あなたの周りに涙もろく、すぐに涙を流してしまう人いませんか?

特に女性などは涙もろい人が多く、何かの拍子で涙を流してしまうことも多いと思いますが、年齢を重ねることで涙もろくもなるといわれていますよね。

様々な要因で涙もろくなってしまうことは予想されますが、涙もろいということに着目して考えてみるとどのような印象を受けるでしょうか。

おそらく、大多数の方が相手に対して優しい印象を受けたりすることが多いと思いますが、果たしてそれは本当なのでしょうか。

今回は涙もろいという言葉をテーマにして、涙もろい人の特徴や心理などについて迫っていきたいと思います。

自分自身が涙もろかったり、身近にいる涙もろい人の特徴や心理などと掛け合わせてチェックしてみてください。

涙もろい人には要注意?!解析してみよう

涙もろい人と聞くと一見優しい印象を持ったり、感情豊かな人間であると思われたりすることがあると思います。

実際に涙もろい人の中には優しい人も多いですし、感情豊かな人間も多いことは偽りのない事実です。

また、涙を流すということは様々な健康効果をもたらすことも知られているので、涙を流すこと自体が悪いことではありません。

しかし、時と場合によっては涙もろい人は注意しなければいけない場合があります。

また、涙もろい人を優しい人間だと決めつけてしまうのも、間違っている可能性があります。

では、なぜ涙もろい人は注意する必要性があるのか、ということについて触れて行きたいと思います。

涙もろい人にもいろんな種類がいる

涙もろいと言う言葉を聞くと、その人自身が優しい印象を受けますが、これは間違っている可能性があります。

どういうことかと言いますと、涙もろい人間の中には感情抑制ができないような人間も存在しています。

感情抑制コントロールができない人間は喜びの感情や怒りの感情だけではなく、悲しみの感情をコントロールすることができない人間が多いです。

つまり自分の感情をうまくコントロールすることができないために、いきなり泣き出してしまったりするような人も多いということです。

これも涙もろいという言葉でくくってしまうと、全ての人間が優しい人間であるかと問われるとそうではないということになります。

普通の人間では何も思わないようなことでも、自分の感情が爆発していきなり涙を流してしまったりするような人も多いです。

なので、涙もろい人がすべて優しいのかと言うとそうではなく、場合によっては人と違った感覚で涙を流す人もいるということを知っておかなければいけません。

病気の場合もある

涙もろい人には様々な種類があるとお伝えいたしましたが、その種類の一つとしてうつ病の可能性も考えられます。

元々うつ病の初期症状の中には集中力や思考力の低下など様々な要因が存在していますが、その一つに涙もろいという症状が存在しています。

なぜうつ病になると涙もろくなってしまうのかというと自律神経の乱れが大きな原因であると言われています。

自律神経が乱れることによって感情抑制が効かなくなり、涙もろい性格になってしまったりするということが考えられています。

実際に鬱病の症状を発症している1/3の人間が気分障害と呼ばれる病気にかかっており、感情障害と呼ばれる症状が出ています。

無性に泣きたい気分になったり、簡単なことで涙を流してしまったりすることが一つの症状であるといわれています。

なので、今までと違って涙を流す機会などが増えたり、涙を流したいという気持ちなどが沸いている人はうつ病の初期症状になっている可能性があります。

もしも考え方が変わり始めているのであれば、うつ病である可能性があるので、十分注意するようにしてください。

涙活が流行り始めた

涙もろいということに着目して考えてみると、現在は昔と比べて涙を流す人が増えている傾向にあります。

これはなぜかと言いますと、涙活が流行り始めた事が一つの原因だと考えられています。

そもそも涙活とはどのようなものなのかと言うと、涙活とは意識的に泣くことでストレス解消を図る活動のことを意味しています。

現代はストレス社会と呼ばれており様々なストレスを受けることが多いです。

例えば、仕事に関してもそうですし、職場やプライベートなどの人間関係なども考えると、様々な場面でストレスを受け続けています。

だからこそ、何らかの方法でストレスを解消しないとストレスが溜まってしまい、様々な悪影響を及ぼすようになってしまいます。

なので、涙活などの方法でストレスを解消することが流行っているといえるのです。

涙を流すことによって、人間の自律神経は緊張や興奮を流す交感神経が優位な状態から、リラックス家汗を流す副交感神経が優位な状態に切り替わります。

ストレスを受けている状態は自立神経が活発になってしまい、大きな負担がかかってしまいます。

なので、うまく切り替えることによってストレスを解消したり、気分転換などを図って体に良い効果を与えることができるようになります。

これが涙活であり、涙を流す仕組みを利用したストレス解消方法であるといえます。

涙活が流行りだしてから、涙を流す人が圧倒的に昔から増えたので、涙を流すために感動的なDVDや本などを見たりする人が増えました。

なので、昔と比べると涙を流す人の割合が増加傾向にあるといえるのです。

涙もろい人の10個の特徴と心理

涙もろい人にはいくつかの共通してみられる特徴や心理が存在しています、

その特徴や心理を把握することによってその人間がどういう性格をしているのか、どういう考え方をしているのかということを理解することができます。

そうすることによって相手がどういう人間なのか事前に見極められるようになりますし、自分の性格を分析することもできます。

最近涙もろいなと思ったり、周りに涙もろい人がいるのであれば、これからご紹介する特徴や心理に共通しているかチェックしてみてください。

そうすることで、涙もろくなっている原因や、自己分析を客観的に行えるようになるはずです。

感動しやすい

まずはじめにご紹介する涙もろい人の特徴や心理として「感動しやすい」ということが挙げられます。

なぜ感動しやすい人が涙もろいのかと言うと、感動しやすい人は感動を受けて涙を流しやすいからだといえます。

これに関してはあえて説明する必要性がないかもしれませんが、そもそも何かに対して感動しやすい人は感動することによって涙を流す割合が多くなります。

あなたの周りにもひとりくらいは感動しやすい性格をしている人がいると思います。

そういった人間はちょっとしたことで感動したりしやすいので、感動を受けて涙を流す回数が多くなりますし、それが習慣化している場合が多いです。

感情移入をしやすい人である場合が高く、感情移入しやすい人は他人の感動でさえも自分の感動のように感じますので、涙を自然と流します。

なので、様々な人と触れる中で感動を受ける機会も多いので、涙を流しやすい人の特徴や心理に該当すると考えることができます。

また、感動しやすい性格は人から好かれる傾向にあります。

何事に対しても感動しない冷たい性格をしている人よりも、ちょっとしたことでも感動する性格のほうが魅力的だと思われる場合が多いからです。

また、感動することによって優しい性格をしていると自然と周りから思われるようになるので、人が集まってきやすいとも言えます。

なので、恵まれた、人から好かれやすい性格であるということも理解してください。

想像力豊か

次にご紹介する涙もろい人の特徴や心理として「想像力豊か」ということが挙げられます。

なぜ想像力豊かな人は涙もろいのかと言うと、想像力が豊かということは、相手のことを深く観察することができる人間だと言えます。

想像力が豊かになると相手の立場に立って物事を考えることができるようになり、様々な想像を膨らませることに長けるようになります。

例えば、相手の苦しみや痛み喜びなどを想像して、それがもし自分だったらと考えて同じような心理に変換して考えることができるということです。

つまり、相手と同じ立場に立って物事を考えることができるので、相手にとって嬉しい事や感動的なことが起きた場合はそれを共感することができます。

その共感の気持ちを持つことができれば、自然と嬉しい事や悲しいことが起きた際には涙を流すことができるようになります。

場合によっては相手よりも大きな感情を持つこともできるようになりますので、余計に涙を流しやすい特徴を兼ね備えてると言えます。

なので想像力豊かな人間ほど涙もろい性格になりやすいですし、涙を流す傾向にあると考えることができます。

自分に自信がない


次にご紹介する涙もろい人の特徴や心理として「自分に自信がない」ということが挙げられます。

なぜ自分に自信がないと涙もろい人になってしまうのかと言うと、自分に自信がないということは、マイナス思考になってしまいやすいからだと言えます。

元々マイナス思考の人に関してはちょっとしたことで過剰に傷ついてしまったりすることがあります。

例えば、周りの人がこっちを見て笑っていたとすると、まるで自分がバカにされているかのような感覚に襲われたりすることもあります。

このように日常のちょっとした出来事においても、全て自分のマイナスなイメージによるものだと勘違いしてしまうようになります。

その結果人よりも悲しみや悔しさを強く感じてしまいやすくなり、心理的な負担が人よりも大きなものが発生してしまいます。

大きな心理的な負担が発生してしまうことによって、自分の中で強く傷ついてしまい自然と涙を流してしまいやすくなります。

なので、自分に自信がない性格をしている人は物事に対してもマイナスな考え方を身につけてしまい、涙もろい性格になってしまうということです。

涙を流すことは悪いことではありませんが、このようなマイナスな感情から生まれる涙はあまり良いものではありません。

この場合自分自身の考え方を変える必要性がありますし、もっとポジティブな考え方を身につける必要性があります。

自分の考え方をすぐに変えたりすることは難しいかもしれませんが、ポジティブな考え方を持つことを繰り返すことが重要です。

そうすることによって自然と様々なことをポジティブに考えられるようになり、悔しさから涙を流すことは圧倒的に少なくなると言えます。

過去に何か大きなトラウマがある


次にご紹介する涙もろい人の特徴や心理として「過去に何か大きなトラウマがある」ということが挙げられます。

なぜ過去に大きなトラウマがあると涙もろくなってしまうのかと言うと、過去のトラウマを思い出して悲しい気持ちになってしまうことがあるからです。

過去にトラウマを持っている人はそのトラウマに関することが起きると、過去を思い出していやな気分に襲われたりする場合が多くなります。

そのトラウマが大きいものであれば、大きいものであるほど大きな悲しみにつながったりすることが多くなるので、当然傷つく気持ちも大きくなります。

なので、過去にトラウマがある人は涙もろくなり、涙を流す機会が多くなると考えられます。

感情の起伏が激しい

次にご紹介する涙もろい人の特徴や心理として「感情の起伏が激しい」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、感情の起伏が激しくなると自然と涙を流しやすくなると言えるからです。

まず感情の起伏が激しくなるとどうなるのかというと、喜怒哀楽の感情が激しく表情や態度に出てくるということになります。

そして、喜怒哀楽の感情があまりにも激しく出てきてしまうとどうなるのかというと、人間は自然と涙を流してしまうのです。

例えば、自分が想像することができないくらい嬉しい時には自然と涙を流したりする人を見かけたりしませんか?

また、怒り狂っている人も同様に涙を流しますし、悲しいときには当然大多数の方は涙を流します。

楽しいときでも、笑いまくって涙を流す人もいるので、感情の起伏が激しい先には自然と涙を流すという行為が存在しているのです。

なので、感情の起伏が激しい人はその分だけ涙を流すことも多いので涙もろい人の特徴に該当すると考えることができます。

喜怒哀楽がはっきりしているということは客観的に考えてみると非常にわかりやすい性格をしていると言えます。

もちろん我慢するべきところは我慢しなければいけませんが、それ以外の場面では自分の感情をしっかりと出すことは一つの魅力でもあります。

なので、魅力的な特徴の一つであるとも考えることができます。

目立ちたがり屋

次にご紹介する涙もろい人の特徴や心理として「目立ちたがり屋」ということが挙げられます。

なぜ目立ちたがり屋の人が涙もろいのかというと、そもそも目立ちたがり屋はあえて泣いている人が多いからです。

特に女性に多くみられる特徴ですが、目立ちたがり屋な人はかまってちゃんがとても多く、注目をひかないと気が済まない人が多いです。

そのような人の場合、涙を流すことをうまく活用して回りの注目を浴びようとする場合があります。

なので、涙を流しやすい性格というよりかは、涙を流すことによって注目が集まることを利用している人であると考えることができます。

涙を流すことによって当然周りの人は注目しますし、自分が目立つようになります。

いわゆる悲劇のヒロインを演じやすいタイプと表現した方が分かりやすいかもしれませんが、涙もろい自分を演出することに長けているといえます。

なので目立ちたがり屋で悲劇のヒロインを演じたいタイプの人間は涙もろい人が多いと考えることができます。

しかしながら大多数の方が演技で行っており、本心で涙を流しているということはあまりありません。

このようなタイプの人間は何を考えてるのか、本当に悲しんでいるのか全くわからないので、少し扱いが難しい人間だといえます。

しかし、このようなタイプは大体の場合は周りから嫌われてしまうので、注意が必要であるといえます。

逆境に弱い

次にご紹介する涙もろい人の特徴や心理として「逆境に弱い」ということが挙げられます。

なぜ逆境に弱い人は涙もろい人が多いのかというと、逆境に弱い人は打たれ弱い人が多く存在するからです。

逆境に弱い人は自分にとって不利な状況が起きた時にすぐに物事をあきらめてしまったり、粘ったりすることができない人が多いです。

つまり、言い換えてみればメンタルが弱い人間であるともいえ、物事に打たれ弱い性格になってしまいます。

打たれ弱い性格の人は、自分にとって嫌な出来事があった時にその現実を受け入れることができず、涙してしまうこともよくあります。

なので、逆境に弱い人ほど涙を流しやすい人が多いので涙もろい人に共通する特徴であると考えられます。

子供っぽい

次にご紹介する涙もろい人の特徴や心理として「子供っぽい」ということが挙げられます。

なぜ涙もろい人は子供っぽい人が多いのかと考えた時に、大きな理由としては子供っぽい人は純粋な性格をしている人が多いからです。

どういうことかと言いますと、子供は大人と違って経験があまりありませんので、様々なことに対して純粋に物事を信じる傾向にあります。

絶対にありえないようなことも子供は信じたりすることがありますので、言い換えてみればとても純粋な気持ちを持った人間であると言えるのです。

つまり子供っぽい人とは純粋な性格をしている人間であり、物事に対してまっすぐに見据えることができるような人間だと言えます。

あまり変に疑ったり、勘ぐったりしない性格だからこそ、物事に対して直接的に見ることができるので、感動もストレートに受け止めることができます。

その結果、感動を受けやすくなり、自然と涙を流すことも多くなるので、涙もろい性格になると考えることができます。

子供っぽい純粋な性格をしている人ほど涙を流す機会に恵まれますし、これもひとつの魅力であると考えられます。

大人になってからも純粋な性格をしている人は周りの人間から好かれやすいですし、裏表のない性格なので人づきあいが良い性格であることが多いです。

その結果、人に恵まれた人生を送ることができるので、非常に幸せな性格であるともいえます。

涙もろく、子供っぽい純粋な性格は、非常に魅力あふれる性格であることを改めて意識してみてください。

ストレスが溜まっている

次にご紹介する涙もろい人の特徴や心理として「ストレスが溜まっている」ということが挙げられます。

なぜストレスが溜まっていると涙もろくなってしまうのかと言うと、ストレスが積み重なると涙をコントロールすることができなくなってしまうからです。

現代はストレス社会で呼ばれており様々な環境で大きなストレスを受けやすいと言われています。

先ほどもお伝えしたように職場で大きなストレスを受けることもありますし、場合によっては人間関係でストレスを受けたりすることもあります。

特に日本人は長い時間勤務を行っているので、ストレスを受けやすい場に長時間いなければいけないという特徴があります。

残業も多いですし、それに伴ってストレスを解消する時間もなくなってしまいます。

なので、悪循環の中で生活を送っているので、ストレスが積み重なり、ストレスによって感情抑制がコントロールできなくなってしまう場合があります。

先ほど少し触れましたが、うつ病の初期症状にも感情抑制のコントロールができない特徴があります。

なので、ストレスを受け続けている人や、強いストレスに悩まされている人は涙を流しやすくなる場合があるので、注意してください。

緊張しやすい

次にご紹介する涙もろい人の特徴や心理として「緊張しやすい」ということが挙げられます。

なぜ緊張しやすい人が涙もろい人の特徴になるのかというと、緊張しやすい人は周りからの目線を強く気にしていると考えられます。

周りからの目線を意識すればするほど、自分が周りからどう見えるのかということを強く考えるようになります。

その結果、自分自身の行動や言動などを行う際に緊張が伴った考え方を持つようになります。

そして、緊張する場合、多くの人がそれに伴ってマイナスなイメージを持ったりすることなどが多くなります。

マイナスなイメージを持ってしまうと、物事に対してプラスな考え方を身につけることができなくなるので、マイナス思考の性格になってしまいます。

マイナス思考の性格になると物事がうまくいかなかった時に強く気にしたりすることも多くなるので、涙を流す機会も増えてしまいます。

なので、緊張しやすい人は涙もろい性格になってしまう可能性が高いといえます。

涙もろい性格を治すには?

ここまでは涙もろい人の特徴や心理についてご紹介していきました。

ある程度涙もろい人の特徴や心理を理解いただけたところで、ここからは涙もろい性格を治すための方法をご紹介していきます。

涙を流すということは決して悪いことではなく、様々な良い効果をもたらすことも判明しています。

つまり、涙もろいと言うことは決して悪いことではありません。

しかしながら、人によっては涙もろい性格が嫌だと感じている人もいますし、もっと精神的に強くなりたいと思っている人も多いと思います。

なので、涙もろい性格を治したいと思っている人は、これからご紹介するポイントを意識して日常生活を過ごしてみてください。

全てポジティブに捉える癖を付けよう

まずはじめにご紹介する涙もろい性格を治す方法は「全てポジティブに捉える癖を付ける」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、先ほどもご紹介したように涙もろい性格の人はマイナスな思考を持っている人が多いです。

マイナスな思考持っているということは物事に対してポジティブな考え方を持つことが苦手としている場合がほとんどです。

だからこそに涙を流してしまう機会が多くなってしまうといえますが、逆にポジティブな考え方を持つことによってそれはなくすことができます。

ポジティブな考え方を身につけることによって、マイナスな考え方をなくし、悲しい気持ちになること自体を極端に少なくすることができます。

マイナス思考が定着している人からすると、いきなりポジティブな考え方を身につけるところは難しいかもしれません。

しかしながら、日常生活の中で継続してポジティブな考え方を持つことによって自然と考え方を変えることは可能です。

継続することは難しいですが、継続することによって必ず自分自身の考え方や行動が変化させることができるので、是非意識してみてください。

メンタル本を読んで勉強する

次にご紹介する涙もろい性格を治す方法は「メンタル本を読んで勉強する」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、涙もろい人はメンタルが弱い人がとても多いです。

なぜかというと、メンタルが弱いからこそ打たれ弱くなり、打たれ弱いからこそさまざまのことに対して傷つく可能性が高まってしまうからです。

つまり、メンタルを強く保つことができれば、自然と傷つくことがなくなり、涙を流す機会は少なくなるということです。

しかし、メンタルを強くするということは簡単に行えるようなものではありません。

だからこそ、日常生活の中でメンタルが強くなるための習慣や行動などをとり続けることが一番の近道であるといえます。

メンタル本を読むということはまさにその一つの方法であり、メンタルが強い人がどのようにしてメンタルを強くしてきたのか知ることができます。

それを知って日常生活の中でその工夫を取り込むことによって、自分自身のメンタルを強くすることは十分可能であると言えます。

逆に言えば様々なことを行って、様々な成功体験を身につけたり、メンタルを強くするための行動を続けたことによって一つの自信につながります。

自分に対して自信を持つためには、それらの成功体験や何かを継続することによって得られる自信が重要な要因になります。

強い自分になるためにはどうすればいいのか?ということを考えながら、メンタルを強くするための習慣を取り入れてみてください。

泣きそうになったら笑うようにしよう

次にご紹介する涙もろい性格を治す方法は「泣きそうになったら笑うようにする」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、笑うことによってさまざまなメリットを得ることができるようになるからです。

まず笑うことによって得られるメリットとしては脳の働きが活性化したり、血行が促進されたり、前向きな考え方を手に入れられるようになります。

それ以外にも、自律神経のバランスが整ったり、幸福感と鎮痛作用を得ることができるようにもなります。

そうすることによって、自律神経のバランスが乱れてうつ病になってしまったり、マイナスな考え方を持ったりすることがなくなります。

いつも嫌なことを考えたり、楽しくなさそうな表情をしていると考え方までがマイナスな考え方になってしまいます。

だからこそ、嫌なことが起きたり泣きそうになった時にはあえて笑うことを意識することで、幸せな気持ちを得ることができます。

辛い時に笑ったりするのはなかなか難しいかもしれませんが、これを意識することによって自分自身の考え方は大きく変化するようになります。

日常的に笑ったりすることが少なくなっている人は、笑うことを意識して、嫌なことがあった時にはあえて強く笑って楽しい気持ちになるように意識しましょう。

人の言動を深く考えすぎないようにする

次にご紹介する涙もろい性格を治す方法は「人の言動を深く考えすぎないようにする」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、人の言動を気にしすぎてしまうとマイナスな考え方になってしまう可能性があるからです。

相手の言動や行動などを考えることによって、様々な気遣いを行うことができるメリットもありますが、反対にデメリットも存在しています。

例えば、相手のことを気にしすぎてしまって、何事も気にしてしまう細かい性格になってしまうということです。

細かいことまで気にしてしまうと、ちょっとしたことで傷つくようになりますし、それが続くとマイナスな考え方につながってしまいます。

相手の事を全く気にしないことも難がありますが、細かいことを気にしすぎてしまうのも生きづらくなってしまいます。

ちょっとしたことは気にしないくらいの性格のほうが、人生を楽しく生きられますし、悩みなどもあまり多く持つことがなくなります。

なので、人の言動などを細かく気にしてしまう人は、なるべく気にしないように大雑把な考え方を身に着けるように意識してみてください。

まとめ

今回は涙もろいという言葉をテーマにし、涙もろい人の特徴や心理、そして涙もろい性格を治す方法をご紹介していきました。

涙もろい性格の人には様々なタイプが存在しており、全ての人間が優しいというわけではありません。

場合によっては涙もろい性格をしている人の方が癖があったりすることもありますので、今後の付き合いをよく考えた上で接するようにしなければいけません。

また、涙もろい性格の人は、涙を流すことのメリットや、逆にデメリットを把握し、上手にバランスを取りながら日常生活を送る必要があるといえます。

今回ご紹介した涙もろい性格を治す方法を実践していただければ、必ず自分自身の考え方や性格を変化させることができます。

継続するのは難しいことでもありますが、変化には必ず継続することが求められるので、治したいと思うのであれば、まずは行動することを意識してください。