「彼氏と話したいことがいつもたくさんある。」そんな女性の気持ちに比べ、男性は「今日は疲れたから、このまま寝たい…。」「毎日夜になると彼女から電話がかかってくる。」などと、彼女との電話の頻度について、男女で温度差があるようです。

話したい女性に対し、男性は自分の今目の前にあることに集中したり、リラックスしたりしたいと思うところがあるようです。

そんな男女の本音を徹底リサーチすることと、長続きするカップルになるためにはどのようなことに気をつけていかなければならないのかをご紹介していきます。

こちらの記事を読むことで、最近恋人との電話にちらほらモヤモヤした気持ちが出てきた場合、どのような距離感で電話をすると良いのか一緒に考えていきましょう。

彼氏・彼女の電話頻度はどれくらい?

カップルの人であれば、電話の頻度はどれくらいになりますか?

カップルによっては1日何回も連絡を取り合うカップルもいれば、2〜3日に1回電話の連絡をすると言う方もいるのではないでしょうか?

さらに、お付き合いが始まったばかりのカップルの場合、電話の頻度が高くなることも考えられます。

しかし、長いお付き合いになりマンネリ気味のカップルであれば、スローペースの2〜3日に1回位のケースで電話をしているのかもしれません。

このように、カップルの付き合う期間や、お互いマメな性格、マメではない性格、など様々な要素が複合的に絡まり、彼氏や彼女との電話の頻度が変わってくるようです。

いつ、どんな時も電話でつながっていたい…♡

いつ、どんな時でも電話でつながっていたいと思っているのは、案外女性の方が多いのかもしれません。

特に、女性の場合話をすることで頭を整理していたり、話すことによりストレス発散していることがあります。

また、いつ、どんな時でもつながりを感じていたい気持ちから、電話をして声を聞きたい、今何しているのか気になるなどを探っていることもあります。

また、常に仕事をしていたり勉強していても心の片隅には彼氏の存在があり、また暇ができればすぐにでも連絡を取り合いたいと思っているところもあるようです。

このように、どんなときも電話でつながっていることで、女性にとっては安心感につながるところもあるようです。

男性が考える彼女との電話頻度


男性が彼女との電話の頻度を考える場合、どのようなパターンがあり、どのような電話の頻度になるのでしょうか?

ここからは、具体的に男性が考える電話の頻度と、彼女に対してどのように感じ、接しているのかを合わせてご紹介していきます。

電話をする頻度により男性、つまり彼氏の心模様が分かってしまうことがあります。

さらに、男性が彼女に対してどのような気持ちでいるのかを反映しているところもあります。

そのため、電話の頻度が愛情のパラメーターになることもあり、電話の頻度が落ちることによりマンネリ化していたり、心が覚めてしまっている状態になることも考えられます。

それでは、具体的にどのような電話頻度になるのか参考にしてみてくださいね。

2〜3日に1回

2〜3日に1回の電話のペースは、案外普通の電話頻度なのかもしれません。

安定したお付き合いをしているカップルに多い傾向があります。

また、毎日連絡をしなくてもメールでのやりとりで済ましているため、特に電話をしなくてもつながりを感じられる環境なのかもしれません。

さらに、毎日電話することで、義務のようになってしまう気持ちから毎日の電話ではなく、2〜3日に1回位のペースが男性にとっては心地よく感じるペースになるようです。

しかし、付き合いたてのカップルや、ラブラブな期間が長いカップルにとっては2〜3日に1回のペースでは頻度が少なく感じてしまうこともあります。

カップル同士の熱の温度にもよりますが、2〜3日に1回のペースは一般的なペースなのかもしれません。

毎日

毎日電話をしているカップルは、付き合い始めのカップルに多い傾向にあります。

そのため、まだまだこれからお互いの距離感や相手を探っているところもあり、とりあえず毎日電話している状況が続いていることも考えられます。

しかし、毎日電話することが続くと、お互いに負担になってしまいます。

どれだけ好きな相手でも毎日続ける事はかなり忍耐力が要る作業にもなります。

そのため、お互いの距離感がわかってきたところで毎日の電話連絡ではなく、2〜3日に1回のペースの電話連絡に変わることもあります。

例外で、長いお付き合いでも毎日電話をしたいカップルもいます。

例えば、遠距離カップルの場合、昼間のやりとりはあまりせず夜に少し話をして1日を終えるカップルも多いようですね。

1週間に1回

1週間に1回のペースの場合、お互いの電話連絡時間が合わないことも考えられます。

また、彼氏や彼女がめんどくさがり屋だったり特に、緊急の連絡がない場合でも連絡はしなくていいと思ってるところもあるようです。

また、週末だけ彼女とゆっくり電話をしたいと言う人も、これくらいのペースになります。

さらに、マンネリ化しているカップルもそれほど頻繁に連絡を取り合わないかもしれません。

また、お互い忙しくなかなか携帯に触る時間もない場合、1週間に1回位のペースになってしまうことも考えられます。

しかし、1週間に1回の電話では、女性は寂しく感じることもありそうです。

しかしお互いに面倒臭がり屋であればこれくらいのペースが1番ゆとりを持って電話ができるペースなのかもしれません。

全く電話はしない

全く電話しないカップルの中には、すべてメールやLINEでのやりとりで済ませてしまう場合があります。

また、頻繁にメールやLINEをしていることから、特に電話はしなくても大丈夫と言うカップルも多いのではないでしょうか?

さらに、朝起きてから夜寝るまでに複数回のメールでのやりとりを行っているため、特に電話で話さなくても大丈夫と思い合っているところもあるようです。

このように、全く電話しないカップルの中にはマイナスな意味ではなく、特に頻繁にやり取りをしていることから電話は特に必要ない場合もあります。

しかし、昼間に全く連絡を取り合っていないにもかかわらず、全く電話しない場合自然消滅してしまっていることが考えられます。

また、全く電話をしないことからお互いに愛が覚めていることも考えられます。

女性が考える彼氏との電話頻度

それでは、女性の場合彼氏との電話頻度はどれくらいが理想だと感じているのでしょうか?

女性の場合、男性と話をすることでその日にあった出来事を話したいと感じていたり、相手の声を聞いて安心することもあります。

また、相手の声を聞きたい場合にも電話の連絡頻度が上がる場合もあります。

このように、男性が考える電話頻度と女性が考える電話頻度には少々温度差が考えられ、また、男性とは違い女性の場合連絡を取り合う時の電話ではなく、やりとりやコミニュケーションを楽しみたい1つのツールになっていることも考えられます。

このようなことから、女性が考える彼氏との電話頻度はその頻度により、気持ちも多少変わってくることがあります。

2日に1回

2日に1回の電話頻度の場合、女性にとっては1日おきの電話頻度になります。

そのため、これぐらいのペースが非常に心地よく感じるところがあり、毎日電話してしまうことで相手に「重たい。」などと思われない程度の頻度に抑えていることもあります。

また、本当は毎日電話したいけれど、彼氏との関係を考慮し2日に1回のペースで電話連絡をしていることも考えられます。

このように、女性の場合男性に比べると若干短い電話頻度やペースになりますが、これらをきちんと守ることで、お互いのペースや感覚を取り入れ、お互いがストレスなく電話できる頻度に考えられているのかもしれません。

このようなことからも、女性の場合最低2日に1回位は、彼氏の声を聞いたり電話連絡を取り合いたいと思っているところがあるようです。

1週間に1回

1週間に1回の電話の場合、女性側もかなり寂しく感じているのではないでしょうか?

しかし、めんどくさがり屋でできれば電話もこれぐらいがちょうどいいと言う人もいます。

一般的に考え、1週間に1回の電話ではかなり寂しい気持ちになってしまいます。

しかし、昼間に彼氏と会うことができていたり、同じ学校や同じ職場で毎日顔合わせるような場所にいることで、特に電話連絡はしなくていいと考えている場合もあります。

また、お互いに忙しいもの同士の場合たとえ会えなくても1週間に1回の電話で心が癒されることもあります。

このように、1週間に1回の頻度の電話連絡を行っているカップルの場合、お互いの生活状況や仕事状況等により毎日電話を行うことができない場合もあり、さらに彼女自身がめんどくさがり屋の場合これぐらいの頻度がちょうどいいのかもしれません。

毎日

付き合い始めのカップルや、まだまだラブラブなカップルは毎日連絡を取り合いたいと思うようです。

また、女性の本音の奥にはできれば毎日やり取りや電話をしたい気持ちがあることと、何より「彼氏の声が聞きたい。」と切ない気持ちになるようです。

男性にはあまりない傾向ですが、女性の場合夜になると1人になり、男性のことを考えてるうちに声が聞きたくなってしまうこともあるようです。

さらに、毎日電話することでその日の状況や彼氏の様子を伺うこともできます。

また、毎日電話をすることで彼氏とつながっていることを確かめたい気持ちや、彼氏が何をやっているのか気になるところもあり、毎日連絡を取りたいのかもしれません。

【結論】恋人との電話頻度は2〜3日に1回がベスト

男性の場合、女性の場合で電話の頻度についていくつかご紹介してきました。

これらのことを加味した上で総合的に判断していくと、恋人との電話頻度は「2〜3日に1回」位のペースがちょうどいいのかもしれません。

さらに、恋人との電話連絡を2〜3日に1回のペースにすることで、お互い無理がなく電話連絡を楽しめる状況になると考えられます。

これ以上増えても、減ってもお互いの負担になることが考えられます。

また、1日おきの電話や2日おきの電話であればお互いに心のゆとりを持ち、話をすることができそうです。

あなたは、この結果にどのように感じましたか?

また、毎日電話したい人や、それほど頻繁に連絡を取り合いたくない人など意見は様々だと思います。

しかし、2人に似合うペースを見つけていくことで、2人の居心地が良い方法を1番に考えていきましょう。

毎日電話すると飽きられてしまう?!

恋人同士でも、毎日電話をしてしまうことで飽きられることもあります。

毎日長電話されることにより相手から「重たい」「しんどい」などと思わせてしまうようです。

毎日電話することは、お互いにその日の報告をしたりコミニケーションを取り合う1つのツールとして連絡する場合がありますが、長電話になってしまうことで相手も時間を奪われることになります。

お互いゆっくりと落ち着いた時に連絡できれば良いのですが、長電話をされることでなかなか自分のやりたいことができない場合、毎日かかってくる電話や長電話がストレスになってしまうことも考えられます。

あなたは、恋人と毎日頻繁にメールをしているにもかかわらず、さらに追い打ちをかけるように電話をしていては、相手から飽きられてしまう存在になってしまうことも考えておきましょう。

相手の負担にならないように振る舞えることも大切です。

電話しないのもちょっと寂しいかも!


電話がないことでお互いに慣れてしまったカップルも、1週間に1度の電話やあまり連絡をしないカップルも、ちょっぴり寂しい気持ちがします。

お互いにそれで納得していれば良いのですが、「自分から電話をして、立場が逆転したくない。」など、変な意地を張るのはやめましょう。

恋人同士でお付き合いをしているなら、上も下もありません。

対等の立場になりますので相手をコントロールしようとしたり相手の意見に耳を傾けないような状況では、相手もあなたと一緒にいることが苦痛に感じてしまいます。

電話があり過ぎるのも負担にはなりますが、電話がないことであれこれ考えてしまっていては結局それも負担につながります。

2人の程良い距離感を考えつつ、程良い電話頻度を心がけ、お互いの愛を確かめていきましょう。

彼女と電話する時の通話時間のベストは?

彼女との電話の通話時間って案外気になりませんか?

一般的なカップルは彼女と電話するときの通話時間がどれくらいなのか気になるところもあると思います。

また、彼女と電話することで何気ないやりとりが心の安心につながるところや、彼女に対しての思いを改めて再確認する場合もありそうです。

しかし、彼女が長電を始めたり、彼女との電話がなかなか切れない場合あなた自身の負担になってしまうことが考えられます。

このように、彼女と電話するときの通話時間って、2人の交際にも案外影響してきそうに感じませんか?

彼女と電話するときの通話時間をよく考えることで、お互い負担にならない付き合い方ができるのかもしれません。

大好きな彼女といつまでも仲良く付き合いをしていきたいのであれば、お互いの譲り合いのできる範囲内での通話時間に留めておきたいところです。

5分〜10分未満

5分〜10分未満の場合、ちょっぴり短い気持ちになります。

また、必要事項だけ話をして連絡を切る感じになることもあります。

ただ、何を話ししていいかわからないカップルの場合、これくらいの短い時間がちょうどよく感じる場合もあります。

さらに、5分〜10分未満の通話の場合、無料電話の範囲内で通話することもできそうです。

このように、5分〜10分未満の連絡は案外寂しそうに感じますが、男性の場合これくらいの通話時間がさっぱりしていてちょうどいいと思うこともあるようです。

また、あまりダラダラ長く話をされることで、自分の時間も奪われてしまいますので、長電話が始まる頃に彼氏もイライラしてくることでしょう。

また、重要な話でない話を聞かされることで、彼氏もどのように答えていいのか分からなくなることもあります。

また、短い時間の電話にすることで、後はメールやLINEでやりとりしたいと考えている場合もあります。

10分〜20分未満

10分〜20分未満のやり取りの場合、程良い時間帯なのかもしれません。

ただし、無料通話ができるLINEなどでの通話がおすすめです。

10分〜20分未満の通話であればお互いに負担になりにくい時間帯になります。

そのため、特に話がない場合短すぎる電話も寂しくなりますが、10分〜20分未満の電話にすることでお互いに楽しい時間を共有することもできそうです。

ほどよく話が弾んだ所での電話のやりとりになりますので、お互い気持ちよく電話を切ることができそうです。

このように、10分〜20分未満の通話時間であれば長すぎず、短すぎずちょうどいい長さの通話時間になりそうです。

また、10分〜20分未満より短い電話や長い電話はお互いの負担になってしまうこともあり、注意が必要です。

1時間以上

1時間以上電話する場合、特に2人で話が盛り上がる場合オススメになります。

しかし、ダラダラ電話や、何かやりながらの電話はオススメすることができません。

また、毎日1時間以上電話してしまうことで相手の負担になってしまう事は間違いありません。

また彼女からの連絡が来るたびにドキドキやな思いをしてしまうのかもしれません。

このように、1時間以上の通話をすることでお互いのリラックスタイムやくつろぎたい時間帯を奪われるだけでなく、彼女のだらだらした話に付き合わされることで、彼氏もそんな長電話が苦痛になってくることも考えられます。

普段の付き合いは特に問題はなくても、リラックスした時間に1時間以上毎日電話がかかってくることで負担になるだけでなく、やりとり自体が苦痛に感じてしまうこともあるようです。

【結論】ベストな通話時間は10分〜1時間以内

ここでの結論は、彼女とのベストの通話時間はやはり10分〜1時間以内がベストだといえます。

これ以上少なくても、これ以上長くてもお互いに負担になります。

また、10分以内で連絡ややりとりを済まされることで、彼女はあなたに対して「冷めた」と感じるようになるかもしれません。

また、1時間以上の長電話はあなたにとって負担になります。

1時間以上話したところで、あなたから無理矢理電話を切ってしまうのも、なんだかぐずぐずした感じになりそうです。

また、電話の切り方によっては彼女を不機嫌にさせてしまうこともありなかなか自分から電話を切るタイミングを伝えられなかったりすることもあります。

しかし、どうでもいい内容のダラダラ流殿子にいつまでも付き合わされるのもまっぴらごめんです。

男らしくがつんと言いたい気持ちもある中で、やはり、彼女との仲を最優先に考えたやりとりをしたいと考えてしまうようです。

電話する時間はいつがいい?タイミングも徹底調査

それではここからは、電話する時間帯は大体どれくらいなのでしょうか?

ここからは、そんな電話する時間やタイミングについていくつかご紹介していきます。

2人のベストなタイミングが見つかっている場合、こちらの記事を参考にする必要はありません。

しかし、付き合い始めのカップルやなかなかお互いのタイミングがつかめないカップルの場合、次こちらの項目を参考に電話する時間がいつがいいのかを確認していきましょう。

さらに、タイミングがずれてしまうことでお互いに気持ちよく電話することができません。

お互いがきちんと向き合い、通話することができる時間帯を狙うことで、今後2人のお付き合いに影響することも考えられます。

お互い気持ちよく電話を楽しみたい気持ちから、お互いのリラックスタイムを狙うようにするといいかもしれません。

モーニングコール

朝、どうしても起きることができない彼氏や朝、よく寝坊している彼女なら、モーニングコールとして短い時間帯での通話時間で電話連絡してみてはいかがでしょうか?朝は何かと忙しくバタバタしてしまいますので、長電話にならないよう気をつけなければなりません。

ついつい声を聞き安心していろいろな話をしたい気持ちになっても、ここは心を鬼にしてモーニングコールに徹するようにしてください。

また、モーニングコールをすることで朝から好きな人の声が聞けるなんて、嬉しい気持ちになります。

また朝から頑張れる気持ちにもなるため、彼氏や彼女が朝が弱い場合、モーニングコールすることもおすすめです。

さらに、モーニングコールすることで、朝から怒ったり「ちゃんと起きてね!」などときつい口調にならないように気をつけてください。

起きたてに激しい口調や、慌ただしくされることで、嫌な気持ちになってしまいます。

くれぐれも、モーニングコールは爽やかに行うようにしてくださいね。

仕事・学校の帰宅後

仕事や学校の帰宅後、少し落ち着いた時間帯などに連絡してみてはいかがでしょうか?

仕事や学校の帰宅後すぐに連絡されれば疲れた気持ちが一気に膨れたします。

しかし、仕事や学校からの帰宅後少し落ち着いてから、連絡されることによりリラックスタイムの落ち着いた時間帯に連絡を取り合うことができそうです。

そうすることで、お互いに気を使うこともなく、また負担になることもありません。

特に仕事終わりや学校わりに予定がない場合、このリラックスタイムに電話してみてもいいですね。

また、家に帰ってきても一人暮らしの人の場合自分で家事や洗濯、お料理までしなければなりません。

仕事や学校の帰宅後、リラックスタイムがある場合、非常におすすめの時間帯になります。

寝る前

眠る前のほんの1時間や就寝前は気持ちの高ぶるところもあり、ラブラブな電話内容を期待することができそうです。

また、眠るまでの間好きな人の声を聞き、楽しい会話をすることで、よりお互いに大切に思える時間を過ごすことができそうです。

さらに、眠る前はリラックスした状態にもありますのでイライラしにくいことが考えられます。

今日あった出来事のんびり話しても、将来の2人について話をしても何を話しても楽しく感じるかもしれません。

このように、眠る前に恋人の声を聞いたり話したりすることでお互いの愛を深めることができるかもしれません。

ぜひ参考に眠る前の電話をしてみてはいかがでしょうか?

彼女との電話が盛り上がるコツ

それでは、具体的に彼女との電話でも話題がなかったり話が盛り上がらなかった場合、どのようにすれば彼女との電話がさらに楽しく盛り上がるものになるのでしょうか?

また、彼女との電話でも沈黙が続いたり、何を話していいか分からなくなる場合、こちらの項目を参考にいくつかの電話が盛り上がるコツを盛り込んでみてください。

ながら電話はしないこと

ダラダラ電話や、何か他のことをしながら話をするのはやめておきましょう。

特に、男性の場合話がつまらなくなることで他のことに気がいってしまい、ついつい何かしながら電話してしまう癖があります。

しかし、女性はきちんと話を聞いてくれない態度を見抜いています。

きちんと話を聞いてくれない態度になることで、きちんと話を聞く態度になるまでじめじめしてしまうこともあります。

これでは逆効果になってしまいますので、必ず「ながら電話」はしないようにしてください。

さらに、何かしなくてはいけないことが残っているのであれば、いったん電話を切りその後彼女に電話をかける方がよっぽど彼女を怒らせないことにつながります。

また、何かしながら電話されることで、彼女からの電話が楽しくないように思えてしまうこともあります。

このようなことを回避するためにも、ながら電話は良くないと言えるでしょう。

相手が切るのを待つ

相手から電話を切ってくれる事を待ちましょう。

相手が電話を切る前にあなたから切ってしまえば、彼女も自分との電話が楽しくないのかな?などと感じてしまいます。

特に、女性の場合1通自分の話が終わればすっきりした部分もありますので、あなたがきちんと話を聞いてくれたことを見届けた後、電話を切ることが考えられます。

わざわざあなたから仕掛けて電話を切る必要はありません。

相手が電話を切りたいと思うのを待つことで、お互いに良い関係で電話を楽しむことができそうです。

また、相手の立場になりきちんと話を聞く態度も大切になります。

感謝の言葉を忘れない

電話の中で、いつも感謝の言葉を忘れないようにしてください。

特に、感謝の言葉を忘れてしまうことで、相手に対し愛情がないように見られてしまいます。

また、感謝の言葉を忘れてしまうことであなた自身が成長できなくなる原因にもなります。

今この置かれている状況や、彼女と毎日楽しく電話ができることも、全てが幸せなのだと考え感じることで、煩わしいものがないことに気づきましょう。

また、何かしてもらった時は当然の事、何もしてもらってない時でも時々感謝の言葉を彼女に伝えることで、いつまでも2人が仲良く過ごしていける魔法の言葉になるのです。

相手が活動している時間帯を考慮する

相手が活動している時間帯は必ず外すようにしてください。

仕事や学校、勉強しているのであればその時間帯はそのことに集中させてあげて下さい。

また、彼女から「電話する。」と言っていたにもかかわらず電話がなかった場合、あなたから何もしないのではなくあなたからいちど電話をかけてみるか、メールやLINEなどで「今日はもう寝ようかな?」などと一言入れておくだけでも、ずいぶん違います。

例え相手が悪いことだったとしても、怒ったり相手を責め立てる事はやめておきましょう。

心の余裕を持つことであなたの成長につながるだけでなく彼女といつまでも仲良く入れる秘訣になることもありますよ。

恋人同士の電話は大切なコミュニケーションツール

いかがでしたか?電話は恋人同士の大切なコミニケーションツールになります。

そのため、彼氏や彼女との電話を楽しむ行為は、お互いの愛を確かめあう行為になることにつながります。

直接言葉で愛を語るより、楽しかった出来事やデートの計画、2人で何をしたいのかなど様々な話をすることで、今後の2人の付き合い方が変わってくるかもしれません。

これまで、全く電話をしてこなかった人も、毎日長電話をしていた人も、この記事を読むことでいちど相手の立場になって考えてみましょう。

自分だけのわがままな気持ちを相手に押し付けていませんか?

相手と2人で楽しめる会話内容や、通話時間にすることで、さらに心地よくお付き合いをすることができますよ。