今や萌えキャラはオタクだけの専売特許ではありません。

広く男性一般に受け入れられてきています(女性にはまだちょっと早いようです)。

「萌え」イコール「恋」とでも解釈したらその気持ちや仕組みが理解されやすくなるのではないでしょうか?人が例え対象は誰であれ好意を持ったり好きになったりする行為に理屈も理由もありませんからね。

「恋」も「萌え」も健康な男性が突発的に起こしてしまう健全な病なのですから。

それでは「萌え」はどうしてオタクたちに起こるのか。

また広く男性一般にも受け入れられるようになった「萌えキャラ」にはどのような子がいるのか。

順を追って紹介して参りましょう。

意外にも萌えキャラが男性に大人気?!

萌えキャラ。

大きなお目目に幼い顔立ち。

しかしそのプロポーションは目を見張るばかりの成熟度。

特にバストの巨大さは「これは本当に人間なのか?」と思えるほどのアンバランスさ。

そして性格はペットのワンちゃんのように従順で素直。

こんな都合のいいキャラが大挙して登場してくるのが「萌えキャラ」の世界と言えるでしょうね。

人昔前までは、萌えキャラはオタクにとっての心のよりどころ。

正面切って人間同士のコミュニケーションが取れない彼らにとっての何よりの安住の場であり安らぎ・癒しの象徴であったのです。

そんな萌えキャラに対して近頃では一般の男性たちもかつてのプライドを放棄したかのような熱狂ぶりに変わってきています。

これは一体、どういう事なのでしょう?

では、男性たちにとって萌えキャラがどうしてこうも大人気になっていくのか。

ちょっとその理由をたどっていく事にしましょう。

男性が萌えを好きになる理由7選

先ほども申しましたように「萌え」はイコール「恋」とも呼べると思います。

男性の種別が一般であれオタクであれ異性が異性の事を好きになるのに何の理屈も言いわけもいりません。

ただ自然の赴くままの行為なのです。

それでは男性が萌えを好きになる7個の理由をご紹介していきましょう。

男性は熱中しやすい

男性が萌えを好きになる理由の1つ目は「「熱中しやすい」という心理面の効果があります。

昨今の男性たちが熱中度を挙げている対象は間違いなく「AKB48」を筆頭にしたアイドルグループの存在が大きいでしょう。

彼女たちの特徴は特別美人ではない事。

何でもクラスの中の5~6番目くらいの可愛い子の集まりらしいです。

また1グループに大量のメンバーがいます。

この手のグループの構成人数はどう少なくみても20人以上はいます。

これだけの数がいれば男性側は全部自分のもの、という錯覚現象にも陥りやすいのです。

そしてメンバーたちの活動の場は特定の劇場です。

公演は毎週、定期的に行われています。

そこに行けば自分の好きな子たちに生で会える訳です。

そう考えて集まってくる若者がたくさん来るのです。

この群集心理も彼らの熱中度を一気にヒートアップさせる役割を担っているわけなのですね。

凝り性が多い

男性が萌えを好きになる理由の2つ目は「凝り性が多い」という事です。

男性は一旦、好きになってしまうと熱しやすいものです。

そしてどんどん凝っていきます。

趣味で切手収集にハマってしまう人や鉄道フィギュアにハマってしまう人達は、大抵好きなものの収集のためにどんどん資金をつぎ込みます。

この行動に歯止めをかけるものは男性が熱中している間はありません。

周りの人が無理にでも引き離そうとしたらむしろ逆効果になってますますのめり込んで凝っていくことでしょう。

萌えキャラを設定する人の狙いは当然ながらそのあたりにあるのですが、萌えシンドロームにハマった人にとってはもうそんな事、どっちでもいい事なのです。

ただひたすら目の前にいる萌えの対象に凝っていくだけなのです。

理想の相手が探しやすい

男性が萌えを好きになる理由の3つ目は「理想の相手が探しやすい」という事です。

基本的に今の多人数アイドルたちは同じ服装、同じコスチュームで舞台に上がります。

一人だけ、目立った格好をする子はいません。

皆、同じように見えるように工夫しています。

これによって極端な差別化を避け、ファンが色眼鏡をかけることなく勘と主観で自分好みの萌え対象を選べる、という訳なのです。

まあ、それでも私などから拝見させていただくと、皆、同じ顔に見えてしまう訳なのですよね。

それにステージの上では皆、結構激しく歌い踊っています。

動きも速いので目で追いかけるのも大変。

よく自分好みの子を識別できるものだと、若い子の感性には感心いたします。

とにかくあれだけの数の子がステージ上にいるのですから目移りするくらい好みのアイドルを探す事ができるでしょう。

個性がつかみやすい

男性が萌えを好きになる理由の4つ目は「個性がつかみやすい」という事です。

私などは皆、同じように見えてしまうのですが、そこはファン心理。

お目当ての萌えを探し出すのにぬかりはありません。

ちゃんとそれぞれのメンバーの個性と特徴をインプットしています。

そしてアイドル側も個性作りに関しては抜かりはありません。

ファン心理をちゃんと読んでそれに見合ったキャラ設定のメンバー構成をしています。

センターポジションの子、可愛い子、歌の上手い子、お茶目な子、妹キャラの子、癒されキャラの子などなど、さすがに老舗のプロダクションが売り出しているのですからファン心理のニーズはよくつかんでいます。

このような作り手側の努力の甲斐あってアイドルグループは巧みにファン層の開拓を行えます。

一般男性たちが萌えに高じれるのもなるほど、納得、というところですね。

性格のデフォルトが決まっている

男性が萌えを好きになる理由の5つ目は「性格のデフォルトが決まっている」という事です。

ここで言うデフォルトとは、あらかじめ設定値を組み込んでファンの前で紹介している、という意味合いです。

アイドルの売り出しの時には必ずやプロフィールや簡単な自己紹介や特技などが紹介されますよね。

これを行う事によっていち早くアイドルたちとの距離感を短くし、親密感を持ってもらおうとする戦略なわけです。

勿論、萌えの当事者である男性たちにとってみればより詳しく、より丁寧で自分たちの萌え心を刺激してくれるフレーズでさえあってくれればそれでいいのです。

自分の要求しているラインと大きく食い違いのない事だけが彼らの求めているニーズです。

自分の応援したい好みにピッタリの子がいればもうそれで十分。

あとは劇場にかけつけて思いっきり萌えの大発散を行えばいいのですからね。

他の男性のものにならない

男性が萌えを好きになる理由の6つ目は「他の男性のものにならない」です。

これは芸能界がアイドルを売り出すための不文律のようなものです。

スターもアイドルも皆、ファンあってのもの。

ファンがいなければ人気も出ませんし、男性たちを萌えさせる対象になる資格すらありません。

よって萌え対象のキャラたちに男の影が漂う事など言語道断なのです。

しかし、最近になってトップ人気アイドルグループのメンバーが恒例の総選挙の発表の壇上で言ってはいけない事を言ってしまいましたね。

「結婚します」と。

これ、アイドルの立場からしたら口が裂けても言ってはいけないセリフのはず。

これではファンの夢も萌えもなくて同然の行いです。

はなからファンを冒涜した行いであり何のためにファンに萌えを与える立場にいるのか、自覚がなさすぎると言われても仕様がない出来事でしょう。

いずれにしても一部の例外中の例外を除けばアイドルたちのキャラは最盛期を過ぎるまでは守り通されます。

それまでは安心してファンたちは好きなアイドルに対して萌えていられます。

ただ、中には作り手側のトップの人間がその商品に手を出すというこれも言語道断な行いを行う輩もいます。

萌えを商売にする世界、魑魅魍魎とした世界かも分かりませんねえ。

妄想しやすい

男性が萌えを好きになる理由の7つ目は「妄想しやすい」という事です。

男性が萌えキャラに対して萌える事が出来る理由の最も大きな要因かも分かりませんね。

妄想できるという事は。

基本的にこの世に存在している男性のほぼ全員は「すけべ」です。

男性が異性である萌えキャラに対して萌えるのも、あらぬ妄想心を刺激してくれるからに他なりません。

つまり一種の性欲達成手段として萌えるわけです。

但し、多くの男性にとって萌えキャラはやはり萌えキャラのレベルに留まります。

それ以上の「エロス」の領域までは踏み越えません。

この領域を踏み越える人は同人誌の方に行ったりいわゆるそれ専門の「オタク」系へと巣立っていくのです。

妄想のラインで踏みとどまっている人達がそのアイドルを応援してくれている圧倒的多数の人達です。

アイドル側もそんなファンたちの期待や夢を壊さないよう、日頃の行動やスキャンダルに気をつけるべきでしょうね。

萌えキャラの特徴

それでは次に萌えの真骨頂ともいうべき「萌えキャラ」の特徴について紹介して参りましょう。

実在のアイドルと違って萌えキャラはあくまでキャラクター。

実在していない存在なのにどうしてそんなに萌えられるのでしょうか?

架空の人物

萌えキャラの特徴の一つ目は「架空の人物」であることが言えます。

そう、萌えキャラは作者がこんな可愛い子がいたらいいな、という願望が生み出した架空の人物なのです。

アニメの世界や漫画の世界、あるいはマスコットキャラクターとして店頭のハリボテとしてのみ登場するのです。

そして架空の人物であるのでキャラクター設定は作者の思うがままになります。

髪の毛の色はピンクだったりグリーンだったりブルーだったり。

スタイルはいずれ劣らぬ飛び抜けたプロポーションの持ち主、などなど。

とにかく男性が萌えるための要素をこれでもか!というくらいふんだんに盛り込んでいるのが架空の設定のいいところでしょうね。

男はイケメン、女はかわいい

萌えキャラの特徴の2つ目は「男はイケメン、女はかわいい」です。

これはある意味、当然という結果でしょう。

萌えキャラは架空の人物です。

架空であれ現実であれ人間が異性に対してまず求める者は外見、つまり「顔」です。

顔さえよければいくらでも萌えられる、という浅はかな実験データを回収したような感じですが、調査対象が人間なのですから本能的にどうしようもないでしょう。

男ならイケメン、女なら可愛い子を選ぶのは人間の変えようのない本音であり深層心理です。

嘘をついても仕方がありません。

誰だって美しい者への願望は永久に不滅という事でしょう。

三次元にはない存在

萌えキャラの特徴の3つ目は「三次元にはない存在」という事です。

萌えキャラのスタイル、顔、ヘアースタイル、服装。

いずれをとっても現実離れしたものばかりです。

顔は必ず小顔、髪の毛は原色系の艶やかな色、スタイルはこれでもか!というくらいの8頭身、おまけにバストは超Eカップ、目は必ず大きくて潤んでいる。

こんな人間が実在していたら世の中、どうなるんでしょうね。

そうではないから萌えキャラが当初は一部のオタクだけの占有物になっていた証しなのでしょう。

とにかく萌えキャラは三次元上には存在し得ない姿・形です。

人間の素晴らしき想像力にアッパレ、というところでしょうか。

ツインテール

萌えキャラの特徴の4つ目は「髪がツインテール」という事です。

男性の好みがハッキリと分かりますよね。

幼顔プラス髪がツインテールとは、本当に少女趣味といいますか女学生志向と言いますか…。

そういえばテレビのクイズ番組で人気の局アナたちが出演している時、何故か衣装がセーラー服で統一されている時がありますね。

やはり視聴率的にもツインテールにセーラー服は男午心を点火させ萌えの気分にさせるのでしょう。

そういえば、萌えキャラでマッシュルームだとかおかっぱヘアのキャラは見たことがないですね。

本当に男の嗜好性は横一列。

変化も個性もないようです。

可愛いキャラ

萌えキャラの特徴の5つ目は「可愛いキャラ」です。

もうこれはそのものズバリ。

今更説明のしようもないストレートな特徴ですね。

萌えを目的にしているのですから当然ながら最も萌えやすいキャラクター設定にするのが当然の成り行きでしょう。

しかも可憐で恥じらいをちゃんとわきまえているキャラでないといけません。

ちょっと怖めで強気な綺麗なお姉さんでは萌えの意欲が後退してしまうのかも分かりませんね。

だからお色気もほどほどのキャラが求められるのです。

それらを全て併せ持っているのが「可愛い」キャラクターになるのでしょう。

いやはや、なんともわがままで贅沢な要求ですね。

何もかもが望み通りの異性などやはり現実の世界にはいないでしょう。

だから妄想もちゃんと出来るのでしょうね。

男性に人気の萌えキャラ7選

それではここからは世の男性たちのハートを掴んで離さない8人の萌えキャラたちを紹介致します。

いずれ劣らぬ美少女たちです。

彼女たちの人気度や誕生した背景など、様々な角度から見ていきますね。

つくもたん

「つくもたん」は家電業界の大手、ヤマダ電機のグループ会社であるPCパーツの販売店・ツクモのオリジナルマスコットキャラクターの事になります。

誕生は2009年9月の深夜。

新商品発売の為のネット販売に初めて姿を現したそうです。

それ以降、ツクモ電気、ヤマダ電機のPOPや紙袋、グッズになってどんどん登場し、お店の有力な販売員として日夜、その実力を発揮してくれています。

外見はまん丸い少女顔ながら髪の毛は金髪で超ロングのポニーテール。

何故か左耳の上あたりに「九」というイニシャルマークが確認できます。

(そこだけ地毛の色か?)

グリーンの超ミニスカートを健康的には着こなしかなり活発的なポーズを取っていてくれます。

そして極めつけは、何とも言えないくらいの「爆乳」。

スリーサイズや身長・体重は公表されていませんので謎なのですが恐らく100㎝級の代物ではないかと思えます。

そんな彼女、実は同じ仕事をやっている姉がいます。

「ヤマダ電機のらびたん」という子がお姉さんのようです。

しかし、アイドル的人気度はこのつくもたんの方が圧倒的にあるようで、何でも「アキバで見かけたPC萌えキャラ人気コンテスト」なるものに8年連続で(2016年時点)グランおプリを獲得している強者なのです。

最近では可愛さだけが売りのようではないようでつくもたんのクリアーファイルを販促用作ったのですが、ツクモ電気において1万円以上お買い上げをしないともらえないとか、姉のらびたんに毒づくとか、かなり腹黒い一面も露呈してきています。

しかし、この現実逃避していないありのままの姿が逆に男心をくすぐってくるのでしょう。

「この女!手のかかる奴!しかしどこか憎めないし何とかしてやりたくなる!」という気持ちを起こさせているのではないか、と思います。

まさにつくもたん、恐るべし!という感じです。

天真爛漫に見えながらちゃっかり商売はこなしておいて男達から憎まれない。

確かにこんな均整の取れたバランス感覚の持ち主は現実世界にはいないでしょう。

8連覇も頷ける訳です。

暮井慧

名前は、くれいけい。

IT・開発系コミュニティ「プログラミング生放送」のキャラクターさんです。

あだ名が「プロ生ちゃん」、アキバで見かけたPC萌えキャラ人気コンテストでは3位(2015年)、2位(2014年)と常にベスト3内を維持する堂々の実力者なのです。

外観は完全なる女子高生。

肩までの短めのヘアースタイルはちょっと地味目のロマン色、制服もいくぶん地味目。

スカートはお決まりのように超ミニ。

ハイソックも地味目の色で履いてるスニーカーは白。

何故か小脇にノートパソコンを抱えているとってもチャーミングな女の子です。

勿論、年齢的には17歳の高校生。

1月11日生まれらしいです(やぎ座ですね)。

身長は156㎝くらいで体重とスリーサイズは「秘密」との事です。

趣味と特技がプログラミングで好きな食べ物がパイナップル。

部活は情報処理研究会という事らしいです。

活発そうに見えるのですが意外とオタク系の趣味に走っているようですね。

まあ、とにかく暮井慧ちゃんからは本当にすぐ近くにいそうな気を感じます。

派手さもけばさも変なお色気もないので男性から見たら安心して近寄れる優良系女子高生キャラという事になるのでしょう。

今後も特技のプログラミング技術を生かしていいところに就職してくださいね。

水晶雫

ダウンロードサイト「CrystalDewWorld」のマスコットキャラクターが「水晶雫(すいしょうしずく)です。

年齢は17歳、和服の似合う美少女です。

控えめの胸が特徴の体型。

全体的なカラーは透明感のある淡い青。

キャラの色付けは明るくて清楚な感じ。

髪の色は純粋に黒。

いつも清楚な笑みを絶やさない本当に若いのに「癒し」という言葉がピッタリくるような雰囲気を醸し出しています。

2016年のアキバで見かけたPC萌えキャラ人気コンテストでは堂々の第3位!目立たなそうなひっそりとした雰囲気が逆に大きく目立った結果になっての高順位の獲得でした。

確かに男性が一見すればこんな感じの子、たちどころに「ホノ字」になってしまうでしょうね。

日本人が忘れてしまった大和魂というか「大和撫子」を絵に描いたらこんな感じになるんだろうなあ、という印象です。

水晶雫ちゃんはまさに現代の「天女」の化身か?と思わせてくれるほどの郷愁感と爽やかさを兼ね備えているのです。

クラウディア・窓辺

クラウディア・窓辺ちゃんはマイクロソフトのマスコットキャラクターです。

彼女の主な仕事はクラウド・プラットフォームという技術指導の漫画に登場してきます。

だから知る人は知っているキャラクターといえるでしょうね。

2011年5月9日にこの漫画が先行公開された時に初めてこの世にお目見えしました。

父は日本人、母はフランス系アメリカ人、お兄さんクロード・窓辺、従妹に窓辺ななみ(マイクロソフト非公式キャラクター)がいる設定となっております。

外見は金髪のショートヘアでメガネの縁は何故か赤。

全身についてですがここはお堅いマイクロソフトの技術指導者ということでどういう訳か5頭身で描かれています。

よって変な目的でお邪魔する「萌え集団」とは縁が遠いと思われます。

しかし、おかげで場の雰囲気を和らげる効果は抜群。

彼女の凛とした知的さと滑稽な5頭身が痛く一般男性のハートをくすぐっているようですね。

クラウディア・窓辺は知的な雰囲気を醸しているキャラクターです。

性格的には聡明で人に優しく誰に対しても分け隔てなく接していけるタイプのようですね(でなければ、漫画とはいえ技術指導といった難しい仕事はできませんからね)。

今後も彼女見たさにマイクロソフトのクラウド・プラットフォームは賑わう事でしょう。

秋山澪

「けいおん!!」というアニメーションに登場する主要キャラクターです。

年齢的には高校生。

17歳くらいでしょう。

腰まで伸びるロングの黒髪がアピールポイント。

高校入学時は文芸部に入るつもりが幼馴染の誘いで廃部寸前の軽音楽部に入部したところからストーリーは始まっていきます。

外見的にはプロポーション抜群。

だが性格は引っ込み思案の自信喪失屋さん。

自分の意見を思うように言えないサブカル的な雰囲気のある女の子というのが彼女のぶれないキャラ設定のようですね。

しかし、姉御肌のところがありま違った事は許せないようなのですが、自分に自信がないためにいいようにおもちゃにされてしまうところが男性の心をグッと掴む要素となるのでしょう。

こうやって思うと男というのは服従する女性に「萌える」ようですね。

確かに現実の世の中に服従されたがっている女性が果たしてどれくらいいるか。

(本当は女性は強い男性への絶対的忠誠心は持っていますけれどもね。)

現実は厳しいですね。

桐乃

本名、高坂桐乃。

電撃文庫のライトノベルであり、漫画化、映画化、アニメ化、ゲーム化された作品「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のヒロインのことです。

設定は中学2年生で身長が165㎝、体重45kg、スリーサイズは上から82、54、81。

ほとんど申し分のないプロポーションなわけです。

髪は金色のロング。

服装はいつもセーラー服。

雰囲気的には明るくて活発で時に乱暴な口の聞き方をする頑張り屋さん、といったところでしょうか?

子の作品、映画版では女優の土屋太鳳さんが演じましたのでCMや番宣も結構あって皆さんも耳にしたタイトルではないでしょうか?

さて今回の桐乃ちゃん。

中学2年生という設定でありながら中々のセクシーさです。

こんな子が大人の女性に成長したら一体、どれだけ素晴らしい女性になるんだ!というくらい父親なら心配になりそうなほど穢れも知らずに育ってきています。

天真爛漫で怖いモノ知らず。

しかし甘えるべきところはしっかりツボを外さずに甘える。

まさしく多くの男性にとったら群がりたくなるのも分かる納得のキャラ設定ですねえ。

しかし、いくらなんでもまだ中学生ですからね。

金髪はいけませんよ。

校則を大きく破っています。

大学入ったらいくらでも自由があるのですからあと4年、辛抱してください。

高校生までの間は心身共に発育期間。

目立たないようにしていないと嫌な奴にすぐ目をつけらてしまいますよ。

ほむらちゃん

本名、暁美(あけみ)ほむら。

アニメ作品「魔法少女まどか☆マギカ」に登場する人物です。

容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能で正確はクール。

他人を寄せ付けない雰囲気を醸し出しているとのことだそうです。

容姿的には髪は黒髪。

ロングヘア。

それも風になびくようにサラサラ。

定番の服装はセーラー服。

シンボルカラーは紫なのでしょうか?制服にワンポイントとして紫があしらわれていますし瞳もよくみれば紫です。

魔法少女という設定が与えられていて数々の武器を操作し特殊能力も駆使して戦うようです。

主人公のまどかと比較して、一体どっちが主人公なんだ?という疑問も出てくるほど策分中における存在感は際立っているようですね。

そう、男性というのはただ甘えるばかりのニャンニャン少女もいいようですが、このほむらのようにクールでカッコよく腕っぷしも強い女性に弱いのです。

勿論、容姿やプロポーションも重要な要素にはなってきますが。

このほむらちゃん、NHKで先頃、放送された(2017年6月)テレビアニメ放送開始50周年記念「わたしの大好きなヒロインたち」という番組での一般投票による人気ランキングで堂々第2位とう高順位を獲得しています。

今の若者たちから絶大な人気を誇っていることがよくわかるエピソードですね。

萌えキャラが好きな男性は意外にもたくさん!(まとめ)

如何だったでしょうか?

萌えをオタクが好きになる理由として7個、男性に人気の萌えキャラを7人、それぞれご紹介させていただきました。

まあ、この記事を書きましたわたくしなどからすれば登場した7人の萌えキャラたち、すっかり見直しましたね。

こりゃオタクだけでなく一般の男性からも人気が出るわけだ、と痛感した訳なのです。

今までのイメージだと萌えキャラというのは、どちらかというとエッチで一部のオタクたちのロリコン趣味が先走ったもの、とばかり考えていました。

しかし、ここで紹介した7人の萌えキャラたちにそのようないかがわしい素振りは全くありません。

全てのキャラ達に共通するのは皆、高校生くらいで正確も従順な事です。

世の中を斜めから見た腹黒そうなキャラは全く存在しません。

それと同時に皆、相手の人にたまらない笑顔の魅力と愛嬌の良さと感謝の気持ちを伝えています。

これらの要素は現代の若者たちが心から欲しているものなのでしょうね。

つまり優しくて相手を傷つけるような言葉は一切かけない。

だから若い一般男性たちがこぞって架空の萌えキャラたちにお熱を上げるのでしょう。

現代の男性たちは彼女を持つことを、特に重要には考えていない傾向にあると聞きます。

そして結婚についても無理して行いたいとも思っていないとも聞きます。

これって果たしてどうなのでしょか?いい事なのか、よくない事なのか?

考えの古い(?)私からしてみたら、やはりこの問題は憂慮すべきことでしょう。

男性たちは積極的に女性にアプローチをかけて異性と交際する努力を行うべきです。

そして家庭を持つ責任感というものを蓄えていくべきだとも思います。

ちょっと話がそれた感じが致しますね。

どうして萌えキャラの話しなのに結婚の事を心配するんだ、と。

それがやはり心配なのです。

男性が大好きな萌えキャラは、女性からしてみたら好意的に見てもらえる保障がないからです。

女性の男性に対する識別は分かりやすいものです。

超オタクとして見るか、お付き合い対象者として見るか、この2つです。

超オタクと識別された男性は残念ながら恋愛対象となるには難しいでしょう。

しかし、いくら勘違いされたとしても男性は自分の力で女性に売り込んでいかなければなりません。

萌えキャラたちはいつでも優しくあなたの事を見守ってくれますがここぞという時は萌えキャラを忘れる努力も必要になります。

やはり現実の世界の女性に萌えキャラをだぶらせることは出来ませんからね。

幸運を祈ります!

【萌えキャラについては、こちらの記事もチェック!】