社会的地位の高い職業は、社会的地位を得ていない、目立たない職業によって、支えられている視点を持つことが大切です。

『目からウロコ』の斬新な視点で、社会的地位の高い人の特徴を紹介します。

今の日本を包み込んでいる閉塞感には、社会的地位イコール人格として観る風潮があります。

また、社会的地位の高い人は、人間性も優れていると評価する観方もあります。

ですから、社会的地位の高い人を、“立派な人”と表現することが多々あります。

また、社会的地位の高い職業に就いている人は、周りから特別な目で見られることもあります。

しかし、社会的地位を決定付ける要因には、収入、生活水準、学歴、人間関係などがあると言われていますが、幸せ感は要因には含まれていません。

つまり、社会的地位の高い人は、幸せ感も高くなるとは限らないと言えます。

つまり、高い社会的地位を獲得するためには、何らかの犠牲を伴うことがあることを物語っています。

世間には、様々な職業がある中で、社会的地位を得ることのできる職業は限られています。

誰もが容易に就くことの出来ない、高度な専門知識を極めなければ就くことの出来ない職業に携わる人が社会的地位の高い人になっていくのです。

職業の分野によっては、社会的地位の高さに応じて権力が付随する職業もあります。

特に顕著なのは、政治に携わる職業には、権力が付きものです。

また、社会的地位の高い人は、世間の目から注目を浴びる機会も多々あります。

ですから、言動には細心の心掛けが必要となります。

また、社会的地位の高い人は、“社会的資源”を多く持つという観方があります。

“社会的資源”とは、企業に於ける経営資源と同じ考えで、人材や資金、設備資産、情報が該当します。

社会的地位の高い人が得た、社会的資源を、世の中の役に立つ、社会貢献のために使うことは喜ばしいことです。

しかし、個人的野望のために社会的資源を使うことは、謹んでほしいものです。

社会には様々な職業があり、多くを占める職業は、社会的地位を得ていませんが、人々の生活基盤を支えている重要な仕事が多くあります。

社会的地位の高い職業は、社会的地位を得ていない、多くの大切な職業があるからこそ機能しているのです。

社会的地位を獲得できる職業は、限られた一部のみです。

あなたが、社会的地位の高い職業を目指すなら、人並み以上の厳しい努力をして勝ち取ることが必要です。

並外れた努力の結果の賜物が社会的地位の高さとなって還ってくるのです。

また、社会的地位の高い職業は、社会のインフラに大きな影響を及ぼします。

人々の日常生活に大きな関わりがあり、社会への貢献度合いが大きな職業に就いている人は、社会的地位の高い立場になることが多いです。

社会的地位とは、その人の収入や生活水準、学歴、人間関係などの要因で決定づけられると言われています。

社会的地位が高い人はどんな職業に就いている?

世間一般で言われている社会的地位の高い職業は、医師、裁判官など司法関係、大学教授、一流企業の経営者など、高度な専門知識と豊富な経験を積むことで就くことができます。

社会的地位の高い職業は、人々の日常生活を支えるインフラ分野に直結する職種が多く、社会貢献に結びつきます。

例えば、医師は人々の日常生活に於ける健康維持や疾病回復のために社会貢献しています。

また、裁判官や弁護士など司法分野の職業は、日常生活の中で発生するトラブルや損害賠償など、難しい問題に直面した際に、解決に導くための社会貢献をしています。

社会的地位の高い職業に就くためには、高度な専門知識と難関の国家資格取得が求められる職種もあります。

医師であれば、大学の医学部で6年間、高度な専門知識を修得し、医師免許を取得した後、研修医として2年間勤務した後、医師としての職務に就くことができるのです。

また、司法分野の裁判官であれば、司法に関する高度な専門知識ばかりではなく、様々な分野の幅広い知識も求められます。

法学系の専門知識を修得し、難関と言われる司法試験に合格した後、1年間の司法修習と言われる研修を終了して、裁判官として司法の職業に就くことができます。

大学の教授であれば、大学院にて博士課程の学位論文に合格、修了した後、教授の立場で仕事に就くケースがあります。

社会的地位が高い人は、高い志を持ち、目標に向かって国家資格取得など難関を乗り越えて、達成しているのです。

強い目的意識と秀でた高度な能力を備えていることが求められます。

また、優れた人間関係構築のためのコミュニケーション能力も大切です。

社会的地位が高い人の8個の特徴!このような特徴があった?


社会的地位が高い職業に共通する特徴は、高度な専門的知識を修得するためには、個人の高い能力と努力に負う面があることです。

つまり、一個人の能力次第で左右される面があります。

専門分野では並外れた能力を発揮することができる、優れた特徴を持っています。

専門分野の秀でた知識を駆使して、高度な職業に携わる人は、並外れた精神力も必要となります。

また、一度身に付けた高度な専門知識を時代の変化や流れに合わせて、絶えずブラッシュアップしていく向上心が求められます。

身に付けた専門知識をブラッシュアップすることで、最新の知識や技術を加味しながら時代を先取りする心掛けが絶えず必要になります。

ですから、社会的地位の高い人は、時代の変化や流れを絶えず汲み取るために、何時も『アンテナを高く』しています。

アンテナを高くして、時代の変化を先取りする先見性と、高度な感性を持つことが大切なのです。

柔軟な感性と、他の人の考えに翻弄されない、強い個性が求められます。

強い個性は、他の人からスムーズに受け入れてもらえるケースと、個性の強さ故に、周りからの理解を得ることが難しいケースがあります。

1.正義感が強い

社会的地位の高い職業の中で、司法分野の職業に携わっている裁判官や弁護士は仕事柄、正義感が強くなければなりません。

世の中のトラブルや訴訟を裁判で解決するためには、正義感の強さが求められます。

また、医師の職業は、人命に関わる重篤な患者さんに直面したとき、人命を救うことを最優先に、最善の対処方法を考えて治療に取り組みます。

最善の対処方法を貫く中で、諸般の難しい物事が立ちはだかるときは、強い正義感を貫いて、人命救助を最優先に貫徹する強い意志を発揮します。

正義感の強さを発揮するためには、自身の職業に携わる揺るぎない信念が必要です。

悪いことはとことん嫌う

司法分野の裁判官や弁護士の職業は、損害賠償や当事者間のトラブルを解決し、人々が安心して暮らせるように最善の手を尽くします。

最善の手を尽くすために、悪いことは、とことん嫌う姿勢を貫きます。

社会的地位の高い人は、物事の善悪判断を的確に行なうことができる、優れた倫理観を備えています。

悪いことをとことん嫌う倫理観に裏打ちされた裁判官による判決は、善良な人々を救うために大きく貢献しているのです。

2.義理堅い

一度、高い社会的地位を獲得した人は、高い地位を守るために様々な心遣いをします。

このために、今まで築いてきた人間関係を維持し発展させるために、義理堅い面を活かします。

日本人にとっては、義理堅い心遣いは、人の心を摑みます。

義理堅い振る舞いをすることで、周りからの信頼を得ることが出来ます。

義理堅さは、常日頃から、他の人を大切に思っている気持ちの表れと言えます。

企業の経営者は、多くの社員を抱える立場にあるため、企業の発展のために、社員には義理堅く対応することがあります。

社員に義理堅く対応することで、仕事に打ち込む社員のモチベーションが上がり、企業の発展に大きなプラスの効果をもたらすことがあります。

固いイメージが強い

社会的地位の高い人に共通する点は、職業を全うするために、強い責任感を抱いていることです。

確たる信念と強い意志を抱いて職業に専念する姿は、他の人の目には固いイメージとして映ります。

医師の職業は、人の命を預かる職業であることから、“人の命を守る”という固い信念を持って臨んでいます。

強い信念をもつ医師の姿は、周りから観ると固いイメージが強いと言えます。

頑固なことも

社会的地位の高い人は職業柄、様々な利害関係者が関わってくることが多々あります。

特に政治家は大きな権力を持ちますので、様々な利害関係者が近づいてきます。

色々な考えを持つ人との人間関係が拡がってきますので、周りの人の考えに振り回されないような強い信念を持たなければ、自分を見失ってしまいます。

自分を見失うと、周りの人の考えに振り回されることになります。

他の人に振り回される優柔不断な言動は、周りからの信頼を失う引き金となります。

ですから、自分の確たる信念を貫く意志の強さが必要となります。

信念を貫く意志の強さは、他の人の目には、頑固な姿として映ることがあります。

3.優しい

医師の職業は、年代や性別を問わず、様々な人の症状を診断します。

一般的な傾向として、人は病に罹ると自分の健康に自信を失くします。

医師の職業は、診察をする過程で、自信を失くした患者さんを元気づけるために、優しい言葉で励ます対応をすることが多々あります。

様々な人を相手にする医師の職業は、優しい雰囲気で患者さんに接することで、優しさが『特効薬』として、元気づける効果があります。

実は優しさもある

社会的地位の高い人は、自ら獲得した社会的地位を失わないように、保ち続けるための強い信念を持っています。

特に、政治家の社会的地位は、社会の中の熾烈な競争を戦い抜いて獲得します。

選挙に象徴される、熾烈な競争を勝ち抜くためには、強い信念を持ち続けることが必要です。

強い信念を維持するためには、常に気持ちを引き締めていなければなりません。

しかし、気持を固く引き締めてばかりでは、人間関係をスムーズに築くことが難しくなります。

このため、気分を一転して“実は優しい面もある”ところを見せることも必要です。

優しさを見せることで、人間関係の幅が拡がります。

本来は見せないことが多い

社会的地位の高い人の世界は、『生き馬の目を抜く』のことわざ通り、競争環境の中では、身近な人であっても、油断を見せることは禁物と言えます。

油断をすると、瞬く間に社会的地位を失うことがあります。

特に、政治家の職業は、油断をすると選挙で落選します。

このため、『優しさ』は『弱点』として受け止められることがあります。

ですから、優しい姿を本来は見せないことが多いと言えます。

また、企業の経営者の立場にある人は、企業間の厳しい競争の中で、他社よりも優位に立つための経営戦略を絶えず練っています。

競争が厳しい状況の中で、優しい面を見せると、“隙を見せた”として受け止められますので、本来は優しい面は見せないことが多いです。

4.リーダー気質


企業の経営者など社長クラスの立場にある人は、自社を存続させ、尚且つ発展させるために、強いリーダーシップを発揮します。

強いリーダーシップを発揮できる政治家や経営者、社長クラスなど、社会的地位を保ち続けている人には、リーダー気質を備えている人物が多いと言えます。

まとめる力がある

社会的地位の高い職業には、高度な専門知識が求められますので、様々な情報の中から、必要な情報だけをまとめる力が必要となります。

高度な専門知識は、一度身に付けても、常に最新の情報で知識を向上させる必要があります。

高度な知識の幅を拡げるために日々努力を続けている社会的地位の高い人は、仕事に必要な情報をまとめる力があります。

また、企業の経営に携わる、社長クラスの人は、社員をまとめる力があります。

企業の発展を大きく左右するのは、経営資源の中でも『人財』と言われる社員の存在です。

ひとり一人の社員がもつ、マンパワーをまとめることで、企業を発展させる大きな原動力になります。

様々な考えを持つ社員をまとめる力のある経営者が、企業を発展させるカギを握っているのです。

5.真面目

社会的地位の高い職業に就いている人は、強い信念と目的意識をもって日々、仕事に取り組んでいます。

強い信念と目的意識を継続させるためには、真面目な真摯な姿勢が求められます。

強い信念と目的意識は、優柔不断な曖昧さの中では、育まれません。

社会的地位の高い職業に就くためには、人々から信頼される人間性が求められるため、真面目な直向きさが大切です。

何事も真面目に取り組む

社会的地位の高い人は、秀でた専門知識を身に付けていますので、何事も真面目に取り組んできたことを物語っています。

高度な専門知識を身に付けるためには、中途半端な気持ちを捨てて、何事も真面目に取り組む真摯な姿勢が大切です。

また、既に身に付けている高度な専門知識は、時代の流れや社会の変化に応じて、日々新たな情報を加味しなければなりません。

身に付けた知識を絶えず進化させ、ブラッシュアップしなければ、陳腐化してしまいます。

陳腐化した知識に拘って『あぐら』をかいていると、社会的地位を失います。

ですから、身に付けた高度な知識に拘らず、新しい知識を吸収するために、何事も真面目に取り組む姿勢が大切です。

真面目に取り組む謙虚な姿が、社会的地位の高さを維持する秘訣と言えます。

仕事でも気を抜かない

社会的地位の高い人は、世間から注目を浴びる機会が少なくありません。

周りから誤解を招かないように、仕事でも気を抜かない心掛けが大切です。

人並み以上の努力と研鑽を重ねて獲得した社会的地位に甘んじて気を抜いていると、瞬く間に社会的地位を失います。

社会的地位の高い人は、自分自身の立場に安堵し、甘んじることに終始することはありません。

社会の流れや変化を先取りする先見性を失わないために、日々の仕事でも気を抜かない姿勢を貫きます。

また、自分自身の振る舞いが、時には社会に影響を及ぼすことを頭に入れています。

ですから、軽弾みな言動をしないように、私生活においても、仕事でも気を抜かない言動を心掛けています。

6.誠実

社会的地位の高い人は、自分が獲得した社会的地位は、自分自身の努力だけではなく、様々な人からの理解と後押しがあってこそ実現できたことを心に刻んでいます。

ですから、自分の社会的地位の高さを、振りかざし傲慢になることはありません。

自分自身の立場と共に他の人の立場も大切にする誠実な姿勢を貫きます。

誠実な生き方は、周りの人からの信頼を寄せることになります。

偽りがない

社会的地位の高さは、決して安泰な立場ではありません。

常に、様々な人からの視線を浴びる機会が多くあるため、偽りのある言動や怠慢な振る舞いをすると、瞬く間に、社会的地位を失う状況に陥ります。

社会的地位は、常に危うさを内に秘めています。

一度失った、社会的地位を復活させることは、至難の業に近いです。

ですから、社会的地位の高い人は、偽りがない言動を貫くことを心掛けています。

7.生活習慣が整っている

社会的地位の高さを維持するためには、安定した私生活が土台となります。

不安定な私生活では、仕事に集中できずに、社会的地位を獲得することは出来ません。

社会的地位の高い人は、安定した私生活を維持するための生活習慣が整っています。

生活習慣が整わずに、人間関係や金銭面などに乱れが生じると、社会的地位を維持する仕事に専念出来なくなります。

仕事の乱れは、周りからの信頼を失う事態を招き、結果として社会的地位を失う状況に追い込まれることになります。

ですから、社会的地位の高い人は、生活習慣が整っている日々を送ることを常に心掛けています。

健康に気を付けている

社会的地位の高い人が就いている職業は、人々の生活に大きく影響を与える重要な面をもっています。

例えば、医師自身が健康を損なって仕事が滞ることで、人々の疾病回復や健康維持にとって大きな影響を与えます。

ですから、職業を全うできないことに因る社会的影響を与えないようにするために、日々の生活の中で、健康に気を付けているのです。

8.判断力がある

社会的地位の高い人は、高度な専門的知識を修得する過程で、幅広く専門分野以外の知識も身に付けることに専念します。

幅広い知識を修得することで、様々な難しい場面に遭遇した際にも的確な判断をして、社会に貢献することが出来ます。

社会的に大きな影響力をもつ職業に就いている人は、自身の判断が誤った際の社会に与える影響度合いを常々、認識しています。

ですから、誤った判断をしないように、常に自己研鑽に努めていますので、優れた判断力が身に付いています。

見極める力を持っている

社会的地位の高い人は、高度な専門的職業に就いている中で、困難な状況に直面することも少なくありません。

困難な状況を乗り越えるためには、的確な判断力が求められます。

物事の上辺だけを見た軽ハズミな判断は避けなければなりません。

このため、重要な立場にある、社会的地位の高い人は、物事の上辺に捕らわれずに本質を見極める力を持っています。

社会的地位が高い職業はどんなものがある?

社会的地位が高い職業に共通することは、高度な専門的知識を修得した個人の優れた能力に負う面が多いことです。

一個人の能力次第で左右される面をもっています。

世間には、様々な職業があり、業種に関わらず、社会の発展のためには欠かせません。

様々な職業の中で、社会的地位が高い職業は、人々の生活に大きな影響を与える面をもっています。

社会に大きな影響を与える職業に就くためには、学生時から多くの年数を掛けて、高度な専門的知識を修得しなければなりません。

職業によっては、難関の国家資格を修得することが必須な職業もあります。

何れの職業も、並外れた個人の優れた能力を必要とすることです。

医者

医者の職業は、様々な患者さんと相対する仕事です。

患者さんの年代や性別を問わず、色々な症状を抱えた人を診るハードな仕事です。

ニュースにも取り上げられるほど、勤務状態の厳しさが注目されている職業です。

仕事の厳しさが物語っているように、人々の安心な生活に寄与するために、社会的貢献度の高い専門分野の仕事といえます。

医者の仕事に就く人は、優れた能力と様々な症状の人を診るための高度な専門的『診察眼』を身に付けていなければなりません。

また、ハードな仕事を熟す、強靭な体力も備えていなければなりません。

日本の現状は、全国的に慢性的な医者不足を抱えている地方が多い状況を招いています。

優れた能力と強靭な体力を持ち合わせた優秀な『人財』が求められています。

法曹

法曹の仕事は、法律を扱う専門職です。

法曹界には、“法曹三者”と言われる、裁判官、検察官、弁護士の職業があります。

法曹三者になるためには、まず、司法試験に合格しなければなりません。

但し、司法試験に合格しても、直ぐには、法曹三者になることはできません。

法曹三者になるための条件として、1年間の司法修習を経て、“司法修習終了考試”に合格して司法修習を終える必要があります。

司法修習を終えることで、法曹三者になる資格が与えられるのです。

“法曹三者”と言われる、裁判官、検察官、弁護士の職業には、それぞれに違いがあります。

裁判官の職業は、大きく分けて、刑事訴訟と民事訴訟の判決を下す仕事を指します。

刑事訴訟とは、犯罪行為を扱い、起訴された被告人が犯罪行為を行ったかどうかを判決するものです。

民事訴訟は、人と人、人と会社など人同士の間で起きる紛争を解決するために、判決を下します。

裁判官は、法曹三者の中でも、特に成績が優秀で真面目な人柄であることが求められます。

また、判決を下すことで、当事者の人生を大きく左右することになるため、強い精神力を持っていなければなりません。

裁判官は、社会の秩序や社会貢献に大きな影響を及ぼす職業と言えます。

検察官の職業は、警察から引き渡された、障害事件などの被疑者の犯罪を捜査する仕事です。

検察官は、刑事事件の捜査の結果、被疑者を裁判所に起訴するか、しないかを判断する権限をもっています。

検察官には、休日勤務や徹夜作業が多いため、強い体力と、事件の真偽を見極める冷静な判断力が求められます。

弁護士の職業は、依頼人が抱えるトラブルを法律に則って、法的手段で解決する手助けをする仕事です。

弁護士は、依頼人からの相談に親身になって対応する真摯さと、依頼人から信頼される人間性を備えていなければなりません。

法曹に携わる職業は、人々の人生に関わる仕事柄、冷静で的確な判断力と、信頼される人間性を持ち合わせている必要があります。

法曹の仕事は、人々の生活や社会に大きな影響をもたらしますので、真摯な人格が求められます。

法律関係の職業

法律関係の職業は、人々の日常生活で起きる様々な難しい手続きなどをサポートしてくれる、『お助け人』の特徴をもっています。

人々の生活に直接関わる、司法書士、行政書士、社会保険労務士、宅地建物取引主任者など多岐にわたります。

司法書士の仕事は、個人や商店、会社からの依頼を受けて、不動産登記などに必要な書類の作成や法律上の手続きを行います。

企業家

企業家には、新しい事業のための企業を起こす創造性と実践力をもった発想や野心が必要となります。

企業内においても、新製品の開発、生産方式の改善、経営や組織の革新を目指す開拓精神を持ち、企業の発展に貢献できる経営的発想を備えている人物が企業家として能力を発揮することができます。

既存の常識にとらわれない、革新的な柔軟な発想力と旺盛な行動力、人をまとめるリーダーシップを備えている人物であることが企業家に求められます。

企業を革新させることで、新規の市場開拓にも繋げる波及効果を生み出します。

企業の経営者や会社の社長クラスには、革新的な発想力と強力なリーダーシップをもつ人物が多いと言えます。

また、企業間の激しい競争環境の中で自社が生き残るための、先見性のある経営戦略を立てることの出来る企業家は、様々な業界の中で常に求められる『人財』です。

企業家には、世界に通ずる高度な経営的センスが求められます。

社長クラス

社長クラスの人物には、社員の心を惹き付けるカリスマ性と社内横断的なリーダーシップをもつタイプが多いと言えます。

企業や会社の経営環境は、世の中のグローバル化に伴い国内に留まらず、海外の企業との激しい競争環境が渦巻いています。

激しい競争環境の中で、競合他社よりも優位に立つ経営戦略を立案できる経営者は、社会が常に求めている『人財』です。

グローバルな競争環境を生き抜く企業の社長クラスには、既存の価値観や考え方に固執しない先見性をもった経営感覚を備えています。

経営者には、革新性と先見性をもった、優れた経営感覚が必要となります。

政治家

政治家になるためには、地域の住民から信頼される人物であることが大切なベースとなります。

政治家に限らず、信頼を失うと社会的地位も失います。

ですから、社会的地位の高い人は、信頼されるに値する人物であることが条件となります。

政治家になるための選挙を勝ち抜くためには、多大な資金が必要となります。

政治家に求められるのは、信頼される人物像であるとともに、実行力、資金力を持ち合わせていることで、選挙を勝ち抜くことができます。

また、政治家には権力が付きものです。

権力とお金に翻弄されない、真摯な人物が政治家になる資質をもっていると言えます。

公務員

公務員と言われる職域は、社会の中で多方面に渡っています。

“公務員”は、一般的に地方公務員を指しますので、地方自治体の職員として、地域住民の生活に密着した仕事に携わります。

地域で生活する市町村民が安心して生活が出来るように、福祉面や健康維持面で市民生活に貢献する立場で仕事に携わっているのです。

地方公務員の立場の人は、自分たちの生活のために支払われる給与は、市民が納めている税金から賄われていることを忘れないことが大切です。

公務員の生活は、市民が納めている税金のお蔭で成り立っているのです。

ですから、公務員は人々の日常生活がより一層、改善できるように貢献する義務を負っているのです。

地域住民の生活に貢献する謙虚な自覚を持てる人が、公務員に適する人物と言えます。

実は社会的地位が高い?

地方公務員の仕事は、市町村民の日々の生活の様々な場面に関わっています。

特に、地方の高齢化の割合が高まっている状況の中で、福祉面の役割の重要性が大きく注目されています。

福祉施設の運営などで公私が協同して取り組むなど、地方公務員の役割の重要度が高まっています。

ですから、福祉事業を滞りなく推進し、地域住民の生活に大きく貢献する立場にありますので、社会的地位が高い側面をもっています。

地域密着型の公共面の職務に携わる、地方公務員の職業は、地域住民の安心した生活を支える重要な職務を担っているのです。

国家公務員

国家公務員の仕事には、官公署、政府機関の仕事に就く人や国公立の教育分野の仕事に就く人、国の官僚まで、職域は多岐に渡っています。

全ての仕事に共通することは、国家公務員に支給される給与は、国民が納めている色々な税金から支払われていることです。

国家公務員の生活は、国民が納めている税金のお蔭で成り立っているのです。

ですから、国家公務員は、国民の日常生活が更に改善できるように貢献する義務を負っているのです。

特に今の日本で大きな問題となっている、児童への虐待、学校で蔓延している陰湿なイジメなどから子供たちを救う横断的な対策が求められています。

子供たちが『生き難い』世の中になっています。

ですから、大きな権限を持つ国家公務員の立場を活かして、官民が協力して、子供たちが安心して伸び伸びとした日々の生活を過ごすことの出来る社会を築いていくことが求められています。

国民の立場の視点で謙虚な自覚を持てる人が、『国民の視点』をもつ国家公務員に適する人物と言えます。

特徴をみると社会的地位が高い理由がわかる

社会的地位の高さは、国によって概念が異なる面があります。

日本国内では、社会的地位の高い職業と言われていても、海外では一般的な職業としての位置づけになっているケースがあります。

社会的地位は、その時代背景によって変わることもあります。

しかし一方では、各国に共通する不変さを持った社会的地位の高い職業があります。

人々の健康維持、疾病治療などに貢献する医師の職業は最たるものです。

また、“法曹三者”は、人々が安心して生活できる、秩序ある安全な社会づくりに貢献しています。

様々な企業の経営者は、人々の生活の便利さや社会生活水準、市場の発展のために貢献しています。

社会生活のインフラと言われている生活基盤を支えている職業に就いている人の多くは、社会的地位の高い人と言えます。

社会的地位が高い職業の特徴は、人々の疾病、健康面や法律問題のトラブル解決、日常生活の便利さなどに貢献し、安心できる生活を提供することに直接関わっていることです。

社会的地位の高い職業は、世間の多くの人が携わっている、目立たない『縁の下の職業』によって支えられている面があります。

社会的地位の高い職業と、一方、世間では注目されずに社会的地位を得ていない職業が共に足並みを揃えて、『一心同体』で進んでいる社会は、人々にとって『暮らしやすい』生活が展開されていきます。