CoCoSiA(ココシア)

1996年生まれの人はすごい!?悪魔の世代と呼ばれた時代の特徴や流行りをご紹介!


1996年と聞くとどんなイメージを持っているでしょうか?

現在学生の方からすると、ポケベルなどが流行っているようなとても昔のイメージがあるかもしれません。

しかし1996年は今を時めく多くの大物芸能人が生まれた年で、あらゆるカルチャーを生み出した年でもあります。

今回はそんな1996年に生まれた芸能人や流行していたものについてご紹介します。

1996年前後の生まれの方にとっても「懐かしい!」と思うものばかりなので、ぜひチェックして青春時代を思い返してみてくださいね。

1996年生まれは他の年とちょっと違う?!


1996年生まれは他の年とちょっと違うところがあります。

1996年生まれは ゆとり教育からゆとり教育をぬけるまでの移行期間に義務教育を受けてきた世代 です。

小学校6年間はゆとり教育を受け、中学校3年間は移行期間として教育を受けました。

ゆとり世代と聞くとまったりしていて、少し上の世代から批判をくらうイメージがあります。

確かにゆとり教育を受けていて、社会的なマナーが乏しく、先輩や上司の悩みの種となるような若者もいます。

その反面、驚くような才能を持っている人もいます。

1996年生まれは才能を持つ若者が多く、意外と 注目するべき世代 でもあります。

以降の項目で今をときめく若者を紹介します。

干支は「ねずみ年」


1996年生まれの干支はねずみ年、方角は真北を指します。

時間帯で言うと午後11時から午前1時までです。

夜行性のねずみにあてはめ、ねずみ年としたと考えられています。

ねずみ年の人は タフなメンタルを持ち、大変な状況下でも心をしっかり持ち、乗り越えるだけのスキルを持つ人 が多いです。

そういった強さは周囲の人の目にも留まり、頼られることが多いです。

ねずみ年の人はひらめきの才能を持ち、色々なアイディアを提案したり、新商品の案を出したり、新しい改革案を出したりすることを得意とします。

1996年生まれの人は才能を持つ若者が多いことが納得できます。

ゆとり世代に当てはまるものの、タフな精神力をバネに社会人としても経験を積んでいくことが多いのだと思います。

ねずみ年の人はひらめきの才能がある反面、あまり深く考えずに飛び込むことがあります。

美味しい話があると思って飛びついたら騙されていたり、恋愛で失敗したりすることが多いです。

過去に色々な失敗を経験している1996年生まれの人たちは色々な人と人間関係を作るのが上手な反面、時々損をしてしまうことがあると思って貰えたらと思います。

1996年生まれは才能豊かな芸能人、有名人が多い


1996年生まれは才能豊かな芸能人、有名人が多いです。

ゆとり世代でありながら、 従来の教育方針に戻るまでの複雑な期間を過ごした経験 を持っています。

1996年生まれであることで、面白いくらい臨機応変な対応をするのが上手です。

1996年生まれの人は深く考える前に何事も行動してしまうタイプが多いように思います。

まずは自分の身の回りができるようになってから、気になる男性に色々指摘して欲しいと思う乙女心があります。

1996年生まれの才能豊かな有名人、芸能人を紹介します。

白井健三

1996年生まれの白井健三さんは日本を代表する体操選手です。

2013年に 史上最年少である17歳で世界選手権金メダルを獲得した経歴の持ち主 です。

床運動と跳馬において6個の華やかな技を披露し、白井健三選手の名前にちなんだ「シライ」という名前が刻まれた技もあります。

自分の名前が刻まれた技を持つ体操選手は稀だと思います。

それだけ白井健三選手には華やかな才能があり、努力も重ねてきたということです。

幼いころからお兄さんたちが体操をしていたことから、影響を受けて育った白井健三選手は中学生あたりから注目を浴びるようになります。

2015年の世界体操技術選手権では金メダルを獲得しています。

以降も華々しい実績を残し、2017年にも世界体操技術選手権で金メダル、銅メダルを獲得しました。

その実績は内村選手も認めるほどの素晴らしさです。

1996年生まれである白井健三さんの今後の活躍にも期待したいです。