大好きな彼氏のとの将来を考え始めたとき、一番最初に気になることは何でしょうか。

そう、彼氏自身の気持ちです。彼氏が結婚を意識しているのか気になりますよね。

自分の気持ちが一方通行になっていないか、彼氏も同じような気持ちを抱いてくれていないか、やきもきしてしまいますよね。

大事な存在だからこそ、丁寧に進めていきたい結婚への道。

焦らずに少しずつ目標までの距離を縮めていきましょう!

結婚したいけど彼氏はどう思ってる?

彼氏とのお付き合いの中で、結婚を意識するようになったはいいものの、相手がどう思っているのか確認することは簡単なようで難しいですよね。

彼氏の方に結婚願望が強ければ、あなたもあまり悩まずに済むかもしれませんが、そうではないときはやっぱり聞くしかありません。

会話の中で自然と「結婚」というキーワードを使えるような関係性であれば、
そこまで臆病になることもないかと思います。

ところが特に付き合いが浅かったり、逆に長い場合、奥手になってしまう気持ちも
とても良く分かります。

直接聞けないときは行動や言動でチェック!

あなたが彼氏との結婚を意識しているのであれば、もうすでに彼氏とは密な関係と言っていいのではないかと思います。

でもやっぱりストレートに聞くのは怖い…。

それならば、彼氏があなたに対してどのような気持ちを抱いているのか、結婚を考えているのか、普段の生活や会話の中で探っていくのが一番よさそうです。

彼氏が結婚を意識している時の12個の行動・言動

日常生活でのちょっとした会話や行動から、彼氏のあなたに対する思いや気持ちを読み取っていきませんか。

具体的な行動から会話の内容に至るまで、思いのカケラは日常にたくさん落ちているはずです。

あなたが彼氏のことをよく知っているはずですから、焦らず紐解いていきましょう。

1.貯金をし始める・額を増やす


家庭を持つとなると、一番に心配なのがお金のこと。

今まで自由に使えていたお金も、夫婦の財産となるとしっかり管理をしなければと考え始めます。

また、家族となれば緊急事態にも二人で乗り越えて行かなければなりません。

堅実さのひとつが表れてくるのが、貯金の状況と言っても過言ではないでしょう。

彼氏が貯金している事実をあなたに伝えてくれているのであれば、それもあなたを信頼しかつ頼ってほしいという気持ちの表れともいえます。

収入の話を一緒にされていたりするのなら、より信頼度は高いです。

具体的な数字が伝わって距離が離れてしまうような女性であれば、彼氏も結婚したいとは思いません。

結婚式に向けて

結婚式=お金がかかる、というイメージが先行します。

結婚式の費用が出せない、となれば彼氏としても格好がつかないもの。

披露宴でお客様を招待するのであれば、ご祝儀を頂く計画も立てられますが、
そこに頼らずに頑張ってくれるのは嬉しいですよね。

また、二人の希望の会場や式次第を叶えるためにも、予算にある程度の遊びは必要です。

話が具体化する前に、準備をしておこうというしっかり者の彼氏の一面かもしれません。

結婚生活に向けて

同居がまだの場合も、すでに同棲していても、新婚生活をはじめるとなれば引っ越しをしたり、新しい家具を買ったりと何かと入り用になってきます。

あまり考えたくはないですが、どちらかが病気やケガで入院するなどの万が一の事態にも、備えておかなければなりません。

また、子供が生まれれば彼女の仕事は育休、ということになるかもしれませんし、もちろん養育費が今後かかってきます。

自分が彼女と子供を守っていかなければ、という思考になると、自然と通帳の残高にもシビアになってくるかもしれませんね。

2.節約をし始める

今まで自由だった財布の中身も、家族が増えれば使い道も増え、できるだけ無駄な出費を抑えていこうと考えます。

毎日買っていたコーヒーをやめてマイボトルを持つ水筒男子や、デスクで持参したお弁当でランチするお弁当男子など、世間でも節約している男性は評価されてきています。

節約をして貯金に回すことはもちろん、結婚を意識した生活改善とみてとれます。

もし彼氏があなたに「お弁当作れる?」と聞いてきたり、「今月お金使いすぎたから飲み会断ってきた」など話すことがあれば、節約意識が高まっていること間違いなしでしょう!
金銭的な余裕があることは、家族を守ることに直結できます。

収入を増やすことはそう簡単にはいきませんが、出費を抑えることはしやすいとは思うので、実行に移しているようなら彼氏の気持ちも高まってきているのではないでしょうか。

3.先輩に話を聞いている

既婚者の先輩はこう言ってたよ、といったような話を彼氏はしてきますでしょうか。

結婚についての素朴な疑問を投げかけたとき、誰誰はこう話していた、と返してくるようなことがあれば、結婚についての話を外でしているということ!

他人に置き換えれば、結婚の話もハードルはちょっと下げられて、彼氏の口からいろいろと聞けるかもしれません。

また、未経験である以上経験者に相談することが一番です。

もしかしたらすでにあなたの話を先輩にもしている可能性があります。

他人と話ができる、あなたの存在を伝えているということは、彼氏もあなたとの関係を大事に育てていきたいと思っているからです。

結婚生活について

職場の飲み会などでは、上司から家庭の愚痴を聞くこともよくあります。

うちの嫁はなかなか飲み会に行かせてくれないんだよー、なんて話を聞くと、結婚生活に対してマイナスイメージを抱いてしまうかもしれません。

学生時代から知っている先輩がいれば、アドバイスしてくれることもあるでしょう。

他のカップルの話を聞くと、私たちは大丈夫、と逆に自信をもったりすることもあるものです。

今日は誰とどんな話をしたの、と聞いてみて、彼氏の興味を探ってみるのもいいですね。

4.間取りや住む場所の話をしてくる

特に同棲をしていないカップルであれば、彼氏に間取りや住む場所の話をされたら、ちょっとドキドキしてしまいませんか。

でもそれは彼氏もあなたと一緒に生活するイメージを持ち始めているとも言えます。

すぐに結婚でなく同棲であっても、それは結婚への第一歩。

既に同棲中であっても、子どもができることまで考えてくれている可能性も高いですね。

二人で腰を落ち着けたい、という気持ちの表れかもしれません。

きっとその時にはお互いの実家や、土地勘のある場所の話にもなるかと思います。

自分の考えや意見とあなたの意見にギャップがないか、確認しているはずです。

5.結婚雑誌を読み始める


主に女性が読み始めることの方が多いかと思いますが、彼氏が結婚雑誌をのぞいていたら、興味があることは間違いありません。

むしろあからさまな結婚したいアピールと言ってもいいでしょう!もうすでにあなたの結婚への意識を汲んでいるかもしれませんね。

一般的に男性は結婚式を積極的に挙げたがらないというデータが多いですが、昨今では、お世話になった人への感謝の気持ちを伝える方法のひとつとしての結婚式は主流になってきています。

彼氏自身も誰かの結婚式に参列したことがあるようであれば、イメージもつきやすいので、結婚式へも前向きな気持ちでいてくれていることでしょう。

情報収集をしようとしている

結婚式の準備中にに喧嘩して別居した、なんていうエピソードは聞かない話ではありません。

結婚式=準備が大変、というのは先輩や友達からも聞く機会が多いです。

結婚雑誌では結婚式場の情報だけではなく、結婚にかかる費用や手続き、先輩の体験談などの情報が盛りだくさん。

女性はもともと男性と比べて結婚式というものへの興味が強いからかもしれませんが、準備や内容についてある程度知っていることも多かったりします。

ところが、結婚式に興味のない男性が式場見学にいくと分からないことだらけで「?」のオンパレードになることも少なくありません。

ある程度、式の流れや必要なことなどを確認しておけば、式場見学にいっても慌てずにあなたと相談ができます。

経験したことがないからこそ、事前情報を収集しておくことで安心して結婚へ踏み切ることができます。

6.指輪のサイズや好みを聞いてくる

多くのカップルが、婚約指輪を差し出され、プロポーズを受けたのではないでしょうか。

そう、婚約指輪はプロポーズに欠かせません。

ところが見た目で判断がつかないのが指輪のサイズです。

外した指輪の裏に書いてあるわけでもなく、指輪のおねだりをされたことのない彼氏なら、もう聞くしかないはず。

でも指輪のサイズを聞くなんて普通の会話では滅多にしませんから、そんな会話になるのであれば彼氏の意識のなかに指輪があると思っていいでしょう。

また、デザインも豊富な婚約指輪は、男性にはみんな同じデザインに見えてしまうそうです。

一生モノで、かつお値段も決心がいるようなアイテムですから、あなたが喜んで、気に入ってくれる指輪をプレゼントしたいと思うのが普通。

好みの話になるようなら、指輪の購入を真剣に考えてくれていると言えます。

7.親に会わせようとする

将来を考えるくらい大事な人なら、自分の親に紹介したいと思う気持ちが出てくるでしょう。

実家に帰るから一緒に来ないか、親が近くに来ているから一緒に食事しよう、などの誘いがあれば、彼氏もあなたのことを大事に思ってくれているということ。

あなたに自分の家族を知って欲しい、という気持ちがあるからこその行動です。

結婚は二人の意思がもちろん大前提ですが、二人の家族も賛成し祝福してくれないことには、幸せな結婚生活は望めません。

スムーズなスタートを切るためにも、自分の家族の応援を味方につけようという彼氏の作戦もあるでしょう。

【彼の実家に行くときには、こちらの記事もチェック!】

親しい友人にも

彼氏と親しい仲の友人に紹介したい、と言われたら嬉しいと思いますか?面倒だと思いますか?

あなたのことを自慢したい彼女だと思ってくれ、友達に知っていて欲しいという気持ちの表れでしょう。

また、素敵な友人がいるよということをあなたに伝えたいともいえるので、積極的に会って話をすることで、彼氏も安心するはずです。

結婚後に渡っても、親しい友人との縁は切れません。

もしかしたらこの先家族ぐるみの付き合いになるかもしれない間柄であれば、あなたとご友人にも仲良くしてほしいと考えるはずですので、かなり前向きな行動と捉えてよいでしょう。

8.親に会わせてほしいと言ってくる

あなたの家族のことを知りたい、というのはより深くあなたと関わっていきたい、ということです。

もしこの先のことを考えていないのであれば、あなたの親御さんと会う必要はないですし、そういった会話にもならないはずです。

結婚とは家族と家族のものでもあります。

もしかしたら彼氏のほうが、あなたの家族とうまくなじめるかどうか、不安を持っているかもしれません。

あなたのバックグランドを知ることで、より良くあなたのことを理解できると考えてくれていることもあります。

いずれにせよ家族に興味を持ってもらえているなら、将来のことを考えてくれている可能性は高いですね。

父親の性格等を聞いてくる

具体的に結婚を考えれば、あなたの親御さんへのご挨拶が彼氏にとっては気掛かりなイベントのはず。

二人の気持ちが揃っていても、親からの反対にあってしまうと結婚は先延ばしになってしまいます。

予めお父様の性格や好み、キャラクターなどが話題になるのなら、彼氏も頭の中でご挨拶のシミュレーションしているのではないでしょうか。

自分の家族に対して、きちんと挨拶してくれる体制を整えてくれると思えば、些細なことでも何でも話したくなってしまいますね。

9.これからの仕事の話をしてくる

現代では夫婦の形は様々です。

彼氏の描いている夫婦像と、あなたの描いている夫婦像に大きな違いがないか、お互いに気になる部分です。

代表的な問いの一つが、妻は仕事をするか、専業主婦になるかという問題でしょう。

彼氏が結婚を考え、想像した将来であなたは働いていたとして、あなたが専業主婦を希望していたとしたら。

夫婦像にギャップがないか確かめたい彼氏は、これからの仕事の話をしてくるはずです。

あなたのことはもちろん、自分の仕事の話もしてきませんか。

あなたのリアクションをとても気にしてはいないでしょうか。

自由に転勤をしたい、いつかはこんな仕事をしたい、などの希望をあなたがにサポートしてくれるかどうかが気掛かりなのです。

昇進や異動について

勤め先での昇進や、異動を支えてくれるかどうか、彼氏は心配しているかと思います。

ドラマのセリフでは、「私と仕事どっちが大事なの?」「あなたひとりで単身赴任するの?」などよく聞きますが、現実となると男性はやはり仕事を大切にしたいという考えが多いのではないでしょうか。

それもしっかりと稼いで家庭を守っていくため。

仕事ぶりを快く応援してくれるかどうかが彼氏にとっては大事なのです。

また、予め自分の計画や希望を伝えておくことで、あなたに安心感を与えようとしてくれているという可能性もあります。

仕事頑張るよ、だから一緒に生きていこうね、というメッセージかもしれません。

10.子供について語る

何歳までに子供がいたらいいな、女の子は絶対欲しい、など子供についての話をしますか。

もちろんニュースでの話題からや、身近な出来事からの会話はあるかと思います。

そこから掘り下げて会話が進むようだったり、あなたにも意見を聞いてくることがあれば、彼氏にも家庭を持ちたいという思いが強くあることでしょう。

具体的に名前を考えたことがあった、と披露されたりすればかなりイメージが出来ているはずです。

一方で、女性の側が仕事に一生懸命だから子供は考えられない、というケースももちろんあります。

結婚後に、自分は子供が欲しいけど彼女に意思がないことに気付いてしまったとしたら…ちゃんと話をしておけばよかったと後悔することになるかもしれません。

自分の意志を伝えることはもちろん、あなたの意志も確認されているのです。

11.将来の夢について語る

いつかは会社を興したい、いずれは店を開きたい、など実は隠れた野望がある男性も多いです。

そういった男性こそ、しっかりした女性や自分を心からサポートしてくれる女性を妻として選びたいと考えているもの。

また、田舎に引っ越して農業をやってみたい、など今とはまったく違う生活を描いている場合も、奥さんがついてきてくれるか心配になるかもしれません。

あなたが自分の夢を聞いてくれ、うんうんと同調してくれるような女性かどうか、試しているかもしれません。

男女問わずして、パートナーからの反対を受けるのが一番つらいことではありませんか。

ましてまだ先の将来の夢を自由に語ったところで、「そんなの無理だからやめておいたほうがいいよ」「無謀だよ」なんて言われてしまったら、落ち込んだり怒ったりしてしまいます。

もちろん、将来のことは今から分からないし決めてもいないとは思いますが、男性も自分の話を聞いてくれる女性を求めているのです。

12.人生観について語る

二人三脚で歩いていく結婚生活。

目標と足並みが揃わないと、苦しいものになってしまうかもしれません。

バリバリと働き地位や収入をあげていきたいのか、ある程度の収入があれば余暇などを楽しみたいのか、彼氏のリズムやイメージ像にあなたはついていくことができますか?
将来の夢を話すことも、人生観について語ることも、同じような価値観のもとであなたと生きていけるかを確認したいのです。

何に価値を感じ、何に重きを置いて生活していくかは、現実問題としてお金の使い方や資産の投じ方、暮らしぶりに直結していきます。

収入以上に浪費してしまったり、お金をかけたい場所や物事が違ってしまったりということになると、トラブルにもなりかねません。

この先何十年もともにするパートナーと、どこかを我慢し続けて合わせていくことはとても難易度が高いです。

あなたも彼氏によく語ってもらい、よく話を聞くのがベストですね。

彼氏が結婚を意識しやすい彼女のタイプとは

どの男性も、自分を支えてくれる女性には惹かれるものです。

見た目以上に、あなたの普段の立ち振る舞いが、彼氏の心を揺らします。

その想いをグッと結婚に引き寄せるために、女性が努力することも可能です。

日常生活でのやりとりや出来事のなかで、自然とあなたを印象付けて、彼氏にも結婚を意識させてしまいましょう!

1.母性が深い

いつも自分のことを気にかけ、世話を焼いてくれる女性には母親を想像させる部分が多くあります。

常に味方でいてくれるんだ、心配していてくれるんだ、という思いが彼氏にとっては安心感となります。

逆に、彼氏のことはそこそこに一人でどこかに出掛けていたり、趣味に勤しんでいるような女性は自立性が強く頼もしいですが、いつかどこかに行ってしまうかもしれないという不安を与える可能性もあります。

職場ではプレッシャーやストレスと戦い、家庭に戻っても不安感があれば、彼氏は心落ち着かせる場所が無くなってしまいます。

安心感を与えられる女性こそ、結婚を意識する要素の強い女性と言えます。

包み込んでくれるような愛情

仕事が忙しくボロボロで帰宅し、もう今日は何もできない!という彼氏を上手く放っておいてあげる、こっそり朝ごはんを用意しておいてあげる、など器の大きな対応に男性は安心感を抱きます。

どうして連絡くれなかったの、どうして遅くなったのと自分の立場でしか物事を考えずに話をしてしまうと、彼氏も余計に疲れてしまいます。

もちろん構って欲しいアピールを可愛く思う男性も多いですが、結婚を考える女性には求める条件とは言えないでしょう。

たまに疲れたり、弱気になった自分も受け入れ、抱きしめてくれるような女性に愛情を感じます。

病気の時に看病してくれる

幼い頃に風邪をひいたとき、いつもよりお母さんが優しく感じた、というのはよく聞く話です。

具合が悪いときに心配され、優しくしてもらえるととても嬉しいですしホッとしますよね。

男性が弱っているところは本来あまり見せたくないものです。

でもそんな時にもあたたかく寄り添い、励ましてくれる女性には心から頼り、安心することができます。

もし彼氏が体調を崩し、家から出られないというようなときはまさにあなたの腕の見せ所です。

笑顔で身の回りのことを手伝ってあげれば、あなたの優しさは必ず伝わります。

2.料理上手

胃袋を掴んだ・掴まれた、という表現がよくなされますが、まさにその通りです。

美味しい料理は身も心も癒されます。

特に一人暮らし経験のある男性から見れば、帰宅したらご飯が出来ていることに感動すら覚えるでしょう。

母性にも通じるところがありますが、おふくろの味というものがあります。

忘れられない味、なじんだ料理などを彼氏に食べてもらうことができれば、胃袋を掴めるのではないでしょうか。

育ってきた食事環境、好みなどをしっかりリサーチして食事を作るのもいいですし、
手の込んだ凝った料理はもちろん、冷蔵庫の有り合わせでつくった料理も喜ばれるはずです。

彼氏のリクエストに応えられればなお良しです!
もし今料理が苦手だったとしても、手料理を振る舞うこと自体が彼氏に愛情を伝えることにもなります。

これから一生懸命勉強して、料理上手になっていくことも、彼氏にとっては嬉しいことです。

1日に3度もある食事の場面。

アピールのチャンスが多いと思えば女性も頑張れるのではないでしょうか。

食の好みが合う

食事を共にするなかで、お互いの好き嫌いがだんだんと分かってくるはずです。

あまりにも好みが合わないと、どちらかが我慢することが多くなってしまって辛いのではないでしょうか。

これ旨いな、美味しいねという会話が出来ると場も和みますよね。

外食でも、店の雰囲気や価格帯など、行きたいと思える場所が同じだとお互いに気持ちも楽に過ごせます。

休日にはこれを食べに行こう、なんて計画も楽しく出来るのではないでしょうか。

お酒を飲む飲まないも、やや影響があるかもしれません。

お酒があってもなくても、一緒に食事を楽しめるかどうかもポイントです。

3.子供が好き

保育士さんはモテる、というイメージはありませんか。

やはりそれは子供という小さく守るべき存在に対して、温かく優しい態度で、こまごまとしたお世話をしているところが好印象だからです。

自分に対しても、同じように接してくれることを期待する気持ちがあるかもしれません。

いずれ子供ができたとしたら、あなたがどのような母親になるか、彼氏は無意識で想像していることでしょう。

たまに会う親戚の子供と仲が良かったり、外で知らない子供へも優しく接している姿を見ると、彼氏も将来のことをふっと考えたりします。

もし本当はあなたが子供が苦手だったとして、あからさまにそのような気持ちを見せられたとしたら、彼氏も気分が悪いですよね。

大人として、その場の対応ができなかったと思われてしまいます。

子供が大好き!というアピールが絶対に必要なのではありません。

守るべきものを大切にできるか、優しく接することができるかが大事です。

4.自然体でいられる

結婚を考えるとなると、着飾ってデートするような気持ちで日々を過ごせる訳ではありません。

特別気を使ったり、張ったりしていては疲れてしまいます。

恋をしているときはお互いに気持ちが盛りがっていますし、おしゃれも苦ではありませんが、そう毎日は続かないものです。

服装もそうですが、考え方やライフスタイルなどもありのままでいられるでしょうか。

どちらかがどちらかに合わせ続ける、それすらできなくて衝突してしまう、となってしまえば、その先も一緒にいることが辛くなってしまいます。

お互いに一緒にいて気楽な関係性は、男女ともに相手に求めているものであり、結婚の条件のひとつでもあります。

もちろんすべてが最初からぴったりと合う二人、というのも稀だと思います。

一緒に時を過ごす中で、お互いの短所を埋め合ったり、長所を伸ばすように努力することも必要です。

その上で、二人の関係に良い変化があったのであれば、努力も苦とは感じず、それこそ自然体にいられるのではないでしょうか。

自然体でいること=何もしないこと、とは違います。

相手の持ち味を引き出し、認めながら
お互いに良い関係性を保てることが理想ですね。

5.結婚後の生活が想像できる

いつも綺麗だけど化粧を落としたところを見たことがない、料理や掃除洗濯の話をほとんどしないなど、相手に生活感が感じられないと二人での生活を想像しにくく、壁となってしまいます。

一緒に住んでいるカップルにとってはイメージも楽かもしれませんが、まだ同居していないカップルにとっては想像させることも大切です。

今日は洗濯日和だね、次の休みは片付けしたら出かけるんだ、など会話のなかでもあなたの行動を描けるようなアピールが効果的でしょう。

また、何かのイベントに際してしっかりしているかどうかも見られていると思った方がよいでしょう。

例えば冠婚葬祭や、転職、引っ越しなど、他人との関わりやマナー、手続きを踏むことが多いイベントです。

知らない人が多い場所でもしっかりとあいさつが出来る、役所関係の書類などをきちんと提出できる、締め切りを守れる、など生活力が試されます。

そんな時にだらしなかったり、出来なかったりすると、結婚しても頼りにできないなと思われてしまいかねません。

日常の何気ないやりとりからも、しっかりと自立していることが伝われば、彼氏も安心感をもつはずです。

男性のサインを見逃さないように(まとめ)

伝え方が上手ではないだけで、もしかしたら彼氏もあなたと同じ気持ちを抱いているかもしれません。

ちょっとした行動や会話の端々から、彼氏の思いを読み取れれば、結婚までの時間もそう長くかからないでしょう。

勘違いしてはいけないのが、結婚は人生のゴールではないということです。

そこから二人での生活が始まる、むしろスタート地点です。

そしてタイムリミットというものも存在しません。

あなた自身も、結婚を意識してちょっと盲目になっている部分があったりしませんか。

焦ってスタートを切ってしまい、失敗することのないように、彼氏の方が慎重になっているということもあり得ます。

結婚前も結婚後も、1日1日の積み重ねが大切になります。

丁寧に重ねていけば、二人の意思がちょっとずれたときにも、良い変化をもたらしたときにも、すぐに気付けるはず。

そうすれば自ずと解決策や、次のステップが見えてくるのではないでしょうか。

彼氏に結婚という結論を出してもらうためにも、二人の関係をより大切に過ごしていきたいですね。