CoCoSiA(ココシア)

顔採用が増えているって本当?その5...(続き3)

クリエイティブなお仕事の場合は顔採用や個性的な特徴による採用方法が多いです。

如何に自分を売り出す力があるのかも重要ですね。

広告とは広告するものや事柄などを如何にして良い印象を与えられるのか、沢山売り出すことが出来るのかが重要となります。

当然感じの良い顔の人が良いですね。

4、美容業界


美容業界でも顔採用は重要視されています。

美容を売りにしている人が不細工であると…例えば商品を売る場合にはその商品を使ってもそれですよね…
なんて本当の商品価値が見いだせない状況になってしまいます。

スキルなどでも同じですね。

美容のためにはこの方法が良いですよなんて教えている業界ではその使い方をしてもその顔ですよね…
なんて事にもなりかねません。

ただ、女性のメイクは本当にその使い方や方法によって劇的に顔の印象を変えることができます。

今現在の顔が正直あまり良い方ではないっている人でもメイクの方法などで劇的にかえることができます。

正しい方法や活用方法が理解できて実践できる人は顔採用と聞いても何も問題はありませんね。

ベースの顔はもちろん重要にはなりますがそれよりもメイクを理解して実践できるのかが重要となります。

理解力と実践する行動力が顔採用を勝ち抜くためには必要なんですね。

いくら今の顔が良くても流行り廃りがありますので正しい方法や流行りの方法を理解することのできる理解力と実践する行動力の方が重要です。

長い目で見た場合にはいつまでもキレイでいられるキーポイントとなります。

5、航空業界


航空業界、大にCAさんやフロアスタッフなど女性の顔採用が多い業界です。

今でこそ飛行機に乗って出かけることは多くの人が経験できる事になりましたが一昔前までは飛行機に乗るという事は伊地知イベントで特別な人しかできない事でした。

この事からこの業界では一流のスタッフを集めようとまずは見た目から一流の顔採用がされてきました。

技術力や接客対応などは後から学ぶことはできますがベースの顔やスタイルなどの容姿はなかなかかえることは出来ません。

この為ベースとなっているスタイルや顔などの容姿で採用されるケースが多いのです。

飛行機は閉鎖的な空間でのお仕事になりますので些細なトラブルでも大きな問題となってしまいます。

誰しもが良い印象を受けるスタッフでないと危険が及ぶお仕事です。

この為誰が見ても良い印象を受けるスタッフを採用することは当たり前のことになりますね。

顔採用というと良い印象を受けないかもしれませんが安全のために誰もが良いと思う印象を受ける印象採用と言った方が的確かもしれませんね。

6、アパレル業界


アパレル業界でも顔採用など用いられている場合も多いです。

アパレル業界と言えば洋服がメーンとなります。

という事はその容姿を最も重要視するお仕事ですね。

容姿を重要視するという事は顔も当然重要になってきます。

メイクや髪形などアパレル業界の各業界のコンセプトなっている人なのかどうなのかが重要なのです。

顔が良いからというかの採用では無くてこの業界のコンセプトになっているのかどうなのかが重要視されています。

モードの業界にファンシーで来られても採用されるケースは少ないという事です。

新しいことに挑戦しようと思っている時期ならば採用されるかもですが…
需要な事はその業界に合っているのかプラスになるのかが重要という事なのです。

️逆に顔採用が少ない業界ってどこ?


顔採用が多い業界もあれば逆に顔採用が少ない業界もあります。

顔採用が少ない業界についてもご紹介していきますね。

エンジニア


エンジニアは顔採用が全く関係のない業界です。

顔などの容姿は全く関係が無く技術力などのスキルのみが重要視されます。

顔採用の関係のない完全に実力が採用に必要な項目になります。

容姿で判断されたくなく実力主義社会に興味のある人には向いている業界ですね。

その他、技術職


技術職、職人などと呼ばれる業界などでは顔採用は少ないです。

技術がものを言う実力社会の業界です。

容姿の良し悪しは関係なく作り上げる物の技術力が重要視されている業界となります。