CoCoSiA(ココシア)

復縁の前兆16個。別れたけど戻る気がするのは兆しがある?


「大好きな人と別れたけどどうしても忘れられない」というのはいつの時代も聞く悩みですよね。

手放してからその存在の大きさに改めて気づき、後悔してもしきれないという人も多いのではないでしょうか。

しかし、出会いというのは不思議なもの。

本当に縁がある人とはどんなに縁を切ろうとしても切れないんです。

そこで今回は、16個の復縁の前兆についてお話していきます。

いつもなら起きないようなことが起これば、それは復縁前の前兆かもしれません。

どうしても忘れられなくて復縁したい人がいるという方は、日常の何気ない出来事にも注意を払い前兆を見逃さないようにしましょう!

復縁に前兆なんて存在するの?

そもそも復縁に前兆なんて存在するのでしょうか答えは「YES」です。

復縁だけでなく、人生上の大切な変化の時には必ず前兆というものがあります。

それに気づけるか気づけないかの差、気づける人と気づけない人がいるだけなのです。

復縁の前兆に関してお話しする前に、前兆というのはどういうものなのかをまとめてみました。

前兆とは将来に関する情報を知らせてくれると信じられている事がらのことを言います。

別名「予兆」。

それだけではなく今現在や過去の事柄を示す印というものもあります。

今現在や過去に秘められていることを元としてしるしが現れてきます。

表面化してきたしるしの意味を解き明かすこと、人が意図的にしるしを作り出すことを占いと言います。

占星術において、太陽や月の動きによって私たちの運勢を解き明かしたり、私たちの顔や身体に現れる現象などを見て、現在の状態から将来起こりうる事柄を言明したりしますよね。

朝起きて食事をして勉強や仕事をして会話して遊ぶ。

私たちの日常はごくごく地味な当たり前の出来事の繰り返しです。

特に何もないことがありがたいですね。

そんな些細な日常の出来事の中に前兆はひっきりなしに訪れてくれているのですよ。

復縁は1つの新たな出会いとも言えます。

そんな大切な出会いにはかなりはっきりした前兆がしっかりとあるのです。

潜在意識やパワーが生活に影響

潜在意識という言葉はご存じですよね。

私たちが意識できていることがこの世のすべてだと思って生きていますが、実は私たちが意識できているのはほんの1割だということです。

残りの9割は無自覚の意識が支配しています。

今まで経験したこと、感じたこと、知識などすべてのたった1割しか認識できていないいそうです。

真っ暗な夜道を歩いていると不安に襲われますよね。

大勢の前で演説をしろと言われたら上手く話せる人は少ないですよね。

それは潜在意識に蓄積されている何かのせいなのです。

通常は意識が優位に立っていますから潜在意識は表面化してきません。

でも24時間一時も休むことなく存在し続け私たちを支配し続けています。

そう聞くと、潜在意識が私たちを奴隷のように操っている悪者のような感じを受けるかもしれませんが、脅かすつもりで潜在意識のお話をしているわけではありません。

それほどの影響力を持つ潜在意識を強力な味方と考えてパワーに変えましょうというお話です。