている教員採用試験に合格、私立学校は学校法人が行っている教員採用試験に合格し、それぞれ採用される事によって、それぞれ教員として働く事ができます。

教員免許を取得する為には、教職課程を設けている大学や短大などに進学し、定められている単位を修了した後、教育委員会へ教員免許の申請を行う事が必要です。

教員免許には幾つか種類があり、一種免許状は学士の学位を持っている人を基礎資格としており、いわゆる一般的な教員免許にあたるもの、二種免許状は短期大学士の学位を持っている人を基礎資格としており、小学校や幼稚園の教員が該当します。

尚、高校にはない免許です。

更に、一種免許状を取得している場合、大学院に進学して教員過程認定を受けている科目を一定単位取得する事によって専修免許状を取得する事ができます。

専修免許状は教職員にとって必須資格ではありませんが、教員としてのキャリアアップを目的に取得を目指す人もいるようです。

保育士

保育士は小さな子供たちを預かって保育する人です。

0歳から6歳くらいまでの子供がを対象に、一緒に遊んだり会話など様々なコミュニケーションを取りながら保育します。

保育士の勤務先は保育園の他にも児童養護施設、障害者施設、乳児院などがありますが、入院している子供の援助をする病棟保育士として働いている人もおり、色々なところで保育士は活躍しています。

保育士になる為には国家資格である、保育士資格を取得する必要があります。

主に、大学や短大、または専門学校などで保育士の養成課程を修了するか、保育士試験に合格する方法があります。

保育士試験は保育士の養成課程を修了していなくても保育士試験を受験する事ができるので、未経験の社会人でも保育士資格を取得できるチャンスはありますが、試験の難易度は高い上に倍率も高めなので、かなりの覚悟が必要です。

尚、保育士に似た職業で幼稚園の先生がありますが、こちらは幼稚園教諭の資格が必要であり、保育士資格を持っていても幼稚園の先生になる事はできません。

料理人

料理人の活躍の場は幅広く、レストラン、ホテル、料亭など一般客が訪れる場所の他にも、学校の給食や病院食も作ったりする仕事です。

料理人になる為に特別な資格は必要ありませんが、国家資格の調理師免許を取得する事で、調理師として働く事ができます。

調理師免許を取得する為には、調理師学校を卒業する事で、試験を受けなくても調理師免許を取得する方法と、飲食店などで実務経験を2年以上積んだ後に、調理師試験を受験して合格する方法があります。

一般的に料理人には修行や下積みが必要であり、最初は見習いからスタートするケースがほ殆どです。

店主や先輩の料理人のサポートとして立ち回り、最初から料理をさせてくれる事はまずありません。

修行の成果次第では何年も下積みを経験し、一人前の料理人になるには長年の苦労が必要になります。

パティシエ

パティシエはお菓子作りの専門家であり、フランス語で菓子製造人という意味になります。

スイーツが人気となった日本でも親しみがあり、洋菓子を作る職人の事をパティシエと呼びます。

そんなパティシエの勤務先は様々で専門店、ホテル、レストランなどでスイーツやケーキなどを作っています。

また、普段は人前には現れませんが、工場などで勤務しているパティシエも存在してます。

パティシエになる為には料理人同様、特別な資格は必要ありませんが、お菓子作りには専門的な技術や食材の知識など、覚えなければならない事がたくさんあります。

その為、調理師学校や製菓専門学校で学んでからパティシエを目指す事が一般的とされています。

しかしながら、それらの学校で勉強をせずとも未経験者を採用しているレストランや専門店も数多く存在しており、早いうちから見習いとして実務経験を積む手段もありますし、その後正社員として雇ってくれるケースもあります。

アナウンサー

アナウンサーは普段ニュース番組や、バラエティ番組などにも出演している事もあるので、親しみがありながらも、憧れの職業でもあります。

世の中の様々な出来事を言葉を使って伝える仕事ですが、決して簡単な事ではありません。

ただニュースを読み上げているだけではなく、あくまで視聴者に分かり易く伝えられるよう、話し方にも工夫が必要です。

生放送の番組などに出演する場面が多い為、速報で伝えなければならないニュースが突然舞い込んでくる事もあるので、臨機応援な対応も求められる仕事です。

アナウンサーになる為には、テレビ局やラジオ局に正社員として採用される事が必要ですが、大学や短大卒程度の学歴を求められる事が一般的となっています。

また、アナウンサーになる為に、、4年生大学に通いながら必要な技術を学ぶ為にアナウンサーのスクールへ通う人も多いようです。

しかしながら、アナウンサーの志望者は非常に多く、特にキー局(日本テレビ、TBS、テレビ朝日、フジテレビ)の倍率はおよそ1000倍以上とも言われているほどです。

その為、アナウンサーを目指す人は相当な努力と覚悟が必要になるでしょう。

尚、人気を得たアナウンサーはフリーとして更に活躍の場を広げる事もできますが、現在フリーのアナウンサーになっている人の大半は女性でも4年制大学卒のキャリアを持っているようです。

気象予報士

気象予報士は気象庁のデータを元に、各地の天気や気温、降水確率などを予想する仕事です。

今や私たちの生活には欠かせない毎日の天気予報ですが、それだけに人々に与える影響は非常に大きく、責任を伴う仕事です。

そんな気象予報士の仕事の現場は、テレビ局やラジオ局だけではなく、クライアントの依頼に対して気象を予測する民間気象会社であったり、一般企業に勤めている気象予報士も存在しており、その会社にとって有益となるような気象予報を提供するような仕事もあります。

気象予報士になる為には国家資格が必要であり、気象予報士試験に合格する必要があります。

気象予報士試験は年に2回行われており、職業や年齢制限は一切無く、人気のある資格ではありますが難易度はかなり高めです。

合格者数も非常に少なく、狭き門であると言われています。

また、別の手段として気象大学校に進学するというものもあります。

気象予報士になる為に必要な知識を学べる4年制の大学で、卒業する事ができればほぼ、気象予報士になる事ができます。

しかしながら、気象大学校への入学は満20歳までとなっており、入学試験は気象予報士試験よりも更に難関であると言われています。

いずれにしても狭き門ではありますが、どちらかと言うと年齢や職業に制限が無く、出題される問題の対策ができる気象予報士試験にチャレンジする方が、国家資格を得られる可能性は高いと言えるでしょう。

ダンサー

日本ではあまりダンサーという職業を生業としている人は知られていませんが、プロのダンサーを目指す人も多い職業です。

また、プロのダンサーになる為に必要な資格も存在していない為、独学でも目指す事が不可能ではありませんが、ダンサーとしての基本的な知識や、動きについてなどはやはりプロのダンサーの指導をしっかりと受けた方が、将来ダンサーとして活躍できる可能性は高くなります。

現在、ダンスの専門学校やダンススクールがありますので、自分が目指しているジャンルのダンスを学べるところを探してみると良いでしょう。

アニメーター

アニメ業界には様々な業種がありますが、その中でもアニメーターは作品の一枚一枚のコマ送りの絵を作る、作画を主に仕事としています。

アニメーターになるには、特別な資格は必要ありませんが、一定以上の画力のスキルを求められます。

但し、画力のスキルだけでは実際にアニメーターとして活躍できる機会は多くありません。

一般的にはアニメーションの専門学校や美大に通い、アニメーターになる為に必要な知識やスキルを身に着ける必要があり、それがアニメーターになる第一歩です。

また、アニメーション制作会社などに就職したとしても、最初は見習いからのスタートです。

その間も作画のスキルを上げる努力が必要となり、長い下積みを経験する覚悟が必要になるでしょう。

イラストレーター

イラストレーターの仕事は依頼に応じたイラストを描く仕事です。

その為、自分の描きたいものではなく、あくまで依頼主と入念な打ち合わせをした上で、決められたテーマやイメージに沿ったイラストを提供する事となります。

イラストレーターになる為には、特別な資格は必要無く、フリーで活躍しているイラストレーターも存在しますが、専門学校や美大でイラストをデザインする基礎を学んでいる人が多いようです。

活躍できる場は幅広く、広告代理店やゲーム制作会社、デザイン事務所など様々です。

尚、現在はフリーランスで働いているイラストレーターも多く、電話やメールを使ってクライアントとやり取りをしながら在宅で仕事をしているケースもあります。

画家

芸術家としても知られている画家はまさにその手で様々な絵を描き、創り出した作品を売って生計を立てている人です。

画家と聞くと、鉛筆や絵具を使って絵を描くイメージがありますが、最近ではパソコンでグラフィックデザインのソフトを用いて絵を描く画家も存在しています。

画家になる為には、特別な資格は必要ありません。

画家に求められるものは何と言ってもその人が持っているセンスと絵を描くスキルです。

本人の才能と努力次第で画家になる事は可能ですが、その分学歴などで評価されない為、作品が認められなければ一人前の画家として生きていくにはとてつもない苦労が伴います。

とは言え、優秀な作品を描けるようになる為にはセンスだけではなく、それなりの技術が必要ですので、美大などに通って基礎を学ぶ事は画家として成功する近道になるでしょう。

作曲家

作曲家はその名の通り作曲をする人です。

自分で作りだした曲は色々なアーティストやクライアントに提供して生計を立てています。

そして、作曲家の活躍の場は非常に広く、ドラマ、映画、CM、ゲーム、合唱団など他にも様々なシーンで作曲を求められる事があります。

作曲家になる為には幾つかの方法があり、自分の作曲した音楽で業界に採用される、音大や専門学校に進学する、レコード会社主催のオーディションで選ばれるなどがあります。

作曲家になる為に特別な資格は必要ありませんが、作曲には音楽の理論が必要になる場合も多々あります。

独学でも学ぶ事はできますが、基礎を学んでおく事で更に活躍の場は広がるでしょう。

ピアニスト

ピアニストはピアノを演奏して聴いている人たちを楽しませる人です。

コンサート会場を始め、レストランやラウンジ、結婚式場やアーティストのメンバーとして同行するなど活躍できる場面は数多くあります。

ピアニストになる為には特別な資格は必要ありませんが、ピアニストとして活躍している人たちの多くは、幼い頃からピアノを習って音大でピアノを学んでいます。

特にクラシックのピアニストを目指す場合は、音大に進学する事が第一歩となりますが、音大受験をする為にはまずその大学の先生に師事する必要があります。

具体的な方法としては、音大で行われている講習会に参加し、先生に個人レッスンをお願いしてみるのが良いでしょう。

音大に進学してからは世界的なコンクールに入賞する事を目指していきます。

クラシック以外でも、やはりピアノの演奏力は必要となりますが、オーディションや音楽事務所へ積極的に自分を売り込む事で、演奏を披露できる場が広がっていくでしょう。

スタイリスト

スタイリストはテレビや雑誌などに出演するタレントやモデルに着せる服やアクセサリーなどをコーディネートする人です。

スタイリストになる為に必要な資格はありませんが、服飾系専門学校に通う事でメイクや洋裁などの知識も学ぶ事ができます。

スタイリストは一般的にスタイリスト事務所やフリーランスとして働く事となりますが、中には服飾系専門学校卒業や在籍中である事を採用条件にしているところもあります。

いずれにしても、プロのスタイリストになるまでに、アシスタントとして経験を積む必要があります。

尚、一般企業のように求人募集をしているケースは少ない為、スタイリスト事務所に就職したい場合、自分でアシスタント募集している事務所をインターネットなどを使って探す必要があります。

パタンナー

パタンナーはファッションデザイナーが作ったデザイン画を元にして、型紙を作る仕事です。

その為、パタンナーとファッションデザイナーと共に仕事をする事になりますが、パタンナーはファッションデザイナーの作品の良き理解者とならなければなりません。

洋服を作る過程の中でも型紙を作る段階次第では、完成した洋服の善し悪しが左右される為、とても重要な役目を担っており、技術力が物を言う仕事です。

パタンナーになる為に必要な資格はありませんが、未経験で採用している企業はまれで、パタンナーとして活躍している人の大半はやはり服飾系専門学校の出身であると言われています。

いずれにしても、業界に入ってからすぐにはパタンナーの仕事をさせてもらう事は無く、最初はアシスタントとして下積みを経験しながら、パタンナーに必要な技術を磨いてい事となります。

パイロット

パイロットは遥か上空を飛ぶ旅客機を操縦して、乗客や貨物を安全に目的まで送り届ける人です。

フライトをする度に遥か上空から見渡せる景色を味わえるのは、まさにパイロットの特権です。

パイロットはコックピットに座る前も、CAや副操縦士などチーム一丸となって、入念な安全確認を行い、フライト中やフライト後も機器トラブルなどが発生していないかチェックを行います。

パイロットになる為には3つの資格があり、定期運送用操縦士、自家用操縦士、事業用操縦士というそれぞれの試験に合格する必要があります。

航空会社のパイロットはになる為には、航空会社に入社後、養成訓練を受けてパイロットになる資格を得る事、または航空大学に入学し、パイロットの資格を得るという方法があります。

尚、自衛隊のパイロットを目指す場合は、防衛大学に入学する必要がありますが、いずれにしても、パイロットの採用試験は厳しく、採用者数も少ない事から狭き門であると言えます。

キャビンアテンダント

キャビンアテンダントは旅客機に搭乗して、フライトから目的に到着するまでの間に様々な業務を行います。

旅行などで旅客機を利用する際に、乗客へ色々なサービスを行うので、私たち一般客から見ても親しみのある職業ではないでしょうか。

キャビンアテンダントは航空会社の組織の中でもサービス部門に属しており、乗客に食事や飲み物を運んだり、要望があれば新聞や雑誌などの提供する機内サービスと、急病人に対しての応急処置や、緊急離陸時の安全確保と乗客の誘導などトラブル発生時の対応をする保安管理の役目があります。

キャビンアテンダントになる為には、航空会社の採用試験に合格する必要がありますが、大手の航空会社の場合は専門学校卒業以上の学歴を求められます。

他にエアラインスクールを卒業後に採用試験に合格する方法もあります。

駅員

私たちにとって電車は数ある交通機関の中で、最も日常的に利用されています。

そんな大勢の乗客が快適且つ、安全に目的地まで送り届けるのが駅員の仕事です。

駅員の仕事の幅は広く、電車の出発、到着の安全確認、車内改札、車内アナウンス、車内の空調調節などがあります。

また、事故や乗客同士のトラブル、痴漢などの対応なども駅員の重要な仕事です。

駅員になる為には、各鉄道会社の採用試験に合格する事が必要です。

駅員としての経験を積みんだ後に、車掌の登用試験に合格すれば車掌の仕事に就く事もできます。

ツアーコンダクター

ツアーコンダクターは団体旅行に同行する旅行客の案内役です。

そしてツアー参加者が安全でより楽しい旅行になるよう、様々なサポートをする仕事です。

ツアー参加者の集合場所には、間違いなく全員揃っているか確認をとり、空港内での手続きなどもサポートします。

旅行先に到着した後も、常にツアーコンダクターは一歩先の事を考えながらも、急病人や持ち物の紛失などといったトラブル対応や、ツアー参加者からの要望にも臨機応変に対応しなければならないので気を緩める事ができません。

ツアーコンダクターになる為には、旅行会社に就職をするか、もしくはツアーコンダクターの派遣会社に登録する方法があります。

必要な資格や学歴は求められる事は少なく、観光科専門学校や大学卒業後に就職する人が多いようです。

但し、ツアーコンダクターとして団体旅行に同行する場合には旅程管理主任者の資格が必要です。

尚、旅程管理主任者には国内旅行のみ添乗できる国内旅程管理主任者と、国内と海外どちらも添乗できる総合旅程管理主任者の資格があります。

その為、まずは旅行会社やツアーコンダクターの派遣会社に入社した後、上記のいずれかの資格を取得するのが良いでしょう。

公務員

公務員の中でも国家公務員は国に勤務をしている公務員です。

国全体の業務に携わる為、必然的に仕事の幅は広くなりますが、国家公務員は様々な専門分野があり、財政や外交、防衛、教育、医療、社会福祉など様々で、勤務先もそれぞれ異なります。

国家公務員になる為には、まず国家公務員採用を受験するところから始まります。

この試験には総合職試験、一般職試験、専門職試験の3つの区分に分けられ、それぞれ自分が受験したい区分を選択する事ができます。

試験の合格者は採用候補者名簿に登録され、その中から官庁訪問と呼ばれる採用面接を受ける事になりますが、まだこの段階では採用には至っていません。

総合職試験と一般職試験の受験者はこの官庁訪問まで到達する事が、自分が志望する省庁へ採用される為の目標となります。

こうして官庁訪問を見事クリアできた場合、晴れて国家公務員として採用され、各省庁へ勤務する事ができます。

通訳

異なる言語を使い分け、様々な状況で通訳をするのが通訳の仕事です。

ニュースやドキュメンタリーなどでも通訳を見る事がありますが、普段私たちが見られないところでも、通訳は活躍しています。

通訳には一般的に3つに分かれており、会議やニュースなどその場で起きている会話を通訳する同時通訳、話し手の話を数十秒から数分ほどで区切ってから順次通訳していく逐次通訳、聞き手側のそばに立ち会い、囁くように同時通訳をするウィスパリングがあります。

いずれも国内に限らず国際的に活躍する舞台があります。

通訳になる為には特別な資格は必要ありませんが、当然語学力が求められる仕事ですので、通訳の養成学校や、語学大学に通い、基礎から語学を学ぶ努力が必要になります。

また、外国の言語だけでなく、風習を知る事も通訳のスキル上げる為に必要な事ですので、留学をして現地の人の言葉を実際に聞く事も勉強になります。

️あなたも知らない職業はまだまだある!

これまで将来の夢についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか。

今回の記事が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

世の中には実に様々な職業があり、将来の夢が見つからずに悩んでいる人でも、きっと自分に合った職業が見つかるはずです。

今回ご紹介した記事以外にもまだまだ知らない職業はありますので、これを機に将来の夢を探してみてはいかがでしょうか。