できれば、暗い感情のない人間になりたいと思っていても、人間にはそれがなかなかできません。

七つの大罪と言われている様々な罪は、日ごろから多くの人が犯しているはずです。

貪欲さや怠惰、高慢などからは人間は逃れることができないのです。

ですが、それらの感情は、自分で自分を戒めることで何とかなることもあります。

自分自身が頑張れば、自分のことをコントロールできるのです。

ただ、七つの大罪の一つである「嫉妬」だけは、精神力があってもなかなかコントロールできないものです。

誰かのことを羨ましい、誰かのことが妬ましいと思う気持ちは、周囲に人がいる限り逃れることができない感情なのです。

もちろん、誰かが自分に嫉妬心を抱いているというのも、止めることはできないものです。

ですが、「誰かからの嫉妬心」の大きさは、自分が頑張ることによって小さくすることができるかもしれません。

ここでは、妬まれない生き方のポイントについてご紹介したいと思います。

また、嫉まれる女性の特徴や、妬まれてしまった場合の対処法についても見てみることにしましょう。

妬まれない女性になるための方法を知ろう

嫉妬は醜く、妬みを隠そうとしない人はとても醜い怪物のように見えます。

シェイクスピアは妬みを「緑の怪物」と言いましたが、嫉妬は一度襲ってくると、その人の性格を変えてしまうほどの力を持っています。

ただ、嫉妬している人間だけではなく、嫉妬は、嫉妬されている方の人間にも悪い影響があるというのが嫌なところです。

嫉妬されながら生きるというのは、色々な面で疲れるものです。

妬まれない人生を生きることができるのなら、できれば妬まれずに居心地の良い人生を送りたいですよね。

人に妬まれる人生は不幸

人生の中で妬みや嫉みから逃れることはとても難しい話です。

妬みと言うのは自然な感情ですし、競争社会の中で生きているのなら、嫉妬せずに生きるのはかなりの精神力を使うのではないでしょうか。

嫉妬は醜いということは知っていても、実際に「醜いから嫉妬するのはやめよう」と思える人はいないでしょう。

それほどまでに心が綺麗な人はなかなかいません。

ですが、だからと言って、誰かから妬まれていても「まぁ良いか」とは思えませんよね。

人から妬まれながら生きるのは、負のパワーを浴びながら生きているようなものです。

誰かから負の感情を浴びている状態と言うのは、何もしていなくても疲弊するものです。

気分も良くないでしょう。

誰かから妬まれるほどに素晴らしい人生を歩んでいるのであれば良いように思えるかもしれませんが、実際に妬まれても良いと思えるほどの素敵な人生を歩んでいる人はほとんどいません。

羨むのと妬むのでは大違い

「羨む」と「妬む」というのは、実は違う感情です。

人から羨ましいと思われるのは良いですが、妬ましいと思われるのは良くない傾向です。

「羨ましい」というのは、その人の持っている幸運や、その人自体に対して「その人になりたい」「憧れる」という感情を抱くことです。

その人のような人生を送りたいと憧れるような気持ちでできているのです。

ところが、「妬ましい」と言うのはもっと厄介です。

「羨ましい」という気持ちに「憎らしい」という気持ちを追加したものが「妬み」になるのです。

つまり、その人に憧れの気持ちを抱いているけれど、その気持ちが強すぎて憎たらしくなるというのが、妬みだということです。

妬みが負のパワーを持っているというのは、これで理解できましたでしょうか。

女性は妬みやすいし妬まれやすい

女性は妬みやすいし、妬まれやすい生き物です。

男性も競争社会の中で嫉妬心が生まれることは珍しくありません。

ですが、女性の方がより妬みや嫉妬を感じやすい生き物なのです。

女性は自分と他人を比べてしまいます。

「自分よりあの子の方が」と考えやすい生き物なのです。

嫉妬と言う字に女の地が使われているのも、妬みと言う感情が女性にとても起こりやすいということを示しているようですね。

つまり、女性が関わっている環境の中で、妬まず、妬まれずに生きるのは難しいということです。

妬まれる女性の7個の特徴と理由

妬みを買わずに生きようと思っても、妬みを持ちやすい女性のいる社会の中ではどうしたらよいか分かりませんよね。

妬まれずに生きるのは簡単ではありませんが、まずは妬みを買いやすい女性の特徴を知りましょう。

妬まれやすい女性の特徴さえ分かっていれば、自分はそうした言動をとらなければ良いのです。

女性の嫉妬心を煽らないような行動をとるためにも、まずは、最大限女性の妬みを買ってしまうような女性について見てみることにしましょう。

自慢話が多い

妬まれる女性の特徴の一つ目には、自慢話が多いというものがあります。

自慢をするというのは、本人にとってはとても気持ちが良いものです。

自分が持っているもの、自分の素質をひけらかしていると、それだけで自分が凄い人物であると思い込んで、ついついやめられなくなってしまうものですよね。

ですが、こういったことをしていると、妬まれる女性となってしまうのです。

理由は単純で、自慢話の内容が、嫉妬を煽るものだからです。

基本的に嫉妬は自分が持っていなくて、他の人が持っている者に対して怒ります。

自慢話はまさに、「他の人が持っていなくて自分が持っているもの」を言葉にして伝えることなのですから、相手に「嫉妬してください」と言っているのと同じことになりますよね。

もちろん、自慢ばかりを聞くのがうんざりするので、その人のことが嫌いになるという側面はあるでしょう。

ですが、その自慢が多い人のことを嫌いになるという負の気持ちの中には、嫉妬が混じっていることもよくあるのです。

持ち物や人脈をひけらかすから

自慢話が多い人の中でも、特に、持ち物や人脈をひけらかすというのは、嫉妬を招きやすい要因の一つだと言えるでしょう。

あまりにも圧倒的に美しすぎる人の場合には、逆に嫉妬されるようなことはありません。

背伸びしても追いつかないと思われますし、彼女になりたいと憧れられることが多いからです。

美人のアイドルやモデルの女性人気が高いのは、そう言ったところがあるからでしょう。

ですが、持ち物や人脈は、その人が持って生まれた素質と言うわけではありません。

自分の素質をひけらかすのなら「プライドが高い」くらいで済むかもしれませんが、持ち物や人脈をひけらかすと、途端に嫉妬を買ってしまうことが多くなるのです。

自慢話そのものがあまり良くないのはもちろんですが、特に、持ち物や人脈の話を滔々としていると、女性からの嫉妬心をとてつもなく浴びることになってしまいますので、気を付けてくださいね。

あまり努力をしていない

あまり努力をしていないという人も嫉妬の対象となってしまいますね。

努力をする音が好きな人は滅多にいません。

ですが、努力をしないと好きなものも手に入らない社会に生きているのですから、多くの人は嫌々努力をしているということになります。

その中で、悠々とあまり努力をしないで生きているような人を見ていると、嫉妬してしまいたくなる気持ちも分からなくはありません。

特に、女性の場合には、社会の中での競争だけではなく、女性としての競争と言う面もあります。

女としての戦いの中で、あまり努力をしないで、他の人がないものを持っているというのは嫉妬の対象となってもおかしくはありません。

努力をしなくてもお金や美貌が手に入っている

努力をしなくてもお金や美貌が入ってくる人は、元々の生まれが違うことの方が多いですね。

そもそも、実家がお金持ちであったり、そもそも生まれたときから美貌を持っていた女性の場合には、こちらが努力をしてもかなうはずがありません。

努力をして手に入れているようなものは良いかもしれませんが、努力をせずにすべてを手に入れている人のことが羨ましくなるのは当たり前の話です。

最も、とびぬけてお金持ちであったり、とびぬけて美しい人の場合には、嫉妬の対象とはならない可能性もあります。

そう言ったとびぬけた女性の場合には、何をしてもかなうはずがない「全く違う世界に生きている人」ですから、嫉妬と言うよりは羨望のまなざしになってしまうのです。

嫉妬と言うほどに負のエネルギーを持つ気持ちを抱くような相手は、「超絶美人と言うわけではないけれど、普通に美人」という人であったり、「石油王に並ぶお金持ちではないけれど、一般家庭よりははるかにお金持ち」というレベルの相手であることがほとんどです。

いつもイケメンと付き合っている


いつもイケメンと付き合っているような女性も、基本的には嫉妬される対象です。

相当のブ男好きや、相当のデブ専でもない限り、女性は男性の顔に惹かれやすいものです。

もちろん好みはありますが、一般的に見てイケメンであれば、その恋人になるというのはステータスになるでしょう。

それが、いつも連れてくる恋人がイケメンであるというのなら、嫉妬の対象となってもおかしくはありません。

男性と言うのは限られた資源です。

イケメンとなると、その中からさらに選りすぐりになるのですから、さらに限られた資源ですよね。

そんなイケメンを常に連れているようなら、嫉妬されても仕方ないのではないでしょうか。

外見や内面にモテる要素がある

イケメンと付き合っていることが嫉妬の対象となるのは、イケメンが限られた資源であるからと言うだけではありません。

イケメンを捕まえることができるその女性のスペックに嫉妬しているのです。

その女性の外見や内面には、どこか良いところがあるということでしょう。

イケメンを捕まえられるほどのスペックを持っている女性は、そうそういません。

「イケメンを捕まえられる外見」「イケメンを捕まえられる内面」のスペックの高さを持っているというのは、同じ女性として羨ましくないはずがないのです。

リア充をSNSで毎日アピールしている


リア充をSNSで毎日のようにアピールしているのは、嫉妬される女の特徴の一つですね。

リア充を嫌っている人もいるものの、そう言った人たちの「嫌い」という感情の中には、嫉妬してしまうからと言う理由も少なからず含まれているのです。

そんなリア充をSNSでみずから広めてしまうと、嫉妬してほしいと言っているかのようになります。

自分の幸せな毎日を広めることで、目立ってしまうからです。

目立つことに快感を覚える人は少なくありませんが、出る杭は打たれるという言葉もありますし、目をつけられる可能性も高くなるのです。

リア充であるということは幸せであるということをアピールすることにもなっています。

幸せはそう簡単に手に入るものではないのですから、それを持っている人が嫉妬されるのは当たり前の話ですよね。

もちろん、SNSで幸せアピールをするような人は、嫉妬されたいという気持ちがあり、嫉妬されることに優越感を感じているかもしれません。

妬まれても、それ快感になってしまっているのなら良いですが、意外と妬みのパワーには強いですから、あまり現実世界に影響が出るような嫉妬のされ方はしたくないですよね。

SNSの使い方には注意しなければいけないのではないでしょうか。

良い仕事に就いていて収入も高い

良い仕事についていて収入も高い女性は、妬まれる対象となってしまっても仕方ありません。

就職先が良くて、高収入であるというのは男性でも嫉妬の対象となってしまうような条件ですよね。

良い仕事についていれば、それだけステータスが高くなるということでもあります。

収入が高いというのは、それだけ豊かな暮らしをできるという意味でもあります。

それを手に入れている相手を羨ましく思わないというのは、おかしな話です。

努力も人並み以上にはしているという人が、良い仕事についていて収入も高いというのは、さらに嫉妬の対象となるでしょう。

努力をしていなければ、まだ正当に怒りを向けることができるのに、努力している相手のことを見ると、「どうしてあの女はあんなにできるんだ」という、そこの部分にも妬みが生まれてしまいます。

目上の人にチヤホヤされている

目上の人にちやほやされている女性も嫉妬されることが多いですね。

会社の中で上司や先輩に可愛がられている女性と言うのは、社会の中では得をするタイプです。

上の人から可愛がられていれば、仕事で分からないところがあっても聞きやすいですし、目をつけられているよりもずっと過ごしやすいですよね。

少しのミスで怒鳴られるようなこともなくなりますし、贔屓されている方としては、贔屓されていることによって徳が生まれているのですから、さらに気に入られようと頑張るでしょう。

ですが、それを見ている方は、その相手に嫉妬するしかありません。

どうして彼女ばかりが気に入られるのだろうか、可愛いだろうかと考えているうちに、その子のことが憎らしくなってくるのです。

そのために、「羨ましい」を通り越して嫉妬の感情を出だしてしまうことになるのです。

相手によって態度を変えるから

目上の人にちやほやされている女性が嫉妬の対象になりやすいのは、相手によって態度を変えているさまが、あからさまだからかもしれません。

可愛がっている上の人は気付かないかもしれませんが、そうした態度の違いと言うのは、第三者にはすぐに分かってしまいます。

人によって態度の変わる人と言うのは、信用がならないものでしょう。

また傍から見ている分には、「どうしてあんなにあざとい子が気に入られるのだろう」と歯ぎしりをしたくなってしまうものです。

確かに、一般的に考えると、人によって態度を変えるような女にはなりたくないものですし、そう簡単に当たり前のようにそれをすることはできませんよね。

だからこそ、当たり前のように、目上の人を相手にしているときに態度がガラッと変わる女性が憎らしく、かつ、それをできる女性が羨ましいと感じてしまうのです。

メリットがあることは分かっているのに、色々なことが邪魔して自分は吹っ切ってすることができないような言動をいとも簡単にしてしまう女性は、嫉妬の対象となりやすいのです。

謙遜ばかりする

謙遜ばかりしている女性も、嫉妬されやすいので気を付けた方が良いのではないでしょうか。

謙遜は確かに日本的な考え方の中では美徳とされています。

何を褒められても基本的に謙遜をしようと考えるのは、悪いことではありません。

本人にしてみれば、嫉妬されないための、そして思い上がっているように周囲が感じないための自衛のようなものでしょう。

「素晴らしいですね「いえいえ」というのは、どこにでも溢れているような会話の一つです。

ですが、謙遜と言うのは、逆に嫉妬を招くような結果にもなってしまいかねません。

過剰に謙遜ばかりしていると、何となく効いている方としてはイラっとしてしまうのです。

「あの女褒められているのに、また謙遜して自分を良く見せようとして」と思われてしまうのです。

そして、その女性が謙遜をしている姿を見るだけで、嫉妬の気持ちがめらめらと燃え上がってしまうのです。

逆に嫌らしく感じる

謙遜は自分を下げて相手をあげようとする敬いのテクニックの一つです。

ですが、これは過剰にするといやらしく感じてしまうでしょう。

毎回毎回、自分のことをわざわざ下げなければ、相手のことを褒められない、相手に敬意を示すことができないと思われてしまうからです。

また、褒められてわざわざ何度も謙遜をするということは、「本当は自分だって自分のことをすごいと思っているくせに、わざとらしくて嫌らしい」と思われてしまうのです。

謙遜を美徳だとするのは間違っていませんが、それは、程度を間違っていない場合においてのみです。

あまりに謙遜をするのは嫌味ですし、嫉妬を買いかねません。

「あんなに謙遜するところがあるなんて」とねじ曲がった妬みを受けてしまうこともあるのです。

逆に嫌らしく思われないように、褒められて「ありがとうございます」「でも〇〇さんも……」と話を繋げた方が、嫉妬されにくい女になることができますよ。

妬まれた時の対処法は?

妬みを買わないように生きていたとしても、全く妬まれずに生きるのは難しいものです。

妬みは自然に生まれてしまう感情ですから、頑張って妬まれないような言動をとっていたとしても、妬まれてしまうことがあります。

一度周囲の人間に妬みを抱かれれると、その女性たちと普通に接していたとしても、常に棘を向けられているということが分かってしまいますよね。

ですが、妬まれたときにもきちんとした対処法を分かっていれば、少しはましになるはずです。

または、妬まれても短期間でトラブルが収束するはずなのです。

妬まれてしまったときに心がけなければいけないいくつかのポイントをまとめましたので、今まさに妬まれているよという方は、ぜひ下記を参考にしてみてください。

地味目のファッションを心がける

まず、誰かの妬みを買ってしまったときには、地味目のファッションを心がけるようにしましょう。

女性の妬みと言うのは、その人の外見にも向くものです。

妬みを向けられているというときには、いつもよりも注目されている状態であり、派手な格好をしていると、それだけ相手にとっては妬みを感じるポイントが増えるということになると覚えておきましょう。

妬まれているということが分かったのなら、派手な格好は控えて、少し地味に感じるくらいの風葬をしておいた方が良いでしょう。

ただでも妬まれているのに、さらに妬みを買うようなネタは与えない方が良いのです。

地味で目立たないようにしておけば、妬みを追加で買うことはないので、しばらくすれば妬んでいたことも忘れてくれるでしょう。

自分の話ばかりしないで人の話を聞くようにする

妬みを買ってしまっているときには、とにかく自分を強く主張するようなことを避けた方が良いですね。

自分の話ばかりしていると、自分の情報を垂れ流している状態になります。

自分の情報を垂れ流すということは、また、それだけの妬みを買うだけのネタを垂れ流しているということにもなりますので、控えた方が良いでしょう。

妬みを買っている間には、些細なことにも怒りを買ってしまう状態にあります。

そのため、自分の情報を出して、相手の心を刺激するようなことは控えましょう。

できれば、自分の話をしないで人の話を聞く方に特化した方が良いですね。

上手な聞き手となって、相手の心を刺激せず、落ち着いてくるのを待った方が良いでしょう。

真面目に勉強や仕事をしている姿を見せる

妬みを買ってしまっているときには、まじめに勉強や仕事をしている姿を見せるということも良いかもしれません。

「あんなに真面目にしている人に妬みを抱くなんて自分は何て最低なんだ」と思ってくれれば、妬みを買っている事実は変わらなくても、相手が罪悪感を抱いてくれます。

罪悪感を抱きながらの嫉妬と言うのは、純粋な嫉妬100%よりはずっと軽くなるはずなのです。

危害を加えようと言う気にもならなくなるはずですから、自分の身を守るためには、しばらくは真面目な状態を続けていましょう。

また、真面目な状態を続けていれば、周囲が真面目であることを評価してくれます。

周囲を味方につけておけば、妬みを買っていても周囲は同情してくれるでしょう。

妬みを買ってしまったというときには、相手の気持ちを削ぐことを考え、さらには味方を作っておくということも防御力となるでしょう。

SNSはあまり使わないようにする

誰かから妬みを買っていることを分かっているのなら、SNSはしばらく使わないようにした方が良いかもしれません。

近年SNSにおけるトラブルは増えています。

トラブルが起こりやすいような場に、自分から燃料を等価ウする必要はないのです。

ただでもSNSは自分の生活や、自分に怒ったことを公表するために使う場です。

そんなところに、新しいネタを投下しては、いつまでも妬みが消えることはないでしょう。

また、SNS上で絡まれてしまっては、トラブルが大きくなる可能性もあります。

しばらくは、SNSでの投稿は最低限にとどめて、あまり自分のことを公表しないようにした方が良いですね。

自分から進んで挨拶をする

妬まれていることが分かっていても、自分から進んで挨拶するということも大切です。

相手が妬みを抱いているときに、自分からも敵対するような姿勢を作ってしまうと、そこにはトラブルが生まれてしまいますよね。

そうではなく、自分から挨拶をすることで、関係を発ちたいわけではないということを相手に伝えましょう。

また、相手に対して人は嫌な気持ちを抱いていないということを表明することで、相手も負の気持ちを小さくしてくれます。

妬みを抱いていることに罪悪感が生まれるからです。

嫌な気持ちを抱いているときには、相手の全てが悪く見えてしまいます。

自分から進んで挨拶をすることは、そんなフィルタをかけてみている相手の気持ちを溶かしてあげることも必要なのです。

人を見下さない

誰かから妬まれていると分かっているときには、人を見下さないようにするということも大切です。

高みから見ているということは、意外と相手に伝わりやすいものです。

ただでも妬まれて、憎らしいほど羨ましいと思われているのに、さらに上から人を見ているという態度では反感を買うだけでしょう。

普段から人を見下していても良いことはありませんが、特に妬みを買っているようなときには、人を見下さないように気を付けるべきです。

誰かを見下していると、他の人からも反感を買ってしまう可能性があります。

妬みを持っている人、反感を抱いている人、負の感情を向けてくる人をさらに増やす必要はありません。

自分を愛しすぎると必ず嫌われる

人は、お互いに支え合っていることで生きていくことができています。

誰もが、自分が一番大切だと思っていても、それを隠して他人のために生きているようなふりをしているのです。

その中で、自分のことを一番に愛して、自分が一番大切だという態度をとっていると、必ず嫌われてしまうでしょう。

自分のことを誇りに思うのも悪くありませんし、結局は自分が一番大切だというのは、誰もが同じです。

ですが、それをあからさまに分かるような形で示して、他人を見下しているようなことをしていると、誰かの妬みを買うことになります。

妬みを買っているようなときには、自分が一番だという気持ちや、自分を最も愛しているのだという気持ちは隠しておいた方が良いのです。

他人のために働く人間の方が好感度が高いのですから、妬みを買っているようなときには、そういった好感度の高い人間になっておいた方が得です。

誰に対しても平等に接する

誰かに妬まれていることが分かったのなら、しばらくは誰に対しても平等に接することを心がけた方が良いかもしれませんね。

誰かにべったりしていると、それがもとで悪口を言われてしまうこともあるかもしれませんし、特定の誰かに嫉妬が拡大してしまうかもしれません。

また、嫉妬されているからと言って、嫉妬してくる相手のことを腫れ物を触るかのように接していては、それはそれで相手が嫌な思いをしてしまうでしょう。

誰かから嫉妬されているようなときには、下手に目立つような行動は起こさない方が良いのです。

誰に対してでも平等に接するようにしていれば、次第に嫉妬も収まっていくのではないでしょうか。

誰に対しても平等に接するというのが難しいのなら、誰に対しても基本的に笑顔を向けてビジネスライクに接するというのでも良いかもしれません。

特定の誰かと仲良くするのなら、不特定多数が見ているようなSNSなどで連絡を取るのではなく、個人的に連絡を取るようにするなどして、普段は「誰に対してでも同じ態度である」というところを見せているようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
女性の多い環境の中で全く嫉妬されずに生きるのは難しいですよね。

女性は妬み僻みが大きい動物ですから、自然に生きていても妬みから逃れることはできません。

他人から妬まれることももちろんですし、自分が妬んでしまうこともあるでしょう。

ただ、妬みや僻み、嫉妬のない人生の方が快適に過ごせるということだけは間違いないはずです。

他人に妬まれながら生きていると、とても居心地が悪いものですし、危害を加えられるということもあるのです。

それでは安心して生きることはできませんよね。

女性同士の関係の中でも、妬みや嫉みから解放されて付き合った方が楽なはずなのです。

妬まれることのない人生を歩めるよう、自分で妬みを抱かれないような言動をするべきです。

少し自分の言動に気を付けて、他の人の嫉妬心を煽るようなことはしないように心がけましょう。