CoCoSiA(ココシア)

できちゃった結婚をした人が後で後悔する19個のこと


現在の結婚で、できちゃった結婚するカップルが多くなってきました。

もちろんおめでたいことには変わりなく、素敵な結婚に変わりもありません。

おめでた婚とも言われる、できちゃった結婚ですが、今回はできちゃった婚で後悔する事を19個に分けて説明します。

できちゃった婚は後悔する?

結婚とは、第二の人生のスタートのようなものですね。

自分とパートナーで家庭を築いていき、家族を持ちます。

今までは、自分のために生きていましたが、これからは相手のためや家族のために生きていきます。

そのために、理想の結婚は愛する人と一生添い遂げ、幸せな家庭を築いていくことと思っている人が大半だと思います。

しかし、できちゃった結婚では、結婚までまだ気持ちが固まっていない場合もあります。

心の結婚への準備をする時間が短かったり、結婚を考えてないパートナーの場合も少なからずあります。

そのために、結婚してすぐに結婚を後悔してしまったり、離婚してしまうケースも多くなっています。

パートナーとの二人の時間に苦痛を感じてしまったり、結婚という縛りに我慢できなくなってしまったり、パートナーの知らない面を知ってしまい、一生添い遂げる自信がなくなってしまう場合もあります。

できちゃった結婚とは?

できちゃった結婚した人
そもそも、できちゃった結婚とはどのような結婚なのでしょうか。

それは、婚姻関係を結んでいない二人の間に赤ちゃんが宿り、妊娠を期に結婚する事を言います。

妊娠することは、素晴らしいことであり、奇跡でもあるために結婚する人達が多いです。

命が宿った限り、赤ちゃんを幸せにする家庭を築いていきたいと思うことは必然かもしれません。

しかし、結婚は毎日が勉強であり、反省し、相手を思いやる毎日でもあります。

簡単なことではないのです。

だからといって、命を守らない訳にもいきません。

難しい決断ですが、結婚と妊娠は素敵なことですので、後悔しないためにも結婚への決断ができない場合は、常に避妊することが何よりも大切なのです。

命を守る行動でもあります。

もちろんできちゃった結婚でも、幸せな家庭はたくさんあります。

できちゃった結婚で後悔すること19個のこと

1.相手のことをよく知らない

交際歴がまだ短い場合、結婚を真剣に考える人は少ないです。

もちろん、相手を大好きで一生側にいたいとか、この人と結婚したいと思うことはあります。

しかし、本格的に結婚手続きに進むカップルは少ないのです。

相手の事をまだ全然知らなかったり、相手の友達関係や家族関係、職場や生活環境などもしらなければ結婚に踏み込むことは難しいのです。

自分も相手の友達生活を知り、溶け込めてから結婚の決断に至ります。

できちゃった結婚の場合は、妊娠したことが嬉しすぎたり、赤ちゃんを最優先して他のことは後回しにしがちになります。

そのために、相手の事を知らないまま結婚してしまい、舞い上がる気持ちが冷める頃に後悔してしまう場合があるのです。

2.結婚式や新婚旅行ができない

できちゃった結婚の場合は、結婚早々妊婦さんのために、安全第一で無理はしないようにしなくてはならないため、結婚式や新婚旅行は延期する場合が多いです。

最近では、結婚式は赤ちゃんが生まれて落ち着いてから行う夫婦も多く、子供も一緒に参列出来きます。

しかし、子供が生まれるとなかなか自由が効かない上、子供の性格によっては人見知り、いやいや期など予測不可能な場合もあり、結婚式に集中出来ないどころか、子供が気になって仕方なく、結果いい思い出が疲れたり散々な思い出になってしまう場合もあります。

新婚旅行にしても、国内旅行なら大丈夫と思いがちですが、妊婦さんは環境の変化一つ一つに疲れやすく、最悪の場合、流産や早産になってしまう場合もあります。

母子共に危険が及ぶリスクを考えると、安静にしていた方が後悔しないと思いがちで、新婚旅行も出産後に後回しにする夫婦が多くなっています。

また、妊娠中はつわりなど体調の変化が毎日変わります。

昨日まで、普通に生活出来ていたのに、突然吐き気やめまい、お腹の張りや下腹部痛などが起こることが多いです。

つわり症状は、個人差があるために一芸には言えないのでたとえ国内旅行や近場の宿泊施設であってもリスクを常に頭にいれてないとならないのです。

3.大きな出費がかかる

できちゃった結婚をして大きな出費がかかる場面
できちゃった結婚の場合、予期せぬ妊娠のために妊娠、出産、育児の事を考えておらず、貯金や生活環境などが整ってない場合があります。

出産はお金がかかります。

まず、妊婦健診ですが、国から助成金が出ますがタダではなく、平均して三千円前後毎回かかります。

助成されない検査などもあるために、健診によって一回二万円近くかかる妊婦さんもいます。

妊娠を初めの頃は、助成用紙をもらえないために一万円前後かかります。

さらに、妊婦さんによっては入院が余儀なくされる場合もあります。

長い場合は、何ヵ月も入院せざる得ない場合もあり、入院費も高額になります。