人間が成長するためにはいったいどのようなものが必要だと思いますか?

向上心や努力ももちろん必要なものであることには違いありませんが、そういった意識だけでは成長をするのは難しいでしょう。

ビジネスマンとして、社会人として、もしくは学生としてきちんと成長をしようと思ったときに必要になるのは、インプットです。

そして同時にアウトプットも必要になってくるでしょう。

この「インプット」と「アウトプット」については単語を聞いたことがあるという人の方が多いでしょう。

最近ではよく聞かれるようになった言葉ですから、どのような単語なのかを考えるのは難しいことではありません。

英語力があれば、インプットが入力、アウトプットが出力であるということは分かっているはずです。

ですが、この「自分にインプットをするということ」については、きちんと理解をしているでしょうか。

インプットをすること、アウトプットをすることが自分の成長につながるということは分かっていても、それを簡単に実現することは難しいものなのです。

ここではインプットと言う言葉の意味も含めて、インプットすること、それから少しではありますが、アウトトップとの関係などについても触れていきたいと思います。

インプットの意味について知らなかったという人はもちろんのこと、知っているつもりだけど実践できていない人もぜひ行ってみてくださいね。

️インプットってなに?

ビジネス用語には特殊なものがたくさんありますよね。

英単語をそのまま利用しているものも多く、英語が分からなければ何とも意味を掴みにくいというものもたくさんあるはずです。

フィックス、アサイン、オーソライズ、MTGなど、社会人になって混乱する単語というものもあります。

その中でも「インプット」というのはどちらかというと分かりやすいものに入るのではないでしょうか。

英単語としても分かりやすい方ではありますから、きちんとインプットの意味さえ知っていれば、いきなり言われても何とか対応できそうな単語であることは確かでしょう。

ですが、本当にインプットの意味を分かって、それを現実に行動に移すことはできているでしょうか。

インプットはどのような時に必要なものなのでしょうか。

ビジネスや勉強法などで見かける言葉


厳密に言うとビジネスの世界に限った単語ではないかもしれませんが、普段の生活の中ではそれほど見かける言葉ではないことは確かです。

インプットするということは仕事や勉強法の中では絶対的に必要なものとなります。

最近では学歴社会ということで受験勉強のメソッドなどもたくさん出てきている時代ですから、ビジネスの中だけではなく、色々な世界で見かけるようにもなってきました。

勉強法だけではなく、たとえば自己啓発の世界の中でもたくさん見かける言葉かもしれません。

そういった中で、インプットというのは大事なものでありながらも、意識さえすればいとも簡単にできそうに書かれていることがあるのではないでしょうか。

インプットは意味を知らないとできない

インプットをきちんとすることが大切だと書いてはあるものの、すぐにしろと言われても、できないという人の方が多いに決まっています。

インプットはきちんと意味を知っていなければできるものではないからです。

インプットという単語の響きだけで何となく納得してしまっている気になっているかもしれませんが、実際にはインプットをきちんとできるかどうかというのは、意味を分かっているかにかかっています。

インプットをするというのは簡単なことのように思えて、それをきちんと自分の身にできるのかという点では難しいところがあるはずです。

きちんとインプットをしようという意識があっても、それを本当の意味でできているかと言われると難しいでしょう。

インプットについては知っているという方も、ぜひインプットについてもう一度見てみてください。

️インプットの意味

まずは基本に立ち返ってインプットと言う言葉の意味について見てみることにしましょう。

インプットという単語を聞いたときには、いったいどのようなことが思い浮かぶでしょうか。

インプットという単語の基本的な使い方にはどのようなものがあるのでしょうか。

入力

インプットという単語の一番基本的な意味は入力です。

英語では「input」と書き、何かの中に何かを置くというような意味の言葉になりますね。

そのため、それを端的に日本語で表すと「入力」と言う言葉になります。

最も、インプットを日本語で「入力」と言っているからと言って、全てを入力と言い換えることはできません。

入力というと何となく物理的な入力という行動のイメージが強いですから、それはインプットと言う言葉で表されている意味とは若干異なってしまいそうです。

最も物理的な入力というような意味ならインプットを入力と言い換えても構いません。

ただ、最近では物理的な入力もインプットという言葉で表していることが多いように思えますね。

コンピューターで、情報を記憶装置へ入れること


上述の通り、インプットには物理的な行動である入力という意味があります。

これの代表的な例がコンピューターに置いて情報を記憶装置の中に入れることを言います。

入力というとキーボードを使って入力をしているように思えますが、キーボードを使っていなくても構いません。

情報が入力されていくことをインプットと呼ぶのです。

インプットにはビジネス的な意味でたくさんの使われ方をしていますが、元々はこの「コンピューターで、情報を記憶装置へ入れること」から来ているのです。

中に入れること

インプットには中に入れることという広い意味もあります。

最も、中に物理的に入れるという意味ではあまり使われないでしょう。

実際の英文の中では使われているかもしれませんが、物理的に中に入れることをインプットと言う言葉で表していると、何となく間違って和製英語を使っている人のように思われてしまいます。

インプットというと物理的な何かを中に入れるというよりも、手でつかむことのできない情報や知識を何かの中に入れて利用できるようにするという意味が強いので、何かものを入れるときには「インプットする」という表現を使うことはありません。

ただし、英文の中ではその限りではないので、混乱しないように気を付けてくださいね。

ビジネスで見られるインプットの意味

ここからはビジネスの世界の中で見られるインプットの意味を見てみることにしましょう。

ビジネスの世界で使われるインプットという言葉は、確かに入力という意味で使われていることは確かなのですが、それは物理的なものではありませんし、決してコンピューターへの入力という意味ではありません。

ビジネスの世界亜出の入力の対象は基本的には人間です。

それでは、人間に対しては何をインプットするのでしょうか。

最近よく使われているビジネスの意味でのインプットについて詳しくご説明します。

記憶する

ビジネスで見られるインプットの中でも重要なものはきちんと記憶するということです。

つまり、情報を自分の脳の中に書き込むということですね。

きちんと脳の中に書き込むことができなければ、それは記憶したということにはならないでしょう。

自分の脳の中にインプットするということなので、資料を渡されてインプットしろと言われた場合には、その資料についての情報をきちんと覚えておかなければいけないということです。

丸暗記が必ずしも実力につながると言うわけではありませんが、きちんと覚え込むことができなければ、そもそも意味がないでしょう。

そういった意味で、新しいことについて学ぶときには、まずは絶対に記憶することが大切なポイントとなるのです。

経験する

ビジネスに関係するインプットでは、経験するということも大切なポイントです。

経験だけが役に立つと言うわけではないですが、人間においては経験値をあげるというのはとても大切なことなのです。

人間は経験から色々なことを学ぶことができますよね。

そういった意味で、経験値をあげておくというのは絶対に必要なことのはずです。

経験によって得られた知識や失敗の歴史などすべてが今後に役立つということを考えると、経験するということも一つのインプットということになるのです。

知識を得る

経験をすること、記憶することだけではなく、新しい知識を得るということもインプットということになります。

つまり、勉強に関わることは全てがインプットということになりますね。

学ぶことで新しい何かを得ることができるのなら、そういったものがすべて自分を育てるためのインプットとして扱われるようになるのです。

知識の内容が何であれ「新しい何かを自分の中に入れること」「自分にとって大切なものとなることを得る」ということの全てがインプットとなるのです。

これを考えると、インプットが大切ということは「学ぶことが大切」と言っているようなものかもしれませんね。

反対語はアウトプット

インプットの反対語はアウトプットです。

これは日本語に直すと「出力」という意味になりますね。

この言葉自体もコンピューター関係で使われることがあります。

入力した情報を出すこと、入力されたプログラミング内容を実行することをアウトプットというのです。

ビジネスにおいては、インプットしたことを基にして行動すること、もしくは結果を出すことを言います。

つまり、インプットは自分の中に何かを取り込むことですが、アウトプットはそれを基にした自分の仕事の実力や、それによって得られる結果のことを言うのです。

インプットももちろん大事なのですが、仕事で評価されるのはインプットの量ではなくてアウトプットの内容ということになりますね。

アウトプットできなければ意味がないのです。

インプットについて覚えておくのなら、アウトプットもセットできちんと覚えておくことにしましょう。

️インプットの使い方

ここまでインプットの意味について見てきましたが、これは実際の生活の中ではどのように使われるのでしょうか。

また、インプットに対してはいったいどのようなことが言われているのでしょうか。

インプットという単語のことが分かっても、本当にはインプットについて理解していることにはなりません。

きちんとインプットの使い方を見て、ようやくインプットについて応用的なことも分かるのではないでしょうか。

ここではインプットの使い方について詳しく見てみることにしましょう。

インプットの使い方を例文でチェック

まずはインプットの使い方を例文でチェックしてみることにしましょう。

これを見てみることで、インプットという単語が実際の生活の中でどのような使い方をされているのかということを見ることができるでしょう。

また、さらに言えば、インプットの使い方を例文でチェックするだけではなく、インプットの応用的な知識もつけることができるはずです。

上記ではインプットの基本的な使い方、インプットとは何かについて見てきたので、実践の中ではインプットがどのようなものなものか、どのようなところが重要になってくるのか、インプットをするだけで実力がつくかどうかなど、より深くインプットについて見てみることにしましょう。

インプットの例文1「新しいジャンルの知識のインプットが必要だ」

インプットという言葉を使った例文を考えてみましょう。

ビジネスの中で使われるインプットと言う言葉の一つ目としては「新しいジャンルの知識のインプットが必要だ」というものが挙げられるのではないでしょうか。

自分にとって新しいものを得るということがインプットなのだとすれば、新しいジャンルに参入するためにきちんと勉強するということは、「インプット」に入るのではないでしょうか。

勉強するというと何となく学生のような気分になりますし、社会人的に何となく新しい知識を身に着けることを表現するのに「新しい知識のインプット」と言う言葉を使うのです。

最も、恰好が良いというだけでインプットという単語を使っているわけではありません。

勉強するというと知識を身に着けることだけが考えられるかもしれませんが、実際には社会ではアウトプットすることを前提にインプットすることが求められますよね。

そういった意味でインプットと言う言葉を使うのです。

インプットの例文2「インプットしてもアウトプットできなくては意味がない」

インプットの例文をもう一つ見てみることにしましょう。

もう一つの例文は「インプットしてもアウトプットできなくては意味がない」というものです。

これはインプットとアウトプットをセットで使っていますね。

インプットとアウトプットは対義語ということになりますが、社会の中ではセットとして使われることが多いものです。

この例文の意味についても見てみることにしましょう。

インプットをするだけでは意味がないという内容の言葉ですね。

これは確かにそうで、社会の中ではインプットするだけの知識が役に立つはずがありません。

きちんと実践的に使われるからこそ、学ぶ意味があるのです。

学生時代のように知識を詰め込めばとにかく自分の人生の中で役に立つということにはなりません。

アウトプットされることを前提にしているので、アウトプットできなければ意味がありません。

インプットをしろと言われたような場合には、これを常に頭に置いておくようにしましょう。

インプットの例文3「ただ経験することとインプットは違う」

インプットの例文のもう一つを見てみることにしましょう。

次の例文は「ただ経験することとインプットは違う」というものです。

確かに経験するということも、広い意味で言うとインプットすることに入ります。

ですが、それだけではアウトプットに繋がっていくものではありません。

ただ経験するということが大切なのではなく、その経験の中から何をアウトプットにできるのか確認して、それを有効活用できるようにするというところがインプットには必要です。

ただ経験するだけでは、その経験が自分の中で流れて行ってしまう可能性がありますよね。

何事も流されるように受け入れていては意味がないので、「ただの経験」ではなく、次につながる「インプット」として扱うことができるようにするのが大切ですね。

インプットの例文4「インプットなしには何もできない」

インプットの例文の四つ目を見てみることにしましょう。

四つ目のインプットの例文としては「インプットなしには何もできない」というものがあります。

確かに、ビジネスにおいて評価されるのは、インプットの量ではなくてアウトプットです。

アウトプットできなければ、どんなにインプットしても高評価になることはないでしょう。

最も、だからといってアウトプットすることだけが重要なわけでは絶対にありません。

アウトプットするためにはインプットが必要になるからです。

インプットで自分の中に使えるものを貯蓄しておかなければ、アウトプットのためになる底力がないということになるからです。

インプットなしにはアウトプットはできませんし、結果を出すための使える自分の中の資源がないということになってしまうでしょう。

どんなにテクニックがあろうとも資源がなければ何もできないのと同じです。

インプットはアウトプットに対して評価されることの少ないところですが、だからと言って不必要と言うわけでは絶対にないので、無駄になることはないと思ってインプットも頑張らなければいけません。

インプットの例文5「データをインプットしておいてくれ」

ビジネスの中ではインプットを「経験を得ること」「知識を得ること」というような意味で使われることが多いですが、だからと言ってインプットが元の意味で使われないということではありません。

「データをインプットしておいてくれ」というような言葉で使われることもあるのです。

この場合には、パソコンにきちんとデータを打ち込んでおいてほしいということになります。

必ずしもインプットがビジネスマン的な法の意味で使われることはないので、文脈によって異なるということを覚えておきましょう。

インプットの使い方まとめ

ここまで見てきたインプットの使い方をまとめてみましょう。

インプットをビジネスの世界で使うときには、例外を除いて、基本的に「知識をためる」「きちんと学ぶ」「自分の中に使えそうな資源を作る」というところがインプットの基本的な使い方なのです。

この言葉は最近では普通に当たり前のように使われるようになってきていますから、きちんと意味を覚えて使えるようにするということが大切ですね。

️ビジネスで使える7個のインプット術

インプットをするということは、アウトプットすることを前提としているということにもなります。

アウトプットできないインプットはビジネスの世界では必要とされていないのです。

だからこそ、きちんとビジネスの世界の中で使うことができるように、先を見据えてインプットしなければいけません。

それでは、ビジネスの世界の中で使うことのできる方向性のインプットにはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

自分の実力を高めるために使うことができるようなインプットの種類を見てみることにしましょう。

読書をする

まずは読書をするということが一つのインプットになるのではないでしょうか。

本の中にはたくさんの知識が入っていますし、それをきちんとインプットできれば、教養が増えますよね。

ビジネスの世界の中では京用がきちんとあるということは大切なので、本を読むということが何の役にも立たないということは絶対にないはずです。

本の種類も色々考えなければいけないところはありますが、必ずしもビジネス書である必要はありません。

もちろん、自分の心にすっと入ってくるようなビジネス書を読むことも役には立ちます。

ビジネス書を読むと、仕事で実践することができる知識がたくさん集まっているからです。

実際にアウトプットしやすいということは大切ですよね。

ですが、本はビジネス書ばかりではありません。

自分の読みたい本を読んで、それを生活の中で自分の資源とすることができるのなら、それはそれでよいと思います。

自分の政界を広げるのにも役に立つはずですから、そういう意味できちんと読書をしておくというのは良いインプットになりますね。

セミナーに参加する

ビジネスに関係のあることであれば、セミナーに参加するということも良いかもしれません。

ビジネス関係のセミナーはたくさん開催されていますよね。

自分の仕事に何か行き詰まりを感じているというようなときには、セミナーに参加することで自分の中で何かが変わるかもしれません。

読書と違うのは、目の前で講師がきちんと自分の資源になるようなことをピンポイントで話してくれるというところです。

視覚的な情報だけではなく、聴覚的な情報も入ってきますから、より強くインプットされやすいのです。

自分の頭に刻み込まれるようなイメージだというと良いでしょう。

また、講師に質問することもできるので、そういったところがインプットしやすいところになるのではないでしょうか。

セミナーの多くは理論だけではなく、きちんと実践に近いところで話してくれます。

より実践に近いところでの話を聞くことができるのです。

そういった意味でセミナーに参加するというのはビジネスに役に立つインプットなのではないでしょうか。

人から情報や知識を聞く

セミナーや読書など完全に勉強だというものではなかったとしても、インプットはできるでしょう。

例えば人から情報をもらう、人から知識を聞くということも大切なインプットです。

実際に面と向かって話を聞くというのは、自分の記憶に残りやすいインプットの方法なので、ステップアップを本気で考えているのなら、周りの人に頼るというのは重要なことのはずです。

ただ理論を学んでいるわけではなく、実際に実践に移してみたときにどのようなことが起こるかなど、そういったとことでも話を聞くことができれば、よりインプットとしては上質なものとなるに違いありません。

ただ質問をしているだけでは意味がないかもしれませんが、それをきちんと次につなげていくのだという意識があれば、次につながっていくに違いありません。

聞いているだけの気分であったとしても、アウトプットにつなげることができれば、それはインプットとして意味があるのです。

経験を重ねる

経験を重ねるというのももちろん大切なインプットです。

それはより実践に近いところから入ってくる生き生きとした情報なので、インプットの中ではかなり良質なものだといえるでしょう。

経験を重ねていくことで得られるものはたくさんありますので、それを次のアウトプットまでつなげることができれば良いのではないでしょうか。

ただし、前述のように、ただ経験を重ねていくだけというのは意味がありません。

ただ経験をしているだけでは、経験が頭を滑って行ってしまうだけで、自分の中で資源として溜まってくれないからです。

経験値をきちんとインプットにするためには、そこから学べることを抽出するのです。

ただの思い出になってしまわないように、きちんと自分の中で「経験」から「インプット」にするようにしてくださいね。

プロジェクトを企画立案する

プロジェクトを企画立案するというのも良いですね。

これは、アウトプットに近い方ではありますが、きちんと自分の中で眠っているインプットの部分を思い出す路言う点では良いですし、その過程でさらなるインプットを得ることができるからです。

最初の内は自分の企画であったとしても、自分が責任者になると言うわけではないでしょう。

そういったうちにきちんと自分の貴重なインプットとして生かすことができるところは、インプットとして生かすようにしましょう。

映画鑑賞をする

映画鑑賞をするというのも重要なインプットの内の一つとなるに違いありません。

映画はただのエンターテインメントのように思っているかもしれませんが、そういったところから得た人生の教訓のようなものは、必ずインプットとしてこれからの自分に役立つはずです。

そもそも自分の世界を広げるというのは難しいので、そういったところは映画に頼ってしまうというのも良いですね。

また、大事なことを映画が教えてくれるということもあります。

自分では勉強できなかったビジネスの豆知識や、人から好かれるために必要な態度など、映画を見ることで勉強できるところはたくさんあるでしょう。

そういったところをきちんとインプットとして生かすというのも良いのではないでしょうか。

いろんな人と交流を深める

五百蔵ロな人と交流を深めるというのも大切なインプットです。

人間は知識の塊で、経験の塊でもあります。

何より大切な資料とも言えるでしょう。

生きた資料が自分の前にいるのですから、それを活かさない手はありません。

きちんと適切に吸収することができれば、インプットとして役に立つのです。

色々な人と交流を深めて、交流の中で学んだことをアウトプット可能な状態でインプットするということが自分の世界を広げてくれることになりますよ。

️インプットは土台作りに欠かせないもの

いかがでしたか?

インプットについて深く理解することはできましたでしょうか。

インプットというのは、自分の実力の土台作りには絶対に欠かせないものとなります。

なぜなら、0からすべてのものを生み出すのは普通の人間には難しいからです。

アウトプットをきちんとすることも大切ではありますが、自分の中に何もない状態ではアウトプットなどできるはずがありません。

何かクリエイティブなことをしなければいけない時などにも、きちんと既存のものをインプットしておくことが必要なのです。

ビジネスマンのように会社の指示に従って生きているような人だとしても、仕事を効率よく、そしてきちんと行うためにはインプットをする必要があるでしょう。

ただ何かを見ているだけではインプットにはなりません。

インプットの重要性を理解した上で、自分の中に取り込んだものを消化して吸収するところまでできて、ようやく十分なだけインプットできるということになるでしょう。

きちんと社会の中で役に立つような実力を身に着けるためには、インプットで土台を作っていなければいけません。

何でも良いので、自分の身のためになると思ったものはきちんとインプットして、それを役立てていくことにしましょう。

インプットとアウトプットを繰り返すことで、いつか自分の中に確固たる実力が身についているということになるのではないでしょうか。