オタクの人は、どうしてもきもい!と言われがち。

特に女性からは、すっかり敬遠される存在になってしまいました。

オタクと聞いただけで一歩引いてしまうし、オタクっぽさを感じただけで距離を置いてしまう…。

これって、オタク男性にとっては大問題なのでは?

よく考えれば、オタクは男性にも女性にもいるはずです。

しかし、多くの女性が持つイメージは「オタク=男性=きもい」になっています。

ですので、「オタク=女性に嫌われる」という認識にもなってしまうのです。

でも、なぜオタクは男性に多いのでしょう?

なぜ、きもい!と思われる雰囲気を漂わせてしまうんでしょう?

そもそもオタクとは、自分の趣味嗜好に傾倒し過ぎる人たちのことですよね。

誰にだって趣味はあるものだし、自分の好きなことや興味のある分野なら、熱中したり詳しくなったりするのは当然です。

そう考えれば、オタクは男性だけとは限らないし、誰もがオタクなのかもしれません。

実際にオタク女性だっているし、オタク具合が表面化していなくても、オタクの人は潜在的にいるはずです。

つまり、本来はオタクが全員きもい!ということにはならないはずなんですよね。

でも、一般的にオタクはきもい!人で、オタクと一般人は、一線を画しているように思われているのです。

それは一体なぜなのでしょう?

オタクきもい!と女性が思う瞬間

きもい!と思われ、女性に嫌われてしまうオタク。

ほとんどの場合が男性ですが、もちろんオタク女性も例外ではありません。

オタクであれば、女性でも嫌われてしまいがち。

友達が出来にくい人だったりするでしょう。

本来、趣味嗜好に熱中することは、決して悪いことではありません。

ですが、その趣味が特殊なものだったり、なかなか他人に理解されないものだったりすると、それに熱中しているというだけできもい!と思われてしまいます。

また、ひとつのことに熱中し過ぎるあまりに、自分も周りも見えなくなっているような場合も、きもい!と言われてしまいますよね。

私たちは、個性を尊重しようとは言うものの、やはりはみ出し者が嫌いです。

一般感覚による常識的な範疇を超えていると、途端に輪の中には入れてもらえなくなるのです。

つまり、オタクの人は多数派の常識からはみ出してしまう人。

それは、熱中している趣味であり、身だしなみであり、性格であり…と、様々な点で多数派の“普通の人”と違うのです。

そういった違いを見つけると、途端に「きもい!」と思われてしまう訳です。

という訳で今回は、オタクきもい!と女子が言う理由について、まとめてみました。

筆者も女性の立場として、キモイ!と言われたくない人のために、女性の気持ちを解説していきたいと思います。

オタクきもい!と女子が言う15個の理由

ではここからは、実際にどんな特徴があると、きもい!と言われてしまうのか。

「オタクきもい!と女子が言う理由」を調べてみました。

つまりこの理由が、女性が思う“普通の人”からはみ出している部分。

オタクと思われている人の多くが、兼ね備えている特徴です。

そして「オタクきもい!」と女性が思う時、大抵その理由はひとつではありません。

いくつかの特徴を併せ持っているのです。

ここから言えることは…オタクっぽさを演出する特徴をひとつに留めれば、きもい!と言われなくなる可能性が高いということです。

熱中している趣味は譲れないでしょうから、それ以外のオタクの特徴を、常識の範疇に収めるのです。

そうすれば、オタクでもオタクとは思われないはずですよ。

オタクの人だって、きもい!と言われるのは心外ですよね。

自分が大切にしている趣味を、理解してもらえない悲しみもあるでしょう。

でも、理解してもらうには、オタクの人も他人を理解しなければなりません。

歩み寄りが必要なんです。

まずは「オタクきもい!」という女性の意見を聞き、自分を客観的に見られるようになりましょう。

1.臭い

オタクきもい!と女子が言う理由には、まず臭いことが挙げられます。

オタクの人が全員臭いわけではないと思いますが、嫌な体臭を放っている傾向が、確かにあるようです。

自分の体臭って、ニオイに慣れてしまうので、自分ではなかなか気づきません。

気付かないうちに臭くなっているとしたら、それがきもい!と言われる原因にもなっているのです。

ニオイは、今やスメルハラスメントとも言われ、ハラスメントのひとつとして認定されるほどの迷惑行為。

「気付かなかったから」と、悪気が無いことを主張しても許されません。

気付かないのではなく、気を遣わなければならないのがニオイなのです。

オタクだと言われ、女性から避けられてしまう人は、今一度、自分のニオイを確かめてみたほうが良いかもしれませんよ。

悪臭を放つ生活習慣をしていませんか?

オタクの人は、風呂嫌いが多いとも言われています。

趣味に熱中するあまり、お風呂に入りそびれたり、服を着替えなかったり…もしそんな生活をしているのなら、臭い可能性が大です。

一般常識で言えば、お風呂は毎日入るものです。

服は毎日着替え、洗濯をするものです。

そうやって体臭を気にして、人に不快な思いをさせないように気を遣っているのが、普通の人なのです。

2.ファッションがダサい


女性がオタクをきもい!と言うのは、ファッションがダサいことも理由のひとつです。

まぁ、ファッションは趣味のひとつでもあるでしょうし、センスの問題もあります。

直そうと思っても、簡単に改善出来るものではありませんよね。

でも、オタクの人って、やっぱりファッションからも、オタクっぽさがにじみ出ているような気がするんです。

ダサいというだけでなく、パっと見でオタクオーラが出ちゃっているんですよね。

女性は、オタクだと思った瞬間にきもい!と思ってしまう傾向もあるので、ダサい以上きもいのです。

ただ…ファッションに罪はない。

と言いますか、問題はファッションだけでは無いみたいです。

その服を着る人自体に問題がある!というのが、実状のようです。

もちろん、ファッションはセンスが現れるところですから、センスの良し悪しも影響します。

趣味には熱中するけどファッションには全く興味が無い場合は、どうしたってダサくなりがちでしょう。

ですが、オタクの定番のイメージにある、チェックシャツとジーパンって、普通の人が着ていてもおかしくはありません。

着る人によっては、定番人気のカジュアルファッションにもなります。

同じ服でも、オタクとおしゃれカジュアルではやっぱり違う。

その違いはどこにあるのでしょうか?

その答えは、やっぱりファッション以外の部分にあるのです。

着る人の顔、髪型、体型、性格、着こなし方等々…色んな要素が、オタクファッションを作り上げているんです。

ですので、オタクのダサさは、ファッションを入れ替えるだけでは改善しないということになります。

今流行のファッションを着ても、他の要素がオタクなら、オタクでしかありません。

女性から、ダサい!きもい!と言われるのを回避するには、ファッションだけでなく、それ以外の特徴も変えなければならないのです。

【オタクファッションの特徴は、こちらの記事もチェック!】

3.変態

女性がオタクきもい!と言う理由には、変態であることも挙げられています。

「変態=オタク」だなんて、オタクの人からしてみれば心外でしょうけど、事実そう思っているのが女性です。

変態とは、“普通の状態と違うこと”。

つまり異常であることを指しますが、今は一般的に、性癖に対して使われることが多いですよね。

これこそが、女性がオタクをきもい!と言う理由。

異常な性癖の持ち主は、女性にとって恐怖でしかないのです。

例えば、アニメキャラに登場する、ちょっとエッチな描写の女の子に熱中していたりする人。

それって、やっぱりきもいです。

これを普通に置き換えるとしたらどうでしょう?

成人男性なら、身近な女性に興味を持ち、恋愛をするのが普通ですよね。

自分と同世代、もしくはちょっと年上の女性に憧れを抱いたりして、恋の駆け引きを楽しんだり…これが、一般的な成人男性の普通の姿です。

それがオタクの人の場合、現実の世界には居ない女の子に熱中したり、手の届くはずもないアイドルを追いかけたりと、現実を生きていません。

その現実に居ない感じこそが、女性から見れば変態であり、きもいのです。

変態だと思うと、女性は恐怖すら感じてしまいます。

オタクを理解することが出来ないので、何をしでかすか想像もつきません。

ですから、女性はオタクを避けるんです。

これはある種の、防衛反応でもあるんですよね。

4.趣味で女の子の絵を描く

女性からすれば、趣味で女の子の絵を描いているような人も、きもい!と思ってしまいます。

やっぱり、現実に生きていない感じがして、変態だと感じてしまうんですよね。

普通の成人男性なら、リアルな女性に興味を持つものです。

ですから身近な女性と恋愛をして、段階を経て欲求を満たそうをするものです。

それが、趣味で女の子の絵を描いているような人だと、妄想だけを膨らませていって、それを紙の上で、密かに表現しているようなもの。

絵だと自分の自由ですから、歯止めも効きませんよね。

そうやって現実の社会で女性と触れ合うことなく、自己満足をしていると思うと…女性はきもい!って思ってしまうのです。

もちろん、リアルな女性に興味を持って、段階を踏まずに女性に触れようとするのも問題です。

そういった痴漢行為と比べれば、女性が被害を蒙ることもないのでマシかもしれません。

でも、先ほどもお話したように、一般的な感覚から逸脱している人を、女性は理解することが出来ません。

そうなると、何をするか分からないという、見えない恐怖があるのです。

妄想が膨らんでいって、変な行動するんじゃないかって、不安になってしまうのです。

そんなつもりもないオタクの人からすれば、女性のほうこそ、勝手な被害妄想をしているように思えるかもしれません。

でも、分からないものは怖いし、きもいものは避けたいのが女性心理。

それを理解してあげることが出来なければ、女性からきもい!と言われても仕方が無いのです。

5.ツイッターで変な発言をする


ツイッターで変な発言をしていることも、女性がオタクきもい!と言う理由のひとつです。

自由なつぶやきを書き込める場ではあるものの、発言によっては不快感を抱かれていたり、気持ち悪がられていたりするのです。

どこの誰だか分からなければ、何と思われようと構わないのかもしれません。

でも、そうやって匿名だからこそ発言出来たりしているようなところが、根暗な感じもしてしまうのです。

結局は、顔の見えないSNSの中だけで生きている印象になり、現実社会と向き合えていないのでは?と感じてしまう。

だから、女性はきもい!って思ってしまうんです。

気持ち悪がられているツイッターの書き込みは、朝起きた時の「むくり」。

「おぬし」とか「おのれっ!」「ござるよ」とかの時代劇風の言葉を使ったオタクトーク。

筆者もこの記事を書きながら、ちょっと吐き気がするのが「ペロペロ」という擬音。

エロアニメとかの女の子に対し、可愛らしさや性欲を感じた時に発せられる言葉なのだそう…意味を聞けば、尚更気持ちが悪いです。

「むくり」とか、オタクトークくらいならご自由にどうぞって思いますが、「ペロペロ」は変態としか思えません。

こういった発言を平気で出来ちゃうようだと、キモオタと呼ばれてしまうのも当然。

キモくないオタクの人からすれば、偏見を持たれ、いい迷惑かもしれませんね。

6.ラブライバー

女性がオタクきもい!と言う理由には、ラブライバーの存在もあるようです。

何かとお騒がせな人達だと、世間から白い目で見られがちなラブライバー。

彼らの行動もまた、オタクのイメージを悪くしてしまっているんです。

ラブライバーとは、『ラブライブ!』の熱烈なファンのこと。

筆者は『ラブライブ!』という名前は聞いたことがあったものの、何なのかは知りませんでした。

どうやら、マンガやアニメになっていて、スクールアイドルグループとして活動する少女たちが主人公。

そんな少女たちを応援するのが、ラブライバーと呼ばれる人達なのだそうですね。

生身のアイドルを応援するのと同じように、アニメの中のアイドルを応援するスタンスということです。

アニメキャラであろうと、ファンになるのは問題ないのですが、「ラブライバーには近づかないほうがいい」とまで言われてしまうのは、熱狂的過ぎるところ。

『ラブライブ!』に批判的な意見を述べた人に噛みついたりと、行き過ぎた行動が目立つようです。

それゆえ、きもい!迷惑!と、不快がられてしまっているのです。

また、大の大人がアニメキャラに性的興奮をしているなんて話も、ラブライバーがきもい!と言われる理由のようです。

もちろん、オタクがみんなラブライバーなわけではありませんから、一緒くたにしてしまうのは、他のオタクの人が可哀想な気もします。

ですが女性から見れば、何のオタクかであるかはあまり関係なく、オタクはオタク。

そしてオタクはきもい!って認識が、すでに出来上がってしまっているのです。

目立った行動が、さらにイメージを悪くしてしまっている面もあるので、それぞれが自覚をもち、節度ある行動をすることも大切かもしれませんね。

7.女性キャラクターのフィギュアを持っている

女性キャラクターのフィギュアを持っていたりするのも、オタクきもい!と思われてしまう理由です。

それこそが熱中している趣味だとは思いますが…正直、自宅に女性キャラクターのフィギュアが並んでいたら、きもいです。

これもやはり、女の子の絵を描いていたり、アニメキャラに熱狂するのと同じく、女性から見れば変態。

生身の女の子をじっと眺めるよりは害はないですが、フィギュアで満足している感覚も理解出来ないのです。

着せ替えたりするのかな?着せ替えながら、変な妄想するのかな?…と、実際はそうじゃなくても、女性からすればそんなイメージです。

フィギュアを集めるオタクは、もしかしたら、ぬいぐるみを集める女性と似た心理なのかもしれませんけど…ぬいぐるみすらひとつも置いていない筆者としては、そこに闇を感じてしまったりもするんです。

それこそが、オタクがきもい部分であり、怖い部分なのです。

8.身なりに清潔感がない

女性がオタクきもい!という理由として、先ほどファッションがダサいことを挙げました。

しかし多くは、ファッションよりも、それ以外のオタク要素が原因であることをお話しましたよね。

そのひとつが、身なりに清潔感がないことです。

最初に理由として挙げた、“臭い”ことも不潔さを感じさせるひとつの要素ですよね。

臭いニオイを放つ原因と言えば、不潔にしていることですから。

そしてもちろん、清潔感の無さは、臭いだけではありません。

見た目にも、それは表われます。

髪がボサボサだったり、顔がベタベタだったり、汗をかいているのにそのままだったり…。

そういった要素が、普通のファッションすら、オタクファッションにしてしまう原因です。

清潔感って、ただお風呂に入っていればいいわけではありません。

肌を清潔にすることも大切ですが、見た目の清潔感も大切です。

髪をさっぱり整えたり、肌荒れをなおしたり、キレイにアイロンがかかった洋服を着たり。

不潔そうに感じさせる要素を、一掃しなければなりません。

むしろ、身なりに清潔感さえあれば、オタクとは思われない可能性も高いです。

たとえオタクだと思われても、きもい!とまでは思われないかもしれませんよ。

9.体型がだらしない

女性が、オタクきもい!と言う理由には、体型がだらしないことも挙げられます。

これは、身なりの清潔感の無さにも影響してくる、オタク要素と言えます。

太っていたりと、だらけた体型。

また、姿勢が悪いのも、体型をだらしなく見せてしまいます。

女性としては、男は男らしくあるのが理想です。

だらしない体型だとやっぱり、普通の男性とはみなされないのです。

体型がだらしない人からすれば、差別されているように思えるかもしれません。

でも、そのだらしない体型は、やはり生活環境が影響します。

日頃運動せずに家にこもっていたり、姿勢の悪い状態で趣味に熱中していたり。

熱中するあまりに、規則正しい生活が送れなかったりすれば、体型はだらしなくなります。

そういった生活習慣こそが、体型をだらしなくするだけではなく、清潔感を保てなかったり、嫌な体臭を放ったりする原因でもありますよね。

女性は、その体型やファッション、姿勢や身だしなみを総合的に見て、オタクを瞬時に察知してしまいます。

そして、瞬時にきもい!と感じてしまうのです。

10.運動神経がない

運動神経が無いというのも、オタクと思われる要素であり、体型がだらしなくなる原因でもありますよね。

筆者は、運動神経がないだけではキモイとまでは思いませんが…運動神経が無い=インドア派=オタク=キモイという、連想ゲームが勝手に始まってしまいます。

女性はやはり、爽やかなスポーツマンが好きなんです。

それに、運動神経がある人のほうが健康的に見え、男としてのスペックが高いように見えるんです。

そんな人から比べれば、運動神経が無い人は圧倒的に不利。

せめて、運動以外の分野で爽やかさや清潔感を出し、オタクに見えないようにしなければなりません。

それに運動は、激しい運動に限られたものではありませんよね。

運動神経は関係なく出来るものも多いので、そういった運動で鍛える努力も、するとしないとでは大違いです。

その努力の差こそが、女性にきもい!と思われるかどうかの差でもあるでしょう。

11.女性と一度も付き合ったことがない

女性と一度も付き合ったことがないということも、女性がオタクきもい!と言う理由。

これももちろん、オタクの人が全員、女性と付き合ったことが無いとは言えませんが、そのイメージはぬぐえません。

女性と付き合ったことがないからこそ、アニメキャラやフィギュアに熱中してしまうんだろう…と思ってしまうのです。

たとえ少女キャラクターのオタクではなくても、身なりに気を遣えないほど熱中してしまうものがあると言うことは、彼女とデートする暇もないだろう。

そんなイメージも持ってしまいます。

ただ、女性と付き合うのは、本人が希望すれば叶うものではありません。

オタクの人が、本当は女性とお付き合いしたいと思っていても、相手の承諾無しには付き合うことは出来ないのです。

そう考えると、女性と一度も付き合ったことがないことを、きもいと言われてしまうのは理不尽。

自分ではどうすることも出来ないのですから。

しかし、女性と一度もお付き合い出来ないのは、本人の努力の足りなさが原因かもしれません。

オタクっぽいところがあって、女性に嫌われてしまっているのだとしたら、それこそがきもい!と言われてしまう部分なのです。

ですので、女性が振り向いてくれないことを嘆くのではなく、自分の何がダメなのかを考え、変わる努力をすることだって大切なこと。

それが出来れば、オタクと言われることも、きもい!と言われることも無くなるのではないでしょうか。

【オタクが恋を見つけるには、こちらの記事もチェック!】

12.人の目を見て話ができない

オタクの人が、女性と一度も付き合ったことがない原因の一つとして挙げられるのは、人の目を見て話が出来ないところにあるでしょう。

女性は、そんなところにもオタクっぽさを感じ、きもい!と思ってしまうのです。

筆者としても、オタクの人は、人の目を見て話さないイメージがあります。

普通は、人と会話をする時、相手に顔を向けて、言葉だけじゃなく表情で理解し合うものです。

それが、顔を向けてくれなかったり、目を見て話してくれなかったりすれば、相手の言葉も聞き取り辛く、表情が見えないので、実際何を考えているのか分かりません。

そんな態度から、やはりリアルな世界では人とコミュニケーションがとれない人のように感じ、きもい!と思ってしまうのです。

これは、ツイッターでは饒舌に会話しているのに、顔が出る場所では何も言えないのと同じ。

顔が見えないところでしか発信出来ない人は、社会不適合者に見られてしまうのです。

だからこそ、オタクはどんどん、はみ出し者扱いされていくんですよね。

でも、オタクだとしても、コミュニケーション上手な人っていますよね?

会話の内容を聞けば、オタクだな~と思っても、明るい口調で楽しくコミュニケーションが取れさえすれば、きもい!とは言われないはずです。

「ちょっと変わった趣味をもった面白い人」になれるはずなのです。

オタクがきもい!と女性から言われてしまうのは、何より醸し出される雰囲気によるもの。

熱中している趣味があっても、雰囲気によっては、きもいとまでは言われないのです。

13.アニメキャラについて語られた

女性がオタクをきもい!と言う理由には、話し方もそうですが、話す内容にもあるのです。

女性が興味の無いアニメキャラについて、延々と語られたら…やっぱり女性は、きもい!と思ってしまうのです。

これは先ほども言ったように、話し方にもよるでしょう。

明るく、普通にコミュニケーションが取れていれば、アニメキャラの話にびっくりはしても、聞いてはくれると思います。

そして、普通のコミュニケーションが取れる人というのは、自分の趣味について話しても、相手が興味がないと思えばすぐにやめるのです。

そして、他の話題の話も楽しく展開できるのが、普通の人。

いろんな趣味に精通していて、その中のひとつがアニメというくらいなら、意外性を持って見られるだけの話でしょう。

だけどオタクの人は、全体的にコミュニケーションが苦手な傾向がありますよね。

そしてひとつの趣味だけに熱中しているので、他の話題がありません。

だからこそ、会話をしていてもボキャブラリーがなく、自分の世界に浸っている人のように見えてしまうのです。

相手がどう思うかを考えることなく語ってしまう所こそ、周囲が見えていないオタクであり、きもい部分なのです。

ひとつの趣味に熱中するのも素敵なことですが、広い社会で人とコミュニケーションをとるのなら、他のことにも興味を持つようにしたほうがいいでしょう。

そうすれば、自然と身なりに気を遣うようになり、人の気持ちを考えることが出来るようになるのでは?

でないと、自分と同じ趣味を持つ人としか、コミュニケーションが出来なくなってしまいます。

14.ヲタ芸を完璧マスターしていた

ヲタ芸を完璧にマスターしているなんて姿も、女性がオタクきもい!と言う理由です。

やっぱり、全力でヲタ芸をしている姿には、女性は引いてしまうのです。

でもあれだけ動けるなら、運動神経が無いとは言えませんよね。

むしろリズム感があって、運動神経がいいのかもしれません。

でも、その運動神経がヲタ芸に発揮されるのなら、やはりきもい!と思われてしまうんですよね。

筆者もどうしてだろう?って思って考えてみたのですが…きっと、爽やかさが無いように見えるからです。

正直、何かに洗脳されているかのような、そんなイメージを持ってしまうのです。

洗脳されてしまっている人もまた、何をし出すか分からない怖さがあるんですよね。

世間一般の常識ではなく、洗脳状態の常識の中で行動してしまう。

それが、新興宗教が敬遠される理由でもあるでしょう。

日本は、無宗教の人が多いですから、何かの信仰の中で生きている人に対し、謎の恐怖を抱いてしまうのです。

オタクの人にも、ある意味では同じような感覚を抱くんですよね。

それが偏った見方だとしても、多くの女性の意見はそう。

そこを理解しない限り、女性からきもい!と言われないようにすることは出来ないのだと思います。

15.アニメグッズを持っていた時

女性がオタクきもい!と思うのは、アニメグッズを持っていた時も。

グッズまで持ち歩いているということは、そうとうなオタクなんだろうって思ってしまうんですよね。

女性がサンリオキャラクターを持つのと、きっと同じ感覚なんだろうとは思うのですが…やはり成人した大人が、キャラクターグッズを持っているのって、おしゃれとはみなされません。

ちょっと、特殊な趣味の傾向があるんだなって思ってしまいます。

サンリオキャラクターは確かに可愛いですが、それを大人の女性が持ち歩いていたら、同じ女性でもちょっとした偏見を持ちます。

それと同じで、成人男性がアニメグッズを持っているのも、女性としてはNG。

理解し合えない人だと思ってしまうのです。

オタクの皆さんは気をつけて!(まとめ)

さて、今回は「女性がオタクきもい!」という理由について、解説してきました。

女性にどう思われても自分の道を貫くもよし。

ですが、きもい!と言われたくないのなら、女性の意見を踏まえて変えていくことも必要なのでは?