人間の感情の中で誰にでもあるものですが、嫉妬深い人間ほど恐ろしいものはありません。

男性よりも女性の方が嫉妬深い上に、蛇以上に執念深い人間がいるのは恐ろしいですね。

嫉妬のあまり人にとんでもない迷惑をかけたりする人もいるので、そうゆう人とはお近づきにはないものです。

あなた自身にも嫉妬心はありませんか?

自覚していない嫉妬が一番怖いですよ。

今回は嫉妬の意味と嫉妬する人の心理について紹介していきます。

嫉妬とは?

キリスト教の教えで有名な「七つの大罪」と呼ばれる全ての人間が持っている、人間を罪に導いてしまう感情の中の1つに、嫉妬が含まれています。

「七つの大罪」に含まれているほど、その罪が深ければ深いほど人間は欲に駆られ、犯罪を犯してしまう事もあるのです。

その中でも一番厄介とされているのが嫉妬でしょう。

何故嫉妬が一番やっかいなのかというと、他の罪よりも面倒くさいからです。

嫉妬深い性格の人は基本的に粘着質で、身勝手だからですね。

ただ人間誰しも嫉妬はあります。

それは仕方ない事です。

嫉妬をするなとは言いません。

でも嫉妬の感情に駆られるまま行動してしまう事ほど、愚かな者はいないでしょうね。

嫉妬の意味

嫉妬とは他者が自分の環境よりも恵まれていたり、自分よりも能力や才能に恵まれていおり、それらに対して恨んだり妬んだりする事を指します。

他には自分の好きな人が自分以外に好意を向けられるのが気に食わず、激しく恨んだり憎んだりしてしまう事もありますよ。

後者の場合は愛憎と呼ばれるもので、よくサスペンス劇場などで見られるものです。

最近では嫉妬に駆られてストーカー行為だの、ひどい場合は殺人事件などにまで発展しているケースも増えています。

やきもち

やきもちというのは意味合いは嫉妬と同じですが、主に恋愛関係に使われる事が多いです。

よくカップルでやきもちを焼いたという言葉がありますよね。

やきもちは嫉妬と比べるとまだ可愛いものです。

恋人にやきもちを焼かれるなんて愛されている証拠ですからね。

しかしあまりにもやきもち焼きだと、ちょっとした事でもヒステリックになりやすいかもしれません。

恋人ならともかく、友達以上恋人未満の人がやきもちを焼く事もあるのですが、それはやきもちとは言いません。

ただの嫉妬でしかないので、可愛さが半減してしまいます。

ねたみうらやむこと

ねたみやうらみという言葉は一度は耳にしているでしょうが、それらの意味についてピンときてる人はいないでしょう。

ねたみというのは嫉妬から生まれる感情を意味します。

対してうらみというのはねたみとは異なり、他者から受ける仕打ちが憎らしく思う事を指すのです。

ねたみうらみは恐ろしいとは昔から言いますが、何が人のねたみやうらみを買ってしまうかは判断が出来ません。

自分には誇れる所など何もないと思っていても、他者の価値観は違うので判断が付きにくいんですよね。

うらみについては他者からの仕打ちとありますが、これは昔いじめられたやその人のせいで不幸にあってしまった人などがうらんでしまうという正当的なものや、自分勝手な思い込みで他者を恨んでしまうという事もあります。

最近では後者がとても多く、当たり前の事を言っても相手には通じずそれを恨まれてしまうために、とんでもない行動に出てしまうというニュースが相次いでいるくらいです。

最近では報復を恐れるあまり、理不尽な事をされても何も言わない人が増えてきています。

女性もですが、それ以上に男性のねたみやうらやむことほど醜いものはありません。

愛する人の愛情が他に向くこと

そもそも人間は天使ではありません。

誰かを永遠に愛する事など出来ないでしょう。

天使であれば一人を愛し続ける事は出来ると思いますが、人間には心があるのでそれは無理な話だと最初から思っておいて下さい。

たとえ自分の愛する人の愛情が他に向くことがあったとしても、それは仕方がない事なのです。

浮気が良いという訳ではありませんが、どの程度で愛情が他に向くかが問題になります。

恋人の自分がいるのに他の異性に目が行ってしまうのには確かに腹ただしい事ではありますが、そんな関係でもないにも関わらず醜く嫉妬してしまう人も少なくありません。

よくあるのが自分の好きな芸能人に、恋人や熱愛が発覚した時などがそうですね。

男性以上に女性の方が嫉妬深く、良い例としては元SMAPの木村拓哉さんや福山雅治さんなどが結婚した際には、日本中の女性が悲鳴をあげた事です。

元SMAPの木村拓哉さんが結婚した際には、日本国内に暴動が走りそうなほど酷い事になっていましたからね。

私自身好きな芸能人が結婚した時などはやはり軽いショックを受けてしまいますが、現実を考えてしまうと別に良いのではないかと思います。

自分が思っている事が相手にも伝わるとは限らない良い見本です。

嫉妬をしてしまう原因とは?

嫉妬をしてしまう原因は至ってシンプルです。

人間という生き物は基本的に傲慢だからです。

「七つの大罪」の最大の罪と言われるのが、傲慢です。

嫉妬以上に人間の感情に常にあるのが傲慢さでしょうね。

人は見下すのが大好きな生き物です。

どんなに優しそうな人でも、人が見下されるのを見るととても嬉しいと言っても過言ではありません。

しかし人間は人を見下すのが大好きなのに対し、見下される事を嫌います。

それはプライドがあるからですが、プライドが高い人間や自己愛が強すぎると他者に嫉妬しやすくなるのです。

嫉妬をする事自体、自分を怠け者だと言っているものなのでみっともないのですがね。

他者の環境は他者のものですし、その人が努力した結果だと思って下さい。

しかし努力していない人間ほど、環境のせいだとか人のせいだとか下らない事で妬んでいますが、大馬鹿者としか言いようがありません。

他人と自分に順位をつけてしまう

他人と自分に順位を付けてしまうという事って結構あるものです。

会社によっては成績表などで自分の力量を見せつけられてしまうので意識してしまうのもむりはありませんが、それ以外では自分の中で勝手に順位付けてしまっている人もいます。

順位を付ける順列は自分が劣っていると判断してしまうので、迷惑な話でしかありません。

このような順位つけをする人は、基本的に人をいじめて快楽を得ている人間にも当てはまります。

いじめというのは人を見下して楽しんでいるものですからね。

不安感がぬぐえない

嫉妬心が強い人間ほどマイナス思考で、常に不安を抱いている人間が多いのです。

不安というものは常にあるものなので仕方ありませんが、不安感を拭えない人間は自分に自信がないと思っておいて下さい。

自分に自信のある人間であれば、嫉妬を抱くような事はありませんからね。

私も自分に自信がない人間で、ちょっとした事でも不安感を拭う事が出来ず困る事があります。

不安すぎてどうしたら良いか分からないので、上手く行っている人間を見ていると何故か悔しさがこみ上げてしまった事もあったほどです。

何故あの人は自分とは違うんだ、何故自分は上手くいけていないのにあの人は成功するんだという思いが段々嫉妬に変わってしまい、かなり愚かな行為だったと思います。

不安が拭えない時は人の動向が気になって仕方が無いものです。

自分より上手く行って欲しいと願う気持ちと、上手く行ってほしくないという気持ちが入り混じっていてとても不安定なんですよね。

嫉妬する人の10個の心理

現代社会において、嫉妬に駆られ恐ろしい事件を引き起こしてしまう事も多くなってしまいましたが、元々の発端はその人の生まれ持った環境にあると言われています。

子供の頃はなんでも自分の思い通りに育てられた、また親からの愛情を注がれていない人間ほど嫉妬心が強いのです。

子供は親の接し方によって性格が変化していきます。

嫉妬深い人間ほど、家庭環境に問題があったケースも少なくはないのです。

どんな事で人は嫉妬をしてしまうのか、ご紹介していきましょう。

1.比べる相手に負けた


高校時代、私の親友が何故か当時私にずっと対抗意識を燃やしていた事がありました。

その理由は、私に負けたくないからだそうです。

今では対抗意識を持つ事はなくなりましたが、高校時代は酷かったですね。

当時親友と一緒にいましたが、お互いどちらかと言えばまだあまり好きではなく、親友も当時は私の事が嫌いだと言っていました。

元々負けん気が強く頑固な性格だったので、嫌いな相手に負けたくないという気持ちが強かったのでしょう。

私の方がまだ親友よりも成績が上だったので、中間テストや期末テストではいつも目の敵にされていました。

私達の学校は進学校ではなく私立だったので、そもそも偏差値の高い学校ではありません。

それ故数学のテストなど酷い場合は10人くらい0点がいた事もあったほどです。

そんな事が何回か続いたため、親友も私とテストの点数を比べる事は止めました。

比べる相手に負けたというより、他がどうしようもないので比べようがないという事だったんでしょうね。

優劣をつけてマイナスな感情や行動がでてしまう

今は親友と仲は良いですが、高校時代親友はずっと優劣を付けておりマイナスな感情や行動に走りかけていました。

その主な嫉妬の対象が全て私だったのでたまりませんでしたよ。

私に初彼氏が出来た時なんて、しばらく拗ねていましたからね。

後日元彼の紹介で親友も彼氏が出来た時の早変わりっぷりったらなかったです。

優劣を付けてマイナスな感情や行動が出てしまうと言っても、親友の場合はまだ拗ねる程度でしたので可愛いものかもしれません。

もっと酷い人なら彼氏との中を妨害するという人もいますからね。

マイナスな感情や行動に出るなとは言いませんが、ぶつけられた相手はたまったものではありませんのでほどほどにしておいて下さい。

2.相手のせいにする


私の母方の叔父が、よく何でも相手のせいにする最低な人間でした。

元々叔父は自分に自信のない人間で、祖母に圧力をかけられて生きてきたため、自分一人では何も出来なかったのです。

叔父はよく母や祖母に意見を聞いて上手く行かなかった時は、全て相手のせいにしていました。

その度に家が割れるような喧嘩になってしまったので、今でもそれが嫌でたまりません。

私自身も自分で決断するのは苦手な方なので誰かからよく意見をもらう時があります。

上手く行かなかった時は相手のせいにしたくはなりますが、選んだのは自分の意思なので相手のせいにするのは筋違いです。

どの嫉妬よりも一番やっかいなタイプなので、適当にアドバイスなんかしない方が良いですよ。

そのせいで責められてしまう事もありますからね。

自分が不安になってしまったのは相手のせいだと思い込む

上手く行っていない時ほど、相手に責任転換したくなるものなのです。

そんな事をしても無意味なんですけどね。

人に責任転換しておかないと、自分がもっとだめだと思ってしまうからでもあるのですが、その時点でもうおしまいだと思っておいて下さいね。

どんな理由があれ、自己責任なので誰かのせいにするのは間違っています。

相手のせいにされた方はたまったものではありませんからね!

自分が不安になってしまったのは相手のせいだと思い込むだけならまだ良いですが、それを表立って言ってくるのはとても迷惑な話です。

自分が不安なのは自分に自信がないからであって、責めるのであれば自分を責めて下さい。

私も叔父と一緒の考え方に近いものはありますが、人のせいにしても何もならない事は理解しています。

3.自分に自信がない

自分に自信がない人間は私を含めてたくさんいます。

何故自分に自信がないのか、それは心の奥底で自分はダメな人間だと思っているからですね。

私もどんくさい人間なので、昔は友達がいませんでした。

今でもそんなに自信はありません。

自分に自信がないけど、認めてもらったらとても嬉しいですよね。

そんな自分に誰かに優しくされたら、泣けてきちゃうものです。

女性はこのようなタイプが一番多いんですよ。

相手に愛想をつかされてしまうのではないか

これは実際に愛想をつかされてしまった人が、また同じ事が怒ってしまうのではないかと怯えているのです。

辛い過去を経験してしまった人だからこそ、相手に愛想をつかされてしまうのではないかと心配になってしまう事があります。

大げさだと思うかもしれませんが、人は簡単に裏切る生き物という事を忘れないで下さい。

昨日までは笑っていたのに、明日になったら突然人が変わったように嫌われてしまった経験も少なくはないでしょう。

私も過去元カレに、自分の出来なさに愛想をつかされて振られてしまう事がありました。

愛想をつかすくらいで自分の元を去っていくくらいなら、それは器量の悪い男だと思っていましたが、次の彼氏を探そうにも心のどこかでまた愛想をつかされてしまうのではないかという不安は拭う事が中々出来ません。

人間とはわがままなもので、自分から手放すのはどうという事もありませんが、相手に愛想をつかされてしまうほど悲しいものはないです。

ただ今でも人から好かれるように努力はしていますが、あまり望まれるのはしんどいので、それで愛想をつかすのであれば大した人ではないと思っておくのが良いですよ。

自分は他人に気に入られるために生きている訳ではありませんからね。

かと言って相手に迷惑をかけるのもいけません。

4.相手の愛情を確認したい

これはもの凄い迷惑でしかないので、絶対にやめて下さい!

親友が相手の愛情を確かめたがる事をするのが好きで、あえて嫌な態度を取ったり不安にさせるような事を言っていました。

そのせいで親友は好きだった彼氏と別れてしまい、時々未練がましく私に話す事があります。

今では優しい彼氏もいるのですが、初期の頃はまた同じように相手の愛情を確かめてしまうような行為をとっていました。

揉めた時によく私に連絡が来ていたので、何度か叱りつけた事もあります
これは自業自得なので、相手が自分の事を愛していない限り無理だと思って下さい。

試験ではないのですから、人を試すような行為をするのは良くありません。

下手をしてしまうと、好きな人は簡単に離れていく可能性が高いので真似しないで下さいね。

よく恋愛ドラマであるようなカップルが喧嘩した時に部屋を飛び出してその後を彼氏が追いかけて来てくれるというシーンですが、現実にはほぼないです。

正直な話を言うとあれは彼氏が優しい性格か、単純にドMなだけなのでそれ以外の人は追っかけてはきませんよ。

私も冗談で旦那に上記のような喧嘩になったら追いかけて来てくれる?と聞きましたが、旦那は面倒くさいから追いかけないと言っていました。

自分が悪い事した訳ではないから追っかける必要がないとの事です。

ちなみに旦那はドSの上に現実主義者、去る者追わず精神の持ち主なので自分から戻らない限りどうしようもありませんでした。

相手がSの場合、試さない方が良いと思って下さい。

瞬殺されてしまいますからね!

自分のことを本当に想ってくれているのか

自分のことを本当に想っているかなんて愚問中の愚問です。

エスパーでない限り、人の心を読み取る事は出来ません。

しかし相手の心が分からないからこそ、不安になってしまうのは無理もない話ですけどね。

相手が自分の事をどう想っているかなんてどうでも良いのです。

大切なのは、自分がその相手をどう思っているかが重要になります。

相手にいくら好かれていても自分が好きじゃなかったら、一緒にいたいとは思えませんよね?
よくあるのが相手が自分の事が好きだから一緒にいるんだという思い込みが一番怖いです。

特にドメスティックバイオレンスやモラルハラスメントなどを受けている人間は、自分は相手にとって大切な存在なんだと思おうとする傾向があります。

自分が明確な答えを出していないのに、相手に求めてはいけません。

相手に求めるなら自分が本当に相手を想っているかどうか、確かめてからにしましょう。

5.常に不安がつきまとう

不安なんて生きていたらたくさんあります。

そもそも不安を持っていない人間なんていません。

常に何かしらの不安を抱えて、人間は生きています。

過信しすぎて痛い目に合うよりも、不安を持っている方がマシですけどね。

人間は疑問を持たなければ、その場で終わってしまいます。

疑問を抱かない限り不安を抱く事はありませんが、その不安が人間のちょっとした行動のストッパーになっている場合もありますよ。

ストッパーがないと、人は考えもない行動に出てしまう事が多いです。

最近ではストッパーが壊れすぎている人間が増えてきているので、恐ろしい事件を平気で起こすようになっています。

不安を持つのは悪い事ではありませんが、不安を解消する努力をしなければ意味がないと思っておきましょう。

自分より勝っている人に愛情が向いてないか

残念ですがそれは仕方のない事です。

何故かと言うと、自分の立場に置き換えでみましょう。

好きな人以上に顔が好みのタイプで優しい性格の異性が現れたらどうしますか?

もし好きな人以上に条件が良い人に、一瞬でも心を奪われない自信なんてありませんよね。

自分より勝っている人に愛情が向いていないかという余計な心配をする人は、自分が劣っている事を認めてしまっている証拠だと思って下さい。

人間は誰でも条件が良い方に行きたくなってしまうものです。

女性が結婚相手に高収入や顔を求めている理由はそこにあります。

ただそういう人ほど相手に求めすぎている割に、自分は何もしていないという人も多いという事実があったりするのです。

要するに自分より勝っている人に愛情が向いていないかという心配をしている人間は、怠惰な性格な人だと考えておきましょう。

誰だってデブ、ブス、バカは嫌ですよね。

それを関係なしに愛せるのは、よほど相手の事を好きかどうかにもよりますが、卑屈な性格で根暗な人だったらうんざりしてしまうでしょう。

相手に常に自分を愛してほしければ、性格や外見を含んだ自分磨きを常にして下さい。

人は何の努力もしていない人間には魅力を感じません。

6.比べる相手に自分が勝っていると思わせる

親友が高校時代やたらと自分の方が勝っているという事をよく私に言ってきましたが、どうでも良かったので気にしていませんでした。

比べる相手に自分が勝っていると思わせたいという人間はたくさんいますが、その特徴は良いカッコしいや自慢したがりなので、他人からは嫌われやすい傾向にあります。

特定の相手が1人ならまだしも、見下している人間が複数人の場合、ぺらぺらと色んな人に話すのでうっとうしいとしか思われません。

職場に1人くらいはいそうなタイプですね。

自分が相手に勝っていると思わせるのであれば、ぺらぺら他人に自慢をせずに、黙って成果を上げた方がめちゃくちゃかっこいいですよ!

ついつい人は自分の手柄を人に自慢したくなってしまうものですが、他者から言われるまでは黙っておきましょう。

その方が比べている相手にも効果がありますからね。

7.卑屈になる

自分に自信のない人間は、よく卑屈になります。

どうせ自分なんか何をやっても無理と思い込んでしまう事があるものです。

私も結構卑屈なので、よく旦那に言ってしまう事があります。

子供の頃から家族に、自分の意見を素直も言っても否定される事が多いので、どうしても卑屈になってしまうのです。

旦那はそんな私に素直になっても良いんだよと言ってくれるため、ある程度は改善されたとは思います。

しかし卑屈になった所を見せたとしても、人は同情なんか一切していない事だけは理解しておいて下さい。

私は自暴自棄になった時に自分はダメなやつだ!、自分は馬鹿なんだと言っても肯定されてしまう事が本当にあります。

旦那の前で上記を言った事があるのですが、そうだよと肯定されてしまいました。

しかもその後でこういう所がダメなんだよ、ここを直したら良いというアドバイスまでされてしまったので、笑うしか無かったです。

卑屈も自分の中だけで留めておくなら良いのですが、その内扱いが雑になってしまうのであまり言わない方が良いですよ。

8.自分を責める

昔何か失敗した時はよく自分を責めていた事がありました。

自分が至らないせいで相手に迷惑をかけてしまった、自分は何もしない方が良いんだというネガティブな事ばかり考えてしばらく酷い自己嫌悪に陥っていた事が何回もあったくらいです。

その度に卑屈になってしまったり、情緒不安定になってしまい、出来ている人間を見てお前も私と同じように失敗してしまえば良いと思って事も少なくありません。

今考えると自分はなんて愚かな考えを持っていたんだと思いますが、上手く行っていない時ほど他人の成功がとても妬ましく感じてしまうのです。

ただ段々自分の失敗を棚に上げて人の成功を妬んでしまう自分が嫌になってしまい、更に自己嫌悪してしまっていました。

さすがに自分勝手過ぎるので、誰にも言うことが出来ずずっと悲しかったです。

今ではその自己嫌悪は解消はされ、考え方も大きく変化したので、かなり大雑把な感じになってきています。

旦那から影響を受けたおかげかもしれません。

その理由は仕事を失敗しても自分も悪いけどちゃんと教えてくれない上司も悪い、全ての失敗を下の者になすり付けるのはおかしい、もし何か言われたら堂々とそう言えば良いと教わりました。

最初はさすがに焦りましたが冷静になるとそうだなと考えるようになりましたね。

仕事だけではなく、全ての事にも同じ事が言えますのでこれは使えますよ。

ちなみに旦那は本当に上記のセリフを上司に言った事があるそうです。

もちろん絶句していましたが、口八丁で上手くいけたそうですよ!

9.相手にずっと見ていてほしい

好きな相手にはずっと自分の事を見ておいてほしいですし、離さないでほしいですよね。

自分の良い所や悪い所、全てをひっくるめて愛して欲しい気持ちはあります。

でも本当に相手にずっと見てほしいですか?
ずっと見られていると窮屈な気持ちになるので、私は嫌ですけどね。

この考えを持っている人は、子供の頃放任主義の親に育てられた傾向が強い人間でもありますよ。

今現在でとても多いですが、子供を蔑ろにして遊びに行ったり、子供を置いて蒸発してしまう親だと自然とそうなってしまうのです。

私は過保護な母親に育てられたので、ずっと見て欲しいなんて思った事はありません。

見られていた立場の人間から言わせて頂くと、ずっと見ないでほしいです。

相手に見られていようが見られて無くても、変わりはしないんですから。

10.相手に離れられるのではという恐怖心

これは実際に体験させられてしまった事がある人でないと分からないでしょうね。

昔付き合っていた男性がおり、凄く良い1日を過ごした後突然そっけない態度をとられてしまった事があります。

自分では何が悪かったかわからなかったので、ほぼパニック状態に陥ってしまった挙句、相手に別れを切り出されました。

自分の悪い所を言って去ってもらうならまだ良いのですが、何も言わず自然消滅のような状態だとどこが悪かったのか、しばらく悩んでしまいます。

今なら何となく相手が去っていった理由もわかりますけどね。

何回かそのような事は経験しましたが、そのような恐怖心を持っていては、何も出来ないのも事実です。

相手に離れてほしくなければ、自分の何が悪いのか第三者に意見を求めるのも良いかもしれませんよ。

自分では気が付かない部分がありますしね。

自分に自信を持って嫉妬するのはやめよう!

自分に自信があれば、嫉妬などする必要がなくなります。

嫉妬をしたくなければ自分に自信を付けましょう。

とは言うものの、自分に自信なんて簡単に付けられませんよね。

そんな時はがむしゃらに行動をしてみましょう!

自分に自信のない人は出来ないと考えてしまっているので、自分の中の常識をぶち壊してしまえば良いのです。

例えば腹筋100回する、海外で3ヶ月くらいほぼ無一文の状態で生活をするなど、ありえないような事をする方が効果があります。

上記の例は実際に私と旦那がしたものです。

腹筋100回はかなり無理矢理にさせられましたが、ちょっとした自信を付ける事ができました。

出来ればテレビでやっているようなあり得ない事を、たくさん経験してみると世界が大きく変わりますよ!

嫉妬する人の世界は狭いですからね。

もっとたくさん色んな世界を見てきた方が良いですよ。

【嫉妬しない方法は、こちらの記事もチェック!】