彼女がいる男性にとって、彼女からの嫉妬は非常に厄介な存在ですよね。

少しの嫉妬であれば愛しく感じられるものの、限度を越えればもうそれは拷問でしかありません。

しかし、そんなことを彼女に言ってしまえば、壮絶な修羅場は逃れられません。

泣かれて怒られて、結局男性側が折れて終了なんてことはもう目に見えていますよね。

そんなめんどくさい嫉妬深い彼女に悩んでいる男性のために、今回は彼女の嫉妬を和らげる方法をご紹介したいと思います!

大好きな彼女とはできるだけ喧嘩もしたくないし、嫉妬が原因で別れるなんて悲しい結末は嫌ですよね。

これを読んで、嫉妬深い彼女と上手く接する方法を知り、より良い関係を気づいていけるよう頑張ってくださいね!

嫉妬深い彼女に困っているあなた、対処法を教えます!

嫉妬深い彼女に困る男性は世の中にたくさんいます。

中には元カノが嫉妬深すぎたというトラウマから、長らく彼女ができないという男性もいるようです。

彼女からの嫉妬に常に頭を抱えているという方は、嫉妬を避けるのではなく上手く向き合って改善していく必要があります。

嫉妬されて避け続けているだけでは、根本的な解決には繋がりません。

今の彼女と将来を考えているのであればなおさらです。

嫉妬深い彼女の対処法をしっかり学んで、彼女と喧嘩することなく素敵なカップルでいれるよう意識していくことが大切ですよ!

嫉妬深い彼女のメリット・デメリット

嫉妬深い彼女と付き合った場合、必ずしもしんどいことばかりではありません。

対人関係の相性はさまざまですので、嫉妬深い彼女の方が合うという男性も中にはいるわけです。

また、付き合っていると嫉妬されて鬱陶しいと思っていても、離れてみると実は彼女のあの性格が自分には合っていたのだと気づく場合もあります。

まずは、嫉妬深い彼女の特徴、一緒にいることのメリットとデメリットを考えてみましょう。

メリット

嫉妬深い彼女と付き合うこと、そこには悪いことだけではなくメリットもあるのです。

嫉妬深いと聞けばどうしても悪いイメージが先行してしまいますが、いいところもちゃんとあるのです。

嫉妬ばかりされてめんどくさいと感じている男性の皆様、その嫉妬深さに故に楽しい思いをさせてもらっているとうことも今一度考えてみてくださいね!

彼女のことを改めて大事にしたくなると思いますよ!

気持ちを盛り上げる

嫉妬深い彼女とお付き合いすれば、情熱的な恋愛をすることができるのです。

嫉妬深いということは、彼氏のことが大好きだということです。

大好きな彼氏に対しては、嫉妬するだけでなくたくさん楽しい思い出を残そうとしたり、誕生日に可愛いサプライズを用意したりと、大好きな分彼氏に尽くそうと一生懸命頑張ってくれるのです。

自分を楽しませるために必死な彼女を見てると、彼氏としても可愛くて仕方ありませんよね。

ラブラブな関係は全てのカップルが経験できるものではなく、中には付き合った当初から非常にドライな関係の恋人もいます。

全く嫉妬深くない彼女なんかは、彼氏が他の人といくら遊んでいても気にしない分、彼氏からすると少し寂しい気持ちになるかもしれません。

今の情熱的な恋愛は、実は嫉妬深い彼女のおかげかもしれませんよ。

多少の嫉妬は大切にしている証拠

嫉妬深いと言ってもそのレベルは人によってさまざまです。

多くの男性は、女性のいる集まりには一切行くことを許されないだとか、自分のSNSを常に監視しているなどの行為が「嫉妬深い」女性と考えており、それ以外は平気だという方が多いですよね。

一方、男性の中には彼女の可愛いやきもちでさえ「こいつ嫉妬深いな、、」と思ってしまう人がいます。

例えば、男性が彼女以外の女性のことを可愛いと褒めた際に、彼女が「私のことも褒めて〜!」と笑いながら甘えてくる時。

これはカップルだと可愛らしいやりとりですが、これすらも疎ましいと思う男性もいるのですね。

多少の嫉妬深さは、彼氏のことを大好きで大切にしたいと思っている証拠です。

自分の彼女がちょっとしたやきもちを焼いてきた時には、嫉妬深いからめんどくさいなどと思わずに、大切にしてくれていると感謝して甘えさせてあげてくださいね!

デメリット

嫉妬深い彼女とお付き合いすることはメリットがある!とは言ってもやはりデメリットの方が目立ってしまうのは事実です。

嫉妬深いと感じる度合いは人それぞれですが、一般的に嫉妬深いと言われる彼女と共に過ごすデメリットをご紹介致します。

自分にとってプラスにならない存在であれば、彼女とずっと一緒に過ごして行くことは考えものですよね。

大好きな彼女だとしても、嫉妬深い女性といることで起こるデメリットをしっかり理解して、今後の自分の人生を考えて言ってくださいね。

攻撃的になってしまうこと


嫉妬深い彼女は、嫉妬心が強いあまり彼氏に対して非常に攻撃的な性格をしていることが多いです。

嫉妬とは羨ましい、悔しい、自分のものなのにという自分に負い目を感じている負の感情が渦巻いて状態から生まれてくる感情です。

自分に余裕がない状態の人間は、攻撃されないように自分から攻撃的な態度を取ってしまいます。

嫉妬深い彼女はまさにこの状態であり、彼氏から正論で言い返されないように攻撃的な態度で彼氏を否定しながら自分の感情をぶつけてきます。

攻撃的な態度をされれば、彼氏だってイライラしてしまいこちらも攻撃的になってしまいますよね。

嫉妬深い彼女を相手にしていると、お互いがイライラして相手を傷つけてしまうという辛いデメリットがあるのですね。

マイナスの感情になってしまう

嫉妬深い彼女とずっと一緒にいると、マイナスの感情になってしまうことが多くなります。

先にも述べたように、嫉妬とは彼女の負の感情から生まれるものです。

ですので、嫉妬されても嫉妬をする理由を聞いても全てマイナスな考えを彼女から聞かされることになるのです。

会うたびにマイナスなことを口にされていれば、自分も沈んだ気持ちになってしまいますよね。

楽しいことをしたいと思っても、彼女は嫉妬した原因が解決されるまでずっと不機嫌でいることでしょう。

こういうことがずっと続けば、二人でいる時間マイナスの空気が漂う暗い関係になってしまいます。

楽しい感情が伝染するのと同様に、マイナス思考も伝染します。

嫉妬深い彼女といれば自分もマイナスな人間になってしまうのですね。

嫉妬深い彼女に共通する特徴10選

男性から見て明らかにこの女性は嫉妬深いと分かる女性には、共通する特徴がいくつかあります。

その嫉妬深さの原因や元の性格など、嫉妬をしない女性とは異なる性質があるのです。

嫉妬深い彼女とうまく付き合っていくには、まずは相手のことをよく知ること、嫉妬をしてしまう原因を知ることが大切です。

あなたの彼女はなぜ酷い嫉妬をしてしまうのでしょうか?

心当たりがある特徴を見つけて、彼女に合った解決法を見つけるようにしましょう。

1、自分に自信がない


極度の嫉妬心を抱いてしまう女性は、自分に自信がない人が多いです。

嫉妬というのは「相手を妬む」という意味が込められています。

相手を妬むというのは裏返せば相手を羨ましいと感じているわけであり、相手より自分が劣っていると考えているのです。

この羨ましいと感じる相手は、ここでは彼氏の女友達であったり元カノ、その他彼氏の周りにいる女性のことを指します。

自分が彼女なんだと自信を持っている人、もしくは自分自身にちゃんと自信を持っている女性は、彼氏を束縛するほどの嫉妬深い行為はしません。

逆に、自分に自信がないと、いつ彼氏が浮気するか分からない、いつ心変わりされるか分からないと不安になり、嫉妬深くなってしまうのです。

嫉妬深くない女性は可愛いやきもちはあっても、彼氏を監視するほど心配になることはありません。

嫉妬深い女性がここまで自分に自信を持てない原因は、過去の恋愛や自分の外見など人それぞれです。

自信のなさは最終的には破局を迎えるほど酷い嫉妬心に繋がってしまうのです。

2、依存心が強い

嫉妬深い女性は、元々依存心が強い傾向にあります。

恋人にだけ、または友達や家族など全ての人に対して依存心が強いと、相手がいなくなることなんて考えられず必死で自分だけのものにしておこうと考えるのです。

アルコール依存症の人がアルコールを手放せないのと同じで、彼氏に依存している女性は彼氏が自分から離れないように周りの女性を排他しようと躍起になります。

彼氏の周りにいる女性は友達であろうと危険、自分から彼氏を奪うかもしれないと考えているからでしょう。

彼氏の周りの女性を徹底的に監視しようとするその態度が、結果的に彼氏に嫉妬深いと思われてしまうのですね。

もし彼女が一つのものに執着するタイプであったり、元カレとも依存が原因で分かれていたりするなら、彼女は根っからの依存心が強い女性なのかもしれません。

3、見捨てられる不安が強い

嫉妬深い女性の心の中は、常に自分に自信がなく不安な気持ちが渦巻いています。

特に、見捨てられる不安というのが強い彼女であれば、その嫉妬心はかなりのものでしょう。

見捨てられるかもしれないという不安は、彼氏が想像のつかないような妄想から生まれることがほとんどです。

ただの女友達と遊んでいても、彼女からすればその女性が彼を奪うために近くにいるのだと想像してしまうのです。

こういった不安の原因の多くは、単に自信がない以外に、過去に恋愛で深く傷つけられた場合、又はそういった周りの体験談を聞きすぎて男性不信になっている場合がほとんどです。

一度経験してしまった傷はなかなか癒えることはなく、特に恋愛で受けた傷は強い感情を伴うために忘れることができないそうですよ。

いつも嫉妬して泣いてしまうような彼女であれば、もしかすると見捨てられることを不安に感じているのかもしれません。

4、彼氏を支配したいと思っている

彼氏を支配したいという強い支配欲を持っている女性も、嫉妬深くなってしまう傾向にあります。

嫉妬深い女性の多くは自分に自信がないとお伝えしましたが、稀に逆のパターンもあるのです。

つまり、自分のことが大好きで思い通りにならないと我慢ができないというようなタイプ。

彼氏が自分の気に入らない行動をするのが気に食わず、支配して自分の言うことを聞かせたいと思っているのです。

彼女なら誰でも彼氏の女性関係は気になりますし、知らない女性と会われるのは不安になります。

その感情が我慢できずに彼氏の行動全てに対して自分が決定権を持ちたい、そんな気持ちから嫉妬深い女性になってしまうのです。

自信が無くて不安なだけでなく、自信がありすぎて他の女性と会われるとプライドが傷つくなんてことも、嫉妬深い女性になってしまう要因の一つなのですね。

5、女性の話をしたら怒る

女性が嫉妬深くなる原因をご紹介致しましたが、そんな女性陣の共通する行動とはどのようなものでしょうか?

もっとも多い意見が、女性の話をするとすぐに怒ってしまうという特徴。

嫉妬深い女性は、彼氏が他の女性の話をするのを極端に嫌います。

自分以外の女性は友達であろうと全員敵とみなしており、彼氏の口から彼女たちの話題が出ればすぐに不安になってしまうのです。

自己顕示欲が強い嫉妬深い女性は、他の女性じゃなくて私だけを見てほしいと思っているのですね。

彼氏からしたらただの友達でも、そんな正論は嫉妬女性たちの耳には届かないのです。

店員さんや親戚にまで嫉妬するような嫉妬深い女性よりかは、綺麗な女性の話をしたら少し膨れて拗ねるぐらいの女性が可愛いのかもしれませんね。

6、交友関係を把握したがる

嫉妬深い女性は彼氏の交友関係を把握したがる傾向にあります。

彼氏が普段どんな友達と付き合っているか知ることで、彼が浮気をする可能性がないか、彼を夜のお店に連れて行くような男性友達はいないかチェックしているのです。

嫉妬深い女性の交友関係チェックは何も女性相手だけではありません。

男性の友達でも、チャラチャラした人や女性の話ばかりをするような人がいれば、彼氏が悪い影響を受けるかもしれないと思い関係を断つように諭してきたりします。

また、女友達がいれば必ず彼氏はいるのかと確認してきたり、普段何人ぐらいで遊ぶのか、酒は飲むのかといった少しでも浮気に繋がるような芽は全て断絶しようとしてきます。

女友達はまだしも、男友達のことまで全て把握したがるようであれば、あなたの彼女は相当な嫉妬心を持っているかもしれません。

7、人と比較して勝ち負けにこだわる

嫉妬深い女性というのは、他の女性に対して絶対に負けたく無いという感情を心に宿しています。

これは普段の性格にも顕著に現れるものであり、他人と自分を比較してやたらと勝ち負けにこだわるという特徴があります。

自分以外の女性を敵として見ている彼女たちにとっては、自分が彼氏の一番であり他の女性は全員自分に負けていると思っていたいのです。

自分が一番彼氏のことをよく知っていて、彼氏は自分のことだけを気にかけてほしいと願っています。

ですので、彼氏の仲の良い女友達やバイト仲間、仕事仲間なんかは特に大嫌いなのです。

なぜなら、友達と接する時の彼氏や仕事中の彼氏を自分は知らないのに、彼女たちは知っているからです。

嫉妬深い彼女からすると、自分の知らない彼氏を知っている女性は自分より上だと感じてしまうのです。

自分が負けたような気になってしまい、彼氏が極力そういった女性たちと関わらないようにするのです。

自分も同じぐらい知りたい!と思うがあまり、彼氏のバイト先や友達との集まりに参加するなど重たい行為をしてしまうのかもしれません。

8、24時間相手の行動を把握しようとしたがる

嫉妬深い女性というのは、ほぼ確実に彼氏を束縛しようとします。

女の子と二人で飲みに行かないで、などという可愛い束縛であれば彼氏も守れますよね。

しかし、嫉妬深い女性の束縛はそんな生易しいものではなく、24時間ずっと相手の行動を把握したがるのです。

朝起きればすぐにメールで報告を入れさせ、今日は何時にどこで何をするか事前にチェック、毎分ごとに行動を確認できるように連絡を入れるよう強要してくることでしょう。

もしこの約束を少しでも破れば、「もう信じられない」「浮気してたんでしょ」などと大げさに怒り泣きじゃくるのです。

これには彼氏も参ってしまいますよね。

中には、どうしても手が離せない場合もあるはずです。

それでも嫉妬深い女性は信じてくれません。

しかし、やると約束してしまった彼氏側にも非はあると言えるでしょう。

絶対に守れると確証のない約束は、しないか保留にしておくのがベストでしょう。

9、返事がないことを怒る

24時間彼氏の動向を確認して安心したい彼女たちにとって、彼氏から返事がないことは一番の苦痛です。

嫉妬深い女性は彼氏から少し連絡が途絶えるだけで、ありもしない展開を頭の中で考えてしまいます。

返事が来なければ浮気しているかもしれない、他の女性と楽しく喋っているかもしれないと思うと、気が狂いそうな嫉妬心にかられてしまうのです。

そんな不安や辛い感情から、返事が遅れた彼氏のことを怒ってしまいます。

こうなってしまってはもう手遅れ、彼氏がいくら説明しても納得がいくまでずっと機嫌を直してくれません。

ありもしない浮気の嫌疑までかけられてしまいます。

嫉妬深い女性は、言い換えれば彼氏のことが大好きでたまらないということです。

愛してくれる彼女のために、マメに返事を返してあげるのもいいかもしれませんよ。

10、感情の起伏が激しい

嫉妬深い女性にかなり多く見られる特徴、それは感情の起伏が激しいということです。

とても楽しくデートしていたのに、女性の話になるとそれが例え女優であろうと彼女の機嫌は一転してしまいます。

自分以外の女性の話をとことん嫌う嫉妬女性は、それまでがどんなに楽しくても女性の話が出た途端一変して喧嘩に発展してしまうのです。

感情の起伏は男性よりも女性の方が激しいと言われていますが、嫉妬深い女性は特に激しいです。

そこで彼氏が甘やかしていると、どんどんわがままになっていき、最後には自分の気に入らない話題には全て怒ったり癇癪を起こしたりするようになります。

最近デート中に急に彼女が不機嫌になることが多くなったという方、彼女はきっと嫉妬深くて感情の起伏が激しくなっているのかもしれません。

嫉妬深い彼女に対する対処法6選

嫉妬深い女性はとても厄介に思えますが、そんな彼女たちも彼氏がうまく対処すれば普通の優しい女の子になるんです!

女性の嫉妬深さは元々の場合もありますが、なんらかの原因があってそうなってしまった場合もあります。

また、付き合う彼氏によってその嫉妬深さというのも変わってきます。

何度も嫉妬が原因で別れているという女性でも、同じような男性と付き合うからそうなってしまうのであって、実は女性には非がない、なんてこともあるんですよ。

ここからは、彼女の嫉妬深さをどう対処したらいいのかをご紹介致します。

1、深い信頼関係を作っておく

嫉妬深い彼女とは、あらかじめ深い信頼関係を築いておくようにしましょう。

嫉妬とは相手への疑いの気持ちから生まれてくる感情です。

相手が今浮気しているんじゃないか、知らない女性といるのではないか、楽しそうにしていないかなど、ありもしない嫌な想像をしてしまうことから嫉妬心は育っていってしまうのです。

嫉妬深い女性にとって、彼氏の「違う」「やっていない」という言葉は言い訳にしか聞こえません。

ではどうすればいいのでしょうか?

嫉妬させないようにするには、元から深い信頼関係を作っていればいいのです。

自分自身が絶対に浮気しない、女遊びをしない人間だということを信じてもらえていれば、女性はそこまで嫉妬深くなりません。

可愛いやきもち程度で終わることでしょう。

嫉妬深い彼女に対して信じてくれと言う前に、まずは離れていても安心してもらえるような深い信頼関係を築いておくことが、嫉妬されないようにする第一条件と言えるでしょう。

2、嫉妬の芽を摘んでおく

最初から嫉妬の芽を摘んでおくというのも、嫉妬深い彼女と喧嘩しない良い対処法です。

彼女が嫉妬しそうなことって、大体わかりますよね。

彼女の前で女性のことを可愛いと褒める、元カノの話をたくさんするなど、明らかに嫉妬されそうなことは初めからやらないようにしましょう。

彼女が嫉妬する原因を初めから摘んでおくことで、喧嘩に発展せずに済むのです。

こちらも余計な言い訳をする必要なく、平和に過ごすことができます。

他の女性の話をしたいと思っても、それをわざわざ嫉妬深い彼女にする必要はありませんよね。

やきもちを焼かせて気持ちを試したいなんてのはもってのほかですが、そうでもない限り、する必要のない話は出来るだけ控えるようにしましょう。

嫉妬ばかりさせていたら、彼女も信じられなくなってしまって、余計嫉妬深い女性になってしまいます。

まずは、嫉妬の芽から根絶してしまいましょう。

3、疑惑を招く行為は避ける

疑惑を招いてしまう行為は出来るだけ避けるようにしましょう。

嫉妬心が疑いの心から生まれると言うことをお伝えしましたが、この疑惑は彼女の勝手な妄想から生まれるものだけではありません。

彼氏側が何か疑われるような行為をしてしまっている可能性も十分にあるのです。

彼女が最近嫉妬深いなあと感じる時は、まず二人の間に大きな喧嘩がなかったか、女性関係のこじれがなかったかを思い出してみてください。

彼女に直接指摘されていなくとも、何か疑惑を持たれるような心当たりがある方は、まずはそういった行為を避けるように努力しましょう。

当の本人からすれば、浮気でもなんでもないことでしょう。

むしろ、自分を信じてくれない彼女に苛立ちさえ覚えるかもしれません。

しかし、疑惑を招いていなければ疑われることもないのです。

女性関係はあまり持たないようにする

疑われる行為といえば、やはり直接的な女性関係ですよね。

女性関係はあまり持たないようにするのが、嫉妬深い彼女と上手くやる一番の方法です。

女性と二人で遊びに行く、女性の多い飲み会にばかり行く、女友達がやたらと多いなど、彼女に疑われる余地しかない女性関係はいっそ持たないようにしてしまいましょう。

とても仲の良いグループなどは彼女も理解してくれると思いますが、それでも激しい飲み会や泥酔した女性ばかりなんていう集まりは心配になるのも当たり前です。

彼氏が何もないと言い張っても、彼女が心配だというその気持ちは変わらないのです。

とはいっても交友関係は彼女と同じぐらい大切なものです。

まずは女性と二人で遊んだり、激しい飲み会にいかないといった、自分にできそうなことから始めてみると良いでしょう。

4、嫉妬深い女性は苦手と宣言する

嫉妬深い彼女に対して、「俺は嫉妬深い女性が苦手なんだ」と宣言してしまうのもアリです。

嫉妬深い女性は彼氏への支配欲が強く、付き合った瞬間からこの人は自分のものだという思いがとても強いです。

自分から離れることはない、嫉妬しても好きでいてくれると思っていることが多いので、ここははっきりと苦手だということを伝えてみましょう。

彼女から何か言われると、どうしても上手く反論できずに折れてしまう男性は多いと思います。

しかし、そのまま許し続けてしまうと彼女はどんどんエスカレートしてしまい、あなたのことを極限まで束縛してしまうかもしれません。

そんなことになっては男性としても苦しいですよね。

自分が苦手なことをはっきり言うのも信頼関係を築くために必要なことです。

嫉妬深い彼女に対してはしっかりと嫌だと伝えましょう。

相手に危機感をもたせる

嫉妬深い彼女に対して「嫉妬深い女性は苦手だ」と伝えるメリットとして、相手に危機感をもたせることができるという面もあります。

嫉妬深い女性は、相手の男性が許せば許すほどどんどん嫉妬深さを増していき、最終的にはただのわがままになってしまうことも少なくありません。

自分のことを嫉妬深い女性だと気づくこともなく、言いたい放題彼氏にぶつけるようになってしまいます。

そういう女性には、彼氏からの「苦手」発言で振られるかもしれないという危機感をもたせることが効果的です。

自分が嫉妬深い女性だと自覚させて反省させることで、その束縛癖や嫉妬心を改善することができるのです。

好きな相手に別れるという危機感をもたせるのはなんとも心苦しいことですが、今後も上手く付き合って行くための試練だと思って試してみてください。

きっと彼女も思い直して、嫉妬深さを治せるよう一歩を踏み出してくれるはずですよ。

5、連絡をまめにとって安心させる

嫉妬してしまう彼女の心の中は、常に不安と心配が渦巻いています。

彼氏を信用したいけど、彼氏から安心できるほど満足な答えがこなかったるすることでずっとその心を痛めているのです。

そんな不安でいっぱいの彼女には、連絡をたくさん取って安心してもらうことが一番です。

一緒にいない時でも連絡をマメにとって安心させてあげることで、向こうもほっとする感情と感謝の気持ちを持ってあなたに対して配慮しようという気になってくれるはずです。

彼氏の「安心させよう」という気持ちは絶対に彼女に伝わります。

その気持ちを受け取った彼女は、彼氏を疑ってしまう自分に恥じて、徐々に束縛しないようになっていきます。

離れている時も彼女が不安になればすぐに連絡して安心させてあげる、その一手間で彼女が嫉妬深くなくなるのです。

6、どんな時に嫉妬するか確認しておく

彼女がどんな時に嫉妬してしまうのかを直接確認するということも大切です。

色々な方法をご紹介いたしましたが、彼女の思いとズレていては意味がありません。

嫉妬の原因だって十人十色、あなたの彼女にも彼女にしか分からない不安があるのです。

彼氏にどんな行動をされたら嫌か、逆にどんなことまでなら許せるのかということをしっかり確認するようにしましょう。

そして、お互い納得するまで話し合ってその後彼女が嫌がることはしないように努力してください。

そうすることで、彼女も感謝して疑うこともなくなっていき、彼氏に対して妥協してあげられる範囲も広がって行くことでしょう。

安心させてあげることで嫉妬はおさまる

嫉妬深い女性というのは、攻撃的な表の顔の裏に不安や悲しいという感情を併せ持っています。

嫉妬は羨ましい、悲しい、心配という負の感情から生まれる一方で、彼氏が安心させてあげることですぐに収まったりもするのです。

嫉妬深いと鬱陶しがるばかりでなく、まずは自分が彼女のことを安心させてあげられるようないい男になりましょう!

大好きな彼女のためならきっと頑張れるはずです。

嫉妬深い彼女と向き合って、素敵な恋愛を育んでいってくださいね!

【彼女が嫉妬する瞬間は、こちらの記事もチェック!】