CoCoSiA(ココシア)

狂いそう!嫉妬で気が狂いそうな時に...(続き5)

ですので、もし今後とも付き合っていきたいと思っているのであれば、あらかじめ予定を教えてあげるなどで安心してもらいましょう。

もしかしたら、そのように予定を把握しておくことができれば、そんなに不安にならずに済むかもしれません。

ただ、それがどうしてもできないと言うことになると、もしかしたら別々の道を歩むことも考えていく必要があるかもしれませんね。

5.自分に自信がない


常に嫉妬深い人と言うのは、基本的に自分に自信がないところがあります。

恋人同士と言うことであれば、もしかしたら他の店のところに行ってしまう時ではないかと言う不安があります。

自分はちゃんと相手から思われているから大丈夫とか、そのようなことが思えないほどに自信をなくしているところがあるのであれば、嫉妬深くなってしまうところがあります。

そのような傾向にあるときは、色々と行動制限するところもあるのかもしれません。

もし、ご自身が嫉妬に苦しんでいるということであれば、何か恋人や配偶者以外に夢中になれることを探していくといいかもしれません。

そしてその分野で自信が持てれば、もしかしたらそのような嫉妬心に苦しむ事はなくなるかもしれませんね。

【自分に自信がない人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

6.感情的である


また、嫉妬に振り回されてしまうとなると、感情的である一面があるのは否定できません。

先ほど少々その嫉妬深い奥さんのドラマについて触れましたが、彼女は包丁持ち出すことに暴れるタイプでした。

このように、そこまで嫉妬に狂うとなると、非常に感情的であるということがいえます。

ついついかっとなってしまうのであればまた、本当にそこまで怒るほどのことなのかということを今一度振り返るようにするのが良いのは言うまでもありません。

よく、感情が爆発しそうになったら10数えると良いと言うことが言われていますよね。

嫉妬に狂いそうになって、ついつい感情的になりそうになったら落ち着いて10秒数えてみましょう。

そんなにすぐにはできないかもしれませんし、ついかっとなって怒ってしまったと言うこともあるかもしれません。

ですが、それを心がけるだけでも大分違います。

ですので、1回2回できなかったからといって落ち込まず、何度もそのような落ち着くようなことをトライしていきましょう。

7.劣等感を抱きやすい


やはり、嫉妬深くてそれに流されていくと言う事は劣等感を抱きやすいところがあります。

自分が良くないからこのようなことになってしまうのではないか?と思ってしまうようなところがあるのでは無いのでしょうか?

そのような、劣等感を抱きやすいのも、性格的なところもあるのかもしれないけれど、親御さんとどのような関係だったのかもよく問題になるところがあります。

ですので、もしその嫉妬を手放す感情は自分でうまくいかないのであれば、プロの力を借りるのも良いでしょう。

8.他人と常に比較している


嫉妬してしまうのは、基本的にその他の人と比較をしているからです。

仕事についても、この人に比べて自分ができないと比較しているからこそ起こることです。

他人と比較すると言うと、そのような劣等感が生まれてきたり、嫉妬心が生まれてきたりします。

ですので、あくまで比較するとしたら、昨日までの自分にしましょう。

物事をはかる尺度を固定化するのはやめよう(まとめ)


やはり、人は誰にでもあるとは言っても、それをずっと持ち続けるのは辛いことです。

ですので、他の人などと比較するような感じで、自分を図る尺度を固定化するのはやめましょう。

大切な事は、昨日までの自分とどう変わったかということと、どのように有意義に生きていくかということです。

そうするとおのずと嫉妬のような苦しい感情からも逃れることができることでしょう。