CoCoSiA(ココシア)

オタクで恋愛対象になる人とならない人の20個の違い


同じ“オタク”なのに、彼女がいる人と彼女がいない人で分かれるのはなぜなのか…?

オタクでもモテる人とモテない人にはどんな“違い”があるのか…?

みなんさんも知りたくないですか?

そこで今回は、“オタクで恋愛対象になる人とならない人の20個の違い”をご紹介します!

その違いを知り非モテ要素を改善していけば、オタクでも女子にモテモテになれるはず!?

「同じ趣味のオタク友達はモテるのに、何故か自分はモテない…」とか「オタクでも女子にモテたいんだー!」というオタク男性のみなさんは必見ですよ。

この記事の目次

オタクとは

これを見ている人の中には、「そもそもオタクって何…?」とか「オタクの自覚はあまりないけど、周りから見たら自分はオタクになる…?」と思っている人もいるのではないでしょうか?

そこでまずは、“オタクについて”簡単に説明したいと思います。

「おたく(「オタク」や「ヲタク」とも表記される)」とは、大衆文化愛好家のことを指す。

ちなみに、この場合の“大衆文化”とは、文学・美術などを指すハイカルチャーや漫画やアニメなどマニアックな分野を指すサブカルチャーまで幅広く含まれます。

そもそも「おたく」という呼称が誕生したのは1970年代で、一般的に知られ始めたのはバブル景気の頃です。

嗜好性の強い趣味を持つ人の一部が二人称として「お宅(おたく)」と呼び合っていたのを揶揄する意味で派生した言葉で、当時は「お宅族」「オタッキー」「オタッカー」などと呼ばれていました。

辞書には「オタク」の意味として「特定の趣味や物事に傾倒し、それ以外の知識や社会性に欠ける人のこと」と載っており、そこからも想像できる通り、元来あまり良い意味として使われる言葉ではありません。

特に一般社会人にとって理解が困難な趣味のオタクは差別や象徴の対象になることが多いと言えるでしょう。

現在はサブカルチャー文化も普及しつつオタク人口も増加傾向にありますが、それでも世間が抱くオタクへの偏見はなかなかなくなりませんね。

現在「オタク」は、より広い領域のファンを包括する言葉として使われるので、「オタク」に明確な定義はないと言えます。

ちなみにオタクの例を一部挙げてみると、
漫画オタク・アニメオタク・声優オタク・コスプレオタク・アイドルオタク・特撮オタク・SFオタク・俳優オタク・PCオタク・クイズオタク・模型オタク・鉄道オタク・格闘技オタクetc。

あまりにもジャンルが多すぎて全て挙げ様とするとキリがありませんが、特定の分野においてマニアックな知識を持っていたり深く興味を持っていると、周囲から「オタク」として見られることが多いかもしれませんね。

なんで同じオタクなのに、あいつには彼女がいて俺にはいないんだ!


これを見ているということは、恐らく「なんで同じオタクなのに、あいつには彼女がいて俺にはいないんだ!」と思っているのでは…?

普通に考えて、容姿・社会的身分・家庭環境(金持ち・貧乏)にそこまで差がない(むしろあなたの方が優っている)のなら、「性格や魅力に差がある」としか言えないでしょう。

しかし、人によって性格や魅力が違うのは当たり前ですし、それらは他人と比べるものでもありません。

そこで、今回ご紹介する“オタクなのに恋愛対象になる人とならない人の25個の違い”では、主に“言動”の違いについて解説していきます。

その前に、「これじゃぁ、彼女ができない&女性にモテないのは当たり前!」と言われてしまう原因を確認しておきましょう!
1.オタクである前に、人間性にかなり問題がある(マナーや礼儀がなっていない、親のお金で遊び暮らしている様なニート、一般男性と価値観などが大きくずれているなど、社会不適合者タイプ)
2.顔や性格など一見スペックは良いけど、一般ウケ(特に女性ウケ)の悪い趣味をTPOを弁えずにオープンにしている
3.恋愛に夢見すぎor理想が高すぎ(「漫画の様なドラマチックな恋愛したい!」「アイドルの〇〇ちゃんみたいな女の子じゃないと嫌だ!」)

オタクで恋愛対象になる人とならない人の20個の違い

オタク人口が増えた今、世間では「オタクはモテる!」なんて言われる様にもなりましたが、それはオタク=モテるという話ではなく、あくまで「オタクの中にもモテる人は存在する」ということみたいですね。

だからこそ、「彼女持ちの友達が、まるで“選ばれし者”みたいで羨ましくて仕方ない…!」と考えるオタク男性は多いと思いでしょう。

「では、なぜ彼女ができないのか…?」という話ですが、モテないオタク男性は無意識の内に“女性ウケの悪い言動”を取っている可能性が…!?

その点も踏まえ、ここからはみなさんお待ちかねの“オタクで恋愛対象になる人とならない人の25個の違い”をご紹介していきます!

彼女持ちのオタク友達と彼女ができないオタクな自分との違いが、ここで分かるはずです。

“モテない”自覚があるオタクな人は、以下の特徴に自分がどれだけ当てはまるかチェックしてみて下さいね。

1.自分の話ばかりしてしまう


「話し上手な人はモテる!」なんてこともよく言われますよね。

一方で「女性と一緒の時は、普段よりも積極的に話しているのに全然モテない…」とか「普通に話せているつもりだが、女性とのイマイチ会話が盛り上がらない…」と感じている男性もいるのではないでしょうか?

確かに話し上手な人がモテるのは事実です。

ですが“話し上手”というのは、単に面白い話を聞かせれば良いというものではありません!

もちろん、相手やその場に合う話題選びや何気ない話を面白くする話術も大切ですが、無理に面白い話題をチョイスし話を面白くしようとしなくても、話し上手な人は相手に「一緒に話していて楽しい」と思わせるテクニックを持っているのです。

話し上手になるには、同時に“聞き上手”になる必要もあります。

「その2つって反対のことなんじゃ…?」と思われるかもしれませんが、一方的に自分の話ばかりしてしまう人は、「この人、コミュニケーションの取り方が下手だな…」とか「一方的で話していてもつまらないし、もしかして自己中な人なのかな…?」と女性に思われてしまう原因にもなりかねません。

それに会話は2人で言葉を交わして成り立つものですし、特に女性は「自分の話を聞いて共感して欲しい」と思っている人も多いのです。

だからこそ、相手の反応を良く見て話題を振ったり、時には聞き役に徹したりして、“相手を楽しませる”様な話し方ができる人が真の話し上手と言えるでしょう。

2.人の話を聞かない

人の話を聞かないオタクは確実に恋愛対象外になるでしょう。

これは先程の「自分の話ばかりしてしまう」もそうですが、他にも…