社会人になって約20年が過ぎ、働くことにも慣れてきたころに40代を迎えます。

恋愛を経験してから結婚して世帯を持っている人や、まだ独身を謳歌している人まで、様々な人生があるのです。

しかし、年齢も40歳という区切りを迎えると、今一度これまでの人生について考える瞬間があるはずです。

「これでよかったのだろうか?」とか、「あの時に別の道に進んでいればどうなっていたのだろうか?」とか、寝る前に考えたりするものです。

何かトラブルが起こっていると、余計に少し前の人生に思いをはせるようです。

「あの時に軽はずみで余計なことをしてしまった」と、現在悪い状態になってしまったことを後悔していても、「あんなことをしなかったなら」と過去の決断を否定しても、それによって現在が必ずしも良い状態になっているとは限りません。

もっと悪くなっていたかも知れないのです。

「四十にして惑わず」という孔子の言葉もありますが、40代の人は、「どんなことを考えているか」、「これからどうしたいのか」などの疑問を調べてみました。

️40代になったら考えたい7個のこと!

40歳は人生の転機でもあります。

40歳になったあなたは、今から何ができるのでしょうか?「もう中年の仲間入りだ」と消極的に考える人や、「壽命も延びたことだし、まだ先は長いので好きなことを始めよう」と前向きな人もいます。

どちらの考え方も正しいのですが、この際に一度考えてみましょう。

1.仕事について

ラストスパート手前!自分の仕事をやりきろう

40歳になったら、自分を見つめ直してみようという人が多いようです。

結婚して子供も生まれていると、最愛の家族を守るためにも、きっちり収入を確保しなければなりません。

このままで(この仕事をやり続けることで)良いのかと考えることもあるのです。

会社を辞めて独立する選択肢もありますが、もし辞めて新事業を立ち上げるとすると、うまく成功するかと不安が頭をよぎります。

独立した先輩たちの失敗例や苦労を聞くと、二の足を踏んでしまいます。

もし、多少の不満があったとしても、良き仕事仲間たちや先輩、上司に囲まれているのなら、あえて荒波に突き進む必要もないでしょう。

そんな時には、自分の生活や仕事に自信をもって、さらに上を目指すように努力するべきです。

40代は誰もが一時苦しんで、考え抜いて、必死に答を探す時期なのです。

仕事仲間と何か楽しい趣味を持つと、考えも変わります。

同じ悩みを持つ人との会話にも答えが見つかるかも知れません。

40代になったら、人生のギアをトップに入れて、思い切りアクセルを踏み込むのです。

自分の仕事をやりきるのです。

定年に向けて貯蓄をする

40代の人は、定年まであと25年ほどです。

職場では、管理職になって部下を指導する立場になっている人もいます。

技能職であれば、経験を積んでいる中軸の技師の役割で、周りから信頼されている立場でもあります。

真面目に仕事を続けていれば、近い将来に幹部への昇進も夢ではないはずです。

住宅ローンを組んでいると、子供の学費やローンの支払いで、苦しい時期に差しかかるのです。

しかし、総務省の家計踏査によると、40代は収入も増えてきて収支に一番余裕がある年代だそうです。

50代になると、可処分所得は多いけれども、支出も多くなるので、40代よりは家計は苦しくなるのです。

では、定年に向けて貯蓄をするには、40代なら10年後、20年後、定年までのライフプランを立ててみて、資金繰りを確認してみることをお薦めします。

それによって、定年後の貯蓄額や必要な資金の目途が立つのです。

定年に向けて貯蓄のプランを立てて、実行するのです。

改めて資格を取るのもヨシ


資格を取るのは転職を考えているか、勤めている企業が倒産とかでリストラされる可能性があるとか、趣味で資格を取るとか、理由はさまざまです。

しかし、40代で資格を取ることは、並大抵のことではできません。

それなりの覚悟と勉強が必要です。

また、簡単に取得できる資格は、誰もが所持していることが多く、再就職の際には差別化ができないという欠点があります。

また、取得した資格が有効に活用できる業界に、働き口があるかどうかも分かりません。

その中でも人気があるのは、不動産系の資格です。

比較的容易に資格が取れることと、国の支援で実施される建設工事が多く、まだまだ不動産業界や建設業界では、2020年のオリンピックまでは成長が持続すると予想されるからです。

人気が高いのは宅建で、資格も短期間で取ることも可能です。

その他、マンション管理士、インテリアコーディネーター、ファイナンシャルプランナー、建設業経理しも、実務経験なくても受験できるのです。

育児が落ち着いてきたなら再就職も

女性の場合は、40代になるころには子供も大きくなり、自分の時間に余裕が生まれて来る時です。

最近40代の女性が、子育てをしながらキャリア人生を再スタートさせることが増えてきたようです。

以前は、40代にもなると正直再就職は難しいし、受け入れ先もそれほど無いのでは?と始めから諦めていたと思います。

しかし、時代は変わってくるのです。

主婦向けの求人数は、2012年1月を基準にすると、なんと10倍近くに増えているのです。

それに、主婦の応募者も40代を中心に6~7倍に増加しているのです。

俗にいう団塊の世代のジュニア世代が主流なのです。

企業側にも事情があります。

仕事が順調に増えてきたけれども、肝心の労働者が不足しているのです。

団塊ジュニアの男性陣は、今や企業の中核となってバリバリと働いて、企業をしっかり支える人材になっています。

そこで家庭で眠っている人材は、企業側から見ても、子育ての負担があるだけで立派な人材と認識しているのです。

現在の40代の女性は、見た目も行動も若々しくて、しかも時代感覚も優れている人が多いのです。

子育てのために、埋もれてしまっているだけなのです。

おまけにインターネット事情にも詳しく、パソコンも自在に操れるスキルを持っていたり、中には英語などの語学に堪能な女性も埋もれているのです。

以前に、大手の企業で働いていた経験があると、即戦力にもなるので、積極的に検討する企業も増えてきたようです。

後は、企業側の受け入れ態勢(時間的な制限)や処遇についてキチンとマニュアルを作っておけば、優れた40代の人材が確保できるのです。

主婦側の問題点としては、
①仕事時間の確保
②職場の受け入れ態勢や仕事のブランク
③夫の理解と協力
④保育園の確保
などが上げられます。

2.定年後について

定年後のビジョンを想像する

40代の人にとっては、定年という言葉はまだまだ先のことで、正直真剣に考えることはないと思います。

自分の周りに、定年になって苦労している人をみると、自分の場合はどうなるのだろうと、漠然と考えているのです。

定年後を想像してまず考えることは、自分や配偶者、兄弟や家族、こどもや孫の健康と生活、自分達夫婦の生活費(貯金や年金)や介護についてでしょう。

まずは、それぞれがキチンと生活できる環境を想像します。

次に、定年後の生き方(仕事、趣味や遊びなど)を考えます。

これらの予想を、横軸に年代を並べたグラフにして、簡単でも定年後のビジョンを書いてみると、その時の様子が想像できるのです。

余暇でしたいことは?

定年後は、これまでとは異なる生活パターンになるので、ともかく余暇が生まれるのです。

家で一日中過ごしていると、一番気を遣うことは以外にも食事なのです。

夫が働きに出て主婦が留守番の場合は、お昼ご飯は冷蔵庫にある食材で適当に作って食べますが、夫が居るようになるとそうはいかないようです。

多少でも気を使って食事を用意します。

これに夫が文句を言おうものなら、たちまち口げんかになってしまうのです。

朝・昼・晩の食事が憂鬱になってくるのです。

定年前から趣味を持って遊んでいた人なら、適当に出かけて遊んでくると、主婦は助かるのです。

そして、時々夫婦で旅行したリ運動をしたり、余暇を過ごす方法を持っていることは、定年後の暮らしに心の余裕を持つことができます。

ただし、夫婦旅行も海外に出かけるには、そこそこの貯金が必要です。

定年後の質の良い余暇を過ごすためには、定年までに資金を貯めておくことも重要です。

定年までに余暇を過ごす方法を会得しておくことと、資金を用意しておくことが大切です。

ちなみに、定年後の余暇の過ごし方のランキングは、①趣味 ②仕事 ③運動で、仲間と共に楽しむ趣味が断トツでした。

でもこれらのことは、定年になってすぐにできることでもありません。

40代のあなたなら、今日から行動を起こしてください。

そして、定年になったら、余暇を楽しんでください。

どんな目標を作るか?

定年後の生活や目標をキチット設定している人は、少ないことと思います。

よくあることは、現在の多忙な生活の中で、将来時間ができたらこれを絶対にしようと心に決めていること(目標)を持つ人です。

ある人は、ロードバイクを買って、夏場に北海道を一周した人がいます。

若い時は時間が無くて挑戦できなかったのですが、念願の高級ロードバイクで無事に走り抜けたのです。

もちろん、奥さんや家族の理解があってのことですが、走り抜けた時には大きな仕事のプロジェクトをやり遂げた気分になったことでしょう。

大きな目標でなくても良いのです。

手間がかかる盆栽や花の栽培、フランス料理やイタリア料理を習って家族に食べさせたり、磯釣りや船釣りに出かけたり、ラグビーやテニスの倶楽部に入って楽しんだりと、こんな目標と素敵な仲間を持つことが大切です。

仕事も終わり、自分の時間がたくさん持てる

定年になって自宅で過ごしていると、ともかく自分の時間がたくさん持てるのです。

最初の頃は余裕ができるので、楽しい気分です。

今頃、職場のみんなは頑張って働いていると思うと、何か罪悪感が湧くこともあるようです。

特に、モーレツに働いていた人は、何か虚脱感も感じるようです。

そうしているうちに、今度は時間を持て余してしまうのです。

十分に資金を貯えている人は、お金を使って世界一周などの過ごし方や別荘で過ごすこともできるのでしょうが、並の人にとってはそうはいきません。

子どもが巣立つことも考える

自分が定年になる頃には、子供がいるとそろそろ巣立つころでもあります。

子供も結婚して子供を作り、家族が増えると巣立つことも考えておかなければなりません。

定年になって2人きりの生活になって、何か寂しくなることもあるのです。

3.子どものことについて

育児はひと段落

40代になるころには、子供もある程度成長しているので、着替えなどの自分のことも、ひとりでできるようになってきます。

育児もひと段落となります。

兄弟がいても、一番上の子が下の面倒を見てくれるようになるので、かなり楽になるのです。

幼稚園から小学校に上がって、今度は育児から子供の習い事を考えるようになってくるのです。

子供が大きくなってくると、子供同士の友達付き合いも多くなって、誰かのお誕生会だとか運動会とか、集まる機会も増えてきます。

これによって、父兄同士の付き合いもまた増えて来るのです。

何かと、忙しいことに変わりはないようです。

子どもと飲んだり深い話をしよう

子供の成長は早いものです。