CoCoSiA(ココシア)

嫉妬しない人になるための方法9選!やきもち焼きの特徴も併せてご紹介!


人には様々な感情がありますが、その中でも特に厄介なのが嫉妬の感情です。

嫉妬はするのもされるのも多大なエネルギーを消費する上に、一度嫉妬心が芽生えるとその気持ちに心が支配されてそんな自分に嫌気がさしてしまいがち。

人間である以上たまに嫉妬してしまうのは仕方のないことですが、嫉妬の気持ちを上手くコントロールしてお付き合いできると楽ですよね。

そこで今回は、嫉妬しない人になるための方法9選をご紹介していきます。

嫉妬してしまうということは、「自分だってもっとできるのに」と自分の伸びしろがまだまだあることを知っているということ。

嫉妬しない人になって、人としてステップアップしてみませんか。

嫉妬しない方法9選

嫉妬の心が一度燃え出すと、なかなかその火は消えません。

そうなる前に嫉妬の炎を小さいうちに消してしまう事が必要です。

そのためには自分自身の心の状態を知っておくことです。

嫉妬している時はなかなか気づきませんが、普段からの心がけによっては抑えることもできますので、ここでは心構えをお伝えします。

1.人は人、自分は自分と割り切る

子供の頃、友達の家にあるおもちゃを羨ましてくお母さんに「私も欲しいよ」といったら、買ってあげられない理由に、「うちはうち、よそはよそ!」と言われたことはありませんか?実はこれ、嫉妬心を消す丁度いい言葉なのです。

言葉の意味はそのままですが、つまりは「自分は自分、人は人」と思うことが一番いいのです。

誰かの容姿や持ち物を羨ましがっていても、憧れる容姿になってもその人になれるわけではないし、欲しかった物が手に入っても自分に似合うとも限らない。

それよりも自分はどんな自分になるのが一番幸せなのかを考え、行動することがとても大事な事なのです。

人は人、自分は自分と割り切ることは他人からの評価を気にしないことですから、この考えのおかげで今まで気を使っていた人間関係も楽になるでしょう。

興味のない誘いがあっても、「自分」という人間があるならキッパリと断ることができるのです。

他人からどう思われているか気にしないのはとても楽な事です。

2.人と比べても仕方ないことを知る

人と比べることは時には必要です。

貯金額が平均より少ない、平均年齢より体重がある、など自分を知るという意味では比べることは大事な事です。

でも必要以上に誰かと自分を比べてしまうのは、自分がその人より劣っていると分かった時に虚しさを感じてしまい落ち込むこともあります。

そして、比べることだけに集中してしまうと本来自分が持っている良さを忘れてしまいます。

その人にしかできないことがあるように、あなたにしかできないことがあるのも忘れないでください。

あなたの持ち味はあなたにしか出せません。

3.自分に自信を持つことが大事

嫉妬の心は誰の心の中にもあることですが、四六時中何かに嫉妬していては心が疲れてしまってストレスとなります。

嫉妬してしまう心は「自信のなさ」からくるものでもあります。

自分に自信のない人はコンプレックスが多い人とも言えます。

そのため誰かと比べて自分の方が劣っていると思い込んでしまい、それが嫉妬心につながる場合が多いです。

自分ではなかなか気づきにくいですが、人にはそれぞれ得意なことがあります。

そのことを自信としてください。

「いやいや、自分なんてそんなのないよ」と思うかもしれませんが、絶対にそんなことはないので自信を持ってください。

また恋人に嫉妬してしまう場合は、「自分は愛されているんだ、そして自分も相手を愛しているんだ!」とドーンと構えておきましょう。

ありもしない妄想や想像はなんの足しにもなりません。

それよりは相手も自分も信じてあげることが一番です。