あなたは未亡人という言葉を知っているでしょうか。

未亡人とは、旦那さんが亡くなってしまった人の事を指します。

ここでポイントとなるのが、未亡人は離婚では無いという事。

離婚であれば、いろいろな状況はあるものの、また会おうと思えば会う事も可能です。

自分自身の決断によって、関係を解消した人も居るでしょう。

だからこそ、その人に未練など無くスッキリさわやかな気持ちで過ごす事が出来ているという人だっているはずです。

しかし未亡人は違います。

未亡人の場合には、どんなに好きな相手だったとしてももう二度とあう事は出来ません。

そればかりか、この人以上に良い人はいないと思っていたとしても別れを受け入れなければならない事もあるのです。

どんな人だったにしろ、普通の離婚よりも思い入れが強くなってしまう傾向にある事はよういに想像がつくでしょう。

しかしながら、残された人たちは生きていかなけれせん。

例えどんなに辛い別れだったとしてもそれを自分の中に秘め前を向いていかなければならないのです。

忘れる必要はありませんが、前を向いて生きていく事はとても大切な事となるでしょう。

大事な人が無くなった悲しみはそう簡単に無くなるものではありません。

そんな時に効果があるのが、新しいパートナーを見つけるという事。

パートナーの変わりというわけでは無く、そんな自分と一緒に歩んで切れる人と出会う事によって前を向いて生活する事が出来るようになる。

それこそが大切な事なのです。

未亡人の人にとって、再婚はなかなかハードルが高いかもしれません。

良い思い出しかないからこそ、気持ちを切り替えることが難しい事だってあるはずです。

そこで今回は未亡人の人が幸せになるポイントを詳しくご紹介させて頂きたいと思います。

ぜひ参考にしてみてはどうでしょうか。

未亡人が再婚して幸せになる6個のポイント

未亡人の人も離婚した人も、パートナーが居ないと言うことに変わりは無いのでしょう。

しかしながら、その2つには大きな違いがあります。

と言うのも、離婚した場合には相手はまだこの世に存在しています。

だからこそ、会いたいと思えば会うことが出来るのです。

もう2度と会うことが出来ない人と、会う気になれば会う事ができると言うのは大きな差があるはずです。

また、自分が決断したかどうかによってもその気持ちは変わってくるでしょう。

未亡人を自ら進んで選ぶ人など居ません。

みんな結果的にそうなってしまっているだけのこと。

しかし、離婚は違います。

勿論相手から切り出されてしまった場合もあるでしょう。

ですが、自分から望んだ事なのであれば離婚をひきづる気持ちもそう続くものではないのでしょう。

スッキリとした気持ちで前を向くことが出来るでしょう。

だからこそ、前向きな気持ちで新たな恋愛をスタートさせる事が出来るのです。

ですがわ未亡人の人は違います。

相手を引きづる気持ちがあって当然です。

その為、新しい恋愛をスタートさせるにはある程度ポイントを抑えることが大事なのでしょう。

口では恋愛をしたいと言っていても、意外と出来ない事もあるでしょう。

気持ちを何処で切り替えることが出来るかどうかは、自分自身にしか分からないポイントとなるでしょう。

それでも、ある程度のポイントを押さえることが出来ればそれだけより前向きな行動が出来るようになるはずです

思い出のものを片付ける

未亡人の人の場合、既に亡くなった人の思い出の品を取っておいているという人も少なくありません。

それだけ無くなった人の事を思う気持ちがあるという事なのでしょう。

もともと好きで別れた相手です。

相手の思い出の品を取っておきたいという気持ちも自然な事なのかもしれません。

ですが、それが新しい恋をするという意味ではどうでしょうか。

きっとどこか心の中に後ろ向きな気持ちが出てしまう事でしょう。

思い出の品物がある事によって、いつでも自分の気持ちが過去に戻ってしまうのです。

それでは新しい恋をする気持ちを持つ事などできないでしょう。

そればかりか過去の良かった時の思い出ばかりが思い出されてしまい、新しい恋愛に進む事が出来なくなってしまうのです。

そうならないようにするには、思い出の物を片づける事が一番の方法です。

実際に目にしなくなることによって気持ちを切り替える事が出来るようになるでしょう。

思い出の物を片づけると言うと、おおくの人が捨ててしまうのではないかと考える事でしょう。

大事な人の思い出の品ですから、そうする事に対して抵抗感を感じる人も少なくないかもしれません。

ですが、思い出の品を片づけるという事は捨てる事と必ずしもリンクするものでは無いのです。

目のつかない所に片づけるという事も思い出の物を片づけるという事に繋がり、必ずしも処分するという事にはつながらないからです。

捨てる事に抵抗感を感じている人の場合は、まず目の届かない所に片づけてみてはいかがでしょうか。

そうする事によって、気持ちを切り替える事が出来るようになるでしょう。

夫が使っていた生活用品

思い出の品にはいろいろなものがあります。

その中には生活用品の類の物も存在しているでしょう。

使用していたコップや歯ブラシなど、ありとあらゆるものが家の中には存在しているはずです。

人によっては、それらを処分する事が出来ずに何年も残してしまっている人も居るでしょう。

ですが生活用品は残しておいたところで使う場面はおそらく来ないでしょう。

亡くなった人の事を思い、捨てる事が出来ない気持ちも分からないではありません。

ですが、そのものがあるだけでいつまでも過去に取り残されてしまう事も確かです。

だからせめて、そのものを整理してみてはいかがでしょうか。

生活用品を全て保管しておくのではなく、本当に大事なものだけを残しておくようにするのです。

歯ブラシから何から何まで保管しておくことは、衛生的にもあまりいいとは言えません。

捨てる事が出来ない。

捨てにくいという気持ちも十分に分かりますが、残された人は前を向いて生きていk無ければならないのです。

だからこそ、少しでも前を向く事が出来るようになるかもしれません。

全てをすてる必要は無いものの、生活のありとあらゆる場面に残されたものを少し整理するだけで気持ちを切り替える事が出来るようになる事でしょう。

それが結果的に新しい恋愛をスタートさせるきっかけになるかもしれません。

持ち歩いている夫の写真


別れを受け入れる事はそう簡単な事ではありません。

だからこそ、旦那さんと別れてしまった人の中には寂しさを受け入れる事が出来ずに常に写真を持っているという人も居ます。

写真を持っている事によって寂しさを忘れる事が出来るのでしょう。

それで気持ちが落ち着くのであればそれを持ち運ぶ事も悪い事ではありません。

ですが、新しい恋を始めるのであればそれを持っている事はいい事だとは言えないでしょう。

もし、誰か新しい人のであった時ふと荷物の中に前の旦那さんの写真が入っていたらどう思うでしょうか。

きっとどこか後ろめたい気持ちを感じる事でしょう。

もちろん、未亡人の人が恋愛をする事は全く問題ありません。

不倫などとは違い、れっきとした正しい恋愛なのです。

ですが、どこかで悪いという気持ちが働いてしまうのです。

それが結果的に新しい恋愛をセーブする事に繋がってしまうのです。

過去が美しければ美しいほど、新しい恋愛をスタートさせる事は難しいものです。

ましてや、旦那さんの写真を持ち歩いているという事はそれだけその人の事を思い出すタイミングも多いという事なのでしょう。

それではいつまで経っても気持ちを切り替える事は出来ません。

大事にしたい気持ちがある事も十分分かりますが、過去は過去として気持ちを切り替える努力をする事も大事なのではないでしょうか。

新しい生活を始める

ご主人が無くなってすぐに新し出会いを見つける事が出来る人はそれほど多くないはずです。

若ければ若いほどその人の事を思って生活してしまうもの。

ましてや、生活スタイルが全く変わらないのであれば、それは忘れる事が出来ないのも仕方がないのではないでしょうか。

だからこそ、年月が過ぎ、新しい生活を始めようという気持ちを持つ事ができたのであれば、新しい環境に移動する事も重要なのではないでしょうか。

生活のスタイルを変えるにはいろいろな方法があります。

家を変える人も居れば、職場を変える人も居るでしょう。

それらが難しい場合でも、新しい趣味をスタートさせたり今まで行ったことの無かった場所に足を運ぶと言う人も居るかもしれません。

どんな方法であったとしても、自分の気持ちを切り替える場所を探す事が出来る事はいい事なのではないでしょうか。

どんな場所で気持ちを切り替える事が出来るかどうかはその人次第です。

だからこそ、これをすればいいという明確なものを提示する事は出来ないでしょう。

けれど、選択肢を持つ事は大事な事です。

何をどうすれば良いか分からないという人も沢山いるでしょう。

だからこそ、一つの提案として考えていただければと思います。

自分ではどうする事も出来ない事も世の中にはあるでしょう。

そんな時は他人の力を借りる事によって前に進む事が出来る場合もあります。

どんな結果になるかは分かりませんが、自分にあった
方法を知る事が出来れば、それだけで人は救われる事もあるのではないでしょうか。

職場を変える

新しい生活を求めるのであれば、一番効果的な方法は職場を変える事です。

仕事をしている場合い、一日の大半をそこで過ごす事になります。

だからこそ、職場の環境を変える事によって自分のいつもの日常を変える事が出来るようになるのでしょう。

未亡人となってしまった場合、今までの生活が出来る人ばかりでは無いはずです。

ご主人が居なくしまったからこそ、働かなければならなくなってしまう人だって勿論居るのです。

その場合にはまったく新しい環境に行く事も必然と言えるでしょう。

そのような場合、少しでも前向きになる事が出来る環境に行く事も大切な事なのではないでしょうか。

職場を変える事によって生活の大半を変える事が出来るようになります。

それは、良くも悪くも大きな変化と言えるでしょう。

そうした環境の変化の中で新しい出会いを見つける事が出来るかもしれません。

仕事はあくまでも生活する為にするもので、恋愛をするものではないのでしょう。

けれど、そうだとしてもそこで幸せな出会いを見つける事が出来るのであればそれはそれでとてもいい事なのではないでしょうか。

引越しをする


未亡人という事は、一緒に暮らしていた二人の時間があるという事です。

そこには生活があるのでしょう。

だからこそ、単純に好きな人と別れてしまったという悲しみよりも何倍も辛い現実がそこにはあります。

何をしていてもその人の事を思い出してしまう。

そんな事もあるかもしれません。

そんな時は、引っ越しをする事も一つの方法だと言えるでしょう。

引っ越しをする事によって、二人の思い出が詰まった部屋から出る事が出来る用意なります。

一緒に暮らした家にいつまでも住んでいると、過去の思い出を常に思い出す事になってしまうでしょう。

それは新しい一歩を踏み出すという意味でも決して良くはないはずです。

忘れる事が出来ないからこそ、引っ越しをする事が重要なのです。

引っ越しをすれば必然的に新しい生活を手に入れる事が出来るようになります。

そこには過去の思い出は無いはずです。

寂しいように感じてしまう事もあるかもしれませんが、前を向いて生きていく為には必要な行為なのでしょう。

引っ越しをする際には、お金がかかります。

だからこそ、いきなりは出来ないという人も勿論居るでしょう。

ですが、そこを無理してでも一歩踏み出す事によって今の自分の気持ちを整理する事が出来るのであれば、踏み出す事は決して無駄にはならないはずです。

気持ちを理解してもらう

未亡人は恋愛の中でも特殊な存在です。

だからこそ、理解されない事も多いかもしれません。

普通の恋愛であれば、昔の彼氏の事をまだ引きずっているのにも関わらず、新しい恋人を探す事はマナー違反だと言われてしまったとしても仕方がありません。

ですが、未亡人の場合にはそれが当たり前として考えられています。

更に言えば一生忘れる事が出来ない人と交際していかなければならない可能性もあるのです。

それは新しい恋人にとっては辛い事かもしれません。

一生勝つ事の出来ない大きな敵に向かっていかなければならないのですから。

相手に他に好きな人が居る中で交際する事は辛い気持ちになる事もあるでしょう。

だからこそ、つい後ろ向きな気持ちになってしまう事もあるかもしれません。

ですが、それも含めてその人の交際を選ぶべきです。

それだけ未亡人との恋愛には覚悟がいるのかもしれません。

未亡人との恋愛を批判するつもりは全くないものの、そこを乗り越える事が出来ないようでは一生一緒に居る事など出来ません。

未亡人の人は忘れようと努力するでしょう。

けれど、亡くなった人をそう簡単に忘れる事は難しいです。

どんな形にしろ、その人の事を思って行動してしまうという事もあるでしょう。

だからこそ、そんな自分を隠すのではなく、それをそのまま受け入れてくれる人と一緒に過ごす事をおすすめします。

自分の気持ちを理解してくれる人と一緒に過ごす事によって、無理なく気持ちの整理をする事が出来るようになる場合もあります。

無理やりしまっていた気持ちをきちんと整理する事によって、忘れる事が出来なくても前に進む事が出来るようになるかもしれません。

それが結果的に新しいスタートのきっかけになるかもしれません。

無理に新しい恋愛をしようとしたところで、自分の気持ちを理解して貰う事が出来ないのであれば、互いにストレスになってしまうだけでしょう。

なのであれば、そうならないように理解のある人を選ぶ事が何よりも重要でしょう。

待ってくれる優しい人を探す

世の中には、相手の気持ちを考えて行動する事が出来る人が居るものなのです。

だからこそ、無理に自分の気持ちを封印しようとする必要はありません。

少しずつ時間をかけて忘れていく事によって、前を向いて生活していく事が出来るようになるのですから。

新しい恋愛をしようと思った相手が、もし過去の旦那さんの事を良く思っていないような行動をする場合には、その恋は諦めた方が良いかもしれません。

と言うのも、過去は無くなるものでは無いからです。

そのどうする事も出来ない現実にいちいち突っかかるようでは、その人はこれから先も何度も同じ事を繰り返す可能性があります。

自分でもコントロールが出来ないからこそ、残された人の気持ちは辛く、悲しみが晴れないのです。

そんな中で何度もその事を責められるような事があれば、より辛い気持ちになってしまったとしても仕方がありません。

だからこそ、理解が無い人とはそもそも交際しないようにする事がおすすめです。

焦って他の人と恋愛をしようとしてもいい事はありません。

だからこそ、自分の気持ちが動くのを自然と待ってくれるような相手を探す事が重要なのではないでしょうか。

待てくれる人は必ずいます。

だからこそ、無理なく過ごす事が出来る相手を探す事が重要なのでしょう。

無理に忘れようとしない

亡くなった相手というのは、どんどん美化されてしまうものです。

それが良くも悪くも自分自身の中で多くなっていってしまうのでしょう。

例え相手の事を忘れることが出来なかったとしても、それは悪い事では無いはずです。

問題なのはそれを無理に忘れようとする事なのでしょう。

無理に気持ちを忘れようとしても、結局自分自身が辛い思いをするだけです。

そうなのだとすれば、それは素敵な恋とは言えないのではないでしょうか。

忘れる為にする恋は良いとは言えません。

大事な事は忘れる事が自然と出来る恋愛をする事です。

その為にも、無理は良くありません。

良い人に出会う事が出来れば、自然と自分の気持ちに整理をつける事が出来るようになると思います。

何年かかったとしても、その人と居る事によって自然と忘れる事が出来るという人に出会えるようになるのです。

それが結果的に前を向くきっかけになってくれる事もあるはずです。

そんな人と出会う事が出来るように、前を向いて行動していきましょう。

亡くなった当時は、一生新しい恋などしないと思う事でしょう。

今の思い出のままで生きて行こうと思うかもしれません。

ですが、実際には生きている人間は同じ所にとどまっている事は出来ないのです。

だからこそ、自然と前を向いて行動するその時が来たら、前向きに気持ちを向ける事が重要なのではないでしょうか。

前の夫と比較をしない

過去は必ず美化されていきます。

実際にはその人に対して不満に思う事もあったでしょう。

もっとこんな風になって欲しいという要望もあったかもしれません。

しかしながら、それらを全て忘れていい事だけを思い出してしまうのが人間というものなのです。

だからこそ、今生きている人は過去の人に勝つ事は出来ません。

実際に同じ時代を生きている二人なのであれば、冷静にお互いを比べる事も出来たかもしれません。

ですが、既に亡くなっている相手が相手ではどうする事も出来ないのが現状なのです。

それを相手に理解してくれと言うのは何とも虫がいい話なのかもしれません。

前の夫と比べる気持ちが出てしまう事もある程度は仕方がない事です。

それだけ素敵な人なのであれば、比べたくなってしまう気持ちも理解できない事はありません。

ですが、いつまでもそれをやっていた所でいい事は無いはずです。

前を向いて生きていく為にも過去に囚われてばかりいる事はいい事だとは言えません。

だからこそ、自分の気持ちをある程度の所で切り替える事が必要なのではないでしょうか。

前の夫と比較しても結局辛いのは自分自身です。

だとすれば、比較する事を一番苦痛に感じているのも自分自身なのかもしれません。

もう二度と会う事が出来ない人の事をどんなに思ったところで過去を取り戻す事は出来ません。

だからこそ、そうならないようにする為にはどこかで気持ちを切り替える事が必要なのではないでしょうか。

喧嘩をしても口には出さない

喧嘩をしているとき、ついとっさに思ってもいない事が口を出てしまう事もあるでしょう。

また、普段は我慢している事が口から出てしまう。

そんな事だってあるかもしれません。

たとえば、それが元夫の事だったら相手はどう思うでしょうか。

喧嘩をした際、ついうっかり元夫と比べるような発言をしてしまう事もあるかもしれません。

実際にはそれほど思っていなかったとしても、既に口をつて出てしまっている時点で、それは相手にばっちり伝わってしまう事でしょう。

相手が既にこの世に居ない人だからこそ、言われた方もどう反応していいのか分からなくなってしまいます。

それが結果的に二人に大きな溝を与えてしまう可能性もあります。

一度口に出した言葉はもう二度と戻る事はありません。

だからこそ、少しでも思っていたとしてもそれを口に出して言ってはいけないのです。

後からいくらフォローしたとしても、言われた方はその気持ちを忘れる事が出来ずに悲しい思いをしているかもしれません。

どんなに親しい間柄であったとしても、言ってはいけない事がある事を忘れずにいてください。

再婚相手の家族と仲良くなる

再婚相手には、ご両親も居るでしょう。

兄弟や子供だっているかもしれません。

そうした人たちと仲良くなる事も幸せな人生を歩む上では大事なポイントです。

もし、相手の家族と仲良くなる事が出来れば、そこに新しい自分を見出す事が出来るかもしれません。

それが新しい自分を見つける事が出来るきっかけになる事もあります。

再婚というと、どうしても面倒なイメージを持ってしまう人も居る事でしょう。

周りから反対されるような心配をする事だってあるかもしれません。

ですが、本当であれば再婚は新しい未来を見る素敵な行為のはずです。

だからこそ、再婚相を見つけ結婚する事は素晴らしい事なのです。

それを後ろ向きに考える事の無いように自分の行動に自信を持って行きましょう。

周りの家族と仲良くなる事によって、更に自分自身の新しい生活のビジョンを持つ事が出来るようになるでしょう。

それが結果的に自分を支えてくれる繋がりになるかもしれません。

自分一人ではできない事も、周りの人がいるからこそ出来る事も沢山あるはずです。

だからこそ、まずは新しい生活をイメージする為にも行動する事が大切なのではないでしょうか。

再婚相手の子ども

再婚の場合、年齢が高い人の場合には二人の子供は見込めない場合も珍しい事ではありません。

今までの人生で子供が居なかった人にとっては、子供を作る事が出来ないまま人生が終わってしまうような虚無感すら感じる事もあるでしょう。

ですが、再婚相手に子供がいる場合自分が思っても居ない形で子供を得られる可能性もあります。

今ではいろいろな家族の形があります。

だからこそ、再婚相手に子供がいたとしても全くおかしな話では無いのです。

むしろ、そうした人の方が人生経験が豊富であり、未亡人という好きな人を失うという辛い経験をした人にとっての、新しい人生を歩むパートナーとしてはとても向いているのではないでしょうか。

再婚相手の子供と言うと、なかなか馴染めず苦労する話ばかりを耳にするものです。

ですが、実際にはお互いの気持ちをきちんと考えて行動する事が出来るのであれば、それほど一緒に過ごす事は難しい事では無いはずです。

まずは自分が出来る事を考えながら行動していきましょう。

それが結果的に自分を前向きにしてくれるパワーになってくれるかもしれません。

一人で頑張りすぎない

一度一人の孤独を知ってしまうと、なかなかその闇から立ち直る事が出来なくなってしまいます。

だからこそ、自分が好きな人が出来て新しい人生を歩もうと思っている際にも心にブレーキがかかってしまうものなのです。

一人で頑張ってこの状況を何とかしようと思ってしまう人だっているでしょう。

けれど、人間一人で出来る事など限りがあります。

自分では全く問題ないと思っているような事も、結果だけ見れば何も出来ていないという事もあります。

また、その逆ですべてを一人で完璧にこなしたと思っている人も、結果的に誰かに支えられている事もあるのです。

だからこそ、人を頼る事は決して悪くないという事を自覚してください。

そして、一人で頑張りすぎてはいけません。

自分の足で立ち、前を向いて歩こうとする気持ちはとても素晴らしいものです。

それによって自立をする事ができ、一人で生きていく力を得る事が出来る場合もあるでしょう。

ですが、人間はロボットではありません。

だからこそ、落ち込んだり怒ったりといった感情が入り組んでいるのでしているのでしょう。

それを一人で越える事が出来ないからと言って、落ち込む必要などなくなっていく事でしょう。

一人で出来ない時には誰かに助けて貰う。

当たり前の事ですが、実際には出来ていない人も多い事でしょう。

他人を頼る事は決して悪い事でありません。

それを自分の中で理解して行動する事ができるかどうかの大事なポイントだと言えるでしょう。

未亡人はまた幸せになれるの?

未亡人になってしまうと、生活が一変するものです。

だからこそ、その辛い日々が一生続くのではないかと不安になっていたのです。

人は前を向いていかなければなりません。

そんな時、過去の夫パワーになってくれる事もあるでしょう。

それは望んで得られるものでは無く、結果的にそうなってしまうものです。

自分で選んだ結果では無いのにも関わらず、幸せになる事が出来ないなど随分と酷い話です。

未亡人だって幸せになる事が出来ます。

この世の中に絶対は存在しません。

けれど、今生きている人の中で幸せになってはいけない人などいません。

例え未亡人だったとしても関係ありません。

自分がやりたい事・興味がる事を探して行動してみる事が大切です。

それが出来るようになれば誰もが幸せになる事が出来るはずです。

一度辛い別れを経験してしまううと、なかなか次に進む事が出来なくなってしまうのも自然な事です。

もうあんな別れを経験したくないからこそ、臆病になってしまうのです。

ですが、生きている人は先に進む事が大切です。

それをする事が出来るかどうかによって人生が変わってくるでしょう。

未亡人でもまた必ず幸せになれる!前向きな気持ちを持って

夫を亡くす経験はとても辛いものです。

だからこそ、その後前向きになる事が出来ないという人でしょう。

思い出だけを大切に生きて行こうと思うかもしれません。

ですが、それでは世界から取り残されてしまいます。

そうならないようにするためにも勇気を出して行動する事が大切です。

未亡人でも幸せなになる権利はあります。

大事な事は自分がいかに気持ちを切り替えて行動出来るかどうかです。

難しく考える必要はありません。

未亡人だろうがそうでなかろうが、思った事・感じたことのままに生活していけばいいのです。

それが結果的に自分を変えるきっかけになってくれるでしょう。