ちょっと前までのオタク女子というと、ファッションには何の興味もなくひたすらアニメや漫画に熱中し、引きこもるといったイメージが先行していましたが、今時のオタク女子はめちゃくちゃアクティブで、推しメン(キャラなど)に恥じぬようおしゃれにしている人がとても多いです。

元より、日本人はアニメで育ってきたような傾向があるので、ほとんどの人が少なからずオタクです。

世代にもよりますが、鉄腕アトムにはじまり、アタックナンバーワン、銀河鉄道999、笑ゥせぇるすまん、Dr.スランプアラレちゃん、ドラゴンボール、うる星やつらにドラえもん、クレヨンしんちゃん、ポケモン…挙げたらキリがないほど名作アニメがあります。

それにジブリの新作が出れば必ず上位にランクインしますし、鳥獣戯画や春画の時代から日本人はオタク気質です。

アニメや漫画だけでなく、特定の映画のオタクやサバゲ―オタク、虫オタクなどなど、色々な種類のオタクがあるので、言ってみれば、無趣味の人以外はみんなオタクです。

そう考えればオタク女子と付き合うことには何の抵抗もないでしょう。

しかし、熱量の多いオタク女子と付き合うなら気を付けなければいけないことがあります。

気を付けよう!オタク女子に共通する嫌がる男子の行動6個

熱量の多いオタク女子は「このアニメ好き」くらいの人とはわかりあえない一線を持っています。

気を付けるべき行動6個に共通して言える意識は「踏み込むな」です。

なぜ踏み込んではならないのか、より詳細を見てみましょう。

1.馬鹿にする

好きなことを馬鹿にされてニコニコできる人の方が稀有です。

オタク女子は他の人と比べるとたしかに熱量は多いので一般的なレベルの人と比べると違って見えますが、それを馬鹿にすることは、馬鹿にする側の人間性の程度が知れます。

馬鹿にされがちなのはアニメや漫画、ゲームオタクが不思議と多く、これは「そういうのは子供の時代で過ぎるもの」と思っている人がいるからのようです。

とくに欧米では、大人になってからそのようなものが好きだと「幼稚」「おかしい」などと言われるのだとか。

ただ、その感覚は日本においては合致しません。

なぜなら、そのようなコンテンツの内容がもともと大人向けに作られているものが多いからです。

最近は、子供向け用だったコンテンツも「大きなお友達」のための要素が意図的に盛り込まれるようになっているので、大人も結構楽しめます。

2.5次元ミュージカルや応援型映画鑑賞はその最たる例といえるでしょう。

2.興味本位で聞いてくる

会話のとっかかりにオタク女子の趣味の話題を選ぶのはナンセンスです。

最後までその会話に付き合う覚悟ができているでしょうか。

そして、その人が好きなものをピンポイントで抑えた話題を振れるでしょうか。

たとえばですが、ドラえもんが大好きなオタク女子がいたとして、一般的には「ドラえもん」か「のび太君」の話をしてしまうでしょう。

でもその人の推しが「せわし君」だったら、話ができるかどうか怪しいです。

ちなみに「せわし君」はのび太君も曾孫です。

あるいは「俺もサバゲ―好きだよ」なんてサバゲ―女子に言っても、それが「ちょっとやったことある」のレベルだったらお話になりません。

歩み寄りたいなら趣味に関する話は一切しない方が地雷を踏まなくて済みます。

オタク女子はたしかに生活の比重を趣味に置いている部分が大きいとはいえ、それだけではないのでもっと人間性の部分で会話をするようにしましょう。

3.生半可な知識をひけらかす

2番目の項目とも似ていますが、聞きかじったレベルの知識を披露するのは危険度がものすごく高いです。

危険度が高いには2つの理由があります。

1つ目は当然ながら相手の知識よりはるかに下のレベル、または間違った知識をひけらかすというリスクです。

もうそれだけで嫌われます。

2つ目は、相手の知識を上回っていた場合です。

上回っているとなると、より聞きたいという気持ちになってグイグイ掘り返されるか、オタク女子の自尊心を傷つけるかのどちらかになります。

前者であれば良いようにも思えますが、仕入れた知識単体が上回っていたというだけならすぐに話題が尽き、しかも「たまたま良い情報を持っていただけなのに、あんなにドヤ顔で言っていたのかい」と呆れられてしまう恐れがあります。

4.話を拒絶する

踏み込んでもいけませんが拒絶するのもいけません。

ベストは優しい受け流しです。

会話を例にした方がわかりやすいのでNGとOKのそれぞれ記載します。

「限定ブルーレイBOXを入手できたの!並んだ甲斐があった!」

NGの返答「いい歳して何買ってんだよ」

OKの返答「欲しがってたもんね!並んだ甲斐があったね!」

「○○の劇場版!絶対見たい!」

NGの返答「は?興味ねぇし」

OKの返答「最近公開されたんだっけ?楽しみにしてたもんね」(一緒に行くとは言ってない)

上記のように、気持ちを受け止めて情報は受け流すのが上手な方法です。

こうすると、理解してくれていると感じられる上に情報の散弾をかわすことができます。

5.イベント等の参加を制限する

趣味に関するイベントを制限してくる男性はオタク女子からすると恋愛対象外です。

付き合ってからそのことがわかると冷めます。

結婚していて、趣味イベントに多額の資金を投下して家計を圧迫している、または仕事も家事も放り出して役割を全うしていない、というなら話は別ですが、自分で稼いで自分の時間を趣味に使うことを制限される道理がありません。

イベント参加も含めて趣味に注力することを許してくれないと、お付き合いを続けるのは難しいでしょう。

趣味に関係ない日は会えるので寂しくても耐えるしかありません。

6.趣味と同じ土俵に立とうとする

男性が言われて困る「私と仕事のどっちが大事なの」と似ています。

「わかった!君が大事だからずっと一緒にいよう!ニートになるね!」という男性がいないように、天秤にかけるものではありません。

また、彼氏と出会うよりも趣味に目覚めたのが先の場合、その女性の人生の時間を占めている割合は趣味の方が大きいわけですから、彼氏“ごとき”が同じ土俵に立てる、急に取って代われると思う方が間違っています。

そう簡単に優先度を下げられるくらいの熱意だったらオタクと認識されるまでのレベルになっていません。

趣味は趣味、彼氏は彼氏でどちらが大事という順番をつけているわけではないので、彼女が趣味に使う時間が多くてもとくに気にせず、束縛されるよりは良いと考えましょう。

長い付き合いになればなるほど、互いに自分の時間を持っている方が気が楽になります。

オタク女子はこんな男子だと嬉しい!

オタク女子が嫌う男子のことはよくわかりました。

上記までは、そうならなければいいいだけなので、次に喜ばれるパターンを見てみましょう。

否定しない

好きなことは否定されると悲しいので「お好きにどうぞ」くらいは許容してもらえると嬉しいです。

全力で応援してね、という話ではないので難しくはないでしょう。

その女性が自力で勝手に楽しんでいる間は放任してくれる男子が好感をもたれます。

また、理解してくれないとしても趣味の話をほどよくできるくらいの関係だと持続するので、彼女の趣味の話を聞いて共感しつつ、詳しいことまでは興味がないというスタンスなら嫌われるほどのことにはなりません。

多くのカップルは、二人で共通の趣味を持っているカップルばかりではなく、お互いにそれぞれ趣味を持っています。

しばしば趣味が違うことでトラブルに発展するのは、結婚や同棲をしている場合において支障が出ているケースがあるからです。

たとえば、コレクションの数が尋常ではなく生活のスペースの大半を占めている場合や、二人で貯金をしていたのに勝手に切り崩して趣味に投じてしまった場合、あるいは二人で約束していた予定があるのにイベント参加のためにドタキャンするなど、相手のことを一切無視した行動がみられるケースに限っています。

実害がない以上、否定する根拠がありませんので、認めることが大切です。

趣味を一緒に楽しんでくれる

理想的にはこれです。

趣味によっては二人で楽しめるでしょう。

さすがに、性癖がストレートな男性に「一緒にBLを楽しんでね」というのはちょっと難しいかもしれませんが、アニメを一緒に見たり、サバゲ―にチャレンジしてみたり、地方の鉄道を見に出かけたりなどは比較的一緒に楽しみやすいです。

知識量や熱量まで彼女に合わせる必要はありませんし、歴が違いますから追いつくのは困難ですが、一緒に楽しむくらいならできることがあるでしょう。

楽しめないなら応援する、理解を示す

応援といっても、資金を出してあげる、自分との予定を全て無視されても趣味に走ることを推奨してあげるというのは、さすがに何だか違います。

率直な言い方をすると「勝手にどうぞ!」で、それ以上でも以下でもない距離感であれば問題ありません。

オタクからすると、それが一番の応援であり理解だからです。

その観点からいくと、どうしても許せない趣味の女性とは、それ以外の部分がいかに合っていても恋人にはならないほうが良いといえます。

アイドルオタクの女性が男性アイドルにキャーキャー言うのが許せない、趣味のつながりの中に男がいるのが許せないという嫉妬深い男子、自分のためだけにお金を使って欲しいヒモ志望の男子、彼女の時間を独占したい束縛系男子はオタク女子との相性がすこぶる悪いです。

話を聞いてくれる


否定しないこととも近いですが、おしゃべりが好きなオタク女子は彼氏に対しても趣味の話をします。

なぜなら、日常生活の中で脳内にある情報が趣味に関することが多いからです。

自然と話題がそっちにいきます。

とはいえ、オタク女子は自分の趣味への熱意が大多数の人と比べて高いことを理解していますから、のべつまくなしに情報をぶちまける人は少ないです。

「イベントに行って楽しかったよ」「この前発売された限定品が欲しいから貯金してるんだ」「○○ってところに行ってみたいな」という話程度なので、このくらいは聞いてあげましょう。

無趣味の男性が、彼女にはわからない仕事のことを話すのと大して変わりません。

そもそもオタク女子とは?

オタク女子は広義なので、趣味の種類は別として何かに没頭している人全般です。

アニメ、漫画、ゲーム好きはもちろん、声優オタク、鉄道オタク(鉄オタ)、映画オタク、ドラマオタク、サバゲ―オタク、文学オタク、アイドルオタク、歴史オタクなどなど、特徴も性格もさまざまです。

しばしば「意識高い系」と呼ばれる、ヨガ、スムージー、ジョギング、タンパク質中心の食事、良さそうな水の摂取を心がけている人も健康オタクや筋肉オタクで、オタク女子といえます。

オタク女子と腐女子の違いって?

オタク女子という大カテゴリの中に腐女子という小カテゴリが存在します。

腐女子は、BL(ボーイズラブ)を愛する女子のことを指します。

この腐女子というのはオタク女子の中でもかなり色々な種類があるので理解するのは困難です。

ある漫画に出てくる男性キャラクターをカップリングして妄想するというだけでも、攻めと受け(男役と女役のようなもの)をどのキャラにするかで論争が起きることもあれば、BLならなんでもいいという雑食系、二次創作はNGでオリジナルのBL作品専門の人、同性愛そのものが好きで現実の男性同士のカップルも好きな人など本当にさまざまです。

文化的には歴史がとても長いので珍しい存在ではありませんが、それまで身をひそめていた存在が1990年代あたりから堂々と公言するようになってきたので最近の流行みたいに捉えられることが多いです。

また、勘違いした男子が「腐女子=BL好き全般」と思い込んで「お前らこういうのが好きなんだろ」と男友達と絡んで見せつけたり、そう言ったりする光景も見られますが「実写には興味ない」という人も多いです。

性癖がストレート(男女の交際しか受け入れないタイプ)の男性にとっては理解しがたいところが多いといえます。

オタク女子の特徴


オタク女子といっても、程度や趣味のジャンルによって大きな違いがありますし、一概の特徴を述べるのが難しいのですが、誰からどう見ても「あ、この人オタクだ」とわかるレベルに限定すれば、ジャンル問わず一定の特徴を持った女子が多いです。

そこで、人生の時間の大半を趣味にかけてきたような高レベルのオタク女子に特化してその特徴を解説していきます。

普段は大人しいけど、好きジャンルの話になると激変

持っている知識を話したいというオタク女子もいることにはいますが少数派で、オタク仲間が少ない人ほどこの傾向が顕著に表れるようです。

話したいことがたくさん心の中にあるけど、話すきっかけがなかなかないので、つい多く話してしまうというわけです。

あるいは、オタク仲間が欲しいため、熱心に語ることで興味をもってもらえるのではと期待しているということもあります。

しかし、同じくらいの熱をもって聞いてくれる人は稀なので、周りの空気が冷えたことを感じると「やっちまった!」と猛烈に後悔するのも特徴です。

束縛の可能性は低い

彼氏に対する優先度が趣味よりも上回るということはあまりないことから、オタク女子が彼氏を束縛する可能性は低いといえます。

ただ、オタクになった経緯にもよるので難しいところです。

極度の依存型かオタクかを見極めるのは人間観察が得意な人でないと無理でしょう。

というのも、依存型の人は常に何か依存できるものを探していて、たまたま、今依存しているのが趣味であるために一見するとただのオタク女子に見えるだけというのが理由です。

彼氏ができると趣味に向かってた思考が一気に彼氏に向かうので行きすぎるまでの束縛女子になりかねません。

恋愛経験が少なかったり、人付き合いが苦手

最近のオタク女子は普通にモテる人が増えてきているのですが、コアな趣味かつ男性にあまり知られたくない趣味の女性の恋愛経験は少ない傾向があります。

BLガチ勢、ジャニオタ、その他の男性アイドルのおっかけ、ヅカファンなど、趣味自体が恋愛感情に近しいものをもっているオタク女子に多いです。

人付き合いが苦手なオタク女子というのは、趣味以外の話題を持っていないタイプです。

平日も働いていない時間の全て、たとえばご飯を食べているときやお風呂、トイレの時間まで趣味に使い、休日はイベントやショップにでかけるなど、他の話題を仕入れる余地が無いという状態です。

こうなると他の趣味をもつ人との会話が難しくなるので当然ながら人付き合いもスムーズに運びません。

自分に自信がない

オタク女子だから自分に自信がない、のではなく、自分に自信がないからオタク女子にならざるを得なかったという場合に限ってこの特徴がみられます。

自分に自信がないことが最初にあり、人の目を見て話すことができなかったり、自己主張ができないでいる内に、何か心を満たしてくれるものを探し求めて趣味に落ち着いたという経緯を持っています。

ひとたび趣味が確定すると、ネット上などでその趣味に関する会話ができるようになりますし、暇な時間も人に頼らず趣味の世界に没頭できるので利点づくめです。

そうして知識も偏っていくとなおさら人との交流に支障を来すので、リアルな世界での自信をますます喪失していきます。

一方、趣味を始めたことによって自信を取り戻す人もいます。

趣味のつながりから友達ができ、その友達と趣味を越えて交流できるようになったり、イベントに堂々と出かけられるようになることで自信を持つことにつながってくることがあるからです。

また、イベントに出かけるためにおしゃれを始めたことで自分が意外とイケてることに気付いて自信をつけたり、オタサーの姫となって男性からチヤホヤされることで異常なまでの自信を身につける人もいます。

代表的なオタク女子のジャンル

オタク女子という大きなカテゴリの中には趣味の違いによってたくさんのジャンルがあるので、その中から代表的なものをいくつかご紹介します。

そのジャンルの中でもさらに細かく分かれているので気になるオタク女子がどれなのかによって、踏むべきではない地雷があったりしますから注意しましょう。

アニメ・漫画オタク

単純にアニメや漫画が好きなオタクでBL好きとはまたちょっと違います。

作品そのものを見る、読むのが好きなタイプでとくにキャラクターなどには興味がない人もいれば、特定のキャラクターに特化して推している人までさまざまです。

程度にも色々あります。

3カ月を1クールとして毎期ごとのアニメを全て見ている人、毎週数本のアニメを見ている人、アニメ専門誌を購読している人、情報には興味がない人、特定のアニメしか見ない人、部屋中アニメや漫画のポスターだらけなどなど。

他にもコレクションが好きで、DVDやブルーレイの限定BOXは予約して必ず購入、気に入った漫画は発売日に買いそろえる、フィギュアも買う、アニメを見るなら原作も買うなど、とにかく幅が広いので全てを言いつくせないほどです。

また、何も現代のアニメや漫画にも限定しません。

初代の鉄腕アトムのアニメが好き、昭和のアニメ全般が好き、貸本時代の漫画が好きなどレトロなファンもたくさんいます。

アイドルオタク

アイドルオタクは、男性アイドル好きか女性アイドル好きかでもちょっと異なります。

ザッと挙げてみましょう。

AKBや地下アイドルのオタク

自宅でテレビやインターネットなどで見たりグッズの通販はするタイプもいれば、ライブも握手会も全部いく現場主義の人もいます。

その中でもDD(どのグループでも誰でも大好き)、特定のグループの全メンバーが好きな箱推し、結成当時から応援している古参、アイドルに自分を知ってほしい認知厨、無料イベントしか行かない無銭厨、自分もアイドルになりたいと憧れているタイプなどがあります。

オタク女子では少ないらしいですが、握手会に参加するためCDを何百枚と買う人もいるそうです。

モノノフ

ももいろクローバーZの熱狂的ファンをモノノフというそうです。

メジャーリーガーにもなった田中将大選手がモノノフということでも話題になりましたね。

ジャニオタ

本気で恋をしているリア恋タイプから、ジャニーズの内情にまで詳しいプロデューサータイプ、宗教かと思うような熱狂型から、年下の子を応援する母性タイプまでさまざまです。

特定のグループだけが好きな人もいますし、ジャニーズのアイドルなら誰でも好きという人もいます。

ジャニオタは圧倒的に女性が多く、ファンの中だけで通用する用語や謎のルールもあるらしいです。

「嵐」が好きな人の中でも単なるファンではなく病的な人のことはアラシックとも呼ばれています。

ジャニオタは結束力がものすごいのでSMAP解散報道時など新聞に呼びかけ広告を出す人もいました。

グッズやDVD購入への投資額もハンパじゃありませんし、生きがいにしている人もたくさんいます。

ヅカファン

アイドルカテゴリとは少しズレますが似ているのが宝塚ファンです。

男役に恋をしている人、女役に憧れている人、舞台そのものが好きな人などこれもまた色々です。

男役ファンの熱狂度はその中でもかなり高く、トップスターの引退ともなれば数千人が駆けつけます。

また非公式ながらファンクラブが結成されると団員の人のマネージャーのような動きをしたりもします。

ファンクラブがチケット購入代行、団員とのお茶会の開催なども担うそうで、ほとんど公式といっていいようなレベルのものが多数存在している状況です。

BL、百合オタク

BLは男性同士の恋愛を描いたもの(ボーイズラブの略)、百合は女性同士の恋愛を描いたものを指します。

多くは二次創作といって、ジャンプやマガジンなどで連載されている原作に登場する男キャラクター同士で同性愛を妄想したり、女の子がたくさん出てくる作品で同性愛を妄想した作品を好みます。

同性同士が恋愛をしていれば何でもいいという人もいれば、Aというキャラクターは攻め(男役)、Bというキャラクターは受け(女役)でなければならないという縛りを持っている人もいて、その逆を唱える人と衝突したりもするそうです。

オリジナル作品専門という人もいます。

二次創作のように原作のあるキャラクターは使わず、作者がキャラクター作りから行った同性愛作品のみを愛するオタクです。

作品のみ好きという人が多く、現実でも望んでいるかというとそういうわけではありません。

ゲームオタク

ゲームオタクも幅が広いです。

ゲームソフトはなんでも好きな人、FF(ファイナルファンタジー)ファン、ドラクエ(ドラゴンクエスト)ファン、パワプロファンなど特定のゲームソフトのファンから、今では入手困難なファミコンやスーファミのソフトをコレクションしている人、スマホアプリのゲームのファン、自分でゲームを作る人までいます。

また、家や手持ちでやるゲームではなくゲームセンターのゲームオタクもいます。

日本中、または世界と対戦できるものもあり、ランキングを競ったり大会にでかけたり、店舗対抗戦に挑んだりします。

その他、電子的なゲームに限らず、ボードゲームファンも近年話題になっています。

ボードゲーム専門のカフェもできて、人生ゲームやオセロ、世界中のボードゲームをカフェで出会ったばかりの人と楽しんでいます。

また、トレーディングカードゲームに熱中する人も多く、遊戯王カードなどは世界大会まで開かれ、地区予選、国内選抜など含めて2017年の参加人数は国内だけでも2万人を超えたということです。

声優オタク

最近はアイドル声優と呼ばれる人も出てきました。

声優といえば声の仕事という時代ではなくなり、ビジュアルの露出が多い人もかなり増えてきています。

声優オタクというと、超有名どころの野沢雅子さん(ドラゴンボールの悟空など)やTARAKOさん(ちびまる子ちゃんなど)のクラスよりは、今ハヤリのアニメの若手声優のファンを指すことが多いです。

アニメ好きから始まり声優オタクになったという人が大半で、声優オタクになると作品のジャンルにこだわらず、その人が出ているものを全部見ます。

声優さんが出演するイベントや放送の観覧席に出向いたり、アイドル声優さんだと舞台をやったりもするので外に出ることが多いです。

鉄女

鉄っちゃんの女版です。

鉄道ファンのことを指します。

車両の分類や車両の改造遍歴を追う研究型、通称撮り鉄と呼ばれる鉄道の写真を撮ることを専門としているオタク、録り鉄と呼ばれる車両の音・発車ベル・社内放送などを録音するオタク、模型を集めるオタク、時刻表を網羅するオタク、駅の構造にまで詳しいオタクや、乗り鉄と呼ばれる日本や世界の鉄道を乗りつくそうとするオタクなど種類がたくさんあります。

鉄っちゃん、鉄女専門のバーなどもあり、そこではプラレールよりもさらに本格的につくられたミニチュアが走るのを見ながらお酒が飲めたりします。

また、鉄道会社が使わなくなった備品(メーターや看板など)を販売するイベントには全国各地から鉄っちゃんや鉄女が集まり、コレクションを購入しています。

歴女

歴女は歴史オタクの女性です。

日本だけでなく世界の歴史も含みます。

日本の歴史だけでいっても、縄文時代から現代まで全てを網羅するタイプから、戦国時代などに特化しているタイプ、城だけに特化しているタイプ、特定の武将だけに詳しいタイプなどさまざまです。

また、資料での学習が好きな人から、実際に史跡を探訪するアクティブな人、勉強会にさ参加するコミュニティ好きな人など関わり方の違いもみられます。

バイク、車オタク

あらゆる趣味の中で一番金がかかりやすい趣味といっても過言ではないのがバイク、車オタクです。

単に車種を知り尽くすのが好き、エンジンやマフラーなどの性能を調べるのが好きという人やミニカーを集めるのが好きという人も多いですが、発展していくとやっぱり自ら車両の改造を始める人が一定数います。

エンジンを変える、マフラーを変える、塗装を変える、ウーハーを車載する、ニトロを搭載する、デコる、痛車にするなど改造の趣味もさまざまです。

お金持ちのオタクも多く、フェラーリやポルシェを何種類も買う人、入手困難なアメ車やレトロな車を集める人もいます。

レトロな車は数千万円かけてエンジンのメンテナンスをしないと走れなくなったりするのでとてもお金がかかる趣味です。

中には、日本に数台しかない車のエンジン音を聞くために所有者の家を訪ねる人もいます。

コスプレイヤー

近年爆発的に人口が増えているのはコスプレイヤーです。

コスプレだけで年収1,000万円という人も登場し、ますます注目される存在になってきました。

もともとはアニメや漫画、ゲームのキャラクターに扮するのが主流でしたが、オリジナルのコスプレと言うのも出てきました。

その場合はキャラクターを限定せず、エルフ、魔法使い、戦士などジャンルのコスプレを楽しむようです。

コスプレイヤーのために撮影しやすい設備の整ったスタジオもたくさんあり、Photoshopなどの画像加工ツールの進化も手伝って市場は拡大しています。

ウィッグ、メイク、カラコン、衣装などのグッズもたくさん販売されていますし、熱心な人はプラ板(プラスチックの板)などを加工して剣や装備を作ったりもします。

まとめ~オタク女子と付き合うためには~

オタクと一口に言ってもジャンルも性格もさまざまですから、いっしょくたにまとめることは難しいものがあります。

ある程度の傾向や、嫌われる振る舞い、好かれやすい振る舞いは記載した通りなので、参考にしつつもそれだけでは足りないということを覚えておきましょう。

結局のところ、付き合うとなると男女間のことですから、その人個人にしっかり向き合わないと上手くいきません。

オタク女子の趣味を尊重しつつ、一緒にいる時間も大切にしてもらえるように頑張りましょう。