ファッションは人のアイデンティティを示すものですよね。

人は服装だけでその人が属しているカテゴリのようなもの分かってしまうのです。

例えばとても良いところのお嬢様だったら、ハイブランドの質の良い品の良いワンピースを着ているようなイメージがあるのではないでしょうか。

もちろんそれ以外にもたくさんの服があるので、その服ばかりを着ていると言うわけではありません。

ですが、何となくその人が属しているカテゴリによって服装が分かってしまうということもあるでしょう。

それはただのイメージであるという可能性もありますが、ほとんどの場合には間違っていないことが多いのです。

上述のように、お嬢様っぽい人はどちらかというと品の良い服を着るという印象がありますよね。

固定化された観念がすべて正しいと言うわけではありませんが、それでもそのカテゴリに入っている服を着る傾向にあるということは間違いありません。

自分でも例えば、ある程度の年齢カテゴリに入ると、服の好みを変えるということがあるのではないでしょうか。

ここではオタクというカテゴリに属している人の服装について考えてみることにしましょう。

オタクというのもカテゴリの中では、かなり強い特徴を持っていますよね。

何となくオタクのファッションについて固定化された印象を持っているという人もいるのではないでしょうか。

なぜそのようなタイプの服装をしているのか、それを選んでしまうような傾向にあるのかということについてまで考えてみましょう。

オタクファッションを解析しよう

オタクのファッションについては、いったいどのような印象を抱いていますでしょうか。

オタクの服装というと、何となく「ダサい」という印象を抱いている人が多いのではないでしょうか。

ですが、どうしてオタクの服装はダサいと思われてしまうのでしょうか。

どこかに同じような特徴を持っているからこそ、オタクという同じカテゴリの中で固定化されたイメージを持たれることとなるのです。

ここではオタクのファッションについて詳しく解析して見ることにしましょう。

オタクのファッションにはいったいどのような特徴があるのでしょうか。

オタクファッションをしている人はどこにたくさんいる?

そもそも、オタクのファッションをしている人はいったいどこにいるのでしょうか。

オタクファッションをしている人と言っても、なかなか見かけないと思っている人もいるかもしれません。

それは探す場所を間違えているからであって、単体で見つけようと思っても夢図解医ところがあるでしょう。

ですが、例えばオタクの集まりやすいところに行ってみれば、オタクのファッションをしている人がたくさんいるのではないでしょうか。

例えば秋葉原や、コミケなどに行ってみると良いでしょう。

そういったところに行ってみれば、オタクのファッションをしている人は驚くほどいるに違いありません。

そういったタイプの人はオタクのステレオタイプと分かるような恰好をしている人が多いはずです。

なかなか「オタク」の格好について分からないということがあれば、一度、オタクが集まっていると言われるような場所に行ってみると良いのではないでしょうか。

どうして皆同じようなファッションになるの?

オタクのファッションセンスというのは、多くの人が疑問を抱くようなものが多いですね。

どうしてそのファッションを選ぼうと思ったのか分からないという種類のものだということが多いのです。

どうして全員が同じような服を着ようとするのでしょうか。

普通に自分の好きなものを切れば良いのに、オタクと呼ばれるような人たちは同じような服を着るのです。

これはオタクが全員同じようなファッションセンスを持っているということなのでしょうか。

それとも、何かオタクがはまっている対象の影響で同じような服装になってしまうのでしょうか。

それでも、オタクと呼ばれる人たちもたくさんいるのに、同じようなファッションセンスになるというのは不思議なところですよね。

その答えはこれより下の項で明かしていきたいと思います。

一つだけ言えるのは、オタクが同じようなファッションをしているのは、自分たちで選んだ結果と言うわけではなく、皆が同じような思考で同じようなファッションになっているということです。

オタクファッションの14個の特徴

オタクのファッションにはいくつかの特徴があります。

全員が違うのに同じような服装をしている印象になってしまうのは、同じような特徴を持っているからでしょう。

オタクファッションの中でも目立っているいくつかの特徴について詳しく見てみることにしましょう。

オタクのファッションが持っている特徴には普遍的なものもありますので、どの時代でも変わらない特徴だということもできますよ。

チェック柄のシャツ


チェック柄のシャツを着ているという特徴は大きいのではないでしょうか。

チェック柄と言うのは、無地だとシンプルすぎてどうしようもないという意識が働くからでしょうか。

何となく柄物のシャツの方が、おかしくないだろうという気持ちになってチェック柄が選ばれるのです。

実際にはチェック柄のシャツはおしゃれ愛好者の中では着るのが難しい服ですよね。

何も考えずにチェック柄のシャツを着ていると「無地よりそちらの方が良いと思ったから」という理由で来ているように思われてしまうので、それなりに着方に工夫をしようとするものなのです。

まさにオタクが着ているチェック柄のシャツは「シンプルな無地のTシャツよりもマシなものを着ているだろう」という着方になってしまっているので、それがダサいと言われてしまう原因なのではないでしょうか。

アニメキャラクターのTシャツ

アニメキャラクターのTシャツを愛用している人もいますよね。

アニメのキャラクターのTシャツというのは、普通の人間では着ることができません。

例えばそれが有名なディズニーキャラクターのものであれば、若干普段の生活の中でも着ている人はいるでしょう。

「ディズニーランドのお土産なのね」という目で見てもらうことができるかもしれません。

それでも「Dオタ」という扱いをされることがありますが、他のアニメ作品のキャラクターのTシャツよりは扱いがマシになります。

ですが、普通の生活の中で他のアニメ作品のキャラクターのTシャツを身に着けているというのは、普通の人ではできることではありません。

そもそもそういったものを身に着けているというだけで「オタク」ということがはっきりと分かってしまうでしょう。

普通の人であれば、そもそもアニメにはまっているということも隠したくなってしまいますが、オタクはそこらへんは気にすることがないのです。

ある意味では、自分の好きなものに対してとても正直に生きていると言っても良いかもしれません。

自分の好きなものに正直に生きることにした結果、そういったオタク的なものを着て平気だと思ってしまうのです。

上着の裾をズボンに入れる

これは安定の「ダサさ」ですね。

上着の裾をズボンに入れるというのは、少しでもきっちりしているように見せようとして逆に失敗してしまっているパターンです。

それはダサいということが周知の事実になってきたので、最近ではこのパターンで歩いている男性は少なくなってきました。

ですが、それでもやはり、オタクの多く集まるような界隈にいると、上着の裾を完全にズボンに入れて歩いてしまっている人を良く見かけます。

最近では「シャツイン」と言って、シャツの裾をおしゃれに入れて歩く人も増えてきました。

ですがそれとオタクのシャツインは全く違うものです。

オシャレに見せるような工夫をすることもなく上着の裾をズボンに入れて歩いているようなことがあれば、それはダサいオタクということになってしまうでしょう。

リュックサックを背負っている

オタクはどうしてか、リュックサックで歩いていることが多いものです。

世の中にはたくさんのバッグが溢れているのに、なぜかリュックサック率が高いのです。

これは確かに両手が空いて良いですし、色々なグッズを入れるにしてもリュックサックは便利だからという理由があるでしょう。

一応、他のバッグにも便利なものはたくさんあるはずですが、頑なにリュックサックを守っているというのは、自分が一度便利だと決めたものを変えるのは面倒くさいからなのでしょうか。

新しくオタクという世界に足を踏み入れる人でも、なぜか最終的にリュックサックを背負うようになっていきますから、今も昔もオタク界隈ではリュックサックが流行っています。

これは不思議な現象だと言えるかもしれません。

ズボンの丈が短い

なぜだかズボンの丈が短いという人も多いようです。

つんつるてんの印象の服を着てしまっているということになるでしょう。

ズボンの丈が短い理由は分かっていません。

オタクの集まるような会場で熱狂すると暑さを感じるためなのか、それとも、洗濯で縮んでしまった、成長したのに新しいボトムスを買っていないなど色々な理由が考えられますね。

最も考えられるのは、ズボンの丈を直したりきちんと合わせたりということをしていないということです。

少し長めにとっているようなズボンも多いですが、自分の丈に合わせるという面倒なことをしないために、自分のサイズに合っていないようなズボンをはいている確率が高くなっているのかもしれませんね。

何となく自分で鏡を見てみると良いように思えてくるものの、他社から見ると短めの丈になってしまっている可能性があります。

上着の襟元や手首回りがヨレヨレ

上着の襟元や手首周りがよれよれになってしまっているというのは、きちんと理由が分かっています。

なかなかオタクが新しい服を買おうとしていないからです。

オタクはそもそもファッションに対しての意識が低いですから、自分の服が古くなってしまっていてもそれほど気になりません。

きちんと服を着ていれば良いという意識ですから、多少古くなってしまった服でも着ることができるのです。

最も、その「多少古くなってしまった」というのは、一般的なレベルでの「多少」ではないことは確かでしょう。

他の人から見るとよれよれで「そろそろ買い替えた方が」と思われるようなものでも、敗れていないから良い、というようなざっくりした理由で期続けているような意識がオタクのファッションの特徴を作り出しているのではないでしょうか。

太めの黒縁メガネ

太めの黒縁眼鏡をかけている印象の人も多いですね。

この理由も分かっていません。

世の中にはたくさんのオシャレ眼鏡があるのに、オタクはどうしてかオシャレ眼鏡には手を出そうとしないのです。

そうなると選択肢は黒縁眼鏡ということになりますが、特にその中でも太めというのは人気がありますね。

一応想像される理由としては、まずはオシャレ眼鏡を避けるのは、何となくおしゃれという響きにしり込みしてしまうからです。

そして、ふとぶちを選ぶのは、自分の顔に陰影ができるからなのではないでしょうか。

自分にそれほど自信がない人というのは、自分の顔が完全にさらされてしまっていると不安になってくる者です。

女性がショートカットを避ける傾向にあるのもこれが原因です。

逆に、顔の一部がきちんと隠れていると、それだけで安心して自分を見られるようになります。

太めの黒縁というのは、顔に掛かっていると何となく安心するところがあるのでしょう。

そのために選ばれているのだと思われます。

髪の毛がベッタリしているかパサパサしている


髪がべったりしているかぱさぱさしているかという極端なことになっているのもオタクの特徴かもしれませんね。

べったりしているのは、きっちりしているように見せようとしてワックスをつけて失敗してしまっているパターンだからでしょう。

不自然にワックスを塗ったようになっているのだとすれば、それは不自然な塗り方をしたからです。

慣れていないためにベタベタになってしまっているのに、それに気づかないのです。

もしくは、ぱさぱさになっているというのはヘアケアに気を遣ったことがないからです。

今どきは男性でもきちんと髪のことを気遣っている人が多いでしょう。

ですが、そういったことをしようとしないので、髪が痛んでしまってぱさぱさになるのです。

スニーカーを履いている

スニーカーを履いている人も多いですね。

オタクはどちらかというと、きちんとした若甦よりもカジュアルな格好の方が多いものです。

そういった格好に会うとすれば、革靴よりはスニーカーということになりますよね。

最も来ている服に合わせたというよりは、スニーカーの方が動きやすいというところが理由になっている可能性があります。

いつも同じ服を着ている

多くのお宅は全くファッションに対して興味を持っていないので、いつも同じような服を着ているでしょう。

服に対して京意味がなければ、色々なバリエーションの服を着るよりは、同じものを何枚も持っている方が良いのです。

同じものを持っていれば困ることもありませんし、安心して着ることもできます。

そのためいつ見ても同じような印象になってしまうというような状況になるのではないでしょうか。

身体と服のサイズが合っていない

なぜか身体と服のサイズが合っていないということもあるでしょう。

服と体のサイズが合っていないというのも不思議ですが、どうしてかぴったりしていないような服を着ていることが多いというのは不思議ですね。

オーバーサイズの服などをおしゃれで着ている人もたくさんいますが、そういった意味ではなく、どうしてだか全くサイズの合っていない服しか持っていないという人が多いです。

試着を避けて服を買ってしまう傾向にあるからでしょうか。

ストレートジーンズ

ストレートジーンズを着ている人も多くいます。

どうしてかこちらについてはダブダブの服ではなくストレートを選んでいるというのは、とても簡単な理由からなのではないでしょうか。

なぜならストレートが一番ナチュラルで、何も考えずに着ることができるからです。

ブーツカットのジーンズなどは「普通ではない」というところから、着ることができないのです。

毛玉だらけ

ニットは毛玉だらけということが多いのではないでしょうか。

毛玉だらけになっているというのは、ただ単に古いからです。

またニットのケアをしようともしないので、そういったところから古さが完全に現れてしまっているのです。

毛玉だらけの服はみっともないと思うものですが、オタクにとってはあまり気になっていないのか、どうしてかニットを着ているオタクは基本的に毛玉だらけというのが面白い法則のようになっていますね。

ダッフルコート

ダッフルコートを冬には着るというのも当たり前のようにいなっていますね。

ダッフルコートは一番ナチュラルで普通のものだから選ぶという人が多いのではないでしょうか。

次に多いものがあるとすれば、それはダウンコートでしょう。

全体を通してできる限り浮かない服を選ぼうとして失敗してしまうのがオタクなのです。

オタクのファッションに対する向きあい方とは

ここまでも問題提唱してきましたが、そもそもオタクのファッションに対する向き合い方というのはどの王なものなのでしょうか。

オタクは全員同じような服装をするというのはすでに説明して来たとおりです。

これはどうしてなのでしょうか。

オタクのファッションが同じようなものに見えてしまうというのは上述のような原因があるからです。

ですが、全て同じようにしてしまう必要などないはずなのに、オタクはどうしてか上述のような特徴を持った服ばかりを選んでしまいます。

自分たちが現実的な世界のファッションの中では須古井浮いているということに気づいているはずなのに、どうしてオタクのファッションは変わって行こうとしないのでしょうか。

ここでは、オタクのファッションに対する向き合い方について考えてみようと思います。

おそらくはここに、オタクのファッションが同じようなものに見える理由、そして、オタクのファッションがあまり人気ではないままとどまっている理由があるのではないでしょうか。

詳しく見てみることにしましょう。

趣味にお金をつぎ込むのでファッションにお金をかけない

まず、オタクはそもそもファッションに対してお金をかけようとはしません。

男性のファッションは女性ほどにはバリエーションがありませんから、ある程度の質のものを着ると、それなりに良いものに見えるはずなのです。

あまりファッションに対して自信がない男性などは、質の良いものを選んで長く着るというようなことをしていますよね。

ですが、オタクは基本的にファッションにお金をかけようとはしません。

別にお金がないというわけではないのです。

オタクであったとしても社会の中できちんと働いているのなら、ファッションに対してお金をかけることができるくらいの余裕は持っているでしょう。

ですが、それをしようとしないのがオタクなのです。

稼いだお金は趣味につぎ込んでしまうからです。

良いものを買えばそれなりに見られるようになるということは知っていても、そのお金があったら趣味につぎ込みたいと思っている人が多いので、ファッションにお金をかけようとは考えないのです。

そのために、基本的にオタクの服装は変わらないまま、似たようなものが多くなってしまっています。

お金をかけずにどうにかしようと思うと、全員が同じような思考回路で服を選ぶことになるからです。

基本、ファッションに興味はない

プチプラファッションが悪いと言うわけでは決してありません。

現代ではファストファッションも流行していますし、できる限り安く良い服を探そうというのは間違っているわけではないのです。

ですが、それが間違っていないと言えるのは、ファッションに興味がある人が頑張って自分に合うものを探して着ようとしているからです。

ファッションに興味がない人がお金も書けないようにと思うと、結果的にオタクのしているような服装をすることになってしまいます。

それを考えると、オタク的なファッションをしている人が必ずしもオタクである必要はないのかもしれません。

オタク的なファッションをしている人の中に完全にオタクの人種が含まれているというだけであって、中にはファッションにお金をかけたくない、かつ、ファッションに全く興味がないけれど、オタク活動にも興味がないという人も含まれているかもしれませんね。

どちらにせよ、お金をかけたくないという意識の上に、ファッションがどうでも良いと思っていると、何となく全員似通った服装をすることになります。

これがオタク的なファッションの類似性の原因の一つとなっています。

母親が買ってくるものを着ている人も多い

微妙にオタクのファッションが流行遅れになっていることが多いのは、母親が買ってくるものを着ている人が多いからかもしれません。

もちろん、オタクでもきちんと自分で選んできている人もいるでしょう。

やはりファッションに対しての自分の好みなどがないので、同じような、一言でいうとダサい服装をしている人もいます。

ですが、それは自分で選んでいるだけましかもしれません。

究極的にファッションなどどうでも良いという考え方の人になってしまうと、母親が買ってくるものを着るようになるのです。

母親が成人した息子の服の世話までしているということですね。

息子がファッションに対して全く興味がないことを見かねて口を出すようになる母親もいますが、どちらにしても現代的なセンスの中でエランではないので、どこか流行おくれのダサい服になってしまう危険性があるのです。

スタイリッシュな服装を選んでくる母親の方が少ないでしょう。

コスプレとなると一気に燃える

オタクは基本的にはファッションには興味がありませんが、コスプレとなると一気に燃えるということもあります。

普段のファッションのことなど全く分かっていないのに、コスプレのことだけはきちんと知識があるということですね。

最もこれは、オタクの中でもコスプレイヤー好きの人たちだけの話です。

コスプレが嫌いなオタクもいますから、一概にいうことはできませんが、中には自分の服装がどうしようもないほどに何もこだわっていないことが分かるものなのに、コスプレだけは執着心とも言えるほどにこだわり灯っている人もいます。

一般の人から見てみると、むしろその情熱を普段の服装にも少しは向けてみれば、まともな服装になるのにと考えてしまうでしょう。

ですが、やはり好きなものにかける情熱は普通とは違うのです。

人からどう見られているかは気にならない

オタクの多くは人からどう見られているか気になりません。

そうでなければ、これだけオタクというものについて知られている現代に、オタクだとはっきり分かるような服装をしていることはないでしょう。

人の目が気になるお宅の場合にはきちんと恰好を整えてきます。

隠れオタクのほとんどはまともな服装をしているはずです。

ですが、人目の全く気にならないお宅になってしまうと、上述のような特徴を持っている「いかにもオタク」という服装をすることになるのです。

これだけ現代の社会の中で「オタクはダサい」などとはっきりと言われているのに、それでもステレオタイプの服装を続けるということは、そもそもそういった声が聞こえていないということになるのではないでしょうか。

人からどう見られていても気にならないのです。

もう既に開き直っている状態なのかもしれませんね。

周囲の人のファッションも見ていない

オタクの人は、周囲のファッションにも興味がないことがほとんどです。

そのために、少し季節からずれた服装をしていることもあるのではないでしょうか。

また、流行というものについても知らないので、平気で少し遅れた服を着てくることがあります。

ちょっと周りを見てみると自分の服装が周囲から浮いてしまっているということは分かるのですが、その視点を持つことができないというのが問題ですね。

周囲の人の目や服装を気にしていると、何となく自分の服装が恥ずかしくなってしまうこともありますよね。

それまでファッションに興味がなかった人が急にファッションに目覚めることがありますが、それは例えば「私は周りから浮いている」「まわりはおしゃれなのに私は……」と考えるところから始まるはずです。

ところが、オタクの人にはそういった瞬間が訪れにくいので、浮いた服装を当たり前のように続けてしまうのです。

コーディネートやバランスなど考えたことがない

ファッションにそもそも興味がないのですから、オタクの人はコーディネートやバランスなどについても考えたことがありません。

そのため、時折、オタクの人はとんでもないコーディネートで歩いていることがありますよね。

柄の上に柄を合わせるようなことをしたり、明らかにバランスが悪いであろうと分かるような服を組み合わせることもあります。

究極的に全くファッションに興味をなくしてしまったような場合には、そもそもきちんと衣服を身に着けていれば良いのであって、その衣服の組み合わせなどどうでもよくなるのでしょう。

オタクと思われる人とデートをした女性の体験談などが話題になっているときは、必ずその相手の服装をこき下ろすような表現が見つかるでしょう。

その原因は、きちんと衣服は身に着けているものの、そのコーディネートやバランスが信じられないものであるという可能性が高いですね。

まとめ

いかがでしたか?

オタクのファッションについては理解することができましたでしょうか。

オタクのファッションとはいっても、人に迷惑をかけていなければ何を着ていても基本的には問題ありません。

ですが、あまりにも周囲から浮いた服を着ているような場合には、一緒にいるのが恥ずかしいと思われてしまうでしょう。

また、女性としては男性のオタクにステレオタイプと分かるような服をされていると、デートはしたくないと思ってしまうものです。

オタクのファッションの特徴には色々なものがありますが、その背後にはおしゃれというものに興味がない、できる限りそんなことを考えずに楽しいことだけを追っていたいという気持ちの表れがあります。

自分の追い求めている世界がある限りは、オタクのファッションはこれからも変わることはないでしょう。

ですが、オタクという自覚がある中でここを見てドキッとしたことがある方は、ぜひ自分の服装を見直してみてください。

誰に迷惑をかけているわけではない服装をしているとはいっても、ある程度のレベルを超えてしまうほどにダサい服装は、一緒にいて恥ずかしいと思ってしまうものになります。

また、何となく見ていてとても痛いような気持ちにもなりますので、おしゃれではないにせよ「そこそこのレベル」の服を選べるようになるだけで、人生が変わるかもしれません。