味覚は、ダイレクトにその人の個性が出ますよね。

例えば、甘いものが好きな人は、明るく気さくな性格の人が多いと言われます。

他にも酸っぱいものが好きな人は、冒険心が強くあまり人目を気にしないタイプだと言われています。

では、辛いものが好きな人にはどのような特徴や心理があるのでしょうか?

今回は辛いものが好きな人にスポットを当てて考えていきましょう。

辛いもの好きな人の9個の心理と性格の特徴

皆さんは辛いものが好きな人にどのようなイメージを抱きますか?

もちろん人それぞれで必ずしも当てはまると言うわけではありませんが、ある一定数の傾向が見られます。

ですので、辛いものが好きな人はこのような人が多いということを頭に入れておきましょう。

そのような特徴をとらえておくことで、友人や恋人などとうまく付き合っていけるようになるかもしれません。

1.刺激が好き

辛いものが好きな人は基本的に刺激を好む傾向にあります。

唇がヒリヒリするような辛さや、痛いと感じるほどの辛さも刺激的で快感だと感じる人も多いようです。

そうなると、辛いものを食べることにハマってしまい、刺激を求めてやめられなくなってしまいます。

とくに激辛系を好むような人は、強い刺激を求めて激辛料理を食べている人が多いでしょう。

でもなぜ、このような辛さが癖になるのでしょうか?

これは脳の分泌物質が大きく関係しているようです。

皆さんもアドレナリンと言う成分については聞いたことがあるのではないのでしょうか?

興奮状態になるとアドレナリンが出ると言われます。

興奮状態になるには楽しいことをしたり、恐怖を感じたりする必要があります。

ただ、このアドレナリンがずっと出続ける状態は脳にとっては良くない状態なのだそうです。

人は興奮し続けると疲れると思いますが、脳はそれ以上にダメージ受けています。

ですので、脳は本能的にエルドルフィンと言う脳内物質を分泌するようになります。

これは脳内麻薬とも言われ、分泌されることで苦痛を和らげる作用があります。

また、精神面では多幸感を味わえる作用もあるようです。

辛いものを食べるとこのエンドルフィンの分泌されるので、これが辛いもの好きな人を虜にしている理由なのかもしれません。

2.ストレス発散

ストレス発散のために辛いものを食べる人もいます。

辛いものが好きな人やそうでない人でも、無性に辛いものを食べたくなる時があるのではないでしょうか。

そんな時は、もしかしたらストレスが溜まっている状態なのかもしれません。

ストレス解消と言うと、友達と騒いだり、趣味を楽しんだり、お酒を飲んだり、運動をしたりして、憂鬱な気分を晴らそうとしますよね。

しかし、多忙な人にとってはそのような時間さえうまく捻出できない人もいます。

そうなると、辛いものを食べることが手軽なストレス発散方法になります。

辛いものを食べるだけで手軽に強い刺激を得ることができ、ストレスという不快感をその強い刺激で紛らわそうとするんだそうです。

また、辛いものを食べると汗がたくさん出て、食べたあとには気分がスッキリとするでしょう。

このようにストレス解消するために、脳が辛いものを求めているという場合もあるようです。

3.皆ができないことに挑戦


中にはみんなができそうにないことにチャレンジしてみたい気持ちから辛いものを食べる人もいます。

達成感を味わいたい

こんな激辛のものを食べきれた自分がすごいと言うような達成感を味わいたい心理が、激辛系のものにチャレンジする動機の1つになるのかもしれませんね。

辛いものを扱っている料理店でも、激辛料理食べ切れたら無料にすると言うような企画も時折見ます。

それを達成できたと言う事は、それほどにそのようなチャレンジャーに達成感を味わせるのには十分な動機になるのかもしれません。

称賛を浴びたい

辛いものが苦手な人からすると、激辛料理を食べきれる人はすごいなと思います。

きっと、このように考える人も多いことでしょう。

そのため、激辛料理を食べる動画をYouTubeに投稿したり、テレビなどでも芸能人がチャレンジしているのをよく見ますよね。

みんな顔を真っ赤にして顔から大量の汗を流しながら頑張って食べていて、途中でリタイアしてしまう人もいます。

それほどに辛いもの食べると周りからはすごいと思われ、称賛を浴びることができるのです。

4.ご飯がおいしい

もちろん、目立ちたいから辛いものを食べる人ばかりではありません。

中には、純粋に、ご飯がおいしいからと言うことで辛いものを好むような人もいます。

お腹の調子が悪くならない程度の辛さのものを、ほどよく食べるというのは1番ご飯がおいしいです。

特に、キムチと白米の相性というのは抜群ですね。

白米と食べることで食事をより楽しめる

なぜ白米とキムチなどの辛いものと一緒に食べるとおいしいのでしょうか。

その理由は、舌と胃を刺激することで、唾液や胃液などが分泌されるところがあるようです。

唾液が増えると、白米を食べたときにより甘みを感じやすくなり、白米がいつもより美味しく感じるようです。

このように辛いものと白米を一緒に食べることで、いつもよりも美味しく感じることができるんですね。

5.代謝を上げたい

ダイエット意識している人は、代謝をあげたいという目的で食べる人もいるかもしれません。

このような人は激辛というよりは、ピリ辛なものを無理なく食する人が多いのではないのかと思います。

辛いものを食べると体は温かくなりますし代謝は上がると思います。

寒いときにちょっと辛いもの食べるだけで、足の先までポカポカになります。

ですので、そのような点では大変オススメですが、注意点としては辛いものを食べると食欲が増してしまう場合があります。

ダイエット中の方はにとっては、善し悪しなところがあるかもしれません。

汗をかく

辛味成分のカプサイシンで汗をかくことは肌にも良いと言われています。

カプサイシンによってかく汗は普段の汗と違い、汗の水分だけではなく、油も一緒に汗として放出されています。

肌のうるおいには水分だけではだめで、保湿のために油分も必要です。

このカプサイシンによる汗は、その油分も混ざっているため肌を美肌の状態に保つことができると言われているのです。

辛い食べ物やキムチを好む韓国の人の肌がきれいだと言われているのは、そのような理由があるのかもしれません。

血の巡りをよくする

また、辛いものを食べると体が温かくなるのは血の巡りが良くなるからです。

カプサイシンによって代謝が上がり、血液の流れも良くなると言われています。

血の巡りは健康にも美容にも大切です。

辛いものを好んで食べる人は、血の巡りを良くするということも意識しているのかもしれません。

辛いもの好きな人の性格の特徴

辛いものを好む人のには、性格的な傾向もあります。

もちろん傾向ですので皆が皆同じではありません。

ですが、そのようなことを好む一面があると言うことを知るだけで、彼ら彼女らと大分付き合いやすくなるのではないのでしょうか?

では辛いものが好きな人の性格の特徴を見ていきましょう。

1.チャレンジ精神旺盛

やはり辛いもの、特に激辛なものを好む人は、チャレンジ精神が旺盛だと言えるでしょう。

辛いもの食べるともしかしたらお腹の調子が悪くなるなど、体調不良に見舞われることもあるかもしれません。

ですが、そのリスクをものともせず、そのような危機を顧みず激辛料理にチャレンジしようと言うのは、チャレンジ精神が旺盛でないとできないことです。

物怖じしない

先ほども触れたように激辛系はともすれば、胃や内臓にあまり良くないところがあります。

少量ピリ辛料理を食べるのであれば、まだ体に良いこともあるかもしれませんが、あえて激辛のものを食べる事は、それだけ、体調不良のリスクがあります。

ですが、そのリスクをものともせずに果敢にチャレンジをしていくという姿勢には、物怖じをしない一面があるのではないかと思われます。

もちろん、それが辛いものを食する事以外にも発揮されるかは謎ですが、多かれ少なかれそのような傾向があるのではないのでしょうか?

2.短気でせっかち

人それぞれなので一概には言えませんが、辛いもの好きな人は短気でせっかちな性格であると言われています。

そのため、辛いもの好きな人がご飯を味わって食べている場面をあまり見たことがありません。

激辛料理選手権に出ているような人は、ご飯をゆっくり味わうというより、食べるスピードがとても早いように感じます。

3.流行に敏感

辛いもの好きな人は流行に敏感だと言われています。

辛いものが好きな人は好奇心旺盛な人が多く、新しいものにチャレンジしたいという気持ちが強いのかもしれません。

4.変化を好む

辛いものを好む人は、刺激を求めるところがあるので変化を好む傾向があります。

マンネリ化したことを嫌い、常に変化を求めています。

また、変化を好む人ですので、単調な生活だと飽きてしまいやすいです。

強い刺激を求めて、チャレンジすることを望んでいる人が多いでしょう。

辛さがどんどんエスカレートすることも(まとめ)

辛さと一口に言っても、ピリ辛程度を楽しむ人もいます。

ですが、中には激辛にどんどんはまっていく人もいます。

辛いものを食べると、快感を感じるようなものが分泌されるので、癖になってしまう人も多いのです。

もちろん、たまに楽しむ程度であれば良いのですが、辛いもの食べ過ぎると消化器系にダメージを与えるなどのデメリットもあります。

また、喘息の方はカプサイシンが気管支を刺激することで、収縮が起こり息切れや咳が生じることがあると言われています。

ですので、できればピリ辛を楽しむ程度にし、あまりクセになりすぎないようにしましょう。

食べ過ぎなければ、辛いものは体に良いことも多いので、無理のない程度に楽しみましょう。