CoCoSiA(ココシア)

顔採用が増えているって本当?その5...(続き2)

顔採用の社員がいることで社内の雰囲気が良くなり社員の士気も上がってお仕事効率がアップします。

顔採用は社内の中でも良い影響を与えてくれる採用方法でもあります。

顔採用の社員が入ることで相乗効果として以前よりいる社員も自分の容姿に気を使うようになり会社内全体の雰囲気向上と共に流行に敏感な環境を作り出すこともできます。

ただ、単に顔採用をされているだけではなくて顔採用の社員によって様々な相乗効果がうまれて時代のニーズに合った会社にすることができます。

3、リピーターの増加


顔採用によってリピーターの増加も見込めます。

リピート獲得のためにはもう一度利用したいと思わせなければいけません。

その為には商品の魅力やサービスや接客対応などもう一度利用したいと思う理由は沢山ありますよね。

その中でも接客して頂いた人の顔が好きって言う理由もあります。

まだまだおぼつかない接客対応などをしていても顔が好みの人であれば「私が育ててあげなくては」などと思ってリピーターになってくれて成長の手助けをしてくれます。

顔採用の社員はスキルがまだまだ未熟だとしてもリピーターを獲得して会社に貢献ができたしまう利点があるのです。

リピート率が悪い場合は顔採用の検討をしてみると良いかもしれませんね。

4、顔にはその人の人生が現れる


顔採用が増えている理由はその顔が良いからというだけではありません。

容姿が整っているからという理由の顔採用とは別の理由で採用される場合は顔にはその人の人生が表れているという理由です。

顔を見ればその人が分かるという理由で顔採用を重視しているところもあります。

5、仕草や表情にも人間性は現れる


顔採用を重視する場合には顔の良し悪しでは無くてその表情や仕草に注目して顔採用をしている場合もあります。

顔の容姿だけでは無くて喜怒哀楽によって人を判断しているのです。

心理学などでも人と話す際に相手の目を見て話すのか右上を見るのかはたまた右下を見るのかなど視線一つとっても顔の表情でその人の今現在の心理状況を把握する事も可能です。

表情もカタくなっているのかその表情は面接の緊張によるものなのか他に後ろめたい事があるのか、嘘を言っているのかまで顔の表情や仕草で判断することもできます。

顔採用というとエコひいきなイメージを受けるかもしれませんが顔の表情や仕草に重点を置いてその人の人と成りを判断して採用しているのです。

目は口ほどにものをいうなんて言いますよね。

️顔採用が反映されやすい業界や職種をチェック!


顔採用を積極的に行っている職業も当然あります。

顔採用に重点を置いている業界や職種をいくつかご紹介していきます。

1、営業


営業のお仕事では顔採用によるメリットは多くあります。

営業のお仕事は第一印象で相手に与える印象が大きく左右されることも多くあります。

最初の段階で受け付けない怖い顔などをしている人はどんなにすばらしい営業スキルや商品など提案があったとしても最初の段階で無理と思われてしまいます。

話しすら聞いてもらえない可能性もあります。

相手に与える第一印象は服装や髪型と共にその人の顔や表情が相手に与える印象の殆どになります。

顔が重要な事は明白ですね。

顔のバランスや基礎なども重要なのですがその表情の方が重要です。

整った顔であることも良いのですがその表情がニコニコして笑顔の人とムスッとして怒っている表情とでは相手に与える印象が大きく違います。

営業では顔、表情が重要という事です。

2、テレビ業界


テレビ業界でも顔採用は多くあります。

テレビ業界といっても技術さんなどでは顔採用はあまり多くはありませんが演者さんとなりますと顔採用が活用される事が多いです。

メディアに露出する人材には相手に与える印象が良い人でなければお仕事として成り立ちません。

メディアを見ている人が良い印象を受けなければいけない業界では顔採用は当たり前のように行われています。

この業界での顔採用には整っている顔での採用や特徴のある顔での採用など様々な顔採用が行われています。

ただ、キレイなだけでは無く相手に与える印象を重要視している業界となります。

3、広告代理店業界


広告代理店業界でも顔採用は多く活用されています。

広告を作るお仕事は依頼される場合も多いですが自分で広告主を探すこともあります。

営業と同じですね。

当然第一印象の良い顔の人が有利になります。

他にも広告塔としての人材を自社で確保する場合ンも顔採用による人材確保で広告等となる人材を外注することなく自社で行うことができます。

大幅なコストカットと共に自分達の作りたいものを思った通りに作ることができます。