おそらく、日本の大半の方は今会社勤めしている方が多いと思います。

中には自分自身で仕事をしていたり、社長として会社を引っ張って言っている人もいるかと思いますが、世の中の全体数でみれば、圧倒的に数が多いのは会社員であるといえるでしょう。

中にはアルバイトだったり、パートという形で企業に勤めている方も多いかと思います。

会社員として働く中で、もちろん会社にこのまま長く勤めて、キャリアを形成したり、いずれ役職が付く事を狙い、今後も今の会社に身を置きたいと考えている人はたくさん存在しているかと思います。

ただ、中には今のままで本当にいいのか、今の会社ではなく、今後の事を考えて転職したい、会社を辞めて自分自身で何か起業したいと考えている人も多いのは事実です。

今回は、そんな会社を辞めたいという考えをテーマにして、会社を辞めるという事についてご紹介していきたいと思います。

様々な思いがある中、どういう判断をする事が正しいのか、是非ご紹介する様々な観点から、自分自身の答えを出していただきたいと思います。

今、迷っているという方是非こちらの記事を見て頂き、自分自身の納得する決断ができれば素晴らしいなと思いますので、是非参考にしてみてくださいね。

退職する年齢

会社員として、働いていても、いずれは退職する日が来るでしょう。

きっかけはたくさん存在しており、例えば、自分自身が何かしたい事が見つかった、チャレンジしたい事が見つかったという事だったり、今後の事を考えて、待遇が良い仕事を見つけたいと思う事もあるでしょう。

そう考えることが間違っているという事はありませんし、年齢がどれくらいだからこういう行動をしなさいという事も存在していません。

だからこそ、みんな迷いますし、何が正しいのかしっかりと考えた上で行動する事が大事であるといえるでしょう。

ただ、ある程度の考えるパターンが決まっているという事も確かです。

なので、今回は年代別によって、退職に関しての考え方、行動基準などを簡単にご紹介していきたいと思います。

これが正しいというわけではなく、あくまである程度の指標として考えて頂けたらと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

転職するなら20代がよい

まずは20代から見ていきましょう。

会社を辞めるという事に関連して、20代が思う事はやはり多いのが転職をしようと考えているからなのではないでしょうか。

転職をする事が正しいのか、間違いなのか、それは誰にもわかりません。

だからこそ、真剣に考える必要がありますし、自分自身が本当に頑張れるのかという事をまずは理解した上で行動する事が大事だといえるでしょう。

ただ、一般的な考え方として、やはり転職をするならば早い方が良いという事は確かに存在します。

例えば、20代で転職をするのと、40代になって転職をするという事を比較した時に、どうしても有利なのは20代なんです。

皆さんも理解していただいているかと思いますが、企業の立場に立って考えた時に、ある程度の経験があり、知識も豊富で実践で起用できるのであれば、40代でもよいかもしれません。

ただ、現実的に転職というのは名前の通り、仕事を変えるという事なので、初めて経験する仕事である場合も多いです。

関連した業務を経験した事があるなら話は別ですが、一切業務経験がない40代と、20代であれば将来有望な20代を起業は雇うでしょう。

起業もできれば長く勤めてほしい人材が欲しいのが本音です。

なので、転職をするのであれば、やはり早い段階で行うべきであり、その業界での豊富な経験や知識をつけるのもある程度若い年齢の方が適しているのも事実だからです。

もしも今転職を考えている若い方はいらっしゃるのであれば、早い段階が有利だという事をしっかりと認識しておくことが大事であるといえるでしょう。

30代になると実力があるため会社が手放さない

次に、30代ですが、30代になってくると、ある程度の勤務年数も立っているので、会社いおいても中堅になってくる年代です。

中間管理職は一番きついと言われる立場になるかもしれませんが、それでも段々と待遇も上がってくる頃ですし、会社としてもある程度大事な立場に立っている人材である場合が多いです。

なので、転職を考えていても、周りが止めたり、会社が辞めさせないように色々と工夫をしてくる場合もあります。

そういう面を考えると、どうしても今までいた会社ですし、居心地が良いという事もありますし、転職して失敗を考えたりすると、どうしても二の足を踏んでしまいがちになります。

会社が実力を評価してくれることはありがたい事だといえますし、嬉しい事ですが、大事なのは自分自身が後悔しない決断をする事です。

このままここで這い上がっていくのか、将来を見据えて、新しい行動に出るのかはあなた次第になります。

20代の頃と比べて、どうしても色々考えてしまうかもしれませんが、後悔しない決断をする事が大事であるといえるでしょう。

【30代で転職を考えている人は、こちらの記事もチェック!】

40代になると転職先が限られる

次にご紹介するのは、40代ですが、40代となると一般的には管理職になり、会社としてもある程度の立場に立ったりされる方が多いかと思います。

仕事も会社の中ではベテランに入りますし、頼りにされる事も多いかと思います。

その業界の中では、かなりの知識だったり経験を持っているかもしれませんが、転職となるとどうしても難しい状況にはなります。

新しい事を始めるにしても、やはり周りと比べると年齢のハンディキャップを背負っていますし、若い人材と勝負して勝ち上がっていけるのかという事は不安に感じるかと思います。

もちろん、今まで勤めてきた業界に関連した内容であれば、喜んで転職を受け入れてくれる会社もあるかと思います。

ただ、なんの経験もなしに飛び込んでいくという事は難しい状況だという事は理解しておく事が大事です。

なので、冷静に企業からの立場で、自分は魅力的に感じるだろうか、周りと勝負して勝ち上がっていける実力、気合、気持ちが自分にはあるのかという事をまずは理解して行動していう事が大事であるといえるでしょう。

何年勤めると退職が得か

ここまでは、年代別に転職についての状況などをご紹介していきました。

そこで、気になるのが、どれくらいまで勤めていると、退職をする事が得に感じるかという事です。

これはたくさんの基準がありますので、一概に絶対正しいかどうかという事はいえないかもしれませんが、一般的に多い事柄で考えた時に、得であるという状況は少なからず存在するでしょう。

なので、どういうタイミングで会社を辞めるのが得かという事を簡単にご紹介していきたいと思います。

すでに退職の気持ちが固まっている方だったり、退職を少し考えている方には、是非とも参考にしていただきたい内容となっています。

少しでも自分自身の得になるかどうかという事をしっかりと考えた上で行動していただけたらと思いますので、是非見てみてくださいね。

最低でも1年以上は勤める

勤続年数を考えると、どうしてもある程度の期間は務めた方が得であるといえるのではないでしょうか。

まずは、最低でも1年は働いていただきたいと思いますが、これには理由があります。

もちろん、1年という勤務年数は、短いと感じる方にとっては問題ないかもしれませんが、長いと感じる人には非常に長く感じてしまう時間になるといえるでしょう。

ただ、長いと感じたとしても、あと一歩のところでやめてしまっては、もったいない事もあります。

今がもしもうすぐで1年なのにやめてしまおうかなと思っている方は、少し踏みとどまって、是非1年働いてみる事をお勧め致します。

どうしてこの1年にこだわるかという事については、後述させていただきますので、是非読んでみてくださいね。

失業保険が受け取れる

なぜ1年という時間にこだわるのかという事ですが、これには深いわけがあります。

それは、なんといっての失業保険がもらえるかという事なんです。

今までに失業保険をもらった事がないという方は、おそらくそれって何?と思うかもしれませんが、失業保険は非常に便利な制度となっています。

おそらく、今働いている人は会社から様々な税金が惹かれているかと思います。

例えば、収入がある方は所得税などを惹かれますし、住民税や源泉徴収税など、様々な税金が存在しますが、その中に雇用保険が惹かれているかと思います。

この雇用保険が非常に大事で、これは1年以上勤めて、雇用保険を払っている方は、退職した時に、就職活動を行う機関はお金を支給してもらえるという制度なんです。

もちろん、支給されるのはしっかりとハローワークにいく必要がありますし、就職活動もしっかりと行う必要がありますが、それでも不安な気持ちに安らぎを与えてくれる存在にはなりますよね。

金額の部分でも、一般的な生活を送るには十分な金額が支給される場合もあるので、絶対にお得なので、1年近い勤務日数の方は、是非利用していただきたい制度となっています。

3年以上勤続する

次にお伝えしたい内容が、1年以上で3年未満の方に是非お伝えしたい内容です。

まずは、勤務年数を3年を目標にして頑張っていただきたいと思います。

今すぐにやりたい事があるという目的をしっかりと持っている方であれば、3年は確かに長いかと思いますし、すぐに行動に移したいと思いますので、そういう方であれば意識する必要はないかと思いますが、なんとなくという理由で退職を考えているのであれば、まずは3年の勤務を行う事がおすすめです。

3年近い勤務年数の方にも、まずは踏みとどまっていただきたいと思います。

こちらも先ほどの雇用保険同様、ちょっとの差で恩恵を受けられる、受けられないが決まってしまいますので、是非ご紹介する内容を踏まえた上で、判断していただきたいと思います。

再就職手当てが受け取れる

再就職手当とは何かと思う方も中にはいるかもしれません。

これは、先ほどご紹介した雇用保険と非常に似ている存在であり、雇用保険の内容も絡んだ手当となっています。

様々な条件がありますが、その条件内に当てはまる場合、再就職手当が支給されるような内容となっているので、お金に困らずに安定的な生活を送れる保険のようなものと考えていただければと思います。

再就職手当があるかないかで非常に変わってきますし、再就職手当を知らない方はもったいない事をしているという事にもつながります。

再就職手当は、3年間において、再就職手当をもらっていない事が条件の中に入っているので、3年間の間に一度もらった経験があるのであれば、もらえない可能性が大きいので、しっかりと3年間務める事で、その心配をなくすことが出来ます。

条件などがありますが、それでも安定した生活を送れる事が出来ますので、是非利用した事がない方は一度利用されてみてはいかがでしょうか。

会社によって退職金が上がる年数を待って退職する

これは会社によってくるかもしれませんが、年数によっては、退職金に関係するケースもあるようです。

退職金をあまり意識していない方も中にはいるかもしれませんが、これがかなり大事な事になります。

退職金があるのとないのとでは、非常に変わってきます。

退職金の金額が非常に変わるタイミングなども存在しているので、何も考えずに無計画にやめてしまうと、非常にもったいないのです。

なので、是非退職金の事をしっかりと考えて、退職するタイミングを調整する事を意識してみてはいかがでしょうか。

しっかりと自分自身の会社が退職金があるのか確認したり、退職金がもらえるなら、どれくらいになるかという事を事前に考えた上で判断していただきたいと思います。

退職するベストなタイミングとポイント

退職と一言でいっても、やはり様々な事が関係して、良いタイミング、悪いタイミングがあるという事を理解していただけましたでしょうか。

それでは、ここからはもっと細かく、退職をする際に適しているタイミングだったり、ポイントなどをご紹介していきたいと思います。

様々なポイントやタイミングが存在するので、是非自分自身に合ったタイミングで実行していただけると、非常に良いかと思います。

最高の賞与をもらうタイミング

会社員として働いている時、嬉しいのがボーナスをもらえる時ですよね。

賞与があるないとでは天と地の差ですし、それが積み重なった時には非常に莫大な金額となってしまいます。

なので、この賞与が退職をする時、しない時などのポイントになってくるかと思います。

賞与がある人は、賞与をしっかりともらってからの方がタイミング的には非常にお得ですよね。

人によっては、かなりの金額の差も生まれてしまう為、計画して実行するには非常におすすめです。

もちろん、会社に対して悪いかなと感じてしまう人も中にはいるかもしれませんが、それでも遠慮する事はありません。

実際にそうやって退職する人は多いですし、人間なら誰しもが考えている事です。

会社もそういう事は日常茶飯事ですし、みんなする事は同じだといえるでしょう。

賞与額が確定してから退職話を切り出す

賞与の額がしっかりと確定してから、退職の話を切り出す事をお勧め致します。

もちろん、賞与が確定してからすぐというのもちょっといやらしいかもしれませんが、日本人は特に、お金に対して少し遠慮気味な所がありますので、そこは多少なり図太くなっても良いのではないでしょうか。

こんな言い方になってしまうのはあまり良くない事かもしれませんが、止めてしまったらもうすれ以降はそこまでかかわらない相手にもなります。

もちろん長年良くしてくださった人達もいるかもしれませんが、それでもそこまで気に留める必要はありません。

しっかりともらうものはもらってしまう事が良い事ですし、もらう事は悪い事ではありません。

なので、しっかりと賞与などを計算して、確定してから退職の相談をする事をお勧めいたします。

有給を所得してから退職する

会社員として働いていると、有給をもらえるようになりますよね。

有給休暇を取得していない人って実はけっこういるんです。

特に日本は海外と比べて仕事に対して自分自身を犠牲にしてしまうという傾向があるように感じます。

会社自体が有給を取得しにくい雰囲気になっているのかもしれませんが、しっかりと使える権利は使った方が良いかと思います。

あなたの周りにも有給を使いたくても使えない人ってけっこういるんじゃないでしょうか?
仕事が好きで好きでしょうがないという事であれば、問題ないかもしれませんが、せっかくこういった制度があるのですから、使えるものは使いましょうよというのが一番の良い方法ではありますよね。

有給を消化してから退職話を切り出す

退職をする上で、大事な事がこの有給を使うという事です。

有給を使用していない人はけっこう多く、最終的に有給を使えないまま会社を退職してしまったという事もあります。

なので、有給をしっかりと使って、会社を退職するという事をしっかりと覚えておいてくださいね。

有給休暇ってけっこう忘れられて、使われないままなくなってしまうという事がけっこうあります。

ただ、有給休暇は心身の疲れをいやし、ゆとりある生活を送るために与えられている、法律で定められている権利なんです。

なので、使わないのはあまりにももったいないです。

条件などもありますが、基本的には雇用されてから半年の経過、そして算定期間の8割出勤しているという事が条件ではありますが、普通に仕事をしていたら問題なく達成できる条件になります。

なので、是非今自分自身に有給がある人は、退職を考えているならすべて消化してしまって、退職をするという事を意識されてみてくださいね。

はっきりと辞意を伝える

ただ、実際に会社を辞めると伝える時って非常に面倒ですよね。

実力があれば、当然ながら色々理由を聞かれたり、退職する事を防ごうとしてきますよね。

中には、辞めるという事がなかなか言えない方もいらっしゃるかと思います。

確かに退職をするとなると、周りに迷惑がかかってしまいます。

当然ながら人員も減りながら、仕事が増えるという事が起きるからです。

ただ、周りの事を考えて、自分が行動を制限してしまうという事はダメな事です。

周りに迷惑がかかったとしても、それは自分が決めた事なのであれば、しっかりと行う事は行い、行動する事が大事です。

なので、中途半端な対応はせずに、覚悟をしっかりと決めたのであれば、しっかりと毅然な対応を心がけるようにしてください。

そうする事で、あいまいな態度ではなく、しっかりと意思を示す事で、相手も理解してくれるかと思います。

中途半端な対応だと、相手も隙を見つけて攻め込んでくるかと思います。

なので、しっかりと毅然な対応を心がけるようにしてください。

苦渋の決断だという雰囲気を出す

ただ、辞める時には、しっかりと会社にもある程度の気遣いを行う必要があるのも確かです。

毅然な対応は必要ですが、あまりにも相手に対して何もないような態度であると、相手も不快に感じてしまう事もあります。

長年お世話になっている会社であれば、当然、少なからず迷惑をかけるなよ、と思われるかもしれません。

なので、態度自体は毅然にしていても、苦渋の決断を行っているんだという雰囲気を醸し出す事は、重要であるといえるでしょう。

しっかりと悩んだ末の決断だ、という事を相手に伝える事で、相手もしっかりと考えて決断を出したんだな、と理解してくれます。

なので、多少なり相手に対して理解を与えるためには、こういった工夫を行う事も時には大事なんだという事をしっかりと把握して行動を起こしましょう。

個人的な理由にする

会社を辞める時には当然理由を聞かれるかと思います。

理由も聞かずに、じゃあやめていいよという会社なんて存在しないかと思います。

なので、理由をしっかりと前もって考える事も時には必要です。

そのままの思いを伝えても良いかもしれませんが、中には実際そこまで深い理由ではないという事もあったりしますよね。

ただ、そんな理由を正直にいったところで、相手からすると反感を買ってしまう事にも繋がります。

なので、ある程度しっかりとした理由を事前に考えておく事で、相手も納得せざるを得ない状況にする事が一番のミソです。

この時に重要なのが、周りのせいにしない、という事が一番大事な事であるでしょう。

個人的で前向きな理由にする

理由を考えた時に、自分自身の前向きな理由であれば相手は納得してくれる可能性も高いですし、周りに対して迷惑をかける事はありません。

もちろん、よっぽどのことがあるのであれば、正直に話す事も大事ですし、それが会社のためになる事もあります。

ただ、適当な理由だったり、軽薄な理由の際には、相手から責められてしまう事にも繋がります。

だからこそ、退職の理由を個人的な理由に設定する事で、相手も納得してくれる事に繋がります。

周りに迷惑をかける事もないので、理由を設定する際には、こういった工夫を試してみてくださいね。

12月の給料が発生してから退職する

次に、おすすめのポイントですが、会社勤めの方は12月の給料が出てから退職する手続きを行うという事がポイントです。

理由がいまいちピンと来ない方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、この12月という事がポイントなんです。

個人事業主の経験がある方なら、非常にわかりやすいかもしれませんが、12月は一年が終わる時期にもなりますよね。

この時に、今までは何もする事もなかったのですが、条件次第では自分自身でなんと確定申告を行う必要が出てくるのです。

年末調整の手続きが終わってからにする

会社員として勤めている時には、会社が税金を支払ってくれる手続きをとってくれていますよね。

源泉徴収税という事で、毎月税金が引かれており、そこから最終的に会社が年末調整を行ってくれ、結果的にあまった金額は還元されたり、自動的に作業を行ってくれるのです。

これが自分自身で行うとなると、非常に面倒な作業となってしまいます。

これは経験がある人にしかわからないかもしれませんが、こまごまとした作業になり、報酬ももらえない作業になるので、非常に面倒に感じる事が多いかと思います。

なので、会社員として退職を決意した時には、年末近い時期であれば、年末調整を行ってくれる時期までは頑張る事をお勧め致します。

前向きな退職理由

先ほどお伝えした通り、退職の意思を会社に伝えた時に、会社としてはまず理由を尋ねてきます。

この理由ってけっこう考えるのが面倒な事も多いですよね。

中にはあまり良い理由ではない事も確かにあります。

全員が全員、良い理由で退職を決意するという事はありません。

少なからず、良い理由ではない場合もあるので、しっかりと事前に相手に対して良い印象で終えられるように工夫をする必要があります。

なので、退職理由を伝える時に、しっかりと考えて頂きたいポイントもお伝えさせていただきます。

是非参考にしてみてくださいね。

将来やりたいことができたため

将来やりたい事が出来たという事も非常におすすめの理由であるといえるでしょう。

やりたい事が出来たという理由は、個人的な理由であり、自分の将来を考えた結果、今動かないとダメだという理由にもなります。

なので、説得をするにしても非常に難しい理由ですし、それを止めようとしても自分の意思を尊重すれば良いだけの話になります。

なので、相手も強く言えないですし、避難する事もできません。

適切な理由付けであるともいえるでしょう。

家族の介護をするため

家族の介護をするという事も良い理由付けになるのではないでしょうか。

職場での関係といえども、プライベートな事だったり、相手の家の事情にまで口をはさんだり、避難してくる事、そして詮索してくるような事はできません。

なので、どうしても退職したいという場合には、こういった理由を付ける事も時には必要な場合もあるでしょう。

介護となると、非常に大変なため、やはりそこまでする必要があるのも理解できますし、嘘だと思われても疑われるような事はされません。

毅然な態度を相手に対して伝える事で、相手も納得せざるを得ない理由になるのではないでしょうか。

結婚、妊娠のため

女性であれば、妊娠したという理由も付け加える事が出来ます。

妊娠したというのは、初期の段階ではわからないですし、相手に対して疑う事はできません。

また、結婚を控えているという事も大きな理由付けのひとつになるのではないでしょうか。

こういった事を実際に退職理由にする人も多いので、無難な状況で退職したいと思うのであれば、こういった工夫をする事も大事になるという事を覚えておきましょう。

【退職理由については、こちらの記事もチェック!】

会社を辞めて転職する場合に注意すること

退職をする際には、非常に大事な注意すべき点があるという事も忘れてはいけません。

しっかりと最後まで気を抜かずに、最後だからこそ様々な事に気を付けておくべき事にもなります。

気が緩んでしまいがちですが、しっかりとご紹介する内容を気を付ける事で、自分自身が困る事もなくなりますので、注意していただければ幸いです。

それでは見ていきましょう。

【会社を辞める時にすべきことは、こちらの記事もチェック!】

退職する2~3ヶ月前に辞める旨を伝える

退職をする際には、しっかりと事前に相手に対して数カ月前に伝えておく事が大事になります。

会社も学校ではありません、自分自身の意思で入社をしているからには、会社に対して最後まで誠意を貫く事が大事であります。

中にはその日でやめてしまうような人も存在していますが、それはあまりにも無礼すぎます。

会社は遊びではないので、しっかりと相手に対して気を付けるべき点は絶対に気を付けておくことが必要なので、しっかりと事前に退職の意思は示しておくようにしましょう。

これは自分自身を守るためでもあるので、気を付けておいてくださいね。

健康保険や年金の手続きをきちんとしておく

しっかりと退職をする前の段階で、手続きを行っておく必要がある事があります。

健康保険であったり、年金など、今までは社会保険という形で惹かれていたかもしれませんが、会社を辞めてしまった場合には、そういった方法から変更しなければいけません。

切り替えであったり、新しく申し込み必要があるので、そういった事は会社をやめる前の段階で行っておくべき事であるという事を意識しておきましょう。

退職から転職まで給料が発生しない時期を作らない

出来れば、可能な限り仕事を辞めてから新しい仕事までの間に空白の期間を作らないようにすることが大事であるといえるでしょう。

なぜなら、当然その間の給料は出ないわけですから、それまでの間の生活費などを捻出するのが難しくなります。

なので、ある程度の貯金や計画があるわけではないのであれば、しっかりと事前に計画して間をなくすようなスケジュールを立てるように気を付ける事が大事であるといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は会社を辞めるという事に関連して、様々な事をお伝えさせていただきました。

会社を辞めると一言にいっても、様々な事が絡んできますし、たくさんの人に迷惑をかける事にはなります。

ただその反面、行動する事は大きな負担になる事もありますが、大事な判断でもあります。

その判断を鈍らせて、周りを理由にして後悔してしまうくらいなら、自分を信じて行動を行う事が大事であるといえるでしょう。

常に生きている限り、様々な判断が与えられ、それを選択肢実行するのは自分です。

なので、常に最善の選択をして生きていきませんか?

【辞める理由については、こちらの記事もチェック!】