おそらく、日本の大半の方は今会社勤めしている方が多いと思います。

中には自分自身で仕事をしていたり、社長として会社を引っ張って言っている人もいるかと思いますが、世の中の全体数でみれば、圧倒的に数が多いのは会社員であるといえるでしょう。

中にはアルバイトだったり、パートという形で企業に勤めている方も多いかと思います。

会社員として働く中で、もちろん会社にこのまま長く勤めて、キャリアを形成したり、いずれ役職が付く事を狙い、今後も今の会社に身を置きたいと考えている人はたくさん存在しているかと思います。

ただ、中には今のままで本当にいいのか、今の会社ではなく、今後の事を考えて転職したい、会社を辞めて自分自身で何か起業したいと考えている人も多いのは事実です。

今回は、そんな会社を辞めたいという考えをテーマにして、会社を辞めるという事についてご紹介していきたいと思います。

様々な思いがある中、どういう判断をする事が正しいのか、是非ご紹介する様々な観点から、自分自身の答えを出していただきたいと思います。

今、迷っているという方是非こちらの記事を見て頂き、自分自身の納得する決断ができれば素晴らしいなと思いますので、是非参考にしてみてくださいね。

退職する年齢

会社員として、働いていても、いずれは退職する日が来るでしょう。

きっかけはたくさん存在しており、例えば、自分自身が何かしたい事が見つかった、チャレンジしたい事が見つかったという事だったり、今後の事を考えて、待遇が良い仕事を見つけたいと思う事もあるでしょう。

そう考えることが間違っているという事はありませんし、年齢がどれくらいだからこういう行動をしなさいという事も存在していません。

だからこそ、みんな迷いますし、何が正しいのかしっかりと考えた上で行動する事が大事であるといえるでしょう。

ただ、ある程度の考えるパターンが決まっているという事も確かです。

なので、今回は年代別によって、退職に関しての考え方、行動基準などを簡単にご紹介していきたいと思います。

これが正しいというわけではなく、あくまである程度の指標として考えて頂けたらと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

転職するなら20代がよい

まずは20代から見ていきましょう。

会社を辞めるという事に関連して、20代が思う事はやはり多いのが転職をしようと考えているからなのではないでしょうか。

転職をする事が正しいのか、間違いなのか、それは誰にもわかりません。

だからこそ、真剣に考える必要がありますし、自分自身が本当に頑張れるのかという事をまずは理解した上で行動する事が大事だといえるでしょう。

ただ、一般的な考え方として、やはり転職をするならば早い方が良いという事は確かに存在します。

例えば、20代で転職をするのと、40代になって転職をするという事を比較した時に、どうしても有利なのは20代なんです。

皆さんも理解していただいているかと思いますが、企業の立場に立って考えた時に、ある程度の経験があり、知識も豊富で実践で起用できるのであれば、40代でもよいかもしれません。

ただ、現実的に転職というのは名前の通り、仕事を変えるという事なので、初めて経験する仕事である場合も多いです。

関連した業務を経験した事があるなら話は別ですが、一切業務経験がない40代と、20代であれば将来有望な20代を起業は雇うでしょう。

起業もできれば長く勤めてほしい人材が欲しいのが本音です。

なので、転職をするのであれば、やはり早い段階で行うべきであり、その業界での豊富な経験や知識をつけるのもある程度若い年齢の方が適しているのも事実だからです。

もしも今転職を考えている若い方はいらっしゃるのであれば、早い段階が有利だという事をしっかりと認識しておくことが大事であるといえるでしょう。

30代になると実力があるため会社が手放さない

次に、30代ですが、30代になってくると、ある程度の勤務年数も立っているので、会社いおいても中堅になってくる年代です。

中間管理職は一番きついと言われる立場になるかもしれませんが、それでも段々と待遇も上がってくる頃ですし、会社としてもある程度大事な立場に立っている人材である場合が多いです。

なので、転職を考えていても、周りが止めたり、会社が辞めさせないように色々と工夫をしてくる場合もあります。

そういう面を考えると、どうしても今までいた会社ですし、居心地が良いという事もありますし、転職して失敗を考えたりすると、どうしても二の足を踏んでしまいがちになります。

会社が実力を評価してくれることはありがたい事だといえますし、嬉しい事ですが、大事なのは自分自身が後悔しない決断をする事です。

このままここで這い上がっていくのか、将来を見据えて、新しい行動に出るのかはあなた次第になります。

20代の頃と比べて、どうしても色々考えてしまうかもしれませんが、後悔しない決断をする事が大事であるといえるでしょう。

40代になると転職先が限られる

次にご紹介するのは、40代ですが、40代となると一般的には管理職になり、会社としてもある程度の立場に立ったりされる方が多いかと思います。

仕事も会社の中ではベテランに入りますし、頼りにされる事も多いかと思います。

その業界の中では、かなりの知識だったり経験を持っているかもしれませんが、転職となるとどうしても難しい状況にはなります。

新しい事を始めるにしても、やはり周りと比べると年齢のハンディキャップを背負っていますし、若い人材と勝負して勝ち上がっていけるのかという事は不安に感じるかと思います。

もちろん、今まで勤めてきた業界に関連した内容であれば、喜んで転職を受け入れてくれる会社もあるかと思います。

ただ、なんの経験もなしに飛び込んでいくという事は難しい状況だという事は理解しておく事が大事です。

なので、冷静に企業からの立場で、自分は魅力的に感じるだろうか、周りと勝負して勝ち上がっていける実力、気合、気持ちが自分にはあるのかという事をまずは理解して行動していう事が大事であるといえるでしょう。

何年勤めると退職が得か

ここまでは、年代別に転職についての状況などをご紹介していきました。

そこで、気になるのが、どれくらいまで勤めていると、退職をする事が得に感じるかという事です。

これはたくさんの基準がありますので、一概に絶対正しいかどうかという事はいえないかもしれませんが、一般的に多い事柄で考えた時に、得であるという状況は少なからず存在するでしょう。

なので、どういうタイミングで会社を辞めるのが得かという事を簡単にご紹介していきたいと思います。

すでに退職の気持ちが固まっている方だったり、退職を少し考えている方には、是非とも参考にしていただきたい内容となっています。

少しでも自分自身の得になるかどうかという事をしっかりと考えた上で行動していただけたらと思いますので、是非見てみてくださいね。

最低でも1年以上は勤める

勤続年数を考えると、どうしてもある程度の期間は務めた方が得であるといえるのではないでしょうか。

まずは、最低でも1年は働いていただきたいと思いますが、これには理由があります。

もちろん、1年という勤務年数は、短いと感じる方にとっては問題ないかもしれませんが、長いと感じる人には非常に長く感じてしまう時間になるといえるでしょう。

ただ、長いと感じたとしても、あと一歩のところでやめてしまっては、もったいない事もあります。

今がもしもうすぐで1年なのにやめてしまおうかなと思っている方は、少し踏みとどまって、是非1年働いてみる事をお勧め致します。

どうしてこの1年にこだわるかという事については、後述させていただきますので、是非読んでみてくださいね。

失業保険が受け取れる

なぜ1年という時間にこだわるのかという事ですが、これには深いわけがあります。

それは、なんといっての失業保険がもらえるかという事なんです。

今までに失業保険をもらった事がないという方は、おそらくそれって何?と思うかもしれませんが、失業保険は非常に便利な制度となっています。

おそらく、今働いている人は会社から様々な税金が惹かれているかと思います。

例えば、収入がある方は所得税などを惹かれますし、住民税や源泉徴収税など、様々な税金が存在しますが、その中に雇用保険が惹かれているかと思います。

この雇用保険が非常に大事で、これは1年以上勤めて、雇用保険を払っている方は、退職した時に、就職活動を行う機関はお金を支給してもらえるという制度なんです。

もちろん、支給されるのはしっかりとハローワークにいく必要がありますし、就職活動もしっかりと行う必要がありますが、それでも不安な気持ちに安らぎを与えてくれる存在にはなりますよね。

金額の部分でも、一般的な生活を送るには十分な金額が支給される場合もあるので、絶対にお得なので、1年近い勤務日数の方は、是非利用していただきたい制度となっています。

3年以上勤続する

次にお伝えしたい内容が、1年以上で3年未満の方に是非お伝えしたい内容です。

まずは、勤務年数を3年を目標にして頑張っていただきたいと思います。

今すぐにやりたい事があるという目的をしっかりと持っている方であれば、3年は確かに長いかと思いますし、すぐに行動に移したいと思いますので、そういう方であれば意識する必要はないかと思いますが、なんとなくという理由で退職を考えているのであれば、まずは3年の勤務を行う事がおすすめです。

3年近い勤務年数の方にも、まずは踏みとどまっていただきたいと思います。

こちらも先ほどの雇用保険同様、ちょっとの差で恩恵を受けられる、受けられないが決まってしまいますので、是非ご紹介する内容を踏まえた上で、判断していただきたいと思います。

再就職手当てが受け取れる

再就職手当とは何かと思う方も中にはいるかもしれません。

これは、先ほどご紹介した雇用保険と非常に似ている存在であり、雇用保険の内容も絡んだ手当となっています。