CoCoSiA(ココシア)

狂いそう!嫉妬で気が狂いそうな時に...(続き2)

例えば、いろいろな掲示板での相談を見ていても、浮気などについて相談すると、たいていの人はその相談をした人の肩を持つことが多いです。

大切な人が自分以外の人に感情を向けようとしているのを知ったら、心が穏やかでいられないのは当然なのではと言うのを皆知っているのです。

そして、嫉妬は何もそのような大人だけではなく、子供にもあります。

例えば、2人目以降の子供が生まれたとき、上の子は下の子に嫉妬しまうところがあります。

確かに親としては、下の子は赤ちゃんであってなかなか自分のことができないのでどうしても世話が必要なのですが、自分より妹や弟の方が良くなったのではないかと必死になるところは多くの子にあります。

その上のお子さんが何歳かにもよりますが、大抵の場合は未成年の子が多く、親の庇護がないとまだ生きられない年齢ですので、下の子ばかりに構うと上の子はどうにかして自分に目を向けてもらおうと必死になってしまいます。

たとえそれは2歳の子であったりしてもです。

やはり、そのように知ったゆえに自分に目を向けてもらおうとすると言うのは、大人ばかりではなく、感情のままに生きる小さな子供にもあるのです。

2.嫉妬心はあってもいい


このようなことから、嫉妬心があるのは決して悪いことではありません。

お子さんでしたら、そのようにして、自分に目を向けてもらうということで嫉妬心があると言うのは、自分も庇護の対象であることを気付いてもらって世話を焼いてもらうという意味では理にかなっています。

恋愛感情にしても同じです。

新しい人に目が向いているときに、それに嫉妬し自分に向いてほしいと思うのは当然の真理です。

嫉妬心がない位の美点としている人もいますが、そのような人は、ひょっとしたら逆を言うとその恋人にあまり関心がないとも言えるのかもしれません。

やはり、そのように興味があるからこそ自分のほう向いていないように思うとついついこちらに目を向けさせようと思ってしまうのは、興味の表れでもあります。

嫉妬があって当然


そのようなことから、小さな子供にもあるような感情ですので嫉妬はあって当然なのです。

それは、成長しても変わりません。

人間は基本的に、自分も安定的にところに身をおきたい気持ちはあります。

ですので、恋愛感情で言うと、恋人や配偶者が自分以外の人に目を向けていると言うことであると、嫉妬をしてしまい面白くないと思ってしまうものです。

そして仕事面においても、自分のポジションを揺るがす頃ほどに仕事ができる人がいるとなると、自分の立場が危うくなると思ってしまうところがあります。

嫉妬心を持つのはある程度仕方がないことですが、だからといって浮気相手と思われる人に嫌がらせをしたり、仕事上の関係だとしたらそのようなできる人をいじめて退職させるように仕向けるような事はよくないことです。

ただ嫉妬はどうしても感情面としては持っているものですので、その感情を持つこと自体を否定する必要はありません。

誰もが持っていると受け入れる


基本的にそのような嫉妬心は誰もが持っています。

皆涼しい顔しているように見えて、そのような醜い感情に支配されているのは自分だけではないかと思ってしまうけれど、大抵の人は持っていると思って間違いないです。

例えば飲み会だとお酒が入って勢いで色々と本音トークを聞くことがありますが、やはり嫉妬心を持っているなと思うようなことを発言する人が結構います。

大人であれば、そのような仕事の場であったらそのような感情を表に出さないのはよくあることです。

恋人でも、そのような事はよくありますがあれこれと言うと、彼氏や彼女に逃げられてしまうのではないかと言うことで我慢していることが多いけれど、大抵の人はそのような感情持っているのです。

ですので、そのような嫉妬心に悩んでいるのは、決してあなただけではありません。

3.嫉妬の根源と向き合う


確かに嫉妬をしてしまうのは人間として当然というか、仕方がないところがあります。

ただ、嫉妬深いとなると話は別です。

たいていは、それによって自分が苦しくなりますし、その嫉妬ゆえに色々と束縛をするなどの行動を起こせば、相手のほうもしんどくなってきます。

ですので、嫉妬は持って当然の感情ではあっても、その根源と向き合い、本当に正しいことなのかどうかというのを考える必要あります。

とあるドラマで、非常に嫉妬深い奥さんがいて、束縛も激しく何か怪しいことがあると包丁が出てくるほどに激しくその嫉妬の感情を表に出す奥さんと、それに苦しむ旦那さんと言うようなドラマがありました。

その旦那さんは初めはその家庭環境のトラウマでそのような行動に出てしまう奥さんを受け入れて家庭生活を営んできたけれど、だんだんと外に癒される女性の存在ができてきて、嫉妬深い奥さんが妄想で浮気をしているのではないか?と思っているようなことがだんだんと現実化していくと言う趣旨のドラマでした。

そして、そのドラマの感想の口コミを見ることもありましたが、そこまで激しい嫉妬にさらされ、精神的な癒しがなかったのならば外に目が向いてしまうのも仕方がないと言うような感想が多かったのもまた事実です。

ですので、嫉妬があって当然の感情ではあっても、それを表に出して突き詰めていくことでだんだんとその関係性が壊れていくことがあります。

そのためにも、その嫉妬などのネガティブな感情の根源と向き合い、正しい対処していくことが必要なのです。

それは事実なのか


先程のドラマについて少し触れましたが、その嫉妬をしていることが事実なのかということを確認することが大切です。

例えば、夜遅くにご主人が帰ってきたとして、もしかしたら不倫相手と会っているからなの?と思ってしまうことがあるかもしれません。

ですが、遅く帰ってきたから他の不倫相手の女性と会っているのかというと必ずしもそうではありません。

最近は、ノー残業デーなんて言葉もあるものの、基本的には日本企業は忙しいところが多く、残業している人も多いです。

うちの主人も、結構残業することがあります。

そして、著者も男性の多い仕事場で働いた経験がありますが、基本的にそのような男同士の付き合いも結構あるようです。

ですので、飲み会等も断れないことも結構あるのでようですね。

特に上司からの誘い急な断りにくいようでした。(中には、お姉さんのたくさんいるようなところに男の付き合いで行くような人がいるので100%安心はできないのですが…。)

このように、遅く帰ってきたと言う事実だけで不倫や浮気を疑うのは早計です。