CoCoSiA(ココシア)

オタクきもい!と女子が言う15個の理由。イメージが悪い?


オタクの人は、どうしてもきもい!と言われがち。

特に女性からは、すっかり敬遠される存在になってしまいました。

オタクと聞いただけで一歩引いてしまうし、オタクっぽさを感じただけで距離を置いてしまう…。

これって、オタク男性にとっては大問題なのでは?

よく考えれば、オタクは男性にも女性にもいるはずです。

しかし、多くの女性が持つイメージは「オタク=男性=きもい」になっています。

ですので、「オタク=女性に嫌われる」という認識にもなってしまうのです。

でも、なぜオタクは男性に多いのでしょう?

なぜ、きもい!と思われる雰囲気を漂わせてしまうんでしょう?

そもそもオタクとは、自分の趣味嗜好に傾倒し過ぎる人たちのことですよね。

誰にだって趣味はあるものだし、自分の好きなことや興味のある分野なら、熱中したり詳しくなったりするのは当然です。

そう考えれば、オタクは男性だけとは限らないし、誰もがオタクなのかもしれません。

実際にオタク女性だっているし、オタク具合が表面化していなくても、オタクの人は潜在的にいるはずです。

つまり、本来はオタクが全員きもい!ということにはならないはずなんですよね。

でも、一般的にオタクはきもい!人で、オタクと一般人は、一線を画しているように思われているのです。

それは一体なぜなのでしょう?

オタクきもい!と女性が思う瞬間

きもい!と思われ、女性に嫌われてしまうオタク。

ほとんどの場合が男性ですが、もちろんオタク女性も例外ではありません。

オタクであれば、女性でも嫌われてしまいがち。

友達が出来にくい人だったりするでしょう。

本来、趣味嗜好に熱中することは、決して悪いことではありません。

ですが、その趣味が特殊なものだったり、なかなか他人に理解されないものだったりすると、それに熱中しているというだけできもい!と思われてしまいます。

また、ひとつのことに熱中し過ぎるあまりに、自分も周りも見えなくなっているような場合も、きもい!と言われてしまいますよね。

私たちは、個性を尊重しようとは言うものの、やはりはみ出し者が嫌いです。

一般感覚による常識的な範疇を超えていると、途端に輪の中には入れてもらえなくなるのです。

つまり、オタクの人は多数派の常識からはみ出してしまう人。

それは、熱中している趣味であり、身だしなみであり、性格であり…と、様々な点で多数派の“普通の人”と違うのです。

そういった違いを見つけると、途端に「きもい!」と思われてしまう訳です。

という訳で今回は、オタクきもい!と女子が言う理由について、まとめてみました。

筆者も女性の立場として、キモイ!と言われたくない人のために、女性の気持ちを解説していきたいと思います。

オタクきもい!と女子が言う15個の理由

ではここからは、実際にどんな特徴があると、きもい!と言われてしまうのか。

「オタクきもい!と女子が言う理由」を調べてみました。

つまりこの理由が、女性が思う“普通の人”からはみ出している部分。

オタクと思われている人の多くが、兼ね備えている特徴です。

そして「オタクきもい!」と女性が思う時、大抵その理由はひとつではありません。

いくつかの特徴を併せ持っているのです。

ここから言えることは…オタクっぽさを演出する特徴をひとつに留めれば、きもい!と言われなくなる可能性が高いということです。

熱中している趣味は譲れないでしょうから、それ以外のオタクの特徴を、常識の範疇に収めるのです。

そうすれば、オタクでもオタクとは思われないはずですよ。

オタクの人だって、きもい!と言われるのは心外ですよね。

自分が大切にしている趣味を、理解してもらえない悲しみもあるでしょう。

でも、理解してもらうには、オタクの人も他人を理解しなければなりません。

歩み寄りが必要なんです。

まずは「オタクきもい!」という女性の意見を聞き、自分を客観的に見られるようになりましょう。

1.臭い

オタクきもい!と女子が言う理由には、まず臭いことが挙げられます。

オタクの人が全員臭いわけではないと思いますが、嫌な体臭を放っている傾向が、確かにあるようです。