嫉妬深いと評判の人は、感情を露わにすることが多いものです。

人が興奮して突っかかってきたとき、この人は怒りっぽいだけの人なのか、それとも嫉妬深い人なのか。

どちらだろうなどと考えることが、筆者にはよくありました。

いずれも自信のなさや思い込みの強さに起因しているのだろう、と思っていたものです。

つまり嫉妬深さの原因を追求すれば、さまざまな感情の分析にまでつながるのではないでしょうか。

喜怒哀楽の要となっている、と思います。

以下嫉妬深い人とその原因について分析していくことにしましょう。

気づかないうちに嫉妬深くなっていませんか?

人間年を重ねると、自らのもつ性行が極端に表われてくる傾向があります。

いい面も悪い面も研ぎ澄まされてくるのです。

例えば昔よりも気が短くなった、などと評される場合もそうです。

しかしほとんどの場合、本人に自覚はありません。

悪い面だけ増幅され、知らず知らずのうちに嫌なやつになっている可能性は大いにあります。

その中には嫉妬深くなった、と評される人もいるに違いありません。

たまには周囲の評にしっかり耳を傾け、自分を振り返る必要があります。

嫉妬深い人に共通する8個の特徴

嫉妬深い人の動作からは、あまり品性や気品を感じられません。

深い考えや、人間的な優しさを欠いているように見えることが多いからです。

もちろんそうでないことも多いのですが、相手をする側はどうも落ち着かなくて困ります。

以下、嫉妬深い人の特徴について、項目を立てて詳しく検討していきましょう。

①自分に自信がない

自分に自信がない。

とくに男性は自分に自信をなくしていることが多いものです。

それを悟られまいとして、取り繕うため多大のエネルギーを消費しています。

これはトップクラスに出世した人でも何ら変わりありません。

むしろひどくなるようです。

筆者の印象に残っているケースをご紹介します。

筆者は中国に駐在中、もう10年以上前のことになりますが、縁あって日中経済フォーラムというシンポジウムに出席しました。

日本側のメインゲストは経団連の奥田会長(トヨタ自動車会長)でした。

宿泊所兼会場となった中国のシャングリラホテルには日本人営業マンが在籍していました。

のちに彼に聞いてみると「奥田会長は、僕のような者にでもとてもていねいに接してくれました。やはり偉くなる人は違いますねえ。」としきりに感動しています。

それを聞いて、筆者の会社トップとの差を痛感しました。

②没頭できる仕事や趣味がない

嫉妬深い人は他人の行為がやたらと気になり、ちょっとしたことで疑心暗鬼になりやすいものです。

なぜ他人のことがそれほど気になるのでしょうか。

自分には集中できるものがないから、というのはその有力な答えでしょう。

仕事でも趣味でも何か没頭できていれば、他人のことはあまり気になりません。

それができていなければ、嫉妬深い人は、何を目にしても簡単に嫉妬心を起こします。

会社であれば、上司はあいつばかり評価し可愛がっている、と見えてしまうでしょう。

もし仕事に集中できないのであれば、何か夢中になれる趣味を探しましょう。

③お互いの距離が近すぎる

嫉妬深い人が、相手のことを何から何まで知っているつもりになっていると、かえって危険です。

知らなかった意外な事実が発覚すると、そのこと自体すぐに嫉妬の対象と化してしまいます。

これでは息の詰まる関係となってしまいます。

まるで監視社会です。

これはお互いの距離があまりに近すぎることが原因に違いありません。

距離感は定期的に修正していきましょう。

たわいのない秘密なら、互いに少しくらい持っていた方がいいと思います。

④過去にトラウマを抱えている

嫉妬深い人はトラウマを抱え込んでいることが多いものです。

これまで人間関係において失敗を繰り返し、心に傷を抱えた人ほど、もう二度と失敗したくないという気持ちは強く現れます。

その気持ちが前面に出すぎると、何かしようとしても躊躇してしまいます。

動作もぎこちなくなっていきます。

素直に人を信じられない、嫉妬深くなる、といった傾向も増していくでしょう。

そして嫉妬深い人は、過去のトラウマに引きずられるようになります。

これを払しょくするのはなかなか骨が折れそうです。

新しく楽しい体験を上書きするのが一番良い治療法でしょうか。

しかしそういうことにも及び腰になっている可能性も高そうです。

⑤とにかく張り合おうとする

嫉妬深い人は、自分だけが知らない、仲間はずれという事態にはとても耐えられません。

ときには警察ドラマの刑事のように、しつこく聞き出そうとします。

そのような人を辟易させる行為を、平気で繰り返えします。

建設的なライバル関係で張り合うということではありません。

ただ自分がおろそかにされるのに耐えられないだけです。

そして張り合こと自体が目的となっていることが多くなります。

これも第三者の目にはとても美しくは映りません。

⑥負けず嫌い

嫉妬深い人は、負けるものかという気迫を持っています。

これは悪いことではありません。

負けず嫌いという性質は勝負の世界においては、成功への必要条件です。

負けたとき敗因を分析してそれに納得してしまう人より、悔しくて泣き出す人の方が大成するといいます。

ルールに則って正しく発露される分には、負けず嫌いは優れた素質となります。

しかし悔しさが正しい行動を導かないこともあります。

自棄を起こすような場合です。

むしろその方が多いでしょう。

しかしそれでは嫉妬心に苛まれ、ただその場に立ち止まっているだけです。

もちろんその分野におけるスキルの上達も、新しい展開も望めません。

負けず嫌いのエネルギーを正しく導くには、周囲の人たちの理解と協力がぜひとも必要です。

⑦自尊心が強い

嫉妬深い人の自尊心には、異常なくらい強いものがあるようです。

このタイプの人は、自ら招いた失敗であっても、自分以外に原因を求めがちです。

他人のせいにすることで自分の気位を保とうとするのです。

会社生活においては、無能な上司に典型的に表れるのため、多くの人におなじみでしょう。

これは他人を遠ざけてしまう典型的行為でもありますが、当人はそれに気が付いていません。

そして自分よりも能力、人気の高い人に対して嫉妬心を向けることになります。

その結果、ますます人が寄って来なくなり、情報過疎に陥ります。

それでまた頭に血がのぼり、という悪いサイクルから抜け出せなくなってしまいます。

⑧執着力がすごい

嫉妬深い人は強烈な執着心を持っています。

それがあまりにもマニアックな振舞いを招いてしまうと、これもまた人を遠ざけていく要素になります。

周囲から危ないやつと思われている可能性は、非常に高いでしょう。

しかし執着の強い人は集中力は持ち合わせているわけです。

これは目標もなくただ無為に過ごしている人よりはアドバンテージを持っている、といえなくもありません。

ただしその執着力が、他人を支配しようという方向に行かないようにしなければなりません。

執着心は仕事や趣味の世界で生かすようにしましょう。

嫉妬深い人の恋愛傾向

以上ように嫉妬深い要素を少なからず持っている人たちは、どういう形で恋愛を楽しんでいるのでしょうか。

さまざまな行き違いや対立が起こるであろうことは、想像に難くありません。

メロドラマというよりコメディになってしまうかもしれません。

そうならないようにあらかじめ嫉妬深い人の恋愛傾向研究しておきましょう。

備えあれば患いなしです。

①束縛が激しい

嫉妬深い人は、まずパートナーが自分以外に関心を向けることをいやがります。

自分中心の思考ですから、そのことが相手を束縛することになるなどとは考えません。

とくに恋愛においてリセット、上書きの効かない男性は、女性の過去の恋愛まで嫉妬の対象に加えます。

その過去が自分に関心を向けない原因だ、などとすぐに錯覚してしまうのです。

ここでへたに刺激すると、男性はすぐけんか腰になってしまうでしょう。

取り扱い注意です。

正面からの反論も、また無視をするのも怒りを倍加させ、やっかいなことになります。

適当にあしらうのがいいでしょう。

このあたり男女は明らかに頭の構造が違っています。

まずそれを認識することが大切です。

②スケジュールなどを細かくチェック

スマホの普及とともにシステム手帳などの利用は細っているようです。

しかし何もかもIT機器でスケジュール管理をしているという人はまだ少ないでしょう。

手書きのスケジュールは何らかの形でまだ残っていることと思います。

嫉妬深い人は、それに自分の知らないことが書いてあるだけで、がまんできなくなります。

必ず説明を求めてくるでしょう。

こういう人と付き合うことを思えば、スケジュールはIT機器管理にしておいた方がよさそうです。

いざこざのタネになりそうな要素は、前もって減らしておきましょう。

③何をしているか気になる

嫉妬深い人のパートナーへのチェックは、何もスケジュールだけに限りません。

自分のこと以外に何に関心を向けているのでは、ということが気になってしかたがありません。

根拠のない不安です。

このスマホとSNSを頻繁に利用するのが女性、実際に見て確かめようとするストーカー傾向を持つのが男性、という感覚でしょうか。

ここでもスマホとSNSが時代を革新しているのがわかります。

いずれにしても正常な神経の持ち主には、うっとうしい限りです。

この気持ちだけは時代を超えて変わらないものでしょう。

④まめに連絡をとりたがる

嫉妬深い人は、まめに連絡をとろうとします。