女性の幸せは結婚、なんて言われる時代はもう終わりましたが、それでも結婚を夢見ている女性が多いのは事実です。

晩婚化している現在では、婚活も流行り、なかなか結婚できない女性や、結婚したい女性はドラマの題材になる時代になりました。

これほどまでに婚活が発達した時代なら、結婚したいときにできるのでは?と思ってしまう人もいるでしょう。

ですが、実は、そんなことはありません。

結婚できない女性は増えており、特に、年齢が上がれば上がるほど「結婚したい」想いとは裏腹に、結婚できないという人が多いのです。

それでは、どうして結婚できないような状態になってしまうのでしょうか。

当てはまったら要注意な結婚できない女の特徴を詳しくご紹介します。

結婚できない女が増えている

現在では、女性の結婚が必ずしも必要ない時代となりました。

社会的な目や願望を除けば、女性は社会進出して自立するようになり、自分で自分を養うことができるくらに稼ぐことができるのです。

キャリアの女性の中には、男性よりもお給料が高いということも珍しくないでしょう。

ですが、その一方で、「結婚」に対する意識が下がったというわけではありません。

女性が自立した社会だからと言って、結婚という文化が廃れたというわけではないのです。

独身の女性の多くは、結婚したいと思っているのにできないという人です。

心の底から独身主義と言う女性は、それほど数が多いわけではありません。

ただ、結婚するのが難しいと言うだけなのです。

こんなにもいる結婚したい女性

自立、男女同権という考え方が広く普及した若者の間でも、結婚したい女性が少ないわけではありません。

ある調査によれば、20代、30代の女性で結婚したいと思っている人は全体の6~7割。

未だに全体の過半数が結婚に対して願望を持っているということを窺うことができますね。

もちろん、それでも結婚したいという女性が減っているのは事実のようです。

自分で自立でき、かつ、周囲の環境から結婚に対する夢が持てない女性は増えているようです。

ただし、それでもやはり、6~7割程の女性は結婚を夢見ているわけですから「女の子の夢はお嫁さん」というのも、あながち間違ってはいないでしょう。

また、結婚願望がなくても、周囲の結婚ラッシュに当てられて、結婚を夢見るようになる女性もいますから、持っている独身主義を一生貫く人ばかりではありません。

全体の半数以上が結婚に対する願望を持っているというのは意外ですね。

年齢によって願望は変化

年齢によって、結婚願望は変化します。

例えば、10代の内なら、結婚はまだ考えられないという人も多いでしょう。

ただし、ぼんやりと20代の半ばから後半では結婚したいと考えている人も少なくないのではないでしょうか。

ただし、20代になると、それは難しいとも考え始めるもの。

大学に行った女性たちは、就活をする時期になると真剣に将来を考え始め、自分の結婚に対する願望も現実化してくるでしょう。

一方で、彼氏のいない女性の場合には、自分の結婚に対してわずかに焦りを感じ始めるでしょう。

彼氏がいる女性であっても、「本当にこの人で良いのだろうか」と思い始めることもあります。

そして、大学を卒業する年代になると、女性の第一次結婚ラッシュが始まります。

大学からの恋人同士がゴールインという形での結婚は、他の女性の焦りに繋がります。

そして、結婚に対して強い願望を持っている人は、20代後半になると婚活市場に足を向け始めるでしょう。

30代になると結婚願望の高まりと焦りは大きくなります。

女性は、子どもを産むことができる年齢が35までと言われていますから、このタイムリミットに向けて結婚への意識が高まるのです。

子ども、結婚、家庭と言う言葉が頭を過って離れなくなるのもこの時期でしょう。

この婚活の時期を過ぎると、40代の比較的穏やかな婚活へと進みます。

タイムリミットを過ぎてしまった場合には、今度は一生を一緒に過ごすための伴侶を探す婚活になるのです。

やはり、独り身で一生を終えるのが寂しいと感じ始めるのです。

ところが、この年代での婚活はやはり難しい部分も多く、30代のときと変わらない焦りを、なお持っているという女性も少なくありません。

男性が「結婚を避けたい」と思ってしまう女性の特徴は?

結婚したい女性が考えるべきなのは、男性がどのような女性と結婚したいと思っているかと言うことです。

それだけではなく、男性が「結婚を避けたい」と思ってしまうような女性がどのようなものなのかも知らなければいけません。

年齢に関係なく、男性が結婚愛してとして避けたいと思ってしまうような女性の特徴をいくつかにまとめました。

1.がさつ

がさつな女性は、男性から避けられやすい傾向にあるでしょう。

現在では、それほど大和撫子な女性が求められるわけではないので、さばさばした性格の女性を好むような男性もいます。

ですが、だからと言ってガサツな様子を見ていると、将来的に子どもに悪い影響を世及ぼしそうで嫌だという男性が多いでしょう。

また、あまりに男っぽい仕草をしているところを見ると、将来に関係なく、女性としてどうなのだろうと思われてしまいます。

男っぽいさばさばした性格の女性の方が付き合いやすいと思っている男性でも、オッサン系の女性は相手にしたくないはずです。

また、あまりにがさつで、一緒にいて恥ずかしいような女性とは結婚したくないでしょう。

自分の普段の行動に粗野なところがある場合には、そういった仕草や行動を一つ一つ直しておかなければ、

結婚したいと思ってもらえるような女性になることはできません。

2.家事が苦手そう

家事が苦手そうというのは、結婚するにあたっては不利な条件だと言えます。

女性が自立して働くことができる社会になっても、やはり女は家庭を守るというようなイメージがあるでしょう。

まして、結婚して妊娠するようなことがあれば、その期間は仕事ができないので家事を行ってもらうことになるのです。

全く家事ができないような女性では、家の中が滅茶苦茶になってしまうでしょう。

また、将来的に専業主婦になってもらうことがあるとすれば、家事は絶対に必要なスキルです。

料理下手なイメージ

家事が苦手そうな女性は避けられてしまいますが、その中でも料理下手は絶対にいけません。

料理がおいしくないというのは、家庭に帰りたくなくなる原因の一つになってしまうからです。

また、日々の健康にリスクを負うようなことを考えると、結婚相手としてはふさわしくないと考える人が多いでしょう。

色の趣味が合わないというのは、付き合う上でも大問題になります。

全く料理ができない、作れる料理が数品だけ、と言う女性は、婚活においては非常に不利であることを覚えておいた方が良いのではないでしょうか。

やはり、趣味が料理と言う方がモテるはずです。

3.気配りが出来ていない

気配りは絶対に結婚には大事な要因の一つです。

自己中心的な行動ばかりを繰り返している女性と結婚したいと思う人はいないでしょう。

自己中心的な妻と一緒にいて、一番被害が大きいのは夫だからです。

自己中心的な人物と一緒にいるのは、とても疲れるものです。

そんな疲れるような相手と結婚したい男性はいません。

相手に気配りをして、相手のことを思いやれる人間だからこそ、一緒にいて楽しいと思えますし、癒しのある家庭を期待することができるのです。

一緒にいる他人に気配りもできないような女性は、結婚したくない人だとして、恋愛対象のリストからは外されてしまうことが多いでしょう。

稀に、どんなに自己中心的でも気にならない、という夫婦がいますが、それは女性側が絶世の美女であったり、

お金持ちであったり、男性がワガママな女性に尽くしたいと思えるような要因を持っているからです。

普通の人間では、自己中心的と言うだけで避けられてしまうものですから、勘違いはしない方が良いでしょう。

4.結婚できない要因を他人のせいにしている

結婚できない原因を他人のせいにしている女性はとてもみっともないです。

そうしたみっともないところを見せられて、結婚しようと思える男性はいないでしょう。

明らかに自分に非があるはずなのに、それを他の人のせいにしているところを見ると、「結婚したらすべて俺が悪いと言われてしまう」と思う男性が多いのです。

結婚できない原因は、確かに外部からの影響が大きいものもあるかもしれません。

ですが、同じ環境にいる女性の中で結婚している人がいるのなら、結婚できない要因がすべて他人の所為であるわけではないでしょう。

あまり他の人ばかりに原因を押し付けて、自分のことを振り返って見つめ直すことがない女性は、結婚したくないと思われてしまっても当然です。

5.理想が高い

理想が高い女性も結婚したくないと思われてしまう傾向があります。

高い理想ばかりを話しているので、その条件に合わない男性が自分から身を引いてしまうという形になるでしょう。

また、理想に合わないことが分かっているのに結婚したら「稼ぎが良くない」「結婚するべきではなかった」「結婚してやったのに」と言われるに決まっていると考えてしまうからです。

また、掲げている理想に対して、その女性のスペックが低いことが明らかに分かっている場合には、男性側も興ざめしてしまうでしょう。

女性の方がプライドは高い

実は、女性のプライドはとても高いものだと言われています。

結婚したいとは思っていても誰でも良いというわけではありません。

時には自分のスペックを考えることもなく「この程度の男なんて」と思ってしまうこともあるのです。

そして、その意識はなかなか消えることがないでしょう。

理想の男性像を持っている女性は、特に、自分のプライドがとても高いのではないでしょうか。

理想像があるために、その基準に達していない男性に対して尽くす気にもなれないのです。

基準に達していない男性が自分と相手を同等に見ていることに気づくと、心理的に嫌な思いをするでしょう。

その感覚は、意外と相手にも伝わってしまいます。

「この女性は俺のことを見下している」ということがバレてしまうのです。

男性に対する理想が高い人は、そうしたところが透けて見えているので、結婚したくないと思われてしまうのかもしれません。

特に、アラサー、アラフォーの女性が結婚相手を探す場合には、理想ばかりを高くするのではなく、

自分のスペックを冷静に見つめ直して、自分のプライドの高さを欠点として直すしかないのかもしれません。

6.酒乱や喫煙

酒乱の女性は、友人づきあいする分には良いけれど、結婚相手としてはかなり嫌と言う男性が多いでしょう。

また、喫煙している女性も人気がありません。

男性側も喫煙者の場合には文句を言われなくて良いと思われるかもしれませんが、

男性側に喫煙の趣味がないのなら、喫煙の趣味は基本的に結婚相手としてふさわしくないと思われてしまうものだと考えましょう。

それらが駄目なのは、そういった女性が家庭と言う単語と結びつかないからです。

酒乱の女性はみっともない姿を外で晒しているので、そういったところが、落ち着いた優しい家庭を作る妻には向きません。

また、喫煙は、子どもに与える影響を考えると、妻にはふさわしくないと思ってしまう人が多いのではないでしょうか。

実際には、家庭を作ると落ち着く女性も多いですが、男性に与える印象は大事です。

酒乱や喫煙が、全く家庭と結びつかないと思われてしまうと、自動的に「結婚したくない人」リストに入れられてしまうものだと思いましょう。

7.働いている時間が長い

働いている時間が長い女性も嫌がられてしまいます。

キャリアウーマンの女性の場合には、働く時間が男性よりも長い人もいるでしょう。

ですが、こうした女性と結婚した場合家事の負担を思うと、男性側が尻込みしてしまうのも仕方ないかもしれません。

現代になっても、まだ、女性の家事負担が多いのが当たり前だと考えている男性もいます。

そのため、女性の働く時間があまりに長いと、家のことを何もやってくれないというようなイメージになってしまうのです。

男性側が家事をすれば良い話なのですが、男性側にその考えがないと、働く時間が長いことは結婚したくない女性の特徴の一つになってしまうのです。

最も、家事を折半しようと考えている男性であっても、女性側があまりに忙しそうな様子だと、結婚を躊躇ってしまう人も少なくないでしょう。

アラサーの場合

アラサーの女性の場合には、さらにいくつかのポイントがあります。

なぜ、アラサーの女性は結婚相手としてふさわしくないと思われがちなのでしょうか。

アラサーの女性が結婚を避けられてしまういくつかの原因を集めました。

当てはまるところがあるのなら、言動を改めなければいけないかもしれませんね。

8.重い…

アラサーの女性の場合には、重いという欠点があるでしょう。

アラサーの女性と付き合ってしまっては、結婚しないわけにはいかないという気分になるのです。