社会人になって約20年が過ぎ、働くことにも慣れてきたころに40代を迎えます。

恋愛を経験してから結婚して世帯を持っている人や、まだ独身を謳歌している人まで、様々な人生があるのです。

しかし、年齢も40歳という区切りを迎えると、今一度これまでの人生について考える瞬間があるはずです。

「これでよかったのだろうか?」とか、「あの時に別の道に進んでいればどうなっていたのだろうか?」とか、寝る前に考えたりするものです。

何かトラブルが起こっていると、余計に少し前の人生に思いをはせるようです。

「あの時に軽はずみで余計なことをしてしまった」と、現在悪い状態になってしまったことを後悔していても、「あんなことをしなかったなら」と過去の決断を否定しても、それによって現在が必ずしも良い状態になっているとは限りません。

もっと悪くなっていたかも知れないのです。

「四十にして惑わず」という孔子の言葉もありますが、40代の人は、「どんなことを考えているか」、「これからどうしたいのか」などの疑問を調べてみました。

️40代になったら考えたい7個のこと!

40歳は人生の転機でもあります。

40歳になったあなたは、今から何ができるのでしょうか?「もう中年の仲間入りだ」と消極的に考える人や、「壽命も延びたことだし、まだ先は長いので好きなことを始めよう」と前向きな人もいます。

どちらの考え方も正しいのですが、この際に一度考えてみましょう。

1.仕事について

ラストスパート手前!自分の仕事をやりきろう

40歳になったら、自分を見つめ直してみようという人が多いようです。

結婚して子供も生まれていると、最愛の家族を守るためにも、きっちり収入を確保しなければなりません。

このままで(この仕事をやり続けることで)良いのかと考えることもあるのです。

会社を辞めて独立する選択肢もありますが、もし辞めて新事業を立ち上げるとすると、うまく成功するかと不安が頭をよぎります。

独立した先輩たちの失敗例や苦労を聞くと、二の足を踏んでしまいます。

もし、多少の不満があったとしても、良き仕事仲間たちや先輩、上司に囲まれているのなら、あえて荒波に突き進む必要もないでしょう。

そんな時には、自分の生活や仕事に自信をもって、さらに上を目指すように努力するべきです。

40代は誰もが一時苦しんで、考え抜いて、必死に答を探す時期なのです。

仕事仲間と何か楽しい趣味を持つと、考えも変わります。

同じ悩みを持つ人との会話にも答えが見つかるかも知れません。

40代になったら、人生のギアをトップに入れて、思い切りアクセルを踏み込むのです。

自分の仕事をやりきるのです。

定年に向けて貯蓄をする

40代の人は、定年まであと25年ほどです。

職場では、管理職になって部下を指導する立場になっている人もいます。

技能職であれば、経験を積んでいる中軸の技師の役割で、周りから信頼されている立場でもあります。

真面目に仕事を続けていれば、近い将来に幹部への昇進も夢ではないはずです。

住宅ローンを組んでいると、子供の学費やローンの支払いで、苦しい時期に差しかかるのです。

しかし、総務省の家計踏査によると、40代は収入も増えてきて収支に一番余裕がある年代だそうです。

50代になると、可処分所得は多いけれども、支出も多くなるので、40代よりは家計は苦しくなるのです。

では、定年に向けて貯蓄をするには、40代なら10年後、20年後、定年までのライフプランを立ててみて、資金繰りを確認してみることをお薦めします。

それによって、定年後の貯蓄額や必要な資金の目途が立つのです。

定年に向けて貯蓄のプランを立てて、実行するのです。

改めて資格を取るのもヨシ


資格を取るのは転職を考えているか、勤めている企業が倒産とかでリストラされる可能性があるとか、趣味で資格を取るとか、理由はさまざまです。

しかし、40代で資格を取ることは、並大抵のことではできません。

それなりの覚悟と勉強が必要です。

また、簡単に取得できる資格は、誰もが所持していることが多く、再就職の際には差別化ができないという欠点があります。

また、取得した資格が有効に活用できる業界に、働き口があるかどうかも分かりません。

その中でも人気があるのは、不動産系の資格です。

比較的容易に資格が取れることと、国の支援で実施される建設工事が多く、まだまだ不動産業界や建設業界では、2020年のオリンピックまでは成長が持続すると予想されるからです。

人気が高いのは宅建で、資格も短期間で取ることも可能です。

その他、マンション管理士、インテリアコーディネーター、ファイナンシャルプランナー、建設業経理しも、実務経験なくても受験できるのです。

育児が落ち着いてきたなら再就職も

女性の場合は、40代になるころには子供も大きくなり、自分の時間に余裕が生まれて来る時です。

最近40代の女性が、子育てをしながらキャリア人生を再スタートさせることが増えてきたようです。

以前は、40代にもなると正直再就職は難しいし、受け入れ先もそれほど無いのでは?と始めから諦めていたと思います。

しかし、時代は変わってくるのです。

主婦向けの求人数は、2012年1月を基準にすると、なんと10倍近くに増えているのです。

それに、主婦の応募者も40代を中心に6~7倍に増加しているのです。

俗にいう団塊の世代のジュニア世代が主流なのです。

企業側にも事情があります。

仕事が順調に増えてきたけれども、肝心の労働者が不足しているのです。

団塊ジュニアの男性陣は、今や企業の中核となってバリバリと働いて、企業をしっかり支える人材になっています。

そこで家庭で眠っている人材は、企業側から見ても、子育ての負担があるだけで立派な人材と認識しているのです。

現在の40代の女性は、見た目も行動も若々しくて、しかも時代感覚も優れている人が多いのです。

子育てのために、埋もれてしまっているだけなのです。

おまけにインターネット事情にも詳しく、パソコンも自在に操れるスキルを持っていたり、中には英語などの語学に堪能な女性も埋もれているのです。

以前に、大手の企業で働いていた経験があると、即戦力にもなるので、積極的に検討する企業も増えてきたようです。

後は、企業側の受け入れ態勢(時間的な制限)や処遇についてキチンとマニュアルを作っておけば、優れた40代の人材が確保できるのです。

主婦側の問題点としては、
①仕事時間の確保
②職場の受け入れ態勢や仕事のブランク
③夫の理解と協力
④保育園の確保
などが上げられます。

2.定年後について

定年後のビジョンを想像する

40代の人にとっては、定年という言葉はまだまだ先のことで、正直真剣に考えることはないと思います。

自分の周りに、定年になって苦労している人をみると、自分の場合はどうなるのだろうと、漠然と考えているのです。

定年後を想像してまず考えることは、自分や配偶者、兄弟や家族、こどもや孫の健康と生活、自分達夫婦の生活費(貯金や年金)や介護についてでしょう。

まずは、それぞれがキチンと生活できる環境を想像します。

次に、定年後の生き方(仕事、趣味や遊びなど)を考えます。

これらの予想を、横軸に年代を並べたグラフにして、簡単でも定年後のビジョンを書いてみると、その時の様子が想像できるのです。

余暇でしたいことは?

定年後は、これまでとは異なる生活パターンになるので、ともかく余暇が生まれるのです。

家で一日中過ごしていると、一番気を遣うことは以外にも食事なのです。

夫が働きに出て主婦が留守番の場合は、お昼ご飯は冷蔵庫にある食材で適当に作って食べますが、夫が居るようになるとそうはいかないようです。

多少でも気を使って食事を用意します。

これに夫が文句を言おうものなら、たちまち口げんかになってしまうのです。

朝・昼・晩の食事が憂鬱になってくるのです。

定年前から趣味を持って遊んでいた人なら、適当に出かけて遊んでくると、主婦は助かるのです。

そして、時々夫婦で旅行したリ運動をしたり、余暇を過ごす方法を持っていることは、定年後の暮らしに心の余裕を持つことができます。

ただし、夫婦旅行も海外に出かけるには、そこそこの貯金が必要です。

定年後の質の良い余暇を過ごすためには、定年までに資金を貯めておくことも重要です。

定年までに余暇を過ごす方法を会得しておくことと、資金を用意しておくことが大切です。

ちなみに、定年後の余暇の過ごし方のランキングは、①趣味 ②仕事 ③運動で、仲間と共に楽しむ趣味が断トツでした。

でもこれらのことは、定年になってすぐにできることでもありません。

40代のあなたなら、今日から行動を起こしてください。

そして、定年になったら、余暇を楽しんでください。

どんな目標を作るか?

定年後の生活や目標をキチット設定している人は、少ないことと思います。

よくあることは、現在の多忙な生活の中で、将来時間ができたらこれを絶対にしようと心に決めていること(目標)を持つ人です。

ある人は、ロードバイクを買って、夏場に北海道を一周した人がいます。

若い時は時間が無くて挑戦できなかったのですが、念願の高級ロードバイクで無事に走り抜けたのです。

もちろん、奥さんや家族の理解があってのことですが、走り抜けた時には大きな仕事のプロジェクトをやり遂げた気分になったことでしょう。

大きな目標でなくても良いのです。

手間がかかる盆栽や花の栽培、フランス料理やイタリア料理を習って家族に食べさせたり、磯釣りや船釣りに出かけたり、ラグビーやテニスの倶楽部に入って楽しんだりと、こんな目標と素敵な仲間を持つことが大切です。

仕事も終わり、自分の時間がたくさん持てる

定年になって自宅で過ごしていると、ともかく自分の時間がたくさん持てるのです。

最初の頃は余裕ができるので、楽しい気分です。

今頃、職場のみんなは頑張って働いていると思うと、何か罪悪感が湧くこともあるようです。

特に、モーレツに働いていた人は、何か虚脱感も感じるようです。

そうしているうちに、今度は時間を持て余してしまうのです。

十分に資金を貯えている人は、お金を使って世界一周などの過ごし方や別荘で過ごすこともできるのでしょうが、並の人にとってはそうはいきません。

子どもが巣立つことも考える

自分が定年になる頃には、子供がいるとそろそろ巣立つころでもあります。

子供も結婚して子供を作り、家族が増えると巣立つことも考えておかなければなりません。

定年になって2人きりの生活になって、何か寂しくなることもあるのです。

3.子どものことについて

育児はひと段落

40代になるころには、子供もある程度成長しているので、着替えなどの自分のことも、ひとりでできるようになってきます。

育児もひと段落となります。

兄弟がいても、一番上の子が下の面倒を見てくれるようになるので、かなり楽になるのです。

幼稚園から小学校に上がって、今度は育児から子供の習い事を考えるようになってくるのです。

子供が大きくなってくると、子供同士の友達付き合いも多くなって、誰かのお誕生会だとか運動会とか、集まる機会も増えてきます。

これによって、父兄同士の付き合いもまた増えて来るのです。

何かと、忙しいことに変わりはないようです。

子どもと飲んだり深い話をしよう

子供の成長は早いものです。

少し前までは、学校の行き帰りに付き合っていたのに、今では学校の帰り道でどこかに寄り道したリ、行動範囲が広くなってきます。

高校から大学と受験地獄を通り抜けて、今は大学生として勉学に励んでいるようです。

そうするうちに、成人式を迎えるようになって、子供もとうとう二十歳になるのかと感慨深くなってしまいます。

子供が二十歳になったら、一緒にお酒を飲みたいと願う父親もいます。

小さい時から面倒を見てきたので、お酒を飲める年になったことが嬉しいのです。

子供の気持ちとは別に、父親は一緒に飲める機会があったら嬉しいと勝手に思ってしまうのです。

お酒を少し飲んで、父親と親身な話をするには、普段からよく話をしていたり相談をすることができていることも必要かと思います。

急に真剣に話をすることは、気恥ずかしくてできないと思います。

二十歳で子供がまだ大学生なら、就職の話や仕事の取り組み方、異性との交際や結婚観など、ひと通りの話題には事欠かないでしょう。

子供も、たくさんの悩みや苦しみも抱えていると思うので、相談相手に父親を指名してくれれば、親としては嬉しい限りです。

人生の先輩としてアドバイスをしてあげよう

両親も、人生の先輩としていろいろとアドバイスもできるのです。

自分の子供なので、性格も充分把握しているし癖も知っているので、的確なアドバイスができるはずです。

でも、二十歳になった子供には、社会生活をして行く上での基本的なことをアドバイスするのもいいかもしれません。

もし自分の子供が二十歳になったらと仮定すると、好きな人ができたら家族に紹介しろよとか、2人で遊びに行けるパワースポットとか、酒は飲み過ぎるなよ、ギャンブルには手を出すなとか、ごくごくあたり前の道徳的なことを話していると思う。

しかし、もっと大事なことは、法的な義務や制限が発生することです。

①国民年金への加入義務が発生すること。

(すでに働いている時は厚生年金になります)
②犯罪を犯して逮捕されると、マスコミで顔写真付きで報道されること。

(少年法から刑法に)
③裁判員に選任される可能性があること。

さらには、
④酒が飲めるし煙草も吸える
⑤公営ギャンブルに参加できる
⑥親の同意なくても結婚できる
⑦親の同意なくても契約ができる(ローン契約やマンションの賃貸契約など)
⑧少し前までは選挙権でしたが、今は満18才に引き下げられました。

⑨その他 10年のパスポートや中型自動車免許の取得ができます。

こういった、基本的なことは伝えたいですね。

まあこれらは、一緒に酒を飲みながらよりも、しらふの時が良いかもしれません。

4.夫婦仲について

夫婦仲は順調ですか?

40代になったあなたは、昼も夜も夫婦仲は良いですか?というのも、子育てに追われて疲れていると、つい夜の営みもおろそかになっていませんか?

男性は、仕事帰りに同僚と一杯飲んで、夜遊びができるかもしれませんが、女性の場合はそう簡単に羽目ははずせないのです。

しかし、40代の女性はまだまだ若々しく魅力的なので、化粧をすると男性の目を引いてしまいます。

男性が夜の営みが苦手であったりEDの傾向があると、夫婦仲はギクシャクしてきます。

最初に、昼も夜も夫婦仲は良いですか?と質問したのは、40代では男女ともに性欲が高まる年代だからです。

この問題は、あまりオープンにできない繊細な事情なので、もし性欲の差が大きく違っていたなら、話し合って見ることも必要です。

男性が外に愛人を作ったり、女性が不倫に走ったりする可能性があるからです。

思いやりは捨てちゃダメ

40代になると、夫婦の間でも、仕事仲間の間でも、それぞれの人間性が顕著に表れてくるのです。

それぞれの個性が強くなってくる年代なのです。

独立して見事に成功した人や、残念ながら離婚して家庭がバラバラになった人、若くして癌や脳梗塞にかかり不自由な身体になってしまった人など様々な人が出てきます。

夫婦の間でも、今までは我慢してきたが、やはりこれだけは譲れないと宣言したりすることもあります。

そうだったのかと理解して修正してあげる気持ちがあれば良いのですが、何を今頃と反発すると関係が悪化するのです。

人生の折り返しにきたところで、いろんな事情は改めてリセットするぐらいの思いやりも必要です。

話し合うと、お互いに我慢していたことや直してほしいことも分かるものです。

子供も同じです。

独立するようになると、反抗期を迎えて口答えすることも多くなります。

上から目線で一方的に押さえつけることなく、話し合うことも大事だと教えて、議論するような思いやりは捨てちゃダメなのです。

たまには2人で旅行へ行こう


これまでの人生でも、いろいろと問題や危機があったはずです。

両親のこと、子供のこと、知人や親戚のこと、数えるときりがない程です。

そんなことを2人で乗り越えてきたのです。

何も考えずに、のんびりと2人で旅行に出かけて、心の洗濯も必要なのではないでしょうか?

時間がないなら2人きりで食事を

改まって旅行に行くことが難しいなら、まずは2人きりでとっておきの場所で、食事をすることでも良いのです。

誰にも邪魔されずに、いつもと違う場所で2人きりになるのは、新鮮でリフレッシュできるのです。

昔のあの頃を思い出して

知人の旅行の話を聞いている時に、そうだ昔私たちもその場所に行ったことがあると、懐かしく思い出すこともあります。

自宅に帰ってから、2人で当時のことを思い出しながら思い出話をして行くと、いままで忘れていたことを思い出すこともあります。

あの時に、君があんな行動を取ったのは、そんな理由だったのか、と改めてパートナーの配慮に気付いて恥ずかしく思うこともあるのです。

若い頃、お互いを気遣って控え目に行動したことも、今となっては笑い話になることもあるのです。

5.友達付きあいについて

友人と呼べる人は何人いますか?

精神的に若々しく生きるには、心を許して話ができる友人が必要です。

暇になったり気分が滅入った時に連絡して、いつでも合流して遊ぶのです。

少し間違ったことを言っても、笑って許してくれる友達は大切です。

あなたは、そんな友人は何人いますか?

友達はいつまでも大切なもの

困った時に直ぐに気軽に相談できるのは、気心の知れた友人です。

こんなことを聞いたらバカにされると思うと、先輩や家族にもうかつに聞けません。

その点、友達は親切で大切な存在です。

悪い事や良いことなどの情報も教えてくれて、困っていると励ましてくれるのです。

友達は、いくつになっても同じような友達なのです。

時代を超えて、いつまでも友達で大切なのです。

学生時代の友人とたまに会ってみる

学生時代の友人とは、就職してからなかなか会わないものです。

同窓会も都合が悪くて欠席すると、なおさら会うことが難しくなります。

学生時代に仲が良かった友人と、40代になっても会い続けている人も多いようです。

お互いに、容姿も変わり家族もいろんな事情があったりと事情があるようですが、そんなことを素直に話せて、アドバイスを受けたり共鳴してもらったりと、お互いの気が合うならたまにあって話をすることは良いと思います。

ママ友さんとも上手くお付き合い

子供の成長に合わせて、いろんなママ友とのお付き合いがあります。

子供同士が仲が良いからと言って、ママ友もうまくいくとは限りませんが、それなりのお付き合いが必要になります。

子供が多い人は、子供の年代に合わせてママ友ができますし、顔見知りのママ友もたくさんいることもあります。

そんな顔の広いママ友とは、上手くお付き合いしておくのが大切です。

顔が広くて力のあるママ友とは、特につかず離れずの関係で過ごしたいものです。

サークルなど趣味で広がる輪

時間に余裕ができてきて、身体も健康なら何か運動サークルに入って、身体を動かし汗を書くことも大切です。

時には心臓をフルに動かして、気持ちの良い汗をかくのも心身共に気持ちの良いものです。

多少のストレスも発散できるからです。

身体を動かすことが苦手な方は、手先と頭を使うような趣味のサークルが良いと思います。

こんなサークルに入っていると、また新しい仲間ができて輪が広がるのです。

6.美意識について

40代になっても女性らしく♪

最近は女性の美意識が高く、高齢になっても女性は化粧をして歩くのです。

70代の美しい女性がマスコミにも登場します。

ジムに行くと、昼間では中高年の男女でいっぱいです。

イヤホンで好きな音楽を聞きながらマシンで走ったり、ヨガやエアロビクスを習ったりと活発に運動しています。

終えて帰る時にはバッチリと化粧をして、幼稚園に子供を迎えにいく40代の女性もいます。

家庭も落ち着いていて、適度に運動をして汗をかいている女性には、魅力を感じるものです。

現代では、40代はまだまだ若いので、女性の魅力は充分発揮できるのです。

40代のあなたは自信を持って女らしく振る舞ってください。

ただ注意することは、若い男性の中で、年上の女性に憧れている人も多いようです。

40代の女性は、色気と魅力が溢れているので、年下の男性の憧れになっているのです。

もしかしたら、求愛されるかも!くれぐれも間違いを起こさないようにしてください。

スキンケアを変える

30歳を越えると、お肌は曲がり角に差しかかっています。

40代になると、ひとつ注意しておくことがあります。

それは、そろそろ女性ホルモンのバランスが乱れてくるころなのです。

50代を越えると、排卵が終わって女性ホルモンの排出が止まってしまいます(もちろん個人差はありますが)ので、自律神経の乱れや骨粗しょう症、更年期障害などの病気の心配も出てきます。

40代はその前の段階で、間違いなくホルモンバランスも乱れ始めるのです。

生活習慣が乱れたり、ストレスや疲労、睡眠不足が重なると、直ぐにお肌に異常をきたすのです。

それと、長年紫外線を浴びてきていますので、シミ、シワ、たるみが目立つようになり、肌の潤いも少なくなって化粧のノリも悪くなるのです。

化粧台の前に座って自分の顔を見ていると、肌の衰えが自覚してくる年代なのです。

40代になって気がついてからでは遅いので、みなさんは早めにスキンケアをしていることと思いますが。

40代になって特に具体的に感じることは、お肌の乾燥だと思います。

この原因は女性ホルモンのエストロゲンが減ってきているためで、肌の水分保持成分が減少するからです。

また、肌のターンオーバーも長期化して肌の代謝も遅れてきます。

女性ホルモンの補充が必要です。

次に、紫外線対策です。

肌が乾燥しているとバリア機能が低下してしまい、紫外線が肌の奥の真皮にまで到達します。

この影響で、肌の組織が異常をおこしてシミ、シワ、たるみを引き起こすのです。

40代のスキンケアは、保湿対策を強化したセラミド配合の化粧品や、真皮コラーゲンの強化にはビタミンC配合化粧品をまずお薦めします。

疲れやストレスが強い時に、肌が敏感になる時があるので、こんな時には敏感肌用の合成着色料や合成香料、アルコール類を含まない化粧品も用意しておくのも必要です。

外出する時には、紫外線防止のクリームや服装も大切です。

最近人気なのは、プラセンタエキスを含む化粧品で、若さを取り戻して美肌効果もあると口コミされています。

人間の胎盤は医療機関で利用されますが、市販されているのはは豚か馬のプラセンタが中心です。

このように、40代になってくると、体質的にも変化してくるので、スキンケアの方法も変えていくことが必要です。

筋トレや運動をする

40代になると、肥満に悩んでいる人も多いのです。

少しでも痩せたい、ダイエットしたいという願望があるのです。

ダイエットのために適度な運動が必要と思いますが、それ以外にもアンチエイジングにも効果があるのです。

ジムで活発に運動している高齢者の人達は、肌もツヤがあるし表情もイキイキしていて声も大きいのです。

つまり、アンチエイジングの効果があるのです。

運動をして汗をかいて、肌のターンオーバーも早めれば、お肌の新陳代謝も正常になってきます。

激しすぎると体調がかえって悪くなりますが、適度な有酸素運動と筋トレを継続することで、アンチエイジングにも、気分転換にも効果があるのです。

車を使いがちな生活では、歩くことが少なくなってしまい、将来の健康寿命も短くなるので、今から筋トレや運動は進んで行いましょう。

ファッションやメイクも上品に

40代の女性は、子育ても行い家庭も守り、若い人達から見ると憧れの対象なのです。

どんな化粧をしているのか、どんな服を着こなしているのか、実はきっちりと観察されているのです。

ファッションやメイクも上品に、手本となるように気を配ってください。

7.健康や病気について

40代女性の不安は、健康や病気についてです。

卵巣の機能も衰えてくるので、更年期障害も考えておく必要があります。

40代から、若年性更年期(プレ更年期)と言われる症状が出ることがあります。

これは、更年期障害と同じような症状が出るのが特徴です。

やはり、ホルモンバランスが乱れてくるからです。

それ以外にも、乳がんや子宮筋腫にも気を付けて、検診にも参加することを心掛けましょう。

病気にならない規則正しい生活

普段は問題ないのですが、疲労が重なったり睡眠不足が続くと、心と身体に異常をきたすことがあるのです。

どうしても頑張る必要がある時は仕方がないですが、できるだけ規則正しい生活を送ることが病気の予防に効果があるのです。

食事、運動、睡眠の規則正しい生活習慣を守ることです。

食生活も正して


年を取ってもキレイな人は、食生活にも気をつけています。

暴飲暴食はもっての外ですが、
①糖質を摂りすぎない(老化の原因)
②たんぱく質を欠かさない(筋肉、肌、骨の原料)
③旬の食品を食べる(栄養が豊富)
④主食を制限し過ぎない(米もパンも必要量食べる)
以上を守りながら適度な運動をすると、腸内環境も改善されてお肌のトラブルも少なくなって着ます。

足腰を鍛えておく

年齢を重ねるたびに、体力が低下してきます。

健康に美しく長生きするためにも、普段から足腰を鍛えておくことも大切です。

骨密度を上げるためにも、足腰を鍛えることが必要です。

健康診断はきちんと行く

企業に勤めている時は、会社の健康診断を必ず受けることが義務付けられていますが、家庭にいる女性には義務がありません。

各地の市町村で行っている健康診断にはできるだけ受診するようにしましょう。

40代からは、多くの病気の予備軍となっている場合が多いのです。

脳卒中や癌、糖尿病や腎臓病が低年齢化しているのです。

お酒の飲み過ぎには注意

お酒は適度に飲むのは良いのですが、飲み過ぎ、ましてやアルコール中毒のように多量に飲み続けることは、高血圧や脳卒中、脂質異常を引き起こします。

くれぐれもご注意ください。

️40代の生活を考えよう

これから40代になるあなたへ

おおよそで言うと人生は80年ですね。

(厳密には厚労省によると平均寿命は男性81歳、女性87歳/2016年)そうすると、40歳はほぼ人生の真ん中あたりなのです。

今までは、まだまだ長い人生と思っていたけれど、現実にはもう折り返しに来ているのです。

これを自覚するのが40代になる手前なのです。

若いと思っていた感覚が、老いて行くという感覚に変化する時なのです。

40代になる時に、あなたが認識することは、人生の後半に突入することです。

あなたが人生でやり遂げたいと思っていたことは、準備が完了していなければなりません。

40代になる人に伝えたいことは、
①人生の後半に入るのですよ。

②人生でやりたいと思ったことの準備はできていますか?
③あなたの寿命(これからの40年)を生き抜く体力はありますか?
④家族と資金計画はできていますか?
⑤良き話し相手(友人)はいますか?

40代になったあなたへ

40代になったあなたには、次の言葉を送ります。

①あなたの人生の残りの時間は限られてきます。

②だんだんと体力は衰えてきます。

③ダメージを受けると、回復に時間が掛かります。

④50代、60代、70代の生き方(家族、健康、資金、仕事)を考えてください。

⑤後半の人生では、大きな賭けは避けるべきです。

(自己責任)
⑥パートナー、家族を愛して、頼られる人になってください。

⑦世の中の弱者に目を向けましょう。

(できる範囲の支援を)
⑧他人にも優しく接しましょう。

️40代、まだまだ人生楽しもう♪

40代は、体力も気力もまだまだ若いのです。

仕事に趣味に、そして恋愛にも挑戦できるのです。

自分の生活のリズムを掴んで、楽しもうではありませんか!