CoCoSiA(ココシア)

意地悪な姑の8個の特徴や心理と嫁いびりをされた時の対処法


結婚は人生にとって大きな出来事の一つです。

結婚をする事で人生が180度変わってしまうと言っても過言ではありません。

だからこそ、結婚をする際にはいろいろな事を冷静に判断しなければならない事も多々あります。

たとえば、義理の両親の事。

結婚は確かに本人同士の問題です。

二人が一緒にいる事によって幸せを感じる事が出来るのであれば、それが一番いい事でしょう。

ですが、だからと言ってまったく周りを気にしなくていいのかと聞かれればそんなことはないと思います。

多かれ少なかれ、親戚付き合いというものは出てきます。

特に義理の両親の場合には、将来的に一緒に住むなんて話も出てくるかもしれません。

結婚をするような時期の際には、二人の仲はかなり盛り上がっている事でしょう。

相手の事が好きすぎるあまりに周りが見えていないなんて事もあるかもしれません。

ですが、その勢いで結婚してしまうと後悔してしまう可能性もあります。

その一番大きな問題とされているのが、嫁・姑の問題です。

家に女性は2人要らないと言われる事もあるほど、女性が揃えば喧嘩をするのは世の流れなのかもしれません。

ましてや、年齢が違えば生きてきた文化も違います。

そのため、合わない部分がある事は当然の事です。

けれど、その違いを素直に受け入れる事が出来る人もいれば出来ない人もいるのです。

いつの時代も、嫁・姑には争いがつきものです。

時に嫁いびりにあってしまうと、せっかくの結婚生活も楽しいと感じる事が出来ないものになってしまいます。

そればかりか、その時の旦那さんの対応によっては離婚問題に発展する事もあるかもしれません。

そうならないようにする為にも、問題が大きくなる前にきちんと対策を考えておく事が重要なのではないでしょうか。

嫁いびりをする姑の8個の特徴

ここからは嫁いびりをする姑の特徴についてご紹介させていただきます。

当然の事ながら、すべての姑が嫁いびりをするわけではありません。

もちろん、優しい人もいれば反対に嫁の方が意地悪をしているなんて事もあるかもしれません。

それではいったいどんな人が嫁いびりをしているのか。

嫁いびりをする人には、ある程度の共通点があるという事がいえるでしょう。

その特徴を持っている人に対しては、ある程度警戒心を持って接する事が大事なのかもしれません。

結婚相手は自分で選ぶ事が出来ても、姑は自分で選ぶ事が出来ません。

だからこそ、結婚した後にこんなはずではなかったと後悔してしまう人が多いのかもしれません。

ですが、全く知らないで結婚するのと、ある程度覚悟を持って結婚するのとでは結果は変わってくるのではないでしょうか。

自分の身を守る事が出来るのは結局自分です。

だからこそ、正しい対応を最初のうちにしておく事によって、事態をそこまで悪化させずに行動する事が出来るようになるかもしれません。

その為にも、まずは相手の特徴を知っておく事が何よりも重要な事になるのでしょう。

もちろん、今回ご紹介する特徴がいくつか当てはまったからと言って全ての人が嫁いびりをするとは限りません。

仲良く過ごす事が出来る人たちも沢山いるでしょう。

あくまでもそうなりやすい傾向にあるという事を頭の中に入れつつ対応をしていっていただければと思います。

子離れできていない


まず、嫁と姑がもめる大きな原因の一つに夫の存在があります。

自分としては、人生を共にするパートナーとして選んだ人なのですから、当然自分の味方でいてほしいと思っているはずです。

けれど、その気持ちと同じかそれ以上に母親も同じように息子のことを思っているのです。

母親と息子は実に濃い関係を築いている事が多々あります。

それはまるで恋人同士として例えられるほどです。

幼いころの男の子は特にママにべったりな子が多いと言われています。

だからこそ、余計に母親としても息子のことをかわいく思っているのでしょう。

そんな子供のころの感覚がいつまでも抜ける事が無いからこそ、母親の中ではいつまでも幼い子供のような感覚で息子に接してしまう事があります。

そんな中、嫁が出来その相手が自分よりも息子と親しげに接していたらどうでしょうか。

嫉妬のような感覚になったとしても不思議ではないでしょう。

客観的に見れば、その感覚はずれているのでしょう。