CoCoSiA(ココシア)

「あれ?違和感が…」恋人に違和感を感じた時の4個の対処法


恋人と一緒にいる時に、ふと「あれ?」と思うことってありませんか?

価値観やものの考え方で違いを感じた時には、大好きな相手なのに恋人に対してモヤモヤしてしまうことがあると思います。

付き合い始めた頃から違和感を感じることがある人もいれば、最近になって違和感が気になってしまう、という人もいるでしょう。

そんな風に恋人に対して違和感を感じた時にはどうすればいいのか、その対処法をご紹介します!

恋人に違和感を感じる瞬間ってありませんか?

大好きな恋人と一緒に過ごす時間はとても幸せなものです。

けれど、ふとした時に恋人に対して違和感を感じてしまうことってありますよね。

例えば一緒にテレビでお笑いを見ている時に、自分は面白くてたくさん笑ってしまうのに、恋人は「何が面白いのかさっぱり分からない」とつまらなさそうにしている時。

また、デートで割り勘にするのか奢りにするのかで揉めた時など、些細な喧嘩になった時や恋人の主張に自分が納得出来なかった時には、いつもは大好きな恋人のはずなのに、その恋人に対して拭えない違和感を感じてしまうことがあります。

他人同士が付き合っているのですから、違和感を覚えることは何もおかしなことではありませんし、どんなカップルにでもよくあることです。

けれどその違和感のせいで、「自分はひょっとして恋人のことを心から信用できていないのでは・・・?」と要らぬ疑問を覚えてしまうことも。

そのため、人によっては恋人への違和感はモヤモヤする嫌なものに感じられてしまうかもしれません。

恋人に違和感を感じた時の4個の対処法

恋人への違和感は、まるで喉に刺さった小骨のように、放っておくといつまでも気になって残り続けてしまいます。

普段は気にしないようにしていても、恋人への違和感を感じるたびに、そのモヤモヤは心に積もり積もって、いつしか不信感や嫌悪感へと変わってしまうこともあります。

カップルが長く円満に付き合っていくためには、気になる事があればお互いにその都度解決させることが必要です。

何も問題がなければ、お互いに心から信頼し合って付き合い続けることができるでしょう。

一方で、恋人への違和感を覚えたままで付き合い続けていると、そこから恋人に対しての気持ちが冷めてしまったり、疑惑に変わってしまったりすることがあります。

そうなっては大好きな恋人ともいずれ別れがきてしまうことになります。

そうさせないためにも、恋人に違和感を感じた時にはすぐさま対処法をとって違和感を解消させるようにしましょう。

具体的な対処法を以下にご紹介していきます。

少し距離を置く

恋人に一度違和感を感じてしまうと、一緒にいてもそのことばかり気になってしまうという人は、違和感をどうにかできるまでは少し距離を置く方がいいでしょう。

違和感が気になってしまっている内は、一緒にいても恋人に心からの信頼を寄せることはできません。

いつものような笑顔で接することもできなくなってしまいます。

恋人があなたのことを大好きなら、きっとその態度の変化には気付きます。

自分たちの関係が少しギクシャクしていることに気付いて、困惑や誤解してしまうかもしれません。

そうなっては本来たいしたことのない違和感なのに、大事になってしまう可能性もありますので、余計に事を荒立てないためにも一旦距離を置くといいでしょう。

はっきりと違和感があることを告げて距離を置くのなら、数ヶ月程度は距離を置くこともできます。

ですが、恋人に本心を伝えないままで距離を置くのなら、最低限の連絡だけは取り合いながら暫く距離を置くようにしましょう。

一度冷静になる


例えば価値観や考え方の違いで恋人に違和感を感じたのなら、場合によっては恋人に対してイライラしてしまうことがあるかもしれません。

やらなければならないことを先にやるのか、それとも後回しにするのか、また時間に厳しいかルーズかなどの些細な性格の違いによっても、恋人に違和感を覚えることなどよくあることです。

それをいちいち重く受け止めていては、どんどん恋人に対する違和感が積もりに積もっていき、恋人への愛情が冷めてしまうかもしれません。

性格の不一致はカップルの別れの大きな原因となります。

しかし、少し考え方を変えれば上手くいくのなら、お互いに歩み寄ることでこの先何十年と仲良く関係を保っていけるようになります。

「もう本当にこの人とは無理」と思わない限り、恋人へのちょっとした違和感は、自分が一度冷静になることで対処できることもあるでしょう。

恋人に違和感を感じた時には、なるべく感情的にならないように気持ちを落ち着けて、一度冷静になって考える癖を身に付けましょう。

絶対に譲れないことなのか考えてみる

性格の違いで恋人に違和感を感じた時には、その違和感が自分にとって絶対に譲れないことなのかをじっくりと考えてみましょう。

例えば自分は何事も計画を立ててから行動するのに対し、恋人は当日になってからしかその日の計画を考えようとはしない場合、恋人のルーズさと適当さにイライラしてしまいます。

そして、「何でそんなに無計画なのか」と責めたい気持ちが生まれてしまうでしょう。

しかしそこで恋人を責めてしまうと、「自分の考えは正しくて相手は間違っていると決めつける」ことになってしまうため、恋人も良い気はしないでしょう。

するとお互いに違和感を感じてしまい、それが喧嘩の原因になったり、積もり積もって別れの原因になってしまうこともあります。

そのため、もし恋人の計画性の無さに違和感を感じたのなら、それを責めるのではなく、「ここは自分も大らかな気持ちになって、恋人と一緒にその日の計画を考えよう」と発想を転換させてみましょう。

もしそれができるのなら、あなた自身その違和感に対しては、恋人に考えを譲れるということです。

あなたが恋人に考えを合わせることができれば、それ以上の違和感はなくなりますし、2人で仲良く計画を立てることができるでしょう。

けれどもし、そこでどうしてもあなた自身の考えを譲れないというのなら、残念ながらその違和感について諦めるしかないでしょう。

周りに相談してみる