CoCoSiA(ココシア)

涙もろい人は優しい…?10個の特徴...(続き3)

喜怒哀楽がはっきりしているということは客観的に考えてみると非常にわかりやすい性格をしていると言えます。

もちろん我慢するべきところは我慢しなければいけませんが、それ以外の場面では自分の感情をしっかりと出すことは一つの魅力でもあります。

なので、魅力的な特徴の一つであるとも考えることができます。

6.目立ちたがり屋

次にご紹介する涙もろい人の特徴や心理として「目立ちたがり屋」ということが挙げられます。

なぜ目立ちたがり屋の人が涙もろいのかというと、そもそも目立ちたがり屋はあえて泣いている人が多いからです。

特に女性に多くみられる特徴ですが、目立ちたがり屋な人はかまってちゃんがとても多く、注目をひかないと気が済まない人が多いです。

そのような人の場合、涙を流すことをうまく活用して回りの注目を浴びようとする場合があります。

なので、涙を流しやすい性格というよりかは、涙を流すことによって注目が集まることを利用している人であると考えることができます。

涙を流すことによって当然周りの人は注目しますし、自分が目立つようになります。

いわゆる悲劇のヒロインを演じやすいタイプと表現した方が分かりやすいかもしれませんが、涙もろい自分を演出することに長けているといえます。

なので目立ちたがり屋で悲劇のヒロインを演じたいタイプの人間は涙もろい人が多いと考えることができます。

しかしながら大多数の方が演技で行っており、本心で涙を流しているということはあまりありません。

このようなタイプの人間は何を考えてるのか、本当に悲しんでいるのか全くわからないので、少し扱いが難しい人間だといえます。

しかし、このようなタイプは大体の場合は周りから嫌われてしまうので、注意が必要であるといえます。

7.逆境に弱い

次にご紹介する涙もろい人の特徴や心理として「逆境に弱い」ということが挙げられます。

なぜ逆境に弱い人は涙もろい人が多いのかというと、逆境に弱い人は打たれ弱い人が多く存在するからです。

逆境に弱い人は自分にとって不利な状況が起きた時にすぐに物事をあきらめてしまったり、粘ったりすることができない人が多いです。

つまり、言い換えてみればメンタルが弱い人間であるともいえ、物事に打たれ弱い性格になってしまいます。

打たれ弱い性格の人は、自分にとって嫌な出来事があった時にその現実を受け入れることができず、涙してしまうこともよくあります。

なので、逆境に弱い人ほど涙を流しやすい人が多いので涙もろい人に共通する特徴であると考えられます。

8.子供っぽい

次にご紹介する涙もろい人の特徴や心理として「子供っぽい」ということが挙げられます。

なぜ涙もろい人は子供っぽい人が多いのかと考えた時に、大きな理由としては子供っぽい人は純粋な性格をしている人が多いからです。

どういうことかと言いますと、子供は大人と違って経験があまりありませんので、様々なことに対して純粋に物事を信じる傾向にあります。

絶対にありえないようなことも子供は信じたりすることがありますので、言い換えてみればとても純粋な気持ちを持った人間であると言えるのです。

つまり子供っぽい人とは純粋な性格をしている人間であり、物事に対してまっすぐに見据えることができるような人間だと言えます。

あまり変に疑ったり、勘ぐったりしない性格だからこそ、物事に対して直接的に見ることができるので、感動もストレートに受け止めることができます。

その結果、感動を受けやすくなり、自然と涙を流すことも多くなるので、涙もろい性格になると考えることができます。

子供っぽい純粋な性格をしている人ほど涙を流す機会に恵まれますし、これもひとつの魅力であると考えられます。

大人になってからも純粋な性格をしている人は周りの人間から好かれやすいですし、裏表のない性格なので人づきあいが良い性格であることが多いです。

その結果、人に恵まれた人生を送ることができるので、非常に幸せな性格であるともいえます。

涙もろく、子供っぽい純粋な性格は、非常に魅力あふれる性格であることを改めて意識してみてください。

9.ストレスが溜まっている

次にご紹介する涙もろい人の特徴や心理として「ストレスが溜まっている」ということが挙げられます。

なぜストレスが溜まっていると涙もろくなってしまうのかと言うと、ストレスが積み重なると涙をコントロールすることができなくなってしまうからです。

現代はストレス社会で呼ばれており様々な環境で大きなストレスを受けやすいと言われています。

先ほどもお伝えしたように職場で大きなストレスを受けることもありますし、場合によっては人間関係でストレスを受けたりすることもあります。

特に日本人は長い時間勤務を行っているので、ストレスを受けやすい場に長時間いなければいけないという特徴があります。

残業も多いですし、それに伴ってストレスを解消する時間もなくなってしまいます。

なので、悪循環の中で生活を送っているので、ストレスが積み重なり、ストレスによって感情抑制がコントロールできなくなってしまう場合があります。

先ほど少し触れましたが、うつ病の初期症状にも感情抑制のコントロールができない特徴があります。

なので、ストレスを受け続けている人や、強いストレスに悩まされている人は涙を流しやすくなる場合があるので、注意してください。

10.緊張しやすい

次にご紹介する涙もろい人の特徴や心理として「緊張しやすい」ということが挙げられます。

なぜ緊張しやすい人が涙もろい人の特徴になるのかというと、緊張しやすい人は周りからの目線を強く気にしていると考えられます。

周りからの目線を意識すればするほど、自分が周りからどう見えるのかということを強く考えるようになります。

その結果、自分自身の行動や言動などを行う際に緊張が伴った考え方を持つようになります。

そして、緊張する場合、多くの人がそれに伴ってマイナスなイメージを持ったりすることなどが多くなります。