色眼鏡とは、偏った物の見方、先入観に囚われた物の見方の事を言います。

そんな「色眼鏡で見る」という行為は、一般的にあまり良い意味では使われません。

しかし、つい色眼鏡で見てしまう人もいるのでは…?

今回はそんな人の為に、“色眼鏡を外す8個の方法”をご紹介します!

さらに、色眼鏡で見る事でどんなデメリットが発生するかも説明するので、是非最後まで目を通してみて下さいね。

先入観に囚われていると

先入観とは、対象において間違った認識や正しくない評価や判断をしたり、その原因となる知識や枠組みなどの事を指します。

そして、先入観の類義語に当たるのが、今回のテーマでもある「色眼鏡」や、既成観念・偏見・固定観念・思い込み・決めつけといった、基本的にネガティブな意味の言葉が多いです。

つまり色眼鏡で見るという事は、先入観に囚われ、偏った目でしか物事が見れないので、「狭い見解しか持てない」「見る目がない」とも言えるでしょう…。

先入観に囚われてしまうと、損をする事があります。

これを見ている人の中にも、もしかしたら心当たりがある人もいるかもしれませんね。

そこで次からは、「色眼鏡で見る」…つまり、先入観に囚われる事で、どんなデメリットが発生するかについて説明していきたいと思います!

1.見た目やイメージだけで判断してしまう

先入観に囚われてしまうと、見た目やイメージだけで判断してしまう事もあるでしょう。

例えば、第一印象で「悪そうな人だ!」と思い込んでしまったせいで、実はその相手が最高のパートナーや親友になる可能性もあるかもしれないのに、その人と仲良くなれるチャンスを自ら潰してしまったり。

「これには価値がない」と思って他人に譲った物に、後々とんでもない高値がついたり…。

また、先入観が偏見に変わった時、それが差別に繋がる事もあります。

偏見だけで全く罪のない人を迫害してしまうのです…。

それってとても愚かな事だと思いませんか?

しかし、世の中は偏見で溢れていますし、対象の一部だけを見て、全てを分かった気になって、「こうに違いない!」決めつけ思い込んでしまうのも、時と場合によっては、ある意味仕方のない事なのかもしれません。

各人が持つ“それぞれの常識で物事を見る事”こそが偏見な訳ですが、集団の中で生きていると、多数派の意見に流されて、偏見が芽生えてしまう事もあるでしょう。

つまりどんなに愚かな事でも、偏見を持たないというのはすごく難しい事なのです。

だからこそ、正しく判別する目と周りに流されない強い心を持ちたいものですね。

先入観を偏見に変えず正しく使うには、正しい知識と真実を見ようとする気持ちが必要なのでしょう。

2.ネガティブになりがち

先入観に囚われてしまうと、ネガティブになりがちです。

「自分は不幸だ」「絶対ダメだ」「何をやっても上手く行かない」などと思い込んでしまうと、そこから抜け出す事はなかなか出来ないでしょう。

それに、無意識の内にネガティブな色眼鏡をかけている人も、ネガティブな物の見方をしがちと言えます。

例えば、友達に少々きつい言葉を掛けられたとして、こちらに“きつい言葉は嫌いな人に吐くもの”という思い込みがあると、本当は嫌われていないのに、「嫌われてしまったに違いない!」とネガティブに捉えてしまうのもそうでしょう。

もっとポジティブな先入観なら、損も少ないでしょうし、もう少しラクに生きられるのかもしれませんね。

3.勘違いをよくする

先入観に囚われてしまうという事は、思い込みが激しい証拠でもあります。

そして、完璧な人はいませんよね?

つまり思い込みが激しい人というのは、正しい判断と同じくらい、あるいはそれ以上に、間違った思い込みをする事も多いはずなので、勘違いをしやすいとも言えるでしょう。

ただ、固執した先入観の持ち主というのは、例え自分の考えや判断が明らかに間違っていても、周りの意見を素直に聞かず、自分の意見を曲げようとしない人も多いです。

固定観念はとても頑丈で、周りが何をやっても崩れない事もあるので、なかなか厄介でもあります。

つまり、勘違いしやすい人というのも、一度「もしかしたら、〇〇なのかも…」と思い込んでしまうと、そこから違う考え方をしようとしなくなってしまうので、間違った認識をしたままになってしまう事も珍しくありません。

4.人を信用しやすい

先入観に囚われると真実が見えない分、人を信用しやすいとも言えます。

例え相手が悪い人でも何らかの形で上手く騙されて「この人は信用出来る」と思い込んでしまったり、他人から聞いた嘘か本当かも分からない噂話を信じてしまうという事もあるでしょう。

言い方は悪いかもしれませんが、人の話というのは、話し手のフィルターがかかった話なので、絶対に正しいという保証はありません。

話をそのまま鵜呑みにしてしまうと、自分の中で判断をしようとも思わなくなってしまいます。

例えば、「〇〇をしてダイエットに成功した!」とか「〇〇勉強法で頭が良くなった!」という話があるとして、それらの方法が合っていれば、それで成功する人もいるかもしれません。

しかし、その方法が全ての人に当てはまるとは言い切れないでしょう。

もしそれで全ての人が成功するなら、ダイエットや勉強で苦労する人なんていないはずですよね?

実際に自分で試して成功する前から、「絶対に成功する」と、その確証のない話を信じ切ってしまい、それで失敗したら酷くガッガリしたり損をした気分になってしまう訳です。

もちろん、「全て疑ってかかれ」とか「何も信じるな」という訳ではありません。

上でも何度か言っていますが、「物事を正しく見る目を養って、正しい判断が出来る様になりましょう」という話なのです。

5.トラブルに巻き込まれやすい

先入観による、偏見・思い込み・勘違いはトラブルを招く事もあります。

もちろん、先入観のおかげで危険を回避出来る事もあるでしょう。

しかし、その先入観で間違った判断をしてしまえば、トラブルが起こる確率も上がります。

先入観に囚われてしまう一番のデメリットが物事を正しく見れなくなる事。

そして全ての推測は、これまでの経験や蓄積された知識、その場で得られる情報などを基に導き出されます。

つまり、知識や物事の見方が偏っていたり間違っていれば、その推測も間違っている可能性が高いという訳ですね。

間違った推測を元に行動すれば、失敗はなかなか避けられないでしょう…。

悲惨な結果を回避する為にも、先入観に囚われない事が大切なのです。

色眼鏡を外す8個の方法!

先入観に囚われ過ぎるのは良くない、という事が分かって頂けたかと思います。

先程の説明を見て、ますます「偏見の目で見るのを辞めたい…」と思った人もいるでしょう。

しかし、色眼鏡を外さなければ、その偏った見方は変わりません。

そこで続いては、“色眼鏡を外す8個の方法”をご紹介します!

「物事を正しく見れる様になりたい」とか「先入観に囚われて損をしたくない!」という人は、次の方法を実践してみて下さい。

1.視野を広げる


色眼鏡を外すには、今まで持っていた先入観を捨て、視野を広げる事が大切です。

視野が広がれば、今まで気付けなかった事や知らなかった事が見えてくるはず。

人は誰しも先入観を持っており、常識は最も強力な先入観とも言えます。

多くの人は、常識を当たり前の事だと思い、それに習って生活していますし、それに逆らったりする事で、社会か外れてしまう事もあります。

なので、常識を覆すのはすごく難しいですし、特に常識が大前提な人は、先入観が邪魔してなかなか視野も広がりません。

さらに、常識や先入観を捨てるという事は、それなりにリスクを伴う行為でもあります。

しかし、その常識や先入観のせいで損をしてきたのなら、ここで思い切ってそれらを捨てて、広い視野で多くの事を見る事で、真実に近づけるのではないでしょうか?

という訳で、次に視野を広げる方法をいくつかご紹介します。

物事の両側面を見ることを心がける

視野を広げるには、物事を色々な角度で見る必要があります。

とは言っても、視点を変えるというのは意外と難しいと思うので、まずは対象物の両側面を見てみましょう!

例えば、対象物の悪い所しか見られず色眼鏡をかけてしまいそうになったら、逆に「良い部分はないか?」と探して見るのです。

そうやって意識的に見ようとする事で他の面も見えてくるはずですし、表と裏の逆サイドから観察する事で違った見方が出来ると思います。

新しいことにチャレンジ

上で説明した通り、色眼鏡で見てしまうのはこれまでの経験が関係していると言えます。

なので、視野を広げ新しい視点を持つには、様々な事にチャレンジし刺激を得る事が大切です。

特に、これまで自分が体験してこなかった新しい事にチャレンジしてみるのがオススメ!
経験値や知識が増えれば今までと違った見方が出来る様になり、偏った先入観も再構築されるはずです。

例えば、嫌いな食べ物(食わず嫌いのものがあると理想)を食べてみたり、自分がいつも着ない服を着てみたり、今までにした事がないアルバイトに挑戦してみたり…。

(食わず)嫌いな物を実際に食べる事で、本当に自分に合わないかどうかが分かりますし、もし「美味しい」と感じるなら、食べる前に感じていた「不味いだろう…」という先入観は壊れる事になりますよね?

新しい服を着ればオシャレの幅が広がるかもしれませんし、「自分にはどんな服が似合うかな…?」と、いつもと違うファッションに目を向ける事で、視点だけでなく気持ちの上でも変化が生まれるかもしれません。

もし、「自分にはこの色の服しか似合わない」とか「このコーデが自分に合っている」と思い込んでいると、クローゼットの中は似た様な系統の服ばかりになってしまうでしょう。

きっとそういう人の頭の中は、クローゼットの中の様に偏った考えで一杯になっているはずです。

これまで働いた事のない業界でアルバイトをしてみると、知らなかった事が沢山見えてくるでしょう。

自分の価値観と異なる、その業界や職種のルール・新たな価値観・予想外のトラブルなどを通じて、自身の成長を感じられるはずです。

また、その業界に対する先入観をなくす事にも役立つでしょう。

短期バイトなどを利用して、色々な仕事を経験すれば、将来きっと役に立つはずですよ。

新しい事へのチャレンジは勇気が要ると思います。

しかし、小さな事から挑戦するのでも構いませんし、その小さなきっかけが大きな結果となって返ってくる事もあるはずなので、頑張ってトライしてみて下さいね。

2.価値観の違いを受け入れる


色眼鏡を外すには、価値観の違いを受け入れる事も大切。

別にその価値観を無理に理解出来なくても良いのです。

ただ、「自分は別の考えだけど、そういう考え方もあるんだな…」と、いったん自分と違う価値観を受け入れる柔軟性を持つ事が重要という話。

「どうしても、別の価値観を受け入れられない!」という時は、「自分の考えは本当に正しいのか?」と疑って考え直してみると良いでしょう。

この際、自分がその判断を下した理由を掘り下げ、その考えを批判的に見るのがコツになります。

上手くいけば違った答えが見えてきて、「自分の考えが絶対正しいという訳ではない」と再確認出来るはずです。

そうすれば、他の価値観も徐々に受け入れられる様になるでしょう。

周りの人からたくさん学んでいこう

人それぞれ価値観は違うものなので、周りの人達の意見や考え方が「自分と違うな…」と感じる事もあると思います。

しかし違うからこそ、色々な事を学ぶ事が出来るし、自分の考えを変えるきっかけに繋がるとも言えるでしょう。

それに知識や情報が増えれば、色眼鏡で見る事も少なくなり、間違った判断を下す事も減ると思います。

なので、周りから情報を集めましょう。

友好関係を広げよう

色々な人の意見や考え方に触れる機会を増やす為にも、新しい友達を沢山作り、友好関係を広げましょう!

友達はどんな価値観を持っているのか、周りの人と自分の考え方の違いを観察して、自分の引き出しを増やしていくのです。

また、色々な友達と付き合う事で自分の考え方が大きく変わるだけでなく、友達から見た自分(自分でも気付いていない自身のクセや個性)に気づかされるかもしれません。

ちなみに、先入観が強めな人は、自分と似た様な価値観の友達(=相性が良く付き合いやすい)が多い傾向にあります。

逆に、性格・年齢・性別など自分と違ったタイプの友達が多い人は、それだけ違う価値観を受け入れられる柔軟性を持っているとも言えるでしょう。

自分と全く違う考え方の人でも、妙に馬が合う事もあるはずです。

そんな人を探し出して付き合っていければ理想ですね。

新しい交友関係を通して、新たな世界を見てみましょう!

苦手な人にも向き合ってみよう

自分と似た価値観の人と一緒に居ると、心地良く付き合いやすいかもしれません。

しかし、「視野を広げる」とか「先入観をなくす」といった意味では成長する事は出来ません。

色眼鏡を外したいなら、自分と異なった考え方をする、普段は敬遠しがちな苦手な人とも、(無理のない程度に)付き合ってみるべきです。

自分と違った価値観を持つ人と付き合うと、すごく大きな刺激を得られます。

自分の中ではありえない事が、相手の中では普通だったりするのです。

苦手な人との付き合いは、自分の中の先入観を壊し、色々な考えを受け入れる心を養う手助けをしてくれる事でしょう。