少し前にとても流行ったものでも、時がたち今では全く忘れてしまっていたようなものってありますよね!?

でも、ふとした時に思い出したり、テレビなどで見て「わぁ!これ懐かしい!!」って思うことあります。

その時代に流行したものって、その時代の雰囲気や風潮をとても表すものです。

だから、その時代に流行ったちょっと懐かしいアイテムを見たり、もう一度触れるだけで、その時の温かい思い出がよみがえったり、さらにその時代の風というものを思い出せたりするものです。

そこで、今回はそんなちょっと前に流行った昔懐かしいものを年代別にご紹介♪

あなたが昔かなりハマっていたものや、友達と盛り上がったものまでいろいろと見つけられるかも!

きっと、あの時の風景や感情なども同時に思い出せて、最近忘れがちだった心とか気持ちがよみがえってくることでしょう。

今度同窓会がある方や、昔の友達を会う機会がある方も、話題づくりのきっかけとしてチェックしてみてくださいね。

1950年代

どんな出来事があった?

今から60年以上も前になる、1950年代。

この時代、日本ではどんな出来事があったのでしょうか?
1950年代は、冷戦構造の固定した時代として位置づけられているようです。

日本でも経済が急速に発展し、テレビ放送がスタートした時代でもあります。

1951年には、ラジオ放送にてNHK第一回紅白歌合戦が放送されました。

そして同じ年手にはLPレコードやソフトクリームが登場。

人々の暮らしに多くの娯楽が増えてきた時代です。

さらに翌年の1952年には、ホンダのカブが発売されたり、公衆電話も登場しています。

テレビ放送がスタートしたのが1953年。

日本初のスーパーマーケット紀伊国屋が開店したのもこの年です。

1954年には第一回モーターショーが開かれたり、この年にゴジラが生まれています。

そして、1955年に三種の神器といわれた、電気冷蔵庫・電気洗濯機・テレビジョンが登場してかなりの話題になりました。

今では当たり前に使っている電化製品ですが、この時代に初めて人々の生活の中に出てきたのですね。

その後、1956年から石原裕次郎さんが主演の「太陽の季節」などの映画が人気になったり、犯罪専用電話「110番」も全国に広がりました。

なんといっても忘れてはならないのが、1958年にあの東京タワーが完成しています。

ロマンチックで日本を象徴するものとして、誰もが憧れるタワーですね。

その年に、チキンラーメン、缶コーヒーなどが発売され、翌年には第一回日本レコード大賞もスタートしました。

「週刊少年サンデー」と「週刊少年マガジン」も1959年が創刊です。

さらに「カミナリ族」や「タフガイ」が流行った時代でもありました。

戦後の経済発展が進み、その後、生活も人々も娯楽もどんどんと豊かになっていった時代であることがわかりますね。

ではこの1950年代には、どんなものが流行していたのでしょうか??

1950年代に流行った懐かしいもの

クラッカーボール

この時代、子供たちも含めてみんなが夢中になったものの一つが”クラッカーボール”です。

なにそれ?という若い世代の人たちもいると思いますが、きっとこのころ少年だったりした人たちにとっては「懐かしー!」と叫びたくなるようなものではないでしょうか?

クラッカーボールは、花火の一種です。

直径は約7~8㎜で玉の形をしていて、色とりどりに塗られています。

黒とかピンクとか、赤、緑、青などいろいろな色がありました。

京都名物の「五色豆」に似ているともいわれているようです。

この玉の中には火薬と小石が入っていて、地面に叩きつけたり、踏んだりすると大きな音を立てるんです。

パチンコなどを使って思いっきり地面に叩きつけて楽しんだ人たちも多いのではないでしょうか?

ミルク飲み人形

現代でも女の子たちが必ずと言いていいほど持っている”お人形さん”の元祖、それが”ミルクのみ人形”です。

この人形、その名の通りただのお人形さんではないところに注目がいきました。

なんと口から哺乳瓶で水を飲ませることができ、なんとお尻から水が出てくるのです。

かなり話題性がありますよね。

そして、横にすると目を閉じるのでまるで赤ちゃんにミルクを飲ませて、そして寝かしつけることができる、という赤ちゃんごっこができたわけです。

1954年には国産のミルクのみ人形が発売され、日本橋の百貨店ではこの人形を買うために大勢の人が開店前から長蛇の列を作っていたそうです。

一日の約2,400個も販売されたというほどで、きっと女の子たちがみんな欲しがった思い出があるのではないでしょうか?

このころには、着せ替えの洋服なども発売されていたようで、別売りでベットやソファーも売られていたようですよ。

野球盤

1958年にエポック社が創立し、創立と同時に発売され、大人気となったのが野球盤です。

こけし人形がついている盤面は家具職人が作っていたという代物。

当時としてはとても高額だったため、みんなが持っているわけではなかったようです。

でも、男の子たちはこれに夢中になりましたよね。

初期のころの野球盤は変化球がなく、直球だけの勝負でしたが、毎年のように改良されていき、かなり高性能なゲームへと変化していった歴史があります。

ミルキー

「ミルキーはママの味♪」。

このメロディーで思い出す、みんな大好きミルキーキャンディー。

甘くて優しい口どけで、ミルクのこく深い味わいが癖になる飴ですよね。

このミルキーは、日本のお菓子業界を代表するロングセラー商品として、たぶん知らない日本人はほとんどいないのではないでしょうか?
このミルキーが不二家から初めて発売されたのは1951年です。

北海道産の牛乳を使った優しいミルク味のキャンディーで、初期には箱の表にはペコちゃん、裏側にはポコちゃんがイラストとして描かれていました。

そして、小箱にはモールの取っ手がついていて、箱をゆするとペコちゃんの黒目が動くということでみんなで箱を振っていましたね。

今では、不二家の誰もが知るマスコットキャラクターであるペコちゃんも、このころはこのミルキーのみのキャラクターだったそうです。

60年以上がたった今でも、みんなに愛されている日本人にとって心を癒してくれる大人気キャンディーです。

ホッピング

今でも、たまあに子どもだちが遊んでいるのを見かけるホッピング。

1950年代に大流行したものだったんですね!
かなり息の長いアイテムです。

1956年に発売され、当初の発信地は大阪付近だったようです。

そこからどんどんと東西に人気が拡大していきました。

価格は600円台~900円台だったようです。

小さい子供たち用のものから、高校生や大人用のものまで6種類が販売されていたようです。

ホッピングが大流行して、大人も子供も夢中になっていたころは、ただただ回数を競うのではなくて、いろいろな乗り方をして楽しんでいた模様。

片手乗りや手放し乗りなど、自由に飛び跳ねられる感覚がみんなを虜にしたようです。

1960年代

どんな出来事があった?

1960年代は、ベトナム戦争が激化した時代。

さらに、ビートルズが世界の音楽シーンに大きな変化をもたらした時代でもあります。

そのころ日本では、ジャイアント馬場さんやアントニオ猪木さんがデビューし、大勢のプロレスファンを魅了していました。