なるべく嫉妬せずに穏やかに暮らしたいと思いますね。

嫉妬と言うと、やはり苦しいことからあまり良くない感情だと思われがちです。

とはいっても、やはり人間はそのようなまっすぐな清らかな気持ちだけでは生きていけません。

時にはそのようなネガティブな感情も抱えていくことになります。

もしそのようなネガティブな感情に支配されるような時、そのような時はどのようにしていったらよいのでしょうか?

その時の心構えや、嫉妬で狂いそうな時にどのように対処するかなどについていろいろと見ていきましょう。

もし、今嫉妬でかなり苦しい思いをしているのであれば、きっと参考になること間違いなしです。

嫉妬で気が狂いそう…!そんな時どうする?


やはり、嫉妬と言うと、自分を苦しめる感情であることから早く解決したいと思う感情です。

そして、何か悩み事相談をしている様の掲示板で、嫌なことをされる理由として、「嫉妬されているのでは?」と言うようなアドバイスがつくこともあります。

やはり、ネガティブな感情だからこそ、それを前に出すとしたらネガティブなことをしてしまっていることもあるようです。

確かに、嫉妬からネガティブな行動を起こすのは良いことではありません。

ですが、心構えによっては、その嫉妬ともうまく付き合えるようになります。

ですので、その時の心構えや、会社についても見ていきましょう。

嫉妬する場面は誰にでもある


嫉妬をすると言うと、なんだか人間としてできていないのではないかと思うかもしれませんが、決してそのような事はありません。

多かれ少なかれ、誰にでもそのような場面もあります。

例えば、仕事面において後から入ってきた人が頭角を出していくことであれば、その後輩に嫉妬してしまうこともあるでしょう。

恋愛においては言わずもがな、彼氏や彼女が他の異性に心奪われているようだと言うことになると、心穏やかな気持ちではいられません。

仕事の分野においても、恋愛の分野においても、いろいろな面でついつい嫉妬してしまう場面はあります。

職場でも、そのような嫉妬からいじめが起きることもありますよね。

恋愛面においては、それが喧嘩の原因になることもあるでしょう。

では、このように、嫉妬する場面は仕事とは縁がないとか、恋愛とは縁がないと言ってみても、何かしらそうなってしまう場面が存在します。

ですので、嫉妬などのネガティブな感情をどのようにコントロールしていくのかは皆にとっての課題なのです。

嫉妬で気が狂いそうな時に心が解放される6個の方法


嫉妬のあまりに気が狂いそうになってしまう時、どうにかして心を解放したいと思いますね。

では、この嫉妬で苦しい気持ちから解放されて楽になるにはどのような方法が良いのでしょうか?

いろいろな方法があるので一つ一つ見ていきましょう。

1.嫉妬していることを認める


嫉妬していると言うと、あまり良い事は言い難いですよね。

何とかして嫉妬しないようにしたいと思うものです。

とはいっても、やはり人間は良い感情だけ持つようにと心がけていても難しいところがあります。

中には、非常に純粋な方もいますが、そのような方は色々と騙されたり悪いように扱われてしまうところがあります。

純粋で曇りがないから良いというわけではないのですね。

ネガティブな感情を持ち、それを避けるようにすることは決して悪いものでは無いのです。

確かに、嫉妬をしてその人を排除するような考え方はきっと良くないのは間違いないです。

ですが、嫉妬してしまっている気持ちを認めるのは悪いことではありません。

やはり、本当にポジティブな人っていうのは、ネガティブな感情さえをもポジティブに受け止めている人が多いようです。

ですので、嫉妬ついしてしまうことを認めるのは悪いことではありません。

それを解消するために悪いように行動に移すのがよくないのであって、心の奥底で思ってしまうのはある程度仕方がないのです。

自分は騙せないと知る


やはり、どんなに悪い感情に蓋をしてもいつか爆発してしまいます。

ですので、自分は騙せないということを知っておきましょう。

先ほども触れたように、人間は良い感情だけでは生きていけません。

ですので、悪い感情を持ってしまったと思っても、そんな悪い感情を決して否定しないようにしましょう。

つい嫉妬してしまっていると認めた上で、その上でどのようにしていくかと言うことが大切なのです。

良くない感情持つのは生きている上で当然ですので、そこを責めたりしないようにしましょう。

嫉妬は醜いことではない


怒りなどもありますが、嫉妬も決して醜い感情ではありません。

やはり、人間は純粋な感情だけを持って生きるということができない以上、そのように怒ってしまうことも嫉妬してしまうことも決して醜いことではありません。

例えば、いろいろな掲示板での相談を見ていても、浮気などについて相談すると、たいていの人はその相談をした人の肩を持つことが多いです。

大切な人が自分以外の人に感情を向けようとしているのを知ったら、心が穏やかでいられないのは当然なのではと言うのを皆知っているのです。

そして、嫉妬は何もそのような大人だけではなく、子供にもあります。

例えば、2人目以降の子供が生まれたとき、上の子は下の子に嫉妬しまうところがあります。

確かに親としては、下の子は赤ちゃんであってなかなか自分のことができないのでどうしても世話が必要なのですが、自分より妹や弟の方が良くなったのではないかと必死になるところは多くの子にあります。

その上のお子さんが何歳かにもよりますが、大抵の場合は未成年の子が多く、親の庇護がないとまだ生きられない年齢ですので、下の子ばかりに構うと上の子はどうにかして自分に目を向けてもらおうと必死になってしまいます。

たとえそれは2歳の子であったりしてもです。

やはり、そのように知ったゆえに自分に目を向けてもらおうとすると言うのは、大人ばかりではなく、感情のままに生きる小さな子供にもあるのです。

2.嫉妬心はあってもいい


このようなことから、嫉妬心があるのは決して悪いことではありません。

お子さんでしたら、そのようにして、自分に目を向けてもらうということで嫉妬心があると言うのは、自分も庇護の対象であることを気付いてもらって世話を焼いてもらうという意味では理にかなっています。

恋愛感情にしても同じです。

新しい人に目が向いているときに、それに嫉妬し自分に向いてほしいと思うのは当然の真理です。

嫉妬心がない位の美点としている人もいますが、そのような人は、ひょっとしたら逆を言うとその恋人にあまり関心がないとも言えるのかもしれません。

やはり、そのように興味があるからこそ自分のほう向いていないように思うとついついこちらに目を向けさせようと思ってしまうのは、興味の表れでもあります。

嫉妬があって当然


そのようなことから、小さな子供にもあるような感情ですので嫉妬はあって当然なのです。

それは、成長しても変わりません。

人間は基本的に、自分も安定的にところに身をおきたい気持ちはあります。

ですので、恋愛感情で言うと、恋人や配偶者が自分以外の人に目を向けていると言うことであると、嫉妬をしてしまい面白くないと思ってしまうものです。

そして仕事面においても、自分のポジションを揺るがす頃ほどに仕事ができる人がいるとなると、自分の立場が危うくなると思ってしまうところがあります。

嫉妬心を持つのはある程度仕方がないことですが、だからといって浮気相手と思われる人に嫌がらせをしたり、仕事上の関係だとしたらそのようなできる人をいじめて退職させるように仕向けるような事はよくないことです。

ただ嫉妬はどうしても感情面としては持っているものですので、その感情を持つこと自体を否定する必要はありません。

誰もが持っていると受け入れる


基本的にそのような嫉妬心は誰もが持っています。

皆涼しい顔しているように見えて、そのような醜い感情に支配されているのは自分だけではないかと思ってしまうけれど、大抵の人は持っていると思って間違いないです。

例えば飲み会だとお酒が入って勢いで色々と本音トークを聞くことがありますが、やはり嫉妬心を持っているなと思うようなことを発言する人が結構います。

大人であれば、そのような仕事の場であったらそのような感情を表に出さないのはよくあることです。

恋人でも、そのような事はよくありますがあれこれと言うと、彼氏や彼女に逃げられてしまうのではないかと言うことで我慢していることが多いけれど、大抵の人はそのような感情持っているのです。

ですので、そのような嫉妬心に悩んでいるのは、決してあなただけではありません。

3.嫉妬の根源と向き合う


確かに嫉妬をしてしまうのは人間として当然というか、仕方がないところがあります。

ただ、嫉妬深いとなると話は別です。

たいていは、それによって自分が苦しくなりますし、その嫉妬ゆえに色々と束縛をするなどの行動を起こせば、相手のほうもしんどくなってきます。

ですので、嫉妬は持って当然の感情ではあっても、その根源と向き合い、本当に正しいことなのかどうかというのを考える必要あります。

とあるドラマで、非常に嫉妬深い奥さんがいて、束縛も激しく何か怪しいことがあると包丁が出てくるほどに激しくその嫉妬の感情を表に出す奥さんと、それに苦しむ旦那さんと言うようなドラマがありました。

その旦那さんは初めはその家庭環境のトラウマでそのような行動に出てしまう奥さんを受け入れて家庭生活を営んできたけれど、だんだんと外に癒される女性の存在ができてきて、嫉妬深い奥さんが妄想で浮気をしているのではないか?と思っているようなことがだんだんと現実化していくと言う趣旨のドラマでした。

そして、そのドラマの感想の口コミを見ることもありましたが、そこまで激しい嫉妬にさらされ、精神的な癒しがなかったのならば外に目が向いてしまうのも仕方がないと言うような感想が多かったのもまた事実です。

ですので、嫉妬があって当然の感情ではあっても、それを表に出して突き詰めていくことでだんだんとその関係性が壊れていくことがあります。

そのためにも、その嫉妬などのネガティブな感情の根源と向き合い、正しい対処していくことが必要なのです。

それは事実なのか


先程のドラマについて少し触れましたが、その嫉妬をしていることが事実なのかということを確認することが大切です。

例えば、夜遅くにご主人が帰ってきたとして、もしかしたら不倫相手と会っているからなの?と思ってしまうことがあるかもしれません。

ですが、遅く帰ってきたから他の不倫相手の女性と会っているのかというと必ずしもそうではありません。

最近は、ノー残業デーなんて言葉もあるものの、基本的には日本企業は忙しいところが多く、残業している人も多いです。

うちの主人も、結構残業することがあります。

そして、著者も男性の多い仕事場で働いた経験がありますが、基本的にそのような男同士の付き合いも結構あるようです。

ですので、飲み会等も断れないことも結構あるのでようですね。

特に上司からの誘い急な断りにくいようでした。(中には、お姉さんのたくさんいるようなところに男の付き合いで行くような人がいるので100%安心はできないのですが…。)

このように、遅く帰ってきたと言う事実だけで不倫や浮気を疑うのは早計です。

仮に疑うとしたらそれにプラスアルファの証拠が必要です。

ですので、ついつい嫉妬に狂ってしまうところがあるかもしれないけれど、落ち着いて事実なのかどうかということを確認することが重要です。

本当に嫉妬に値することなのか


そしてその出来事が本当に嫉妬に値することなのかということが重要です。

例えば、先程の遅く帰ってきて、女性と歩いているところを目撃したということがあると心が穏やかでは無いかもしれません。

ですが、その女性が誰かと言うのも非常に重要です。

もしかしたら兄弟姉妹かもしれませんし、お母さんかもしれません。

会社の人かもしれませんし、本当に嫉妬に値するかのかどうかというのは冷静に見極める必要があります。

著者自身の経験で言うと、最近お友達の家でそのママ友さんの1人が「うちの息子が、あなたが男性と歩いているところを見たって言ってたよ。」と言っていました。

結果的に、その男性と言うのはうちの主人の事だったのですが、やはり、このような発言をして一言聞くだけでは、なんだか不穏な感じがしますよね(笑)。

このように、本当に嫉妬に値するのかどうかは確認しないことにはどうしようもないところがあります。

4.イメージする


確かに現在進行形で怪しく、ほぼ黒に近いと言うことであれば、嫉妬してしまい怒りを思う気持ちは当然でしょう。

ですが、中にはそのような事実はないのに勝手にそのようなことを作り上げて嫉妬しているところがあります。

そうなると、真実でもないことに心を疲弊させ、それを表に出すと言うことであれば、その相手の方も非常に苦しんでいる事でしょう。

もし、そのような決定的な嫉妬に値する事項がないのであれば、その嫉妬を手放すトレーニングをしてみましょう。

やはり、人は誰にでもある感情で当然だとは言われてはいますが、やはりこれを持続し続ける事は大変なことです。

ですので、その苦しくなる原因になりうるネガティブな感情を手放し、気楽に生きる道を検討していきましょう。

嫉妬を手放す自分を想像


もし、先ほども触れたように嫉妬に値することじゃないことに嫉妬してしまっている場合、それを手放すことを検討してみるのは必要です。

でも嫉妬をどうしても手放さないといけないと思い込むと、余計に心に軋轢がかかって苦しくなります。

ですので、ここは嫉妬を手放す自分を想像してみましょう。

その嫉妬に心を動かされている時間を、他の楽しいことにやってたらどうなるでしょう。

趣味に没頭したら、より充実した時間になるかもしれません。

ここで勉強し資格取得すれば、キャリアアップもできるかもしれません。

既婚者でお子さんがいるのであれば、そのお子さんと心から楽しんで遊ぶことで、親子関係が良くなるかもしれません。

そのような、ネガティブで辛い感情にさいなまれている時間を、楽しい時間や勉強の時間に変えることができたら、よりご自身の人生が実りある素晴らしいものになると思いませんか?

まずその姿を想像してみましょう。

身軽になった喜びを感じよう


ネガティブな感情での手放す非常に身軽になります。

嫉妬ではありませんが、詳しい事情は避けますがとある事情で憎んでも憎み切れない人がいました。

現に、その人がやった事は今でも許せません。

ですが、年齢を重ね、だんだんとその人の年齢を越えていくにあたって、かなり大人だと思っていたその人は実際は、色々と未熟なところを抱えながらも生きてきたのだなと言う奇妙な気持ちになりました。

特に母に関しては顕著ですね。

だんだんと、当時その人の事について、色々と接点を持たせようとしていた母の年齢に近づいてくるということもあり、母も1人の人間だったのだなと割り切ることができるようになり、そのような憎しみの感情もだんだん手放せるようになってきました。

やはり、そのようなイライラする時間が減ったのは非常に喜ばしいことですね。

ただ、やはり急に思い出して辛くなることもあるので、その点ではまだ道半ばです。

5.自分を変えよう


そして、そのイメージができたら次は自分を変える番です。

このように、自分を変えることによって、同じような事態が起こっても嫉妬に苦しまずに済むようになります。

もしかしたら、「なんでそんなことで嫉妬するの?」とか「なんでそんな風に思うのかがわからない」と言われ、自分を理解されずますます苦しんでいる人もいるかもしれません。

なかなか、他の人にとっては、そのような内部を見ることができないので、そのように軽く言ってしまうことがあります。

ですがそれが自分にとって苦しみであるのなら、しっかりと分析をした上で感じ方を変えることも大切になってきます。

自己観察のきっかけに


自分の感情に蓋をしていてしてきた人ほど、なぜ自分がそのような感情に苦しんでいるのかというのがわからなくなってくるところがあります。

ですので、感じるのは自由ですし、誰に話すと言うわけではないので、自己観察のきっかけにしましょう。

嫉妬で辛いと思った時、なぜそのような辛い気持ちになるのかというのをしっかりと自分の中で観察をするのです。

その時、どんなにひどいことを思っていてもいいです。

ここには書けないようなことを思っていたとしても、それは自分の中で思うだけですので、誰を傷つけるわけでもありません。

ですので、嫉妬などで辛いと思ったら、まずは自己観察をする癖をつけましょう。

物事を見たり感じる心に癖はないか


人それぞれに、同じものを見たり聞いたりしても感じ方が違うのはよくあります。

ただ、そのような嫉妬などの良くない感情を生じやすいのは、そのような物事を感じる心に癖があるケースがあります。

それは、性格もあるのかもしれませんが、生育歴も関係してきます。

例えば、うちの子たちは発達障害の診断が出ており、実際も私もそのような傾向が顕著にあります。

ですので、かなりそのような感じ方についてはかなり違いがあるようで、他の人との軋轢が結構ありました。

そして、昔から、人と比較されて育ってきたのであれば、そのような嫉妬心を起こしやすい状態になってしまうのもある意味頷けます。

小さな時からの癖ですので、なかなか治りにくいところがあるかもしれません。

場合によってはカウンセラーの方の力を借りてもいいと思います。

そのように、プロの力を借りつつも、そのような物事を見たり感じたりする心の癖について解き明かしていくのも良いでしょう。

6.自分を知れるチャンス


また、そのようなネガティブな感情から自分を知るチャンスが出てくるということもあります。

もしかしたら、この嫉妬心が自分を大きく飛躍するものにしてくれるのかもしれません。

嫉妬は自分が最もほしいものにしているのでは?


例えば、人それぞれ欲しいものがありますよね。

例えば著者のような主婦のような世代の人であれば、もしかしたら持ち家が欲しいとかそのようなこともあるかもしれません。

そこで、大きな家に住んでいる人に嫉妬してしまうようなこともあるかもしれませんね。

このような事は普段の生活ではあまり感じませんが、とある掲示板を見るとその家のへの憧れゆえに、何度もその家に訪れると言うようなものを読んだこともあります。

ですので、そのような最も欲しいものに嫉妬してしまう状況もよくあることのようです。

やりたいことに繋がるかも


こちらは家の事ですので少し違うかもしれませんが、欲しい物があるというのは、やりたいことにつながる可能性もあります。

物欲が強いと言うとあまり良くなさそうなイメージがありますが、著者は決してそんな事はないと思っています。

著者の兄が、かなり物欲などが強いタイプの人ですが、彼は努力をして良い大学に行き一流企業で働き、順調に人生を歩んでいます。

それに対し著者はあまり物欲がないタイプで、基本的にそんなにこだわりなく、ともすれば適当に生きているような感じです。

ですので、嫉妬するほどに強い感情を持てるということは、それを辿っていけば、やりたいことにつながって行ったり、それを手に入れるための努力をする大きな動機になることがあります。

嫉妬深い人の特徴


では、嫉妬深い人にはどのような特徴があるのでしょうか?

嫉妬するのは当然の心理で誰にでもあると言え、中には嫉妬深くて何かにつけ嫉妬をしてしまうような人もいます。

皆さんは当てはまるところはあるでしょうか?一つ一つ見ていきましょう。

1.独占欲が強い


まず嫉妬深い人の特徴の1つと言えるのは、独占欲が強い言うところです。

恋人同士と言うことであれば嫉妬心を持つのはよくあることですが、そのようなタイプの人は友人に関しても似たような感情を持つことがあります。

他のこと仲良くしようとすると、その子とを引き離すような行動に出るということもよくあるようです。

どちらかと言うと、小学生位のお子さんに多く見られることがあります。

そのように、普通ならそこまで独占しようと思わないようなことにでも独占欲を発揮するような人は嫉妬深い傾向にあります。

2.一番にこだわる


またそのような人は1番にこだわる傾向にあります。

自分が1番優遇されているような状態を作り上げる事に全力を注いでいると言っても良いでしょう。

ですので、自分がないがしろにされるかもしれないということに関しては我慢することができません。

ですので、恋人同士や親友など、1番である事にこだわりたいシチュエーションであればまだしも、そうでは無く普通の友人関係など1番に拘る必要性のないコトンいこだわるような傾向がある人は嫉妬深くなりがちです。

ただ、この一番にこだわるという事は人間関係においてそのような行動に出ていくとかなり問題視されるところがありますが、この1番にこだわるということを仕事に生かすことで、トップの成績を収めることも可能になるかもしれません。

ですので、この一番にこだわる特徴を違う方向に向けると成功するのではないのでしょうか?

3.必要とされたい


少し嫉妬してしまうタイプであればよくいますし、ちょっと嫉妬深いかなっという程度でしたらまだしも、異常なまでに嫉妬深さを見せる人もいます。

なぜそうなってしまうのかというと、理由の一つに必要とされたいと思っているケースがよくあります。

それは否定されて育ってきた人に多いですので、生育歴からなっていることもあるので、改善するのはなかなか難しいかもしれません。

ただ、必要とされていると言う安心感があれば、そのような嫉妬深い行動も収まる可能性もあり、もし付き合っていきたいと思っている相手であれば、必要としているということをアピールしてあげることで満足して行くかもしれませんね。

4.予定を把握しておきたい


恋人や配偶者が、自分の手の届かないところで何をしているか分からない状態を不安がっている人は、予定を把握しておきたいところがあります。

もしその予定と違うことをしているとパニックになってしまうこともあるかもしれません。

ですので、もし今後とも付き合っていきたいと思っているのであれば、あらかじめ予定を教えてあげるなどで安心してもらいましょう。

もしかしたら、そのように予定を把握しておくことができれば、そんなに不安にならずに済むかもしれません。

ただ、それがどうしてもできないと言うことになると、もしかしたら別々の道を歩むことも考えていく必要があるかもしれませんね。

5.自分に自信がない


常に嫉妬深い人と言うのは、基本的に自分に自信がないところがあります。

恋人同士と言うことであれば、もしかしたら他の店のところに行ってしまう時ではないかと言う不安があります。

自分はちゃんと相手から思われているから大丈夫とか、そのようなことが思えないほどに自信をなくしているところがあるのであれば、嫉妬深くなってしまうところがあります。

そのような傾向にあるときは、色々と行動制限するところもあるのかもしれません。

もし、ご自身が嫉妬に苦しんでいるということであれば、何か恋人や配偶者以外に夢中になれることを探していくといいかもしれません。

そしてその分野で自信が持てれば、もしかしたらそのような嫉妬心に苦しむ事はなくなるかもしれませんね。

【自分に自信がない人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

6.感情的である


また、嫉妬に振り回されてしまうとなると、感情的である一面があるのは否定できません。

先ほど少々その嫉妬深い奥さんのドラマについて触れましたが、彼女は包丁持ち出すことに暴れるタイプでした。

このように、そこまで嫉妬に狂うとなると、非常に感情的であるということがいえます。

ついついかっとなってしまうのであればまた、本当にそこまで怒るほどのことなのかということを今一度振り返るようにするのが良いのは言うまでもありません。

よく、感情が爆発しそうになったら10数えると良いと言うことが言われていますよね。

嫉妬に狂いそうになって、ついつい感情的になりそうになったら落ち着いて10秒数えてみましょう。

そんなにすぐにはできないかもしれませんし、ついかっとなって怒ってしまったと言うこともあるかもしれません。

ですが、それを心がけるだけでも大分違います。

ですので、1回2回できなかったからといって落ち込まず、何度もそのような落ち着くようなことをトライしていきましょう。

7.劣等感を抱きやすい


やはり、嫉妬深くてそれに流されていくと言う事は劣等感を抱きやすいところがあります。

自分が良くないからこのようなことになってしまうのではないか?と思ってしまうようなところがあるのでは無いのでしょうか?

そのような、劣等感を抱きやすいのも、性格的なところもあるのかもしれないけれど、親御さんとどのような関係だったのかもよく問題になるところがあります。

ですので、もしその嫉妬を手放す感情は自分でうまくいかないのであれば、プロの力を借りるのも良いでしょう。

8.他人と常に比較している


嫉妬してしまうのは、基本的にその他の人と比較をしているからです。

仕事についても、この人に比べて自分ができないと比較しているからこそ起こることです。

他人と比較すると言うと、そのような劣等感が生まれてきたり、嫉妬心が生まれてきたりします。

ですので、あくまで比較するとしたら、昨日までの自分にしましょう。

物事をはかる尺度を固定化するのはやめよう(まとめ)


やはり、人は誰にでもあるとは言っても、それをずっと持ち続けるのは辛いことです。

ですので、他の人などと比較するような感じで、自分を図る尺度を固定化するのはやめましょう。

大切な事は、昨日までの自分とどう変わったかということと、どのように有意義に生きていくかということです。

そうするとおのずと嫉妬のような苦しい感情からも逃れることができることでしょう。