超高齢化社会の日本では一体何歳まで、「自分は若者です」って言っていいの?

若者とnot若者の線引きを徹底研究!そして今どきの若者に共通する5つの特徴とは?

若者って何歳まで?(意見の多い順に紹介)

「若者」っていう言葉はいろんなところで使われますが、使う人、状況によって年齢幅もまちまちだったりします。

出来るならば可能な限り自分は若者でいたいと思うのが普通だと思います。

若者が終われば、中年、老人と一気に歳をとるわけですから。

多くの意見を集約した上で、どの年代が一番「若者」として多くの人に認知されているのかを見ていきましょう。

1.25歳(一番多い意見)


一番多い意見は25歳という結果がでています。

25歳というと大学を卒業して社会人2,3年目といったところでしょうか。

まあ妥当な結果だと思います。

男子も女子も25歳くらいから恋愛に対して、結婚というものを強く意識するようになる年齢でもあると思います。

特に女性は30歳までに結婚して、子供を産みたいと考える人も多いので、25歳くらいには生涯のパートナーを見つけておきたいと考えるのが自然ではないでしょうか。

20代前半までだと思う意見が大半

多くの人の意見が、若者というと20代前半までということでした。

25歳というのはやはり、若者とnot若者の境目だと多くの人が感じているのかもしれません。

20代前半というのは大学時代も入っているので、やはり大学というと青春。

若い時にしかできないかけがえのない時間だと言うイメージがあります。

そして大学を卒業して社会人へと羽ばたいていくドキドキする瞬間。

こういった経験というのは若い時にしか体験できないものです。

26歳以降になると社会人としてそろそろ会社や社会に貢献するための力をつけてくるころだと思いますので、もう若者と呼ぶには遅いかもしれません。

節目の年齢

25歳がなぜ節目かというと、25を超えるとあっという間に30歳が近づいてきます。

30歳と言えばもう社会人としてある程度責任もでて一人前としてやっていないといけないので、若者として許されるような歳ではありません。

年齢を5歳区切りで数えていった場合、次が30歳なのでもう若者ではないですし、一つ前は20歳、これはまだまだ若者とすれば、25歳というのは丁度若者とそうでないの境目と位置づけることができるでしょう。

社会人3年目までが限度

25歳というとちょうど社会人3年目くらいなので、その辺くらいまでが「若者」扱いされる年齢ではないでしょうか。

それ以降になってまだ「若者」だという扱いをされているということは、仕事がまだ一人前にできると周りに思われていない証拠だと思います。

だいたいどんな仕事についても、全ての仕事を理解して、自発的に仕事ができるようになるのに最低3年はかかると言う会社が多いです。

ですから、社会人3年目がちょうど25歳くらいですから、仕事で一皮むけて成長が見られるのもこの頃となるでしょう。

それまでは、まだ若いからとか、まだ入社したてだからという理由で、ミスなどをしても大目に見てもらえたことが、社会人3年が経過したころには許されなくなるのだと思います。

飛行機割引の若者向けがこの年齢

交通機関での割引料金がここで線引きされているというのもあります。

飛行機の若者向け割引がちょうど25歳までということです。

交通各社も若者といえば25歳までというふうに線引きしているのかもしれません。

これに対して鉄道各社は学割や青春18切符など、もう少し若い年齢で割引を区切っています。

学生割引や若者向け割引などの年齢を越えて、割引がもう受けられなくなった時、痛烈に若者の終わりを実感すると思います。

こういったことはその期間内しか恩恵が受けられませんから、自分が対象外になったら「あ~自分ももう若者ではないんだなあ」と思うことでしょう。

2.20歳(2番目に多い意見)

若者とは何歳まで?という調査で2番目に多かったのは20歳です。

これは非常にわかりやすい区切り方のように思えます。

昔から20歳になると大人になることだ、というふうに誰もが認識していました。

20歳というのは人生における大きな節目であり、ここから先の人生は、大人としての自覚を持って、責任感を持って生きていかなくてはいけないんだと強く思った人も多いでしょう。

人生において10代というのは、たくさんのことが一気に起こり駆け抜けていく激動の時期であり、一番自分の成長を感じる時でもあります。

小学校、中学校、高校を経験するのが10代なので、多くの出会いや別れがあり、感情の起伏も激しい時です。

そんな10代をついに終え、20代に突入するこの20歳という年は若者というものが終わる節目と言ってもいいでしょう。

成人を迎えるまで


20歳になる年の1月、成人式に参加することが人生における一大イベントです。

成人式にビシッとした服を着て、大人への第一歩を踏みしめる瞬間です。

人それぞれいろんな成人式に対する思いや、思い出があるでしょうが、ここから先が大人と考える人は多いでしょう。

歳をとって人生を振り返った時に、若き日の思い出として成人式のことは必ずしっかり覚えているものです。

あの成人式の日、町長のスピーチを聞きながら、自分はこれから大人として頑張らなければいけないと誓ったことを忘れないでしょう。

ですから、多くの人が20歳を若者とnot若者の境目と考えるのは理解できます。

お酒を飲めない年齢というイメージ

若者と大人の境として、お酒というのも一つ考えられる要素の一つだと思います。

大人になったらビールをゴクリと飲んでみたい!そんな憧れもあったかと思います。

お酒を飲んでいい年齢、すなわち20歳が若者の終わりであり、お酒を飲むと同時に大人が始まるというのはわかりやすい考え方であると思います。

若者が酒を飲むというのも、どこか不謹慎なイメージがあります。

もちろん飲んではいけない年齢ですし、お酒が若者のイメージとはどこかかけ離れているような印象を抱かせます。

3.22歳(三番目に多い意見)

3番目に多い意見として22歳というのがありました。

これは4年生の大学を、浪人せずに入学した際に、卒業で迎える年齢のことです。

22歳で区切るという考え方は、若者とnot若者との線引きを、学生と社会人で線引こうというものです。

大学生卒業まで

大学卒業までを若者と言及するのは分かりやすくていいのではないでしょうか。

大学時代というのは正に若さの象徴の時代です。

社会人になったらできないであろう無謀な挑戦もできますし、いろんな出会いや体験ができる時代です。

若者としての特権を最大級に活かしていろんなことができるのが大学であり、またいろんな現実にぶち当たって思い悩むのも大学時代です。

多くの人は大学に入るとバラ色のような楽しい楽しい生活が待っていると思い、憧れの大学生活を始めますが、現実はそうではなく、勉強も難しくなって落ちこぼれたり、学費や生活費のためにバイトばかりをしいられる現実にぶち当たる人も多くいます。

そういったこと全てが大学生だからこそ「若者」という言葉で片付けることができた、社会人になったら「若者」というだけで許されるほど甘くはないということを意味しているのだと思います。

社会人は若者とは言いにくい

社会人になると、新入社員と言えど責任というものがでてきます。

会社のコンプライアンスを守る責任であったり、業務を遂行する責任であったり。

そういった責任というのは学生時代にはなかったもので、責任の発生によって若者と大人の区別をつけるというのもいいと思います。

最近の若者、新入社員は入社1年目から即戦力として働けるような優秀な社員と、全く学生気分の抜けていない未熟な社員との差が激しく、二極化しているような気がします。

数年前のリーマンショック後の状況であれば、即戦力として使える社員しか会社は取らなかったのですが、現在はある程度の期間をとって社員を育てる会社が増えてきました。

根源には人不足という問題があります。

日本はもう超高齢化社会に突入していますので、これからどんどん若者が少なくなっていきます。

企業としては何としても今のうちに人材を確保しておきたいのでしょう。

学生割引がきく年齢までが対象

学生の内は何をするにしても、学割というのがサービスとしてあることが多いです。

これが社会人になった途端になくなってしまいます。

ですから学割がきく年齢までが若者という区切りというのも分かりやすいです。

よく考えてみると、日本という社会は若者に対してまだまだ寛容な社会なのではないかと思います。

いたるところで料金の割引の恩恵を受けることができます。

やはり、これを利用して学生時代にたくさんのいい経験をするべきです。

なのに、ネットやゲームなどの世界に引きこもっている若者が非常に多く見られるということは残念でなりません。

4.24歳(四番目に多い意見)

4番目に多い意見として24歳というのがありました。

24歳、確かに微妙な歳です。

25歳というと、若者からは脱却してこれから30歳へと向かう歳という感じがします。

四捨五入して30歳にならない年齢まで

25歳を四捨五入すると30になるので、ぎりぎり四捨五入して30歳にならない24歳が若者最後の歳ではないかという意見です。

それにしてもなぜ日本人は何でも四捨五入するのが好きなのでしょうか?何かといえば四捨五入をすることが多いように思います。

24歳という年齢を、身体的なエピソードを紹介すると、男性は8年周期で身体が変わっていくと言われています。

8年周期で言うと、24歳はちょうど3周期目が終わる歳でもあるので、そこを境にして身体が変わる時期でもあるのでしょう。

20歳の時には美味しくないと感じていたお酒が美味しく感じるようになるのもだいたいこの頃です。

新入社員として見られなくなる

24歳というと社会人として、仕事を覚えて慣れてきたころなので、そろそろ新入社員として見られなくなる時期でもあります。

新入社員だからといって許されていたミスなどは、もうこのころには許されません。

自分の仕事についてもっと自覚し、責任をもたなければいけない時期でもあります。

22,23というとまだまだ入りたての若造という感じがしますが、24となると「それぐらいのことがまだできないのか!」と怒られても仕方がない歳であると思います。

5.29歳(五番目に多い意見)

5番目に多い意見として29歳というのがありました。

29歳といえば20代ラストイヤーです。

20代が終わるという歳なので、誰しもが自分の人生、将来について考える年であると思います。

日本は世界的に見ても超高齢化社会に突入しています。

少子化の問題もあり、今後益々若者が少なく、年寄りだらけの社会となっていくでしょう。

そうなってくると20代というのはまだまだ若者と言えるのかもしれません。

20代のうちは若者である

最近は婚期が遅い人々が増えているのもあって、20代で落ち着くという人も少なくなってきました。

男女共に20代は自分のしたいことをわき目も降らずやることができるので、そういった20代の時期は若者と呼べるのではないでしょうか。

昔は20代の前半で結婚して子供を作って落ち着く人も多かったと思いますが、それから比べると今の20代の意識はずいぶんと変わってきたことを感じます。

それにしても最近の若い人々は結婚が遅い、もしくはしない選択をする人が増えてきました。

理由はいろいろあるでしょうが、大きな理由としては将来に対する不安ということでしょう。

今の日本は中間層というものがどんどんいなくなり、勝ち組と負け組というのがはっきりとわかれる構図になっています。

ですから低所得者層の人々は結婚というところまで考えられないというのが本音なんでしょう。

30代を越えてようやくそんな人々にも多少の蓄えができる人もでてくることから、遅い結婚が多くなっているのだと考えられます。

三十路は中年である

若者の時代が終わるといわゆる「中年」と呼ばれる時代に突入していくわけですが、中年とは一体いつからのことを言うのでしょうか?20代はさすがに中年ではないと思うので、やはり30代に入ってからということになります。

ただ、30になりたての人に対して、中年というのは少し早い気がします。

30代中盤から後半にかけての歳になってくると、もう中年という言葉が板についてくるころであると思います。

30歳を超えたら若者ではない

30歳を超えて、自分はまだ若者であると言っていたら、ちょっと周りに引かれるでしょう。

気持ちをいつまでも若く持つことは悪いことではありませんが、気持ちと行動とは違います。

30を超えたら仕事でもプライベートでもある程度責任を背負う立場になっていることが多く、若者だから容赦されるということはありません。

ですが、結婚もしない、恋人もいない、仕事もしていないという30代もけっこうな数の人がいますので、若者の高齢化も指摘されています。

日本の若者の5個の特徴

現代に生きる若者は、昔の若者と比べて様々な違いがでてきていると思います。

それを昔の若者のほうが良かったなどと言うことは意味のないことです。

紛れもなくこれからの日本を作り背負っていくのは若者なのです。

今を生きる若者には昔の若者にはない長所もあると思いますし、大事なのは今の若者の考えていること、特徴を知ることです。

ここに、今の日本の若者に共通する5個の特徴を挙げていきたいと思います。

1.安定志向

昔は公務員というと、何十年も同じ仕事の繰り返しで、夢のない仕事なんていうイメージがありましたが、今は一番の人気です。

理由はなんといっても安定です。

民間の会社と違って潰れる心配がありませんから、よほどの不祥事でも起こさない限り、一生安泰と言えるでしょう。

なぜ、こういった安定志向を求める若者が増えた大きな原因としては、日本経済の長い停滞があると思います。

80年代にバブル経済が崩壊した後は「失われた20年」と呼ばれる経済停滞期がずっと続いてきました。

就職率の悪化や、会社の倒産、リストラなどネガティブな話題が先行していた20年です。

今の若者たちは自分の親がそういった不況下で苦しんでいるのを見てきたので、どうしても安定を求める傾向にあるのかもしれません。

それを若者が夢を持たなくなったと批判するのは間違っていると思います。

上記のように、長引く不況しか知らない若者たちが感じた日本の社会というものを性格に反映しているのが今の状況であるので、こういった安定志向の若者が多いのもうなずけます。

リスクを嫌う

安定志向を求める若者が増えたのは長年にわたる日本経済の不況に一因はあると思いますが、リスクを嫌う性格の若者が増えていることも原因の一つであると言えます。

とあるインタビューで、若者に将来の夢を聞いていましたが、「夢なんて特にない。

人並みに生活できて長生きがしたい」というような回答をしている若者が結構いたようです。

若いのになんとも夢のない話だなと思うと同時に、今の日本という国が若者が果敢にチャレンジできるような国ではないことを物語っていると思いました。

とにかくリスクを避けながら無難に人生を過ごせればよいという考えなのでしょう。

人それぞれ人生に対する考え方はあると思いますし、人の人生に口出しをする権利もないかもしれませんが、やはり言いたいのは若者にはもっと冒険して欲しいなということです。

最初から無難に生きることだけを考えるのもちょっともったいない気がします。

若者だからこそできる挑戦もあると思いますから、どんどん自分の可能性を試してもらいたいなという気持ちもあります。

2.自分の価値基準がある

今の若者というのは、一人一人が自分の考え、価値基準を持っていて、他人の意見に左右されない人が増えています。

自分の主義主張が弱く、何でも右にならえという昔の日本人のイメージからはかけ離れているように思えます。

自分の価値基準をしっかり持っているというのは良いことですが、逆に言うと自分勝手な人間ばかりが増えたとも言えます。

最近では、会社の上司から飲みに誘われても、恋人とのデートがあるからと言って断る社員もいるようです。

昔の人間からしたら考えられないことですが、自分のことしか考えていない今の若者には当然のことのようです。

自分が満足したい

自分が満足したいという気持ちが圧倒的に強いので、相手の気持ちなどをあまり考えないドライな若者が多くなっています。

仕事なども、歯をくいしばって働くというよりは、自分が好きなことを仕事にすることで満足したいという欲求が強いので、少しでも希望と違っていたりすると、すぐに仕事をやめてしまう人も多いようです。

また、仕事はあくまで自分が好きなことをするためのお金を稼ぐ行為だと割り切っている人も多く、仕事に何か自分の人生をかけたり、心血を注いで仕事に打ち込むといった若者は少ないです。

結婚したい若者が少なくなっている一因とも言えるかもしれません。

結婚すれば、自分の給料を自分の好きなように使うことはできません。

家族の生活費を捻出し、残りを貯蓄に回すというのが普通の考えですが、こういったことに我慢できない、自分のお金は自分の満足のためにだけ使いたいという自分勝手な考えの若者が多いから結婚する人も少なくなっているのではないでしょうか。

人は人という考え

自分は自分、人は人といった切り離した考え方の若者が多いので、同調意識や、人との絆といったものは生まれにくい時代になってきていると思います。

人は人という考えは悪い側面ばかりではありません。

違った価値観を持つ人も、こういう人もいるんだと柔軟に受け入れられるのも若者であると思います。

逆に年配者のほうが、自分と違う考えの人間をあからさまに否定する傾向があると思うので、様々な人間に柔軟に対応できるという観点では若者はアドバンテージがあるのではないでしょうか。

3.承認欲求が強い

多くの若者はSNSを使って、自分のことや意見をを世の中に発信しています。

このSNSの影響が大きいと思うのですが、自分の意見などに対して「いいね」と言ってもらいたい。

承認されたいという欲求が異常に強いように思います。

承認されることで自分が認められたと思い満たされる。

逆に承認されないとものすごく不安になったり、落ち込んだりします。

承認されたいという気持ちは、自分にどこか自信のなさがあり不安なので、そんな不安を打ち消すために、俺はイケてると言ってくれというふうに思えます。

本当に力のある人ならば、相手に承認してくれなどとは思わないでしょう。

そんなことをしなくとも力のある人ならば、自然に皆が認め、承認すると思います。

同意してほしい

とにかく自分の意見に同意して欲しいと思うのが今の若者です。

SNSで意見を言ったときに自分の意見に同意してくれる人は無条件に仲間だと思い、少しでも批判してくる人には露骨に敵意を示すというような極端な人が多くなっています。

今の時代というのは「狭く深く」という時代に突入しています。

「狭く深く」がどういう意味かというと、いまのメディア業界を考えれば一目瞭然です。

今まで一番大きな影響力を持っていたテレビというものが、若者を中心にテレビ離れが進み、その一方ネット社会がさらに進みました。

そこで何が起きているかというと、自分の好きなものを選択して見るという時代になっているのです。

ですから皆、自分の好きなものしか見ない、自分と同じ考えの人としか付き合わない、違う意見の人とは全く関わらないという社会になっているのです。

狭く深くというのは、自分の好きな部分だけを深く掘り下げるということです。

ですから、自分に同意して欲しい、人を自分の仲間に引き入れたいという気持ちが強く、同意しない者は批判をして追い払う、そして自分と意見の同じ人だけでつるむのです。

4.衝突を避ける

今の若者は相手との衝突を避けたいと思っています。

若いころは友達とけんかしても、すぐに仲直りして、それが逆に友情を高めるといったこともありましたが、今の若い子はそういったけんかを全くしません。

とにかく衝突を避けようとします。

今の若い人は、人生を通して誰かとけんかなんてしたことがない人は非常に多いと思います。

不要な衝突は避けるべきだとは思いますが、長い人生の中には、突然不条理に誰かがけんかを吹っ掛けてくることもありますし、仕事上でライバルと対峙しないといけない場面が訪れることもあるでしょう。

そんな時に喧嘩慣れ、揉め事慣れしている人は動じることなく処理できますが、全く人と争うことをしてこなかった人は、パニックになってどうすることもできなくなるでしょう。

対面時は自分の中で計算

衝突を避けようとしていても、生きているとどこかで誰かと衝突が起こることもあります。

学校や職場でえ意見の合わない人や、馬の合わない人も1人や2人くらいいるものです。

そういった人ともし衝突が起こった時にも、今の若者は事前にどう対処すべきか計算しているということが多いように見えます。

衝突がおこってもお互いにダメージが最小限に済むように対処しようとすることは、なかなか賢いのではないでしょうか。

衝動的にキレてけんかが始まるよりもよほど理性的であると言えます。

5.SNSでは積極的

人との接触を避け、おとなしい印象を受けることもある現代の若者ですが、SNSの中では非常に積極的に意見を発信しています。

政治色の強いテーマであっても、自分の意見をはっつきりいう人が多いです。

保守的な発言をして、それに同意する人は賛同の意見を発信するし、反対する者は断固批判の意見を述べて対立し合ったりしています。

リアルな世界では対立を避ける傾向にある若者ですが、ことSNS上に関しては非常に積極的で、攻撃的な人間が多くなります。

これは匿名性ということが要因の一つにあるのかもしれません。

身元がばれていないから好き勝手なことを言う。

普段言えないからここで爆発している人も多いのではないでしょうか。

自分を表現

今の若者は特に自分を表現したいという強い欲求を持っているように感じます。

これだけインターネットが発達し、簡単に自分を表現する方法がある今の時代ですから、多くの人が表現者として様々なものを発信しています。

自分の意見をツイッターで述べる者、自作の音楽を発表したり、動画をYouTubeに投稿したりと、表現方法はたくさんあります。

それに賛同したり、気に入った人はファンとなり、それが拡大して大きな動きになっていくことも多々あります。

しかし、少々SNSにのめり込みすぎる若者が多いような気がします。

SNSによって自分を大きく見せようとする人が多いということです。

何か物質的な物を所有しているという自慢からはじまり、リアルの人生がいかに充実しているかのアピール合戦のようになっています。

SNS上ではものすごく皆に慕われ、充実した人生のように見えても、実際は全く違うということは多々あります。

それからSNSで使う自分のプロフィール写真も、最近は画像加工アプリによってどうにでも変えることができますから、ものすごいハンサムや美人にすることができます。

実際会ってみてガッカリという結果になった人も多いのではないでしょうか。

このように今はSNSの過剰演出合戦の時代であると言えるでしょう。

若者から日本を元気に(まとめ)

未来の日本を作っていくのは間違いなく若者たちです。

日本は世界の先陣をきって超高齢化社会に突入していて、さらに近年の少子化問題もあり、どんどん老人の国になっていっています。

今の日本というのは老人、年配者にやさしく若者がチャレンジしにくい環境であると思います。

こんな土壌ではなかなか日本をもっと元気、活気に満ちた国へと変えていくことは難しいと思います。

どうすれば変わるのか?まずできることは若者が皆、選挙に参加することです。

選挙の投票率は年々落ち込み、投票に行くのは年配者が圧倒的に多くなっています。

これでは、政治家は票集めのために老人を優遇するような政策しかとりません。

若者たちもちゃんと政治に関心をもち投票に行くことで政治家の考えも変えることができます。

まずは政治参加から始めましょう。

そして、若いうちは少々のリスクを冒してでも勝負したほうがいいと思います。

自分のアイデアをビジネスにつなげていったり、なにか新しいシステムを考えたりと、既存の考えにとらわれないことが大切で、もっと多くの人がチャレンジ
できるような環境、雰囲気づくりを全ての年代の人が協力して作っていくべきだと思います。

活気がある、魅力ある国というのは必ず若者が生き生きと躍動しています。

今の日本にはそれが足りないように思います。

アジアの新興国はどんどん力をつけ若者がギラギラとした野心を持って頑張っています。

このままでは多くの国に追いつかれ、追い越される日は遠くないでしょう。

日本も今、変わらなければいけません2020年の東京オリンピックは一つの転換点として良い契機ではないでしょうか。

若い人たちは未来に向けてもっともっと躍動し、それを支える年輩の世代がいて、高齢の人々も次の日本を託す若者を育てるという気持ちをもっと持つべきだと思います。

若者だけが変わってもダメ出し、年配者だけでもダメで、全ての人が意識して若者を盛り上げる社会にしていかなくてはいけません。

自分のことだけを考えるならば、これからますます日本は老人にだけ優しい魅力のない国になるでしょう。

そうではなく未来に目を向けることが必要なのです。